パチンコ 出 玉 規制。 「パチンコ業界は2020年が一番大きな問題を抱えているのだ…」って話を開発者目線で問題提起をしてみたよ

2018年2月パチンコ規制まとめ解説|出玉1500個・4時間規制・設定・封入式パチンコ

パチンコ 出 玉 規制

👉 現時点でのパチンコの規制内容!! 上記がいわゆる 「総量規制」なんですね。 そして既に検定を通っている台が、今現在出ている台ということです。 2019年4月現在でも2400発搭載の台はたくさん出ています。 では続いて継続率65%規制を緩和してのメリットを見ていきましょう! スポンサーリンク 2. 現在の継続率65%規制は、シンフォギアやまどマギのような、1種2種混合機が継続率の壁をぶち破ってくれました。 しかし、その他パチンコ機種の大半が、• 継続率65%のST• 継続率65%のショートST+時短• 継続率65%で確変、35%が通常のバトルスペック• 継続率80%のSTだが20%の通常有り 実質65%継続 もう上記4つのような単調な台ばっかりでしたよね。 しかし、継続率65%が緩和という事は、• 継続率77%のSTでオール1500発の牙狼• 継続率90%STのダンバイン• 継続率80%のバトルスペック北斗の拳• 継続率80%の花の慶次 と出すことが出来るわけです。 全盛期の時には人気だった機種も現在では、 息をしていないホールがほとんどでしょう。 この規制緩和により、牙狼や北斗、慶次がまたホールを独占してくれるような状況になる可能性もありますね。 また、継続率65%になってやめてしまった人、行く回数が減ってしまった人も今回の規制緩和により再びホールへ行きだす人もいるでしょう。 しかし、継続率が上がったとしても 「総量規制はそのまま」という事で、どのようなデメリットがあるのかを見ていきましょう。 「総量規制はそのまま」でのデメリット! ですから、先程90%ループのダンバインを出す事が出来ると言いましたが、恐らくサミーさんも出さないでしょうね。 追記:4月にゴッドイーターの新台が登場しますが、継続率が91%ありスピード感もそこそこありそうです! もし牙狼や花の慶次のようなSTタイプもオール1500発にするとしたら、とんでもなく長い演出もしくはかなりのロングSTにしなければなりません。 例えば、現状の新基準機台を参考にしてみると分かりやすいかと思います。 そうなんです。 「総量規制」のせいでスピード感のある台が作れないので、結局は台のバリエーションが増えるだけって事なんですね。 今まで行ったことを覆 くつがえ すようで、申し訳ありません。 しかし65%規制の時も、各メーカーさんが頭を振り絞ってシンフォギアのような継続率80%の台を作ってくれました。 今回も継続率が上がったことにより、いろいろな台を出せるようになるのは間違いありませんので、 あとはどう出玉規制 スピード規制 の部分をかいくぐってくるのかが注目ポイントです。 ここさえ突破してくれればMAXタイプがあった時とまでは行きませんが、全盛期の盛り上がりを見せてくれるでしょうね。 まとめ:規制緩和により台のバリエーションは確実に増える! パチンコの継続率65%の規制緩和についてまとめます。 6段階の設定が導入• 4時間遊戯で5万円 12500発 以下に出玉を制限する• 出玉情報を安易に把握できるようにし、射幸心を抑える• そして初代の真・北斗無双を超えてくれるようなスペックを出してくれることを期待して待ちましょう! この記事を気に入っていただけたなら、当サイトのブックマーク、ツイッターのフォロー、LINE@の友達追加をよろしくお願いします。

次の

【最新】2020年パチンコ 規制・緩和内容を分かりやすく解説!

パチンコ 出 玉 規制

2020年にパチンコ店ってなくなるの? この噂はいったい何なの? 「パチンコ・パチスロが廃止されるらしい」 そんな噂が2018年頃から少しずつ広まり、2019年には「2020年にパチンコ廃止される」と聞き捨てならない内容になって一気に広まった。 果たして真相はどうなのでしょうか。 規制されたり緩和されたり振り回される• ギャンブル性を問題視 出玉規制で1回の出玉が上限1500発、4時間で5万円そこそこの勝ちにしかならないように。 2018年はそんな規制が発動された・・・ と思ったら2019年は規制緩和に踏み切った。 MAX台廃止で大逆転ができなくなるよう規制し「パチンコ依存症・のめり込み」の対策をした。 ・・・はずだった。 しかし、忖度やらなんやらで結局規制は確変継続率を上げる形で緩和された。 改正健康増進法の施行が2020年である事。 パチンコ店で喫煙席が廃止される事。 これが2020年パチンコ廃止の全容なのでは・・・ 個人的には受動喫煙対策で大袈裟な事をするなら、タバコそのものを見直すべきではと思いますが・・・ 結局パチンコは廃止されるの? いきなりパチ屋はなくなりません。 パチンコ・パチスロの市場規模は21兆円超です。 今後も規制と緩和が繰り返されると思いますが、パチンコを廃止とまではなりません。 パチンコ・パチスロの遊戯人口が激減し、業界が衰退すれば消滅・・・という道もあるかもしれません。 そうなる前に、形態を変えてカジノに吸収されていくのでは? と思ったりもします。 改正健康増進法とは 改正健康増進法ってどんな内容? 望まない受動喫煙を防止するための法律。 多くの施設において屋内が原則禁煙• 20歳未満は喫煙エリアへ立入禁止• 屋内での喫煙には喫煙室の設置が必要• とこは、例え従業員であっても立ち入ってはならない、という所。 矛盾してない? いっそのこと、タバコそのものを禁止物にすればいいじゃん! 「健康増進法」なんですよね。 タバコが原因で病気になるわけですよね。 受動喫煙ではもっと被害が大きいんですよね。 日本の健康保険制度では医療費の公費負担が多く、財政が圧迫されているわけで・・・ 健康被害のある煙草を売ると、買う人がいて、吸う人がいる。 更に受動喫煙で健康被害を受ける人がいて・・・ 結局たばこが原因で病気になって、医療費の公費負担が増えて・・・ それだけじゃない!火を使う煙草は火事の原因にもなる。 煙草の不始末だけでなく、ライターが存在することで子供の火遊びの危険もある。 誰も得しないのに、、、 そもそも吸わなかったらよかっただけなのに、、、.

次の

パチンコで勝てないのは当たり前wwやるだけ無駄な理由を徹底解説

パチンコ 出 玉 規制

新基準機の発表もどうなることやらで、期待と残念感が拭いきれません。 パチンコの楽しみは勝つことであり、投資金額が多少増えても一撃の連荘で回収できる可能性がある事です。 パチンコの大当たり最大出玉数が現行2400個に対して、 規制後には最大出玉数が1500個へと減少します。 これは、一撃の確率変動時の連荘時獲得個数の減少につながります。 大当たり出玉の上限が1500個までですが、実際にホールに導入されると獲得出玉数は、おそらく1300個から1400個程度になる可能性が考えられます。 大当たりラウンドは10ラウンドに減少し、大当たり出玉も1500個へ引き下がったものです。 パチンコユーザーには、とても厳しい規制となりました。 今回の 2018年新規制では、1時間試験における出玉率は約33パーセントから220パーセントの範囲で収まるようにとの規制が出来ています。 新基準では10時間試験において、出玉率約50パーセントから133パーセントの範囲になるように、大きく性能がダウンします。 今回の 2018パチンコ規制では、4時間で5万円以下の出玉に抑えることが大きな要ですから。 1回あたりの大当たり出玉が減少した分、設定差にて出玉を調整出来るのは良し悪しではないでしょうか? 封入式パチンコへ移行して、良く回る・回らないの区別がなくなると6段階の設定でしか出玉調整出来ないので、今回の規制内容では予想出来た内容です。 2019年新基準へ移行してパチンコの設定が搭載されますが、出玉の波やパチンコユーザーの収支が大きく荒れる可能性が考えられます。 5倍未満へ 4時間の発射総個数は、ピンと来ない人も多いかと思います。 パチンコ台における遊戯台の発射個数は、1分間に100発以下と決めれています。 記事を読んで頂ければ、パチンコ遊戯台における発射個数について分かります。 今回のパチンコ規制での発射個数をホールコンピューターで計測すると、1台に付き普通に遊戯をしていれば1時間に約5000発発射する事が分かります。 ここに、通常時にスタートチャッカーへ入った際の入賞玉や別の賞球口へ入った払い出しも考えると、4時間で2万発程度の出玉が上限ということになります。 今回の2018年パチンコ規制では、4時間で5万円以下の出玉に抑えることを大々的に告知しており、パチンコにおいては大きな勝ちは望めなくなりました。 4時間で2万発出玉が出れば、等価交換でも勝負になるのですが。 現行の機種に限っては、検定通過後3年間はホールで稼動させることが可能です。 あくまで、2018年2月1日以前に検定を通過していればの話です。 この検定に通過すると、その後3年間はホールに設置する事が可能です。 (再検定は当然無し) 機種により、再検定の通過しない台も出てくると予想されます。 検定に通過しなかった台のみが、早々に姿を消していくことになります。 2018年2月1日までに、現在の基準に合わせて各メーカーから新機種の発表が多いと考えられます。 現行の人気機種も2月から直ぐに撤去される訳ではありません。 パチンコ台の賞球数の下限値が撤廃される! 簡単に言えば、パチンコ台の入賞口やへそ、チューリップ等の入賞口に入っても、払い出しが0でもOKとなる。 これって、はたして規制緩和なのか微妙なところではあります。 パチンコ台のベース値の下限も撤廃される! 今までのパチンコ台ではベースの下限値は30でしたが、今回よりベース値が0でも良くなります。 パチンコ台は、1分間に100発球を発射することが可能です。 ベース30という事は、100発打ち出して30発の返りがあることを言います。 ベース値の下限が撤廃されても、時間当たりの出玉率は最低ラインとして約33パーセント必要なので、大当たり等で出玉を出さないといけなくなります。 はっきり言って、ベース値の下限が撤廃されても、打ち手のユーザーにはあまり大きなメリットやデメリットは無いかと思われます。 2019年2月からパチンコ規制がスタート! 2019年2月から適用となったパチンコ規制の内容について、分かりやすく解説していきます。 元パチンコ業界関係者の私が、パチンコ規制・パチスロ6号機詳細についての内容・新規制・パチンコ新基準台について詳しく書いてみます。 パチンコ業界で今大きな注目を集めているのが、 2019年2月より施行されるパチンコ・スロットにおける規制内容(新基準)の変更でしょう。 2019年になり、パチンコ・パチスロにおける情報も多く出回ってきており、撤去台のリスト等の詳細も明らかになってきています。 現行の遊戯台の撤去は順次行うとの事で、現状すぐに全台撤去ではありません。 パチンコ業界は2015年11月にも大きな規制強化を実施し、パチンコ・パチスロファンをがっかりさせてきた歴史があります。 しかし、遊戯台販売メーカーの努力もあり、若干の遊戯人口は減少したものの、大きな客離れには繋がらなかったのが大きな救いです。 今回の、 2019年パチンコ規制・パチスロ出玉規制の内容について、分かりやすく解説します。 6段階設定搭載パチンコ台登場! 2018年8月より、ウワサされていた新基準となる6段階設定搭載のパチンコ台が登場します。 時期的には、8月半ば過ぎである8月20日と言われています。 6段階設定搭載パチンコ第一弾として、 CR革命機ヴァルヴレイヴが登場する予定です。 そもそも、6段階設定搭載のパチンコ台とはどんな仕様なのか? 知らない人も多いと思われます。 簡単に解説したいと思います。 6段階設定搭載のパチンコとは? 現段階では、6段階設定搭載のパチンコ台も釘調整は可能です。 今までと同じく釘調整が行えるため、パチンコホールとしても色々な使い方が出来ます。 設定を1にして、釘を開けることで大当たり確率は悪いけれども、良く回り遊べる調整にも出来ます。 逆に、設定を高くし大当たり確率は高いものの、釘が渋く余り回らない等の調整も可能です。 来年頃から導入が予定されている、 封入式パチンコへ移行すると、封入式と言う名前の通り釘調整は一切行えなくなります。 そうなると、現行のパチスロと近い感じとなります。 勝つ為には、設定のみが重要となってきます。 6段階設定パチンコの機械割りは? 6段階設定搭載のパチンコ台における、設定6の機械割は120パーセントから135パーセントと言われています。 機械割りが120パーセントであれば、等価交換のホールでは約48000円程度のプラスが見込めます。 設定と釘調整にもよりますが、あくまで機械割り120パーセントであればの話です。 機械割が135パーセントあれば、約84000円程度のプラスになりますが、正直135パーセントの機械割りはムリだと思われます。 機械割りの考え方ですが、パチンコ台は1時間に約5000発の打ち込みがあります。 休憩等を考慮して、稼動を12時間としましょう。 一日の打ち込み球数は、約60000発です。 払い出し球数は、72000発となりますね。 この、72000発から打ち込み球数の60000発を引くと12000発。 12000発が純粋にプラスになる球数です。 まあ、48000円勝てると言うことは、釘調整・設定のことも考えると、10万円勝ちは十分射程圏内かなと個人的には思います。 2018年以降のパチンコ・スロットについて! ここまでが、 2018年2月より適用されるパチンコ・スロットにおける規制内容の概要です。 最新情報や大きな変更点が出てくれば、記事にしていきます。 パチンコ・スロットファンに遊びやすい規制が始まることを願っています。 以前のパチンコ規制・パチスロ規制について! パチンコ規制の情報は日々更新中です! 連日、2015年11月からの パチンコ規制について、様々な憶測や新情報が飛び交っています。 パチンコ業界関連ということもあり、非常に気になっている方が多いようです。 パチンコ業界における規制の開始まであと少しとなってきています。 パチンコ・パチスロ規制の情報を分かりやすく掲載しています。 まもなく、 パチンコ・スロットの規制が始まります。 パチンコファンとパチンコ業界にとって、どんな効果が出るのか?マイナス部分やプラスになる部分についての詳細を現在調査中です。 パチスロ規制に関しての最新情報。 まとめ記事はコチラ! パチスロ規制で最低出玉率も設定され、ユーザーに優しくなったのかそれとも勝率が下がってしまうのか? 気になるところですね。 パチンコ業界の規制の影響で閉めるホールも出てきています。 それについては、後日まとめて記事にしたいと思います。 11月からスタートとなるパチンコの規制強化についての情報は、 新しい情報が入り次第更新しています。 パチンコファンとしては、気になるチェックしたい内容です。 特にパチスロ(スロット)における 規制強化の内容については、気になる人が非常に多い注目の内容です。 パチンコ業界は、年々規制が変わりパチンコを趣味としている人や、パチンコ店員として働く人に、何らかの影響を与えてきて今に至ります。 思えば4号機の超爆裂マシン 「 ミリオンゴッド」が登場して、ギャンブル的な出玉と射幸性の強さから、しばらくすると規制されてどこのホールからも姿を消していきました。 ミリオンゴッドは過去最高の射幸性を誇る! 確かに1時間で 10万円以上もの出玉を獲得できたり、1時間で5万円負けてしまうスロット機種の射幸性の高さにも問題がありますが、検定を通過してホールに出回った事も大きな問題です。 後ほど検定取り消しなどで撤去するのであれば、スロットの販売メーカーとしても最初から検定に通過しなかった方が、後々良かった部分も多いと思います。 スロットを遊戯する客からしてみても、中途半端に台を撤去されたらたまったものではありません。 ちょっと話がそれてしまいましたが、ここから パチンコの新規制の本題に入ります。 パチンコ新規制になってどうなる? 現在のパチンコ台のフルスペックと言われる機種の大当たり確率は400分の1から450分の1程度ですが、この大当たり確率が不適合となるので、大当たり確率がもう少し低い確率で新機種が登場することになります。 規制強化されて、射幸性を抑える狙いがあるようです。 新基準での大当たり確率は、 320分の1がMAXということになります。 この確率以上の遊技台は検定が通らないので、新機種として登場することはありません。 新規制によるパチンコ台の確変継続率! パチンコ台の大当たり確率が若干低下したところで、確変の継続率が高くなったりすれば、新規制になってもあまり意味がなくなってきます。 2015新規制での確変継続率はどうなるかはっきりわかりませんが、あまり意味のない新規制になる可能もあります。 出玉がゼロの遊技台は検定通過出来ない! そして今現在でも主流の、 出玉が全くない大当たりも規制されて禁止になります。 個人的には、 規制強化されて出玉が全くない大当たりは規制されて無くなってくれるのは、大賛成です。 パチンコの魅力は「大当たりさせて、出玉をドル箱に入れて積み上げること!」です。 出玉がゼロでも大当たりとして扱えると、パチンコホール側にメリットがあります。 データ表示機では、出玉が無いにも関わらず大当たり回数が1としてカウントされれます。 データ機器を頼りにパチンコをする人にとっては、全く参考にならない不親切な気がします。 来年から新基準のパチンコ台に! パチンコの現行のスペックである、 大当たり出玉ゼロのパチンコ台や 大当たり確率400分の1といった台の導入は 2015年の10月を最後に終了します。 2015年11月からは規制強化され、新スペックの基準に合格した台だけが、新台入替でパチンコ店に入荷することになります。 現在すでに設置されている現行スペックの台(大当たり出玉がゼロのパチンコ台や、大当たり確率400分の1といった台)については、当分の間はホールで稼働することになります。 規制強化の新基準でパチンコ店にもデメリット? 2015年11月の新基準のパチンコ台の規制強化で、大量のパチンコ台を撤去したりすると、代わりのパチンコ台を入れる莫大な費用が必要になります。 費用面でパチンコ店にしわ寄せが行き、最終的にはパチンコの客がその費用を支払うという悪い流れになってしまいます。 なので現行の設置済のパチンコ台については、当分(2年から3年程度?)はそのまま稼働すると思われます。 スロットの新規制(新基準)について! パチンコと同様にスロットでも2015年10月を最後に、新基準に切り替わります。 今のスロットでは、AT機やART機といった出玉の波が荒い機種に人気が集まっていますが、規制強化されたスロットの新規制になると現在主流のAT機やART機は検定に通らなくなるため、2015年12月からは一切導入されなくなります。 なので、2015年の11月に予定されている、スロット機種の新台登場が多い予定となっています。 パチスロ台の規制強化の新基準とは? そして2015年のスロットにおける規制強化の新基準では、 最低の出玉率が決められています。 この最低出玉率が55パーセントという事なのですが、55パーセントという事は100枚のコインを投入すれば、小役の払い出しが55枚以上必要と言うことです。 これについては押し順不問で計測するので、現在主流のAT機やART機は当然検定に通過することができません。 その他の確率や最高出玉率などの詳しい数値が分かり次第、改めて記事にしたいと思います。 スロットの新規制でも、パチンコの規制同様に2015年11月を最後に現行スペックの新規導入が終了します。 現行スペックの設置済のスロット機種については、当面の間は今まで通りホールで稼働するはずです。 2015年 パチンコ・スロット台の規制強化 まとめ!.

次の