タイピング 文章。 腕試しレベルチェック

タイピング練習の「マイタイピング」

タイピング 文章

フォントサイズの変更 Wordでは、その他にも色々なスタイルに文字を変えることができます。 文字を揃える 次に、文字の位置を揃えます。 通常では 両端揃えになっており、左の端から右の端まで改行するまで文章を続けるになります。 レイアウトを考える中で、 左揃えや 右揃え、 中央揃えを効果的に用いると、見やすい書類を作成することができます。 また、左右の余白に応じて文字を均等に振り分ける 均等割り付けもあります。 最初の行の左横にカーソルを持って行きます。 すると、カーソルの矢印の向きが左上から右上に変わります。 その状態で左クリックすると、行全体を選択することができます。 [ホーム]リボン の "段落" から をクリックして、文字を揃えます。 箇条書きの付与• の横の下向き三角をクリックします。 表示された行頭文字ライブラリの中から好きなものを選ぶことができます。 ライブラリの中にない文字や画像も"新しい行頭文字の定義"を押すことで設定することができます。 段落番号も箇条書きと同じようにカスタマイズすることができます。 インデント設定 インデントを設定することによって、余白をうまく利用することができます。 現在の状態では、項目となる"氏名"や"所属"、"趣味"、"自己紹介文"の番号とそれぞれの内容が同じ高さで表示されてしまっていて、見にくいです。 これらを項目の下につけるために、インデントを用います。 その他、段落の1行目は1字下げ、2行目以降は下げずに文章を続けていくという日本語の特徴的な文法もインデントによって設定することができます。

次の

毎日タイピング練習

タイピング 文章

有名なタイピング練習サイトであり、ご存知の方も多いでしょう。 回転寿司がモチーフになっており、タイピング文字列が書かれた寿司皿が右から流れてきます。 この 寿司皿が流れ切る前にすべての文字列を打たなければならないルールです。 また、 既定の秒数が過ぎると終了となり、それまで打てたお皿の数でスコアが決まります。 練習・普通・正確重視・速度必須・一発勝負の5モードがあり、流れてくる文字数に応じて3つのレベルがあります。 モード別説明• 練習:お皿がゆっくり流れてきます• 普通:スタンダードなモードです• 正確重視:ミスタイプをするとお皿がリセットされてしまいます• 速度必須:皿が一枚でも流れてしまうと終了です• 一発勝負:ミスタイプまたはお皿が流れてしまった時点で終了です ここにタイトル Ghost Typingの最大のオススメポイントは、他プレイヤーのタイピング時のGhost 分身 と対戦することが出来るということです。 他のプレイヤーの分身と 対戦形式で練習することが出来るので、「一文字間違えてしまうと負けてしまうかもしれない」という緊張感の中で練習することが出来ます。 この緊張感は検定試験での 「間違えてはいけない」というプレッシャーに負けない為に役に立ちます。 また、上達するごとにランキングが上がるので、 ランキングを上げるために練習するという良いサイクルが生まれます。 出題される文字も「-」長棒「! 」ビックリマーク「?」クエスチョンマークなどの記号類も頻繁に出てきますので、寿司打よりも文字のチョイス的には難しいかと思います。 e-typing イータイピング おすすめポイント一般的なローマ字タイピングからカナ文字タイピング、英語タイピングなど多様なメニューがそろっています。 タイピング文字のバラエティにも富んでおり、それぞれ切り替えることで長時間練習していても飽きにくいです。 さらにトップページの腕試しチャレンジでは、毎週お題が変わることによって新鮮なタイピング練習をすることが出来ます。 同じ文章を打ち続けることによって、本来の力ではなく「文字慣れ」でタイピング速度が速くなってしまう事が少なくなり、より本当の実力を測ることが出来ます。 一応私が挑戦してみたスコアを載せておきます。 タイピング結果が表示されるので、苦手なキーなどやタイピング速度の詳細な状況を把握することが出来ます。 また、ミスタイプしたワードのみを練習することもできる為、苦手克服にも使用することが出来ます。 ちなみに今回の結果でいうと、約43秒で330文字を入力したという結果になってますね。 オススメ練習方法 オススメ練習法は、タイピング練習サイトである程度ブラインドタッチができるようになり、後程説明する文章タイピングで実践的な練習をすることです。 詳細はこれから説明させていただきます。 タイピング練習サイトで1分80~90文字をブラインドタッチで打てるようになる まずはタイピング練習サイトで 1分80~90文字ラインをブラインドタッチで超えるまで練習することをオススメします。 もちろんこれは平均して超えることが出来るまで練習してください。 願わくば「調子が悪いな」と思った時でも超えれる状態が理想です。 「ローマ字表記」「カナ表記」はOFF その際できれば オプションで「ローマ字表記」「カナ表記」をOFFにしてください。 ローマ字表記やカナ表記が表示されているとどうしてもそちらを見ながらタイピングしてしまいます。 ワープロ検定の試験では、A4用紙に印刷された文章を入力する為、 ローマ字やカナ表記を見ながらのタイピングに慣れてしまうと実際に試験を受けた時に「表記が無くて」戸惑ってしまい、本来の力を発揮することが出来ません。 印刷された文章を見ながらタイピング タイピング練習サイトで1分間70文字ラインをクリアするところまで上達したら、次は何でもいいので A4用紙に印刷された文章をパソコンの横に置いた状態でタイピングする「文章タイピング」をしてください。 自分の好きな歌の歌詞でもいいですし、から過去問をダウンロードしてもいいです。 この練習法を始めた時は、おそらく練習サイトでの平均速度を大きく下回ると思います。 理由は次に説明します。 練習サイトでは無かった「首振り」が発生する 理由の一つに練習サイトでは無かった 「首を振る」という作業が発生するからです。 出題文字を見るために首を横に振ることで画面から目が離れてしまいます。 そうすると自然と 体勢が崩れ、ブラインドタッチがしにくくなりミスタイプが大量に発生してしまうのです。 また、画面から一度目を離すため、次に画面を見た時に文章の続きを探す事に時間を取られてしまいます。 文章タイピングでは「BackSpace」も押さなければならない ミスタイプをしてしまうと、修正するためにタイピング練習サイトではなかった 「BackSpace」を押さなければなりません。 練習サイトでは、打ちっぱなしなので「BackSpace」を押すことはありませんが、実際の文章タイピングになると必須です。 「BackSpace」を押すときもホームポジションに指を置いた状態では届かない位置にありますので、そこでもポジションが崩れてしまいます。 漢字変換を行わなければならない 練習サイトはローマ字をそのまま打てばOKなのですが、 文章タイピングになると出題通りに漢字変換も行わなければなりません。 またこれが厄介で、思ったように漢字変換が出来ないのです。 よって 漢字変換の「クセ」に慣れなければなりません。 また、「あえて別の文字を打って狙った言葉を出す」技もあります。 例えば、「上方」という漢字を出したいとします。 読み方は、「じょうほう」「かみがた」とありますが、どちらも変換すると「情報」「髪型」が最初に出てきてしまいます。 そこで 「そうとしかよまない」言葉で変換することで、一発で変換出来ます。 「上方」であれば、「うえほう」とも読めます。 よって「うえ」で一回変換し「上」、「ほう」で一回変換し「方」とし、ピンポイントで「上方」を出すことが出来ます。 このように、 狙った漢字を出すテクニックも身に付けておくと、本番では楽にタイピングできます。 練習サイトは「慣れる為」 文章タイピングは「実践的な練習」 タイピング練習サイトと文章タイピングでは異なる部分が多く、タイピング練習サイトばかりを練習すると実務的に対応することが出来ません。 練習サイトで1分100文字打てていても、文章タイピングになると1分50文字ぐらいになってしまうケースも少なくありません。 合格ラインは1分70文字ですが練習サイトで「80~90文字打てるようにしてください」と説明したのはその為です。 住み分けとしては、練習サイトで「慣れる為」文章タイピングは「実践的な練習」をすると覚えてください。 まとめ オススメタイピング練習サイトと練習方法を紹介してきました。 まとめると。。。 タイピング練習サイトで「キーボードと友達になり」文章タイピングで実践的なタイピング練習を行ってください。 キャプテン翼みたいな言い回しになってしまいました 笑 これでワープロ検定1級の速度は合格できるはずです!! 一度ちゃんとしたタイピングを習得すると体が覚えるので、仕事でもチャットでも正確かつ高速にタイピングをすることが出来るようになります。 タイピングはキーボードも重要 タイピングには、キーボードも重要になってきます。 最近ではMacを始めとした薄さを追求したキーボードが増えてきました。 しかし薄いキーボードは非常に打ちにくく、手が疲れてしまいます。 また、ほとんど押し込みできない為、指も痛くなりがちです。 よって、私はキーボードにはお金をかけており、東プレのRealforce R2というキーボードを愛用しています。 Realfroceは、静電容量無接点方式と呼ばれるスイッチが採用されており、長時間のタイピングでもほとんど疲れません。 値段は少し高いですが、これからタイピングする機会が増えるのであれば、1台購入しておいても良いでしょう。

次の

無料のタイピングゲームまとめ(寿司打・夜の森・歌詞・ボカロなど)

タイピング 文章

フォントサイズの変更 Wordでは、その他にも色々なスタイルに文字を変えることができます。 文字を揃える 次に、文字の位置を揃えます。 通常では 両端揃えになっており、左の端から右の端まで改行するまで文章を続けるになります。 レイアウトを考える中で、 左揃えや 右揃え、 中央揃えを効果的に用いると、見やすい書類を作成することができます。 また、左右の余白に応じて文字を均等に振り分ける 均等割り付けもあります。 最初の行の左横にカーソルを持って行きます。 すると、カーソルの矢印の向きが左上から右上に変わります。 その状態で左クリックすると、行全体を選択することができます。 [ホーム]リボン の "段落" から をクリックして、文字を揃えます。 箇条書きの付与• の横の下向き三角をクリックします。 表示された行頭文字ライブラリの中から好きなものを選ぶことができます。 ライブラリの中にない文字や画像も"新しい行頭文字の定義"を押すことで設定することができます。 段落番号も箇条書きと同じようにカスタマイズすることができます。 インデント設定 インデントを設定することによって、余白をうまく利用することができます。 現在の状態では、項目となる"氏名"や"所属"、"趣味"、"自己紹介文"の番号とそれぞれの内容が同じ高さで表示されてしまっていて、見にくいです。 これらを項目の下につけるために、インデントを用います。 その他、段落の1行目は1字下げ、2行目以降は下げずに文章を続けていくという日本語の特徴的な文法もインデントによって設定することができます。

次の