ラインブロックしたら。 2020年度最新版!LINEでブロックされたどうかの確認方法について徹底解説

【LINE】ブロックされたらどうなる?

ラインブロックしたら

逆に言うと コミュニケーション手段が 「ラインだけ」というのは 割と軽めな付き合いとも言えますね ラインをブロックされた時に振り返るべきこと 自己分析してみる 好きだからこそ長文になって熱烈な自分の気持ちだけ送っていませんか? 相手は「しつこい」「重い」と感じているの積み重なったのかもしれません。 トラブルは? 些細なケンカが最近おおくなっていた。 最初の頃とラインをブロックされる直前とを比べるとあまりよく話さなくなった! このようなことはありませんか? 自分では解決したことと思っていても 相手は解決しておらず 解決しようとしていないあなたの態度にイラッと来たのかもしれません。 ラインをブロックされた時にできる4つのこと 1、本当の友達または恋人とはどんな人かを考える ラインをブロックされた相手は あなたにとって本当の友達(恋人)でしたか? あなたは本当の友達になっているでしょうか? 本当の友達(恋人) とは多くの時間と気遣いが必要です。 まずは自分自身が良い友だちになることです。 あなたが友だちになりたい人はどんな人ですか? 困った時に助けてくれる 必要ならいくらでも時間を割いてくれる 自分のことのように私のことを考えてくれる そんな人と友だちになるべきで そんな人に自分もなるべきなんです 2、よく気持ち(考え)を通わせる ラインも一つのコミュニケーションツールです ライン上でもリアルでも まず相手の言葉に耳を傾け意見を尊重するのが大切。 できるならいつも褒め、励まします。 欠点が見えたら優しく指摘し 一緒に問題に取り組みましょう 3、期待を現実的なものにする 親しくなればなるほど、欠点もわかってくるでしょう。 友だちは完璧ではありませんが、自分もおなじです。 ですから 自分の友とする人に完璧さを期待したり要求したりしないようにできます。 相手の良い点を高く評価し、間違いに目をつぶるのです。 4、交友の輪を広げる 特定の年齢(同学年、同期)など 選択範囲を特定してしまわないようにしましょう。 あらゆる年代層の人、文化的背景が異なる国籍(アメリカ、中国) などと交友するなら思考も広げられるのです。 まとめ ラインをブロックされるのはショックなことです。 ですが良い機会と思って、これからできることに目を向けましょう。

次の

ラインでブロック解除したらバレるの?通知・既読・解消させる方法などブロック解除の仕方まとめ【LINE】

ラインブロックしたら

基本知識:LINEでブロックされる前とされた後でLINEの機能はほとんど変化しない LINEにおける「ブロック」は、相互にコミュニケーションが取れなくなる機能です。 ブロックした側であれば、相手との1対1トークルームでメッセージが届かなくなったり、共有していたアルバムが見られなくなったりするなど、利用できる機能が制限されます(詳しくは下記記事を参照してください)。 一方で ブロックされた側は、ブロックされたという通知を受け取ることもなく、普段どおり相手にメッセージを送信したり、アルバムに写真を追加したりできるほか、LINE Payの送金でさえ実行できてしまいます。 そのため、相手からブロックされたかを疑い始めるまでに少し時間がかかるかもしれません。 ブロックされた可能性があると感じるならば、以下の「LINE上で起こる7つの現象」が自分のLINEにも当てはまるかどうか確認してみてください。 ブロックされたら起きる7つの現象• それぞれの項目を選択すると、該当の解説箇所へ遷移します。 現象1:相手に送ったトークメッセージに既読がつかなくなる ブロックされていても相手へメッセージを送ることは可能です。 ただし、相手にはメッセージが届いていないため、 送ったメッセージに既読がつくことはありません。 未読の期間が長ければ長いほど「ブロックされたのでは」と疑ってしまいがちですが、ただ単に相手がスマホを見ていない、未読スルーをしているなど、さまざまなケースが考えられます。 「100%ブロックされている」と断定するのではなく、「もしかしたらブロックされているのかも……」と考える程度に留め、後述する他6つの現象が起きているかどうかを確認するといいでしょう。 既存のグループトーク/複数人トーク内では、ブロックの効力はなく、ブロック有無に関係なくメッセージなどのやりとりが可能です。 グループトーク/複数人トークでは相手がメッセージを送ってくるのにもかかわらず、自分との1対1のトークでは相手が既読をつけてくれないのであれば、相手にブロックされている疑いが増すでしょう。 現象2:LINEの無料通話を発信しても相手が応答しない ブロックされている間は、 LINEで無料通話をかけたとしても相手が通話に出ることはありません。 自分から相手に発信はできても、相手には通知が届くことも着信履歴が残ることもないというわけです。 左:iPhoneの画面 右:Androidの画面 発信し続けると、強制終了時に「応答がありません(iPhone版)」「応答なし(Android版)」と表示されます。 いずれもブロックの有無に関係なく、強制終了時の画面は同じです。 appllio. com 現象3:相手を新しくグループに追加できない ブロックされていると、相手を新しくグループに追加してもその通知が相手に届くことはありません。 つまりブロックされた後では、その相手を新しくグループに追加できないことになります。 既存のグループまたは新規のグループに相手を招待するところまでは、ブロックの有無にかかわらず実行できます。 また相手(ブロックした側)以外のトークルームには、自分が招待した旨が表示されます。 そのため表面上、ブロックされていてもグループに追加できるように思えます。 ところがグループの「メンバー」を確認してみると、「招待中」の部分に相手の名前が残り続けます。 実は、相手にはグループの招待通知すら届いていない状態のため、この先ずっと当該グループに参加することはないのです。 現象4:ブロックされた後に新規作成した複数人トークでは相手にメッセージが届かない 既存のグループトーク/複数人トーク内ではブロックの効力はありません。 そのためブロックの有無にかかわらず、メッセージのやりとりができてしまいます。 ところが、 "ブロックされた後に新規作成した複数人トーク"では、相手(ブロックした側)にだけメッセージが届きません。 ブロックされた側は、これまでと変わらず相手との複数人トークを作成できます。 このとき注目してほしいのが、左上に表示されたメンバーの数です。 上の画像では「3」となっており、トーク作成者を含めた3人が参加していることになります。 一方、複数人トークに招待されたメンバーのうち、ブロックに関係のない第三者の画面を見てみると、右上のメンバー数が「2」になっています。 第三者とトーク作成者の二人だけのトークルームになっており、「ブロックした相手」が入っていないのがわかります。 このように、ブロックされた後に新規作成した複数人トークに相手を追加しても、その相手がトークに参加することはないのです。 appllio. com 現象5:タイムラインに流れていた相手の投稿がすべて非表示になる タイムラインは、近況や知らせたいことなどをテキストや画像、動画などでLINEの友だちに共有(投稿)できるSNS的な機能です。 ブロックされてしまうと、自分のタイムライン上から相手のすべての投稿が無くなります。 さらにタイムラインから消えた投稿は、ブロックが解除されたとしても再表示されません。 現象6:相手のホーム画面の投稿がほとんど見られなくなる ホーム画面を上にスワイプ、または[投稿]をタップでそのアカウントだけの投稿などを見られる 相手のプロフィール画像をタップすると、ホーム画面へ移動します。 ホームでは、相手のタイムライン投稿やプロフィール画像、カバー(背景)画像を閲覧できます。 左:「友だちまで」公開されている 右:「全体」に公開されている 相手(上の画像では「あぷ子」)にブロックされる前の相手のタイムラインです。 左のクッキーの投稿の左下には「人マーク」、右の餃子の投稿の左下には「地球マーク」があります。 このマークの種類によって、投稿がどの範囲まで公開されているかの判断が可能です。 人マーク:すべての友だち(または指定した友だち)まで公開• 地球マーク:全体に公開(友だちの友だちまで投稿が見られる) ブロックされると、ホーム画面で見えていた投稿のうち「全体公開」以外の投稿は見られなくなります。 上記画像の例では、公開範囲が限定された投稿(クッキーの投稿)は、ブロックされた後に相手のホーム画面から消えており、全体公開の投稿(餃子の投稿)だけがホーム画面に残ります。 ブロックされた後、すべての友だちまで公開されていたクッキーの投稿は消えていた このように「友だちまで」や「リスト公開」で設定された投稿は、ブロックによって相手のホーム画面に反映されなくなります。 言い換えると、 タイムラインではまったく相手の投稿が表示されないのに、一部(全体公開の投稿)だけホーム画面では見られるということは、相手にブロックされている可能性が高いといえるでしょう。 なお、公開設定の種類は以下のとおりとなっています。 スタンプのプレゼントには、有料のもの以外にも無料スタンプが使えます。 ただし無料スタンプには「友だち追加」などの条件をクリアすればダウンロードできるタイプが多く、それらはプレゼントができません。 そこで探してほしいのが「無条件でゲット」できる無料スタンプです。 無条件でゲットできる無料スタンプは、以下の記事から簡単に入手できます(注:時期によって配信されていない場合もあります)。 無条件ゲットのスタンプは、いわゆる「隠しスタンプ」に多くみられます。 隠しスタンプはアプリ内のスタンプショップでは配信されていないため、持っているユーザーが少なく、ブロック確認用にも適しています。 無条件で入手できる無料スタンプには、[プレゼントする]ボタンがあります。 これをタップし、ブロックされているかどうか確かめたい相手にプレゼントしてみましょう。 プレゼントできない旨が表示されれば、ブロックされている可能性が高まります。

次の

【2020年最新版】LINEで友達からブロックされているか確認する方法!【APPTOPI編集部調べ】

ラインブロックしたら

ブロックしたらできないこと(iPhone)• トーク (メッセージ・画像・スタンプ)• 通話 (音声通話・ビデオ通話)• グループトークに招待• トークルームに他の人を招待(複数人トーク作成)• BGM• イベント それぞれもう少し説明しますね。 まず、トークは「ブロック中」表示で隠され、通話は表示が消えるのでそもそも押せない状態になります。 「招待」ボタンも押せなくなるのでを作ることも不可能です。 ブロック解除するまでその相手とはこれらの機能は使えませんよ! Android版のLINEでできなくなる7つのこと の次はAndroidの場合を見てみましょう。 Android版のLINEでは相手をブロックすると以下の7つのことができなくなりますよ。 ブロックしたらできないこと(Android)• トーク (メッセージ・画像・スタンプ• 通話 (音声通話・ビデオ通話)• グループトークに招待• トークルームに他の人を招待(複数人トーク作成)• ノートの新規作成• BGM• イベント ノート・アルバム以外はiPhoneとまったく同じなので、詳しくはをご覧ください。 まずノートは新規作成はできなくなりますが、古いノートにはアクセス可能です。 修正やコメントができますよ。 利用不能になるiPhoneと違い、古いアルバムに追加もできるし新規作成もできます。 iPhone・Androidどちらもトークルーム内で過去にアップされた写真・動画・リンク・ファイルは問題なく開けますよ。 ちなみにLINEグループは要注意です。 相手と同じグループに入った後にブロックしても LINEグループ内ではトークも通話も可能となっています! 詳しくはのページでまとめているので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。 既読回避アプリを入れていたら相手からのトークは見れる? ・がわかったところで、アプリについても触れておきますね。 相手をブロックしたら こちらの既読回避アプリにも相手からのトークは通知・表示されないようになります。 「ブロックしたら相手が送っているトークを読むことは不可能」と覚えておきましょう! まとめ さいごに、今回の「ブロックするとどうなるか」のポイントをまとめて並べておきますね。

次の