じゃがいも 子供 レシピ。 ケンミンショーの子供洋食の作り方。群馬のじゃがいも料理のレシピ。

ピーマンの簡単レシピ50選!子供も大人も喜ぶ絶品料理をマスターしよう♪

じゃがいも 子供 レシピ

この記事の目次• もちもち食感を楽しむおやつレシピ9選 じゃがいもはでんぷん質が豊富なので、調理法によってもちもちっとした食感を引き出すことができます。 そんな 食感を楽しむおやつをご紹介します。 チーズポテト餅 【作り方】• 1 じゃがいも(5~6個)の皮をむき、適当な大きさに切ります。 2 ひたひたの水と一緒に鍋に入れ、芯がなくなるまで柔らかく茹でます。 3 ザルにあげて水気をきり、マッシャーで潰します。 4 片栗粉(大匙3~4)を加え混ぜます。 片栗粉が馴染むよう、手でしっかり捏ねてください。 5 塩コショウ(少々)ととろけるチーズ(80g~100g)を加えてさらに捏ねます。 6 厚さ2cmくらいの小判型に丸めます。 7 フライパンに多めの油を熱し、弱めの中火で両面をこんがり焼いたら完成です。 焼きたてのアツアツを召し上がってくださいね!チーズの量はお好みで調整、片栗粉はじゃがいもの大きさによって変わるので、だいたい3割程度と考えてください。 1 じゃがいも(2個)は皮を剥いてすり下ろします。 2 小麦粉(50g)、上新粉(10g)、片栗粉(50g)、だし汁(40cc 、卵(1個)、塩(少々)を加え混ぜます。 泡だて器を使ってしっかり混ぜてください。 3 フライパンにゴマ油(大匙1)を熱して生地を流し入れ、中火で両面をカリッと焼きます。 フライ返しで抑えながら、焼き付けるように焼いてください。 1 じゃがいも(2個)は茹で、水気を切ったらしっかり潰します。 2 砂糖(40g)、溶かしバター(60g)を加え混ぜます。 3 薄力粉(100g)をふるい入れ、サックリ混ぜ合わせます。 4 粉っぽさがなくなったら、食べやすい大きさに平たく形を作ります。 1 じゃがいも(2個)は茹で、水気を切ったらしっかり潰します。 2 粉チーズ(大匙4)、片栗粉(大匙8)、米粉(大匙4)、塩(少々)、水(100cc)を加え、手でよく捏ねます。 米粉がない場合は、薄力粉で代用可能です。 3 一口大に丸めて天板に並べます。 ほっこり気持ちが優しくなるおやつです。 じゃがいもの簡単団子おやつ 見た目にも可愛らしいじゃがいものおやつ。 もちもち食感と香ばしく、いくらでも食べれそう!油を使わないのでママにも嬉しいヘルシーおやつです。 じゃがいも餅スティック 細長く丸めたじゃがいも餅。 1 じゃがいも(200g)は皮を剥き、一口大に切ります。 耐熱容器に入れてふんわりラップをして6~7分レンジ加熱してください。 2 熱いうちに溶かしバター(20g)と砂糖(60g)を加え混ぜます。 砂糖を完全に溶かしてください。 3 薄力粉(200g)とベーキングパウダー(小匙2)をふるい入れ、さっくり切る様に混ぜ合わせます。 5 強力粉(適量)をふった台に広げ、型で抜きます。 7 お好みで粉砂糖やシナモンシュガーをふりかけ完成です。 じゃがいもが入っているとは気が付かないかもしれません!ふんわりと柔らかいドーナツは子供たちにも大人気。 チョコレートで飾り付けを楽しむのもいいですね! スイートおじゃが 【作り方】• 1 じゃがいも(400g)は皮を剥いてざっくり適当な大きさに切り、ふんわりラップをかけてレンジで7分ほど加熱します。 2 バター(15g)、砂糖(55g)、塩(ひとつまみ)を加えて混ぜ合わせます。 3 卵黄(2個)を溶きほぐし、照り出し用に大匙1ほど取り分けて、残りを加えます。 4 牛乳(大匙1)も加え、混ぜてください。 5 スプーンを使ってアルミカップに分け入れ、照り出し用の卵黄を塗ります。 6 トースターで12分、焼き色を付けたら出来上がり。 スイートポテトのじゃがいもバージョン。 ふんわりと柔らかな食感で、子供も食べやすい優しい味のおやつです。 じゃがいもフォカッチャ たっぷりのじゃがいもを練り込み、ふかふかの食感に!発酵する時間が必要なので、休日など時間のある時にぜひ作ってみてください。 じゃがいもプリン ふんわりほっこり美味しいプリンは子供に大人気!あっさりとした甘さなので大人にもおすすめのレシピです。 じゃがいも蒸しパン ホットケーキを使って手軽に作る蒸しパンは、小さな子供にもおすすめのおやつ!くるみを乗せて、食感の違いを楽しみながらいただきたいですね。 [co-8] ほくほく食感を楽しむおやつレシピ4選 茹でたてのじゃがいもは、ほっくほく!温かいまま食べるのがおすすめのじゃがいもおやつをご紹介します。 焼きポテト 【作り方】• 1 じゃがいも(適量)は拍子木切りにし、水に30分ほどさらします。 2 溶け出したでんぷんを洗い流し、しっかり水気を切ります。 キッチンペーパーを使って水気が残らないようにしてください。 3 全体に小麦粉をふり、全体にまぶします。 余計な粉は落としましょう。 4 フライパンにオリーブオイル(大匙1)を熱し、じゃがいもを入れて焼きます。 箸で返しながら、弱めの中火でじっくり焼いてください。 5 キッチンペーパーで油をふき取りながら、最後に火を少し強め、乾煎りするように焼き上げます。 6 塩(少々)をふって完成です。 外側はカリカリ、中はほっくほくの焼きポテト。 大人には黒コショウでピリっと辛味をきかせたり、ハーブや粉チーズをまぶしておしゃれにしても!甘く食べたいときはお砂糖やシナモンシュガーもおすすめです。 じゃがバター 【作り方】• 1 じゃがいも(適量)は皮ごと洗います。 2 鍋に入れ、ひたひたのお水を入れて強火にかけます。 3 沸騰したら塩(適量)を入れます。 お湯の味を見て、塩味が付いていると感じる程度入れてください。 4 蓋をしてゆらゆらとお湯が動く火加減で、じゃがいもにしっかり火を通します。 竹串で様子を見ながら茹でてください。 5 ザルにあげ、そのまま水分を蒸発させます。 6 十字に切り込みを入れ、2cm角に切ったバターを乗せます。 7 皮を剥きながらアツアツをいただきましょう。 じゃがいもの美味しさをそのまま味わいたいなら、やっぱりこのレシピ!丸ごと1個をホクホクペロリと、あっという間に平らげてしまうこと間違いありません! 大学じゃがいも 【作り方】• 1 じゃがいも(3個)は皮付きのまま、一口大に切り、30分ほど水にさらしておきます。 2 水洗いででんぷん質を流し、水気をしっかり拭き取ります。 4 鍋に砂糖(大匙3)、水(大匙3)、醤油(小匙1)を煮立たせます。 焦がさないよう注意しながら中火にかけてください。 5 砂糖がしっかり溶け、泡が大きくなったところへ、じゃがいもを入れます。 ざっくりと木べらで混ぜ、味を絡めたら火を止めます。 6 黒ゴマ(適量)をふりかけて完成です。 甘辛だれが最高に美味しい一品。 さつま芋の代わりにじゃがいもを使うことで、さっぱりといただけます。 世代を問わず、みんなに愛されるおやつです。 じゃがバナナパイ 冷凍パイシートを使えば、おしゃれで立派なおやつに!持ち寄りのお茶会や、お友達が来たときのおやつに出しても喜ばれそうですね。 カリカリ食感を楽しむおやつレシピ5選 具体的に商品をご紹介していきましょう。 じゃがいもプリッツ 【作り方】• 1 じゃがいも(1個)は皮を剥き、適当な大きさに耐熱皿に入れます。 ふんわりラップをかけて、レンジで7分加熱します。 3 まとまったら保存袋に入れ、四角く平らに伸ばします。 3~4mmくらいの厚みにしましょう。 4 冷蔵庫で30分ほどしっかり冷やします。 5 取り出して袋から出し、包丁で3mm幅に切ります。 6 オーブンシートを敷いた天板に間隔を開けて並べ、トースターで10分焼いたら完成です。 途中、焦げそうな場合はアルミホイルをかぶせてください。 コンソメをお砂糖(大匙1)に変えると、甘味のあるプリッツになります! レンチンポテトチップス 【作り方】• 1 じゃがいも(適量)はスライサーで薄切りにします。 2 耐熱皿にオーブンシートを敷き、1枚1枚を離して並べます。 3 塩少々をふりかけ、ラップをかけずにレンジにかけます。 500Wで7~8分が目安です。 4 薄く色付いたら取り出し、重ならないように並べてしっかり冷まします。 乾燥するとカリッとした食感になります! 油を使わずヘルシーなので、ポテトチップのようにお腹にもたれる心配がありません。 スナック菓子を好む子供にも、安心してたくさん食べさせてあげてくださいね。 薄焼きガレット 【作り方】• 1 じゃがいも(2個)は千切りにし、塩コショウ(少々)をまぶします。 2 フライパンに油(大匙1)を熱し、じゃがいもを入れて全体に均一に広げます。 3 フライ返しを使ってじゃがいもを押しつぶすように焼き付けます。 4 5分くらい焼いたら一度取り出し、油(大匙1)を入れ、ひっくり返して戻し入れます。 5 再び5分くらい焼いたら完成です。 ポテトとチーズのカリカリ焼き じゃがいもとチーズがあれば作れるお手軽おやつ!塩味なので、甘い物が苦手なパパにもおすすめです。 ボリューム満点のおやつレシピ4選 子供にとって、おやつは必要な補助食。 特に少食の子供には、しっかりと食べ応えのあるものを用意してあげたいですね。 ボリューム満点のおやつをご紹介します! じゃがいもピザ 【作り方】• 1 じゃがいも(2個)は3mmくらいの薄めの輪切りにします。 2 フライパンに油(大匙1)を熱し、じゃがいもを少し重ねながら、フライパンいっぱいに敷き詰めて焼きます。 3 時々ヘラで押しつぶすように焼いてください。 4 じゃがいもにほんのり透明感が出てきたら、塩コショウ(少々)をふり、表面にケチャップとマヨネーズ(各大匙1)を塗って、コーンとピザ用チーズ(各適量)を広げます。 5 蓋をして5~6分蒸し焼きにします。 6 チーズが全体にとけたら焼き上がりです! コーンだじけじゃなく、お好みの具材をトッピングしてもOK。 ソースもご家族の好みに合わせてアレンジしてください。 ポテトパンケーキ 【作り方】• 1 じゃがいも(2個)は皮を剥いてすり下ろします。 3 薄力粉(50g)をふるい入れ、さっくりと混ぜ合わせます。 4 フライパンにバター(10g)を溶かし、お玉1杯分ずつの生地を流し入れて焼きます。 外側がカリッとしてきたら裏返し、両面を焼いてください。 5 器に盛り、はちみつ等をかけて完成です! じゃがトースト 【作り方】• 1 じゃがいも(1個)は皮を剥き、茹でて大雑把に潰します。 3 じゃがいもを乗せ、塩コショウを振っってトースターで5~6分焼いたら出来上がり。 ベーコンやハム、チーズやブロッコリーなどと組み合わせても良いでしょう。 食べやすく切り分けていただいてくださいね! 揚げいも 【作り方】• 1 ホットケーキミックス(100g)に砂糖(大匙1)を加え、牛乳(80cc)で溶き混ぜ、衣の生地を作ります。 出来たら冷蔵庫に入れ、1時間ほど寝かせておきます。 2 じゃがいも(小玉5~6個)は皮を剥き、ひたひたのお水に塩(適量)を加えて、中心に火が通るまでしっかり茹でます。 塩は、お湯の味を見てほんのり塩分を感じるくらい入れてください。 3茹でたらザルに上げて水気を切っておきます。 全体にキツネ色になったら完成です。 小さいサイズのじゃがいもが手に入らない場合は、通常サイズのじゃがいもを一口大に切って作ることもできます。 油で揚げるのでお腹がしっかり満足するおやつになります! じゃがいもは栄養満点! じゃがいもには、家族みんなに嬉しい栄養が豊富に含まれています。 他にもビタミンCの豊富な野菜はありますが、熱や水に弱い性質であることはご存知かと思います。 ところが、じゃがいもの場合はたくさんのでんぷん質で包むように守られており、熱や水に溶け出す割合が非常に低いのです。 そのため、 ビタミンCを取ろうと思えば、じゃがいもは最高の野菜なのです。 ビタミンCの魅力 ビタミンCは、コラーゲンを生成する美肌効果の高い栄養素として知られています。 肌をつやつやに保ちたいママは積極的に摂取したいですよね。 さらに、 免疫力を高めるので、風邪を引きにくい丈夫な体作りにも効果的。 小さな子供にも積極的に食べさせてあげたい野菜です。 その他、抗ストレスホルモンの分泌を促したり、体内の酸化を防止、発がん物質の合成を抑える作用もあります。 じゃがいもは調理法により、様々な食感を楽しむことができます。 また、色々な食材との相性も良く、調理法を工夫すれば毎日飽きずに食べることができるでしょう。 家族みんなの健康も考えて、たくさんのじゃがいもおやつレシピを、ぜひ参考にしてくださいね! [co-9].

次の

子供も大人も大喜び!じゃがいもを使ったおやつレシピ27選

じゃがいも 子供 レシピ

この記事の目次• もちもち食感を楽しむおやつレシピ9選 じゃがいもはでんぷん質が豊富なので、調理法によってもちもちっとした食感を引き出すことができます。 そんな 食感を楽しむおやつをご紹介します。 チーズポテト餅 【作り方】• 1 じゃがいも(5~6個)の皮をむき、適当な大きさに切ります。 2 ひたひたの水と一緒に鍋に入れ、芯がなくなるまで柔らかく茹でます。 3 ザルにあげて水気をきり、マッシャーで潰します。 4 片栗粉(大匙3~4)を加え混ぜます。 片栗粉が馴染むよう、手でしっかり捏ねてください。 5 塩コショウ(少々)ととろけるチーズ(80g~100g)を加えてさらに捏ねます。 6 厚さ2cmくらいの小判型に丸めます。 7 フライパンに多めの油を熱し、弱めの中火で両面をこんがり焼いたら完成です。 焼きたてのアツアツを召し上がってくださいね!チーズの量はお好みで調整、片栗粉はじゃがいもの大きさによって変わるので、だいたい3割程度と考えてください。 1 じゃがいも(2個)は皮を剥いてすり下ろします。 2 小麦粉(50g)、上新粉(10g)、片栗粉(50g)、だし汁(40cc 、卵(1個)、塩(少々)を加え混ぜます。 泡だて器を使ってしっかり混ぜてください。 3 フライパンにゴマ油(大匙1)を熱して生地を流し入れ、中火で両面をカリッと焼きます。 フライ返しで抑えながら、焼き付けるように焼いてください。 1 じゃがいも(2個)は茹で、水気を切ったらしっかり潰します。 2 砂糖(40g)、溶かしバター(60g)を加え混ぜます。 3 薄力粉(100g)をふるい入れ、サックリ混ぜ合わせます。 4 粉っぽさがなくなったら、食べやすい大きさに平たく形を作ります。 1 じゃがいも(2個)は茹で、水気を切ったらしっかり潰します。 2 粉チーズ(大匙4)、片栗粉(大匙8)、米粉(大匙4)、塩(少々)、水(100cc)を加え、手でよく捏ねます。 米粉がない場合は、薄力粉で代用可能です。 3 一口大に丸めて天板に並べます。 ほっこり気持ちが優しくなるおやつです。 じゃがいもの簡単団子おやつ 見た目にも可愛らしいじゃがいものおやつ。 もちもち食感と香ばしく、いくらでも食べれそう!油を使わないのでママにも嬉しいヘルシーおやつです。 じゃがいも餅スティック 細長く丸めたじゃがいも餅。 1 じゃがいも(200g)は皮を剥き、一口大に切ります。 耐熱容器に入れてふんわりラップをして6~7分レンジ加熱してください。 2 熱いうちに溶かしバター(20g)と砂糖(60g)を加え混ぜます。 砂糖を完全に溶かしてください。 3 薄力粉(200g)とベーキングパウダー(小匙2)をふるい入れ、さっくり切る様に混ぜ合わせます。 5 強力粉(適量)をふった台に広げ、型で抜きます。 7 お好みで粉砂糖やシナモンシュガーをふりかけ完成です。 じゃがいもが入っているとは気が付かないかもしれません!ふんわりと柔らかいドーナツは子供たちにも大人気。 チョコレートで飾り付けを楽しむのもいいですね! スイートおじゃが 【作り方】• 1 じゃがいも(400g)は皮を剥いてざっくり適当な大きさに切り、ふんわりラップをかけてレンジで7分ほど加熱します。 2 バター(15g)、砂糖(55g)、塩(ひとつまみ)を加えて混ぜ合わせます。 3 卵黄(2個)を溶きほぐし、照り出し用に大匙1ほど取り分けて、残りを加えます。 4 牛乳(大匙1)も加え、混ぜてください。 5 スプーンを使ってアルミカップに分け入れ、照り出し用の卵黄を塗ります。 6 トースターで12分、焼き色を付けたら出来上がり。 スイートポテトのじゃがいもバージョン。 ふんわりと柔らかな食感で、子供も食べやすい優しい味のおやつです。 じゃがいもフォカッチャ たっぷりのじゃがいもを練り込み、ふかふかの食感に!発酵する時間が必要なので、休日など時間のある時にぜひ作ってみてください。 じゃがいもプリン ふんわりほっこり美味しいプリンは子供に大人気!あっさりとした甘さなので大人にもおすすめのレシピです。 じゃがいも蒸しパン ホットケーキを使って手軽に作る蒸しパンは、小さな子供にもおすすめのおやつ!くるみを乗せて、食感の違いを楽しみながらいただきたいですね。 [co-8] ほくほく食感を楽しむおやつレシピ4選 茹でたてのじゃがいもは、ほっくほく!温かいまま食べるのがおすすめのじゃがいもおやつをご紹介します。 焼きポテト 【作り方】• 1 じゃがいも(適量)は拍子木切りにし、水に30分ほどさらします。 2 溶け出したでんぷんを洗い流し、しっかり水気を切ります。 キッチンペーパーを使って水気が残らないようにしてください。 3 全体に小麦粉をふり、全体にまぶします。 余計な粉は落としましょう。 4 フライパンにオリーブオイル(大匙1)を熱し、じゃがいもを入れて焼きます。 箸で返しながら、弱めの中火でじっくり焼いてください。 5 キッチンペーパーで油をふき取りながら、最後に火を少し強め、乾煎りするように焼き上げます。 6 塩(少々)をふって完成です。 外側はカリカリ、中はほっくほくの焼きポテト。 大人には黒コショウでピリっと辛味をきかせたり、ハーブや粉チーズをまぶしておしゃれにしても!甘く食べたいときはお砂糖やシナモンシュガーもおすすめです。 じゃがバター 【作り方】• 1 じゃがいも(適量)は皮ごと洗います。 2 鍋に入れ、ひたひたのお水を入れて強火にかけます。 3 沸騰したら塩(適量)を入れます。 お湯の味を見て、塩味が付いていると感じる程度入れてください。 4 蓋をしてゆらゆらとお湯が動く火加減で、じゃがいもにしっかり火を通します。 竹串で様子を見ながら茹でてください。 5 ザルにあげ、そのまま水分を蒸発させます。 6 十字に切り込みを入れ、2cm角に切ったバターを乗せます。 7 皮を剥きながらアツアツをいただきましょう。 じゃがいもの美味しさをそのまま味わいたいなら、やっぱりこのレシピ!丸ごと1個をホクホクペロリと、あっという間に平らげてしまうこと間違いありません! 大学じゃがいも 【作り方】• 1 じゃがいも(3個)は皮付きのまま、一口大に切り、30分ほど水にさらしておきます。 2 水洗いででんぷん質を流し、水気をしっかり拭き取ります。 4 鍋に砂糖(大匙3)、水(大匙3)、醤油(小匙1)を煮立たせます。 焦がさないよう注意しながら中火にかけてください。 5 砂糖がしっかり溶け、泡が大きくなったところへ、じゃがいもを入れます。 ざっくりと木べらで混ぜ、味を絡めたら火を止めます。 6 黒ゴマ(適量)をふりかけて完成です。 甘辛だれが最高に美味しい一品。 さつま芋の代わりにじゃがいもを使うことで、さっぱりといただけます。 世代を問わず、みんなに愛されるおやつです。 じゃがバナナパイ 冷凍パイシートを使えば、おしゃれで立派なおやつに!持ち寄りのお茶会や、お友達が来たときのおやつに出しても喜ばれそうですね。 カリカリ食感を楽しむおやつレシピ5選 具体的に商品をご紹介していきましょう。 じゃがいもプリッツ 【作り方】• 1 じゃがいも(1個)は皮を剥き、適当な大きさに耐熱皿に入れます。 ふんわりラップをかけて、レンジで7分加熱します。 3 まとまったら保存袋に入れ、四角く平らに伸ばします。 3~4mmくらいの厚みにしましょう。 4 冷蔵庫で30分ほどしっかり冷やします。 5 取り出して袋から出し、包丁で3mm幅に切ります。 6 オーブンシートを敷いた天板に間隔を開けて並べ、トースターで10分焼いたら完成です。 途中、焦げそうな場合はアルミホイルをかぶせてください。 コンソメをお砂糖(大匙1)に変えると、甘味のあるプリッツになります! レンチンポテトチップス 【作り方】• 1 じゃがいも(適量)はスライサーで薄切りにします。 2 耐熱皿にオーブンシートを敷き、1枚1枚を離して並べます。 3 塩少々をふりかけ、ラップをかけずにレンジにかけます。 500Wで7~8分が目安です。 4 薄く色付いたら取り出し、重ならないように並べてしっかり冷まします。 乾燥するとカリッとした食感になります! 油を使わずヘルシーなので、ポテトチップのようにお腹にもたれる心配がありません。 スナック菓子を好む子供にも、安心してたくさん食べさせてあげてくださいね。 薄焼きガレット 【作り方】• 1 じゃがいも(2個)は千切りにし、塩コショウ(少々)をまぶします。 2 フライパンに油(大匙1)を熱し、じゃがいもを入れて全体に均一に広げます。 3 フライ返しを使ってじゃがいもを押しつぶすように焼き付けます。 4 5分くらい焼いたら一度取り出し、油(大匙1)を入れ、ひっくり返して戻し入れます。 5 再び5分くらい焼いたら完成です。 ポテトとチーズのカリカリ焼き じゃがいもとチーズがあれば作れるお手軽おやつ!塩味なので、甘い物が苦手なパパにもおすすめです。 ボリューム満点のおやつレシピ4選 子供にとって、おやつは必要な補助食。 特に少食の子供には、しっかりと食べ応えのあるものを用意してあげたいですね。 ボリューム満点のおやつをご紹介します! じゃがいもピザ 【作り方】• 1 じゃがいも(2個)は3mmくらいの薄めの輪切りにします。 2 フライパンに油(大匙1)を熱し、じゃがいもを少し重ねながら、フライパンいっぱいに敷き詰めて焼きます。 3 時々ヘラで押しつぶすように焼いてください。 4 じゃがいもにほんのり透明感が出てきたら、塩コショウ(少々)をふり、表面にケチャップとマヨネーズ(各大匙1)を塗って、コーンとピザ用チーズ(各適量)を広げます。 5 蓋をして5~6分蒸し焼きにします。 6 チーズが全体にとけたら焼き上がりです! コーンだじけじゃなく、お好みの具材をトッピングしてもOK。 ソースもご家族の好みに合わせてアレンジしてください。 ポテトパンケーキ 【作り方】• 1 じゃがいも(2個)は皮を剥いてすり下ろします。 3 薄力粉(50g)をふるい入れ、さっくりと混ぜ合わせます。 4 フライパンにバター(10g)を溶かし、お玉1杯分ずつの生地を流し入れて焼きます。 外側がカリッとしてきたら裏返し、両面を焼いてください。 5 器に盛り、はちみつ等をかけて完成です! じゃがトースト 【作り方】• 1 じゃがいも(1個)は皮を剥き、茹でて大雑把に潰します。 3 じゃがいもを乗せ、塩コショウを振っってトースターで5~6分焼いたら出来上がり。 ベーコンやハム、チーズやブロッコリーなどと組み合わせても良いでしょう。 食べやすく切り分けていただいてくださいね! 揚げいも 【作り方】• 1 ホットケーキミックス(100g)に砂糖(大匙1)を加え、牛乳(80cc)で溶き混ぜ、衣の生地を作ります。 出来たら冷蔵庫に入れ、1時間ほど寝かせておきます。 2 じゃがいも(小玉5~6個)は皮を剥き、ひたひたのお水に塩(適量)を加えて、中心に火が通るまでしっかり茹でます。 塩は、お湯の味を見てほんのり塩分を感じるくらい入れてください。 3茹でたらザルに上げて水気を切っておきます。 全体にキツネ色になったら完成です。 小さいサイズのじゃがいもが手に入らない場合は、通常サイズのじゃがいもを一口大に切って作ることもできます。 油で揚げるのでお腹がしっかり満足するおやつになります! じゃがいもは栄養満点! じゃがいもには、家族みんなに嬉しい栄養が豊富に含まれています。 他にもビタミンCの豊富な野菜はありますが、熱や水に弱い性質であることはご存知かと思います。 ところが、じゃがいもの場合はたくさんのでんぷん質で包むように守られており、熱や水に溶け出す割合が非常に低いのです。 そのため、 ビタミンCを取ろうと思えば、じゃがいもは最高の野菜なのです。 ビタミンCの魅力 ビタミンCは、コラーゲンを生成する美肌効果の高い栄養素として知られています。 肌をつやつやに保ちたいママは積極的に摂取したいですよね。 さらに、 免疫力を高めるので、風邪を引きにくい丈夫な体作りにも効果的。 小さな子供にも積極的に食べさせてあげたい野菜です。 その他、抗ストレスホルモンの分泌を促したり、体内の酸化を防止、発がん物質の合成を抑える作用もあります。 じゃがいもは調理法により、様々な食感を楽しむことができます。 また、色々な食材との相性も良く、調理法を工夫すれば毎日飽きずに食べることができるでしょう。 家族みんなの健康も考えて、たくさんのじゃがいもおやつレシピを、ぜひ参考にしてくださいね! [co-9].

次の

【簡単常備菜】新じゃがいもを使った子どもに人気のレシピ4選

じゃがいも 子供 レシピ

じゃがいもの人気レシピランキング! それでは早速、じゃがいもの人気レシピのランキングを見ていきましょう。 これがバラつかず、きれいに仕上げるコツ。 トッピングを変えればアレンジも自在なので、じゃがいもの大量消費にピッタリです。 じゃがいもとチーズの殿堂入りレシピ! 続いて、じゃがいもと相性抜群のチーズを使った殿堂入りレシピをご紹介します。 トマトの味がしみ込んだじゃがいもが絶品! じゃがいもの煮物の簡単&殿堂入りレシピ! そして最後は、簡単で美味しいレシピや殿堂入りのレシピをあわせてご紹介していきます。 厚揚げのコクがじゃがいもにしみた、優しい味の煮物です。 ひとつひとつの工程を丁寧に経るからこそたどり着く、王道かつ唯一無二の味! じゃがいものお弁当人気&殿堂入りレシピ! まずは、じゃがいもを使ったお弁当の人気レシピをご紹介します。 細切りにすることで加熱時間が短くなり、バタつく朝に活躍するレシピです。 じゃがいものガレット人気&殿堂入りおすすめレシピ 続いて、じゃがいものガレットレシピをご紹介します。 きれいに焼けたガレットはおもてなしにも最適です。 青のりを混ぜ込んだ生地とバター醤油が絶妙です! じゃがいものスープ殿堂入り&人気&簡単レシピ! 最後はじゃがいもを使ったスープレシピです。 ほっこり優しい味のポタージュです。 潰したじゃがいもの食感がポタージュとはひと味違った美味しさです! まとめ 常備しやすいじゃがいもは、献立に困った時の救世主。 夏の日差しに負けないお肌作りに、ぜひじゃがいもを取り入れていきましょう!.

次の