逐次 随時。 逐次通訳と同時通訳の違い

「随時」の意味と使い方・類語・「都度」「適宜」との違い

逐次 随時

「随時」の意味とは? 「随時」の意味は「ときどき」「いつでも」 「随時」の意味は、「ときどき」「おりおり」「好きなときにいつでも」です。 「随時」で使われている「随」という漢字には、「したがう」「ついていく」「よりそう」「成り行きまかせ」という意味があります。 また「随時」における日時には、定期性や序列のようなものはありません。 「随時」の場合、日時はいつでも気の向いたときに決めてよいことになるため、何月何日の何時というように特定できないのです。 「随時」のニュアンスは「非定形・不定期」 「随時」に含まれる「随」という文字が持っている、「よりそう」「成り行きまかせ」という意味を読み取れる熟語の例としては、「随行」「随筆」「夫唱婦随」「水随方円」などがあります。 「随行」は供としてつき従って行くことで「したがう」という意味が、「随筆」は思いつきなどを筆のおもむくままに書いた文章、つまり「成り行きまかせ」という意味がふくまれています。 「夫唱婦随」では夫と妻が、「水随方円」では水が入れ物に対して「よりそう」という意味があるものです。 同様に「随時」においても、時に「したがう」「ついていく」、「成り行きまかせ」に時を決めるということとなり、「ときどき」「おりおり」「好きなときにいつでも」という意味を持つ言葉となっています。 「随時」の使い方 「随時」の日時は変動する 「随時」における日時は、好きなときに必要に応じていつでも決めたり変えたりすることができるものです。 したがって「随時対応」とする場合、日時を対応する側とされる側のどちらが決めるのかという点が重要になります。 たとえば「随時入院可」という場合、入院日時は患者側が自由に決めることができるので、病院側はいつでも受入れ可能な状態にしておかなければ対応できません。 このように「随時対応」といってしまうと日時が限定されないため、常時対応できる状態で待ち受けておく必要が生じます。 受け入れ側として「随時」を使う場合には、常時対応が可能かどうかを確認してからにすることが大切です。 「随時」は定期性がないものに使う 「随時」には定期性がないため、毎月定期的に行うような場合は用いられません。 たとえば毎月1回決まった時期に発行するレポートなどは、「随時発行」ではなく「定期発行」が正しい表現となります。 発行日がまちまちであったり月によって発行回数が異なったりするケースなら、「随時発行」が正解です。 随時の類語は「適宜」や「適時」、「都度」など 「随時」の類語にはさまざまなものがありますが、意味合いが少しずつ異なっているので、意味合いの違いごとに類語を分類して紹介します。 ときどきという意味の類語:「折々」「往々」• 必要に応じてという意味の類語:「適宜」「適時」• そのたびにという意味の類語:「都度」• 順番通りにという意味の類語:「順次」• 順を追ってという意味の類語:「逐次」 「随時」と「適宜」「都度」との違い 「随時」の類語である「適宜」と「都度」について、「随時」との違いを詳しく解説します。 「随時」と「適宜」の違いは判断基準 「適宜」は「状況に適合していること」「時々に応じて行動すること」という意味で、「適宜対応する」というように使います。 「適宜」は状況に合わせて判断・行動するという意味合いがありますが、「随時」では状況にかかわらず自分の都合に合わせて対応するということを示しています。 つまり「随時」と「適宜」は、判断基準が自己都合にあるか周囲の状況にあるかという点に違いがあるのです。 「随時」と「都度」の違いは毎回かどうかにある 「都度」の意味は「物事が行われるたびごと」「毎回」で、「出張の都度、お土産を買う」というように使います。 「都度」のポイントは「毎回」にありますが、「随時」にはそのような縛りはありません。 「随時」には気が向いた時という意味があり、「出張の都度、お土産を買う」では出張すれば必ずお土産を買いますが、「出張では随時、お土産を買う」ではお土産を買わないときもあるのです。 つまり「随時」と「都度」の違いは、毎回かどうかがという点にあります。 まとめ 「随時」の意味と使い方および類語の紹介と、「適宜」「都度」との違いについても説明しました。 日時を表す言葉の意味を取り違えると、ビジネスにおいては致命的なエラーとなることもあります。 また人間関係においても信頼を失うことになるなど、ダメージは計り知れません。 曖昧な言葉ですませずに正確な日時を確認しておくことが、失敗を未然に防ぐ秘訣です。

次の

英語で「随時、連絡します」「随時、連絡ください」はどう言うの?

逐次 随時

It failed in my presentation successively. (プレゼンに連続で失敗した)• We must successively grasp the viewing state about the document. (私たちは、その文書の閲覧状況を逐次しなければならない) 英語2.「one after another」 「one after another」には、 「次々に」「続々と」という意味があります。 動詞と合わせて使い、「逐次」の意味を表す「次々と〜する」という使い方ができるのです。 「one after another」は具体的には次のように使います。 They stood up and their speeches one by one. (彼らは立ち上がって一人ずつスピーチした)• Please contact me one by one. (逐次連絡してください) まとめ 「逐次」は、順を追って次々に物事がなされる様を表す言葉です。 「逐次報告」や「逐次処理」などの指示があった場合、決められた順番があり、それに従って行う必要があることを覚えておきましょう。 また、「逐一」「随時」「適宜」「都度」との違いを知ることで、上司や商談相手とのやり取りを的確に、スムーズに行うことができますよ。 報告・連絡・相談の場面で、積極的に活用してくださいね。

次の

「随時」の意味と使い方・例文・「順次・逐次・適宜」との違い

逐次 随時

Contents• ということで 「随時」とは、 日時に関係なくいつでも 適した時間に といったことになります。 このような使い方であれば、 「随時連絡」の意味は 「何かあればその時々に連絡する」 ということになります。 「随時」の意味は、 好きな時にいつでもというニュアンスもふくまれています。 ですので 毎月一回のように決めないということです。 また、「すぐに」か「後ほど」とか「都合がよいときに」といった意味ではありません。 あくまで、 いつでも必要なときに連絡する ということです。 「都度」の意味は 物事が行われるたびごと そう 毎回 です。 「都度」という言葉は、 これだけで「そのたびごとに」という意味になります。 いつでも必要な時にといった「随時」とは違いますね。 しかし、 慣例として「 その都度」 という言い方をしていることが多いです。 ですので 「その都度」と使っても誤りとまでは言えません。 また、 「都度」だけ使っても間違いではありません。 「都度都度に」などというわざと重ねていく使い方もあります。 スポンサードリンク 「順次」と「逐次」と「随時」の使い分け方 次に「随時」とよく似ていて使い分け方がわかりにくい「順次」と「逐次」についてです。 そもそも 「順次」「逐次」は、「順を追って進むさま」という共通した意味があります。 ここが、 「順次」と「逐次」と 「随時」と大きく違うところです。 「随時」は「順を追って」といった意味はまったくありません。 「順次」は、「順序を追って物事をする様子」のことを言います。 順々、順繰り、 といった意味です。 「逐次」もこれに近い意味を持ちます。 「順を追って次々に物事がなされる様子」 といった意味です。 これでは、「順次」と「逐次」はほとんど同じ意味になりますが、 やはり少し使い方は違ったニュアンスがあります。 「順次」は目の前にあるものを順番にといった意味合いが強く 順序はあまり関係しません。 それに対して 「逐次」は「逐」という漢字に「前のものを取りこぼしのないように拾う」という意味があり、 順序が重要視されます。 ということで「順次」「逐次」「随時」の違い、使い分けは、 「順次」は、 順序はあまりこだわらないが順を追って 「逐次」は、 一つ一つの順を丁寧に追っていく 「随時」は、 必要なときにいつでも といったことになります。 」 「この企画に関してのアイデアを随時受け付けております。 」 これらの「随時」は、巡回が 必要になったとき、 日時に関係なく、面接を受け付けている、企画のアイデアが浮かんだときには 、いつでも提案してください、という意味が込められています。 」 「順次説明を していく」 「順次当番になる」 「宿題を仕上げた人から、順次帰宅してよろしい。 」 この言葉には、到着した人からから 順番に、面接や説明が行われる、当番になる、帰宅することができるといった意味になります。 ま と め 随時連絡の意味とは?と「随時 」「都度」「順次」「逐次」の違いと「順次」と「逐次」との使い分け方と文例等についてお伝えしました。 「随時」は、必要な時にいつでも「都度」は毎回、「順次」と「逐次」は順を追ってといった意味の違いがありました。 いままでなんとなく、使っていたのが違いが明確になりました。 言葉は正確な意味をしっかり知ると自信を持って使うことができますね。 参考にしてくださいね。 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の