すき焼き レシピ プロ。 すき焼きのレシピ(おすすめ具材や割り下の味付けまで):白ごはん.com

すき焼きの作り方|お肉レシピ|神戸元町辰屋

すき焼き レシピ プロ

1 肉の厚みを均等にする! 鶏肉の厚いところに切れ目を入れて開き、厚みを均等にするだけで、熱が均一に入って劇的にジューシィに! 2 片栗粉でコーティングして肉汁を閉じ込める! 片栗粉で肉全体にまくを作れば、肉汁が逃げず、皮も縮まずにパリッと焼き上がります。 3 油は多め、揚げるように焼く! 粉をつけた肉を、唐揚げのように多めの油で焼くことで、皮はパリパリに! 揚げるように焼くため、タレが絡んでもしなっとしません。 4 調味料を先に合わせておく! 味付けに手間取ると、肉に火が通り過ぎてパサつく原因に。 事前に準備しておきましょう。 必ず味が決まるプロ直伝の黄金比は、しょうゆ:みりん:日本酒:砂糖=2:2:2:1です。 パリッとジューシィ! プロ直伝【鶏の照り焼き】レシピ 材料(1枚分)• 鶏もも肉…1枚(約250g)• サラダ油…大さじ2• 片栗粉…大さじ約2• 塩、こしょう…各少々• しょうゆ…大さじ2• みりん…大さじ2• 酒…大さじ2• 砂糖…大さじ1 作り方 1) 鶏もも肉の厚みを均等にする。 肉の厚みのある部分を外側に向かって開いていきます。 肉を4分割のエリアに分けて考え、厚みのある部分を四隅の方向に向かって開いていくイメージです。 「面倒なので省きがちなプロセスですが、これをすることで、薄いところにだけ火が通り過ぎて固くなってしまうことを防ぎ、一様にやわらかく、ジューシィな仕上がりになるんです」 皮目から見て肉の厚みを開いた部分はココ。 2) 鶏もも肉に片栗粉をまぶす。 ビニール袋に片栗粉とくさみ取りのための塩、こしょうを少量入れ、鶏もも肉に粉をまぶします。 全体についたら、肉を袋から取り出し、余分な粉をはたいて落とします。 「余分な粉がついていると、粉が油を吸って油っぽく仕上がるので、できるだけはたいておくことが大事です。 この片栗粉には、肉汁が流れ出ないように肉をコーティングする役割と、皮をパリッと仕上げる役割があります」 3) 鶏もも肉の皮目を下に2〜3分焼く。 フライパンにサラダ油を入れ、火をつけたらすぐ鶏もも肉を皮目からフライパンに置き、中火で皮目にきつね色の焼き色がつくまで焼きます。 だいたい2~3分です。 「油は、鶏もも肉がひたるくらい多めの量を入れます。 肉を入れる前に油を熱しすぎると肉と皮が縮んでしまうので、火を入れる前、あるいは火を入れてすぐに肉を入れましょう。 たっぷりの油で揚げるように焼くことで、クリスピーな食感に。 フライパンは大きすぎると油の量が多くなり、タレも絡めるときに煮詰まりやすいので、鶏もも肉と同じくらいの大きさのものを使うのがおすすめ」 4)鶏もも肉を裏返して1〜2分焼き、余分な油をふきとる。 中火できつね色の焼き色がつくまで焼きます。 1~2分程度です。 余分な油はペーパータオルでふきとります。 「焼き色がついたら、油をきれいに拭き取ります。 こうすることで、タレの絡みがよくなり、仕上がりが油っぽくなることも防げます」 5) 鶏もも肉の皮目を下にしてBを加え、中火で煮絡める。 鶏肉の皮目を下にして、混ぜ合わせたBを加えて、中火でタレを煮絡めていきます。 煮詰まり始めたら、肉を裏返して裏面にも絡めます。 「照りが出て、肉全体にタレがとろりと絡んだら出来上がり。 タレはフライパンに残る程度がちょうどいいです」 厚みを均等にしているので、焼き上がりまでトータル5分ほど。 あっという間でびっくりです! 焼きたてを食べると、歯ごたえのよいパリッとした皮に驚き! やわらかい肉から溢れるジューシィな肉汁が口いっぱいに広がります。 ほどよい甘辛さの味付けのタレは、片栗粉のおかげで均一に全体にとろっと絡み、ごはんがモリモリすすみます! 調理時間はトータル10分ほど。 材料に片栗粉を加えるだけでこのクオリティになるなんて、試さない手はありません!.

次の

人形町今半の味☆黄金比で簡単すき焼き&割り下 レシピ・作り方 by mansherry|楽天レシピ

すき焼き レシピ プロ

すき焼きのたれ(割り下)のレシピ まず、すき焼きの割り下を手作りする場合のレシピをまとめます。 市販品を使う場合はもちろんそれでOKです。 鍋にAの調味料をすべて合わせ、火にかけて一度沸騰させます。 一度しっかり沸騰したらアクを軽くすくい取って火を止めます。 これで割り下の完成です。 また、すき焼きを作る時に汁気が煮詰まって味が濃くなる時があります。 それを薄めるのには 「昆布だしで薄める」もしくは 「水と酒で薄める」のどちらかでいいと思います。 また、水&酒の場合は、酒だけだと甘くなってしまうので水と酒を同割くらいで併用するとよいです。 すき焼きの具材の準備 ここからはおすすめの具材の紹介です。 牛肉以外のうちの定番具材は、 長ねぎ&玉ねぎ、しらたき、椎茸&しめじ、絹さや、焼き豆腐です。 まず、しらたきは下ゆでする必要があるので、鍋にお湯を沸かして、さっとゆでてざる上げしておきます。 ねぎは長ねぎ(1~1. 5㎝幅の斜め切り)だけでもいいですが、玉ねぎ(1~1. 5㎝幅の半月切り)も一緒に入れるのもおすすめ。 また、椎茸は軸を落として半分に、しめじは石づきを落として塊が少し残るくらいにほぐします。 それから、焼き豆腐と下ゆでしておいたしらたきは、食べやすい大きさ、長さにそれぞれ切っておきます。 切ったしらたきは一度ざるに戻して、水気をギュッと押し出しておくと水っぽくなりません。 絹さやはヘタと筋を除いておきます。 長ねぎと玉ねぎの一部を入れて(牛肉が後から入るくらい隙間を残して)、長ねぎに軽く焼き色がつけば裏返します(玉ねぎはバラバラになるのでそのままでOKです)。 風味が広がって美味しく仕上がると思います。 続けて、割り下を鍋底全体が隠れるくらいに入れ、沸いたら牛肉を1枚ずつ入れます。 色が変わってきたら一度裏返し、さっと両面から火を通します。 小鉢に卵を割り入れておき、溶いた卵に牛肉をからめていただきます。 あとは好みの具材を鍋に入れ、牛肉を入れるスペースをあけて、それぞれ火を通します。 牛肉や絹さやなどは火を通しすぎず、その他の具材は比較的じっくり火を通して、卵にからめていただきましょう。 適宜、鍋の中の煮汁が少なくなったり、味が薄く感じたら割り下を足し入れ、逆に煮詰まって味を濃く感じたら昆布だしや水&酒で薄めます。 ひと通り具材をいただいた最後は、鍋にゆでうどんを入れて(適宜割り下や水で味を調え)、卵にからめて食べても美味しいです。

次の

美味しい関西風すき焼きの作り方

すき焼き レシピ プロ

関東のすき焼きの老舗名店の作り方 関東のすき焼きの名店ではこんな感じで作っていました。 2、牛肉を焼くように煮る。 そうすることで牛肉のうまみが出るそうです。 3、続いて味の染み込みにくい具材から入れる。 これでねぎの甘味が広がるおいしいすき焼きが出来ます! 名店の味ということで、参考になりますね。 秘伝の割り下の作り方 続いては、肝心の「割り下」の分量についてです。 材料の割合 しょうゆ:みりん:砂糖=2:2:1 +酒少々 の割合で作ります。 わかりやすくていいですね! 酒の加減はお好みでいいと思います。 作り方 1、まずしょうゆだけを鍋に入れて火にかける。 グツグツさせないように注意してくださいね。 2、一面にアクが出たらいったん火を止める。 3、アクを丁寧に取り除く。 このひと手間で雑味のないクリアな味になります。 4、別の鍋にみりん・砂糖・酒を入れ、火加減は中火で加熱する。 5、かき混ぜて煮立たせ、アルコール分をとばす。 6、加熱した4のみりんなどと3のアクを取った醤油を合わせる。 アクが出たらここでも取り除き、火を止める。 粗熱を取ったら、保存容器に入れて冷蔵庫で1~2晩寝かせたら完成です。 アクを丁寧に取り除くのがポイントですね。 今までそんなことしたことがなかったので、目から鱗でした。 割り下の味を一定に保つコツ すき焼きは食べていく間に割り下の味が濃くなってしまったり、足して薄くなってしまうことが悩みですよね。 そんな悩みを解消する方法をご紹介します! 割り下が濃くなってしまった時に入れるのはコレ! 昆布だしを入れると肉と野菜のうまみが出ている出汁が薄くならずにおいしくいただくことができます。 昆布だしは、沸騰しない程度に静かに10分程度煮て冷ましたものを使います。 分量は 割り下:昆布だし=2:1の割合で加えるのがコツです。 加えるタイミングは、鍋がふつふつしたところに入れてください。 これで味が薄まらず、おいしいまま食べ続けることができます。 季節ごとに楽しめるすき焼きの具材とは? すき焼きの名店では、1年中すき焼きを楽しむために季節ごとに具材を変えて提供しているそうです。 今まで入れたことがない具材ばかりで驚きました。 割り下の味で煮たらどれもおいしそうですが、一度試してみる価値はありそうですね。 手ごろな価格なお肉を大変身させるコツ 手ごろな価格のお肉をできたら使いたいですよね。 そんな時に安いお肉を和牛のような風味とやわらかさに変身させる食材があるんです! それは、 ココナッツミルクです。 ココナッツミルクでお肉を漬け込むことによってお手頃価格のお肉をやわらかく、風味をアップし高級感のあるお肉のように大変身させることができます。 お肉の脂の中に含まれるラクトンという成分がココナッツミルクにも含まれているためココナッツミルクを使うと風味がアップするんです。 牛肉:ココナッツミルク=200g:大さじ2 ここに練乳大さじ1を加えるのがポイントです。 こうすることでお肉にココナッツミルクがしみこみ、お肉の保水性がアップします。 2、冷蔵庫に30分寝かせて完成です。 そのあとは通常のお肉と同じように料理に使います。 関西風すき焼きの老舗名店の作り方 初めに紹介したのは関東風でしたが、こちらは関西風の作り方です。 1、牛肉を焼いてから割り下を加える。 2、お肉を先に食べた後に具材を一通り入れ、割り下を入れ煮る。 関東が割り下を入れてからお肉を入れたのに対し、こちらは先にお肉を焼いてお肉だけを先に食べるというスタイルです。 好みに合わせてやってみてくださいね。 関西風すき焼きの白ザラメの使い方 関西風では、牛肉のうまみにコクを出すために 白ザラメをお肉を入れる前のタイミングで加えます。 まずお鍋に油を引いたら、先に白ザラメを加えます。 そこにお肉を加えることでお肉に砂糖がからみコクがアップします! 上白糖を使う場合は、上白糖を入れ、しっかりと砂糖が溶けてからお肉を入れるようにしましょう。 ちょっと変わったすき焼きのシメ 映画監督小津が好んで食べたというすきやきのシメが紹介されました! なんと使うのは「カレー粉」です。 作り方は カレー粉:山椒=3:1 の割合で割り下に加え、よく混ぜたあとご飯の上にのせていただきます。 普通のシメだとうどんなどが多いかと思いますが、飽きてしまった時に作ってみてもいいかもしれませんね! 番組では他にも、 ・お麩 ・やきそばの麺 ・きしめん ・そうめん ・お餅 を入れるシメが紹介されました。 我が家はうどんが定番ですが、名古屋なのできしめんもありだな、と思いました。 フレンチ流すき焼きアレンジ術 普通のすき焼きに飽きてしまった時におすすめな「フレンチ流」のすき焼きレシピが紹介されました! 割り下もフレンチ風、具材も少し違ったすき焼きです。 入れることで赤ワインの風味がぐっと引き立つので是非入れてみてください。 赤ワイン(渋めのものを選ぶのがポイントです。 ) しょうゆ・みりん・砂糖 水 はちみつ ホイップ卵 フレンチ風では、溶き卵ではなく「ホイップ卵」につけていただきます。 玉子 白みそ 作り方 1、赤ワインを鍋に入れ火にかける。 2、中火で2分間加熱して、アルコール分をとばす。 3、アルコールが飛んだら、そこにしょうゆ・砂糖・みりん・水を加える。 4、さらにはちみつを加える。 入れることでとてもふくよかな味になっておいしくなるので入れてみてください。 糖分が気になる方は糖質0の天然甘味料などがおすすめです。 具材の入れ方 1、だしが出るマッシュルームを最初に入れる。 2、続いて火が通りにくい具材を加える。 3、牛肉は火が通り過ぎないように気を付けて入れる。 お肉が硬くならないように注意して、火が十分通ったな、と思ったら引き上げてください。 ホイップ卵の作り方 玉子をホイップさせるには「温度」が重要なんです。 ホイップ卵を早く作るには「湯せん」をして温めながら作ると早く作ることが出来ます! 最適な温度は人肌くらいです。 お湯につけたり、はずしたりしながら作ると温度調節がしやすくなります。 電子レンジで加熱する場合 冷蔵庫から出した卵を一度とき、電子レンジで20~30秒加熱し一度さましかき混ぜます。 その後泡立ちが足りないようなら再度加熱してください。 冷蔵庫から出したての際は、最初に2度加熱するのがおすすめです。 この方法でも上手に作ることができます。 最後に白みそを加えることで、甘みとコクがアップします。 加えたらよく泡立ててホイップ状になったら完成です。

次の