バイアグラ ジェネリック 値段。 バイアグラジェネリックについて

バイアグラ・レビトラ・シアリスの価格相場一覧

バイアグラ ジェネリック 値段

本記事では、 クリニックでバイアグラを手に入れるときにかかるコストについてまとめていきます。 ED(勃起不全)は自由診療となります。 そのため、バイアグラの購入に際しては、一切の保険の適用を受けることが出来ず、全額が患者側の自己負担となります。 これは、厚生労働省がEDを生活に支障をきたす病気として認めていないための措置となります。 自由診療であるため、バイアグラの薬代やクリニックでの診察料金は、全てクリニック側が自由に決定することが出来ます。 そのため、 どのクリニックを利用するかによってバイアグラを入手するまでの費用に大きな差が生まれます。 クリニックに行く前にバイアグラの価格と診察料金をチェックしましょう。 少しでも安くという方には、海外通販を利用しての海外製バイアグラジェネリックの個人輸入がおすすめです。 バイアグラは保険適用外の医薬品 日本国内で正規品のバイアグラを入手するためには、医師の処方せんが必要となります。 専門医のいるクリニックに出向き、診察を受け、処方せんを書いてもらわなければいけないということですね。 ここで大事なことは 処方薬としてのバイアグラには保険適用外であり、全額が自己負担となるということです。 これはバイアグラに限ったことではありません。 レビトラやシアリスなどの他のED治療薬でも同じです。 病院で処方される他の医薬品の場合は、国民健康保険が適用が可能となっているので、たいていの場合は医薬品代金の3割負担となります。 体調を崩して病院へ行き風邪薬や抗生物質を処方してもらうとき、そこまで高い支払いをすることはないと思います。 これは医療保険によって診察代や薬代の一部がまかなわれているからですね。 バイアグラをはじめとするED治療薬の場合はこの保険の適用がなく入手の費用が高くなるということです。 バイアグラが保険適用外の理由 「なぜバイアグラの購入に際してはその代金を全額負担しなければいけないの?」 「なぜ風邪薬やその他の医薬品のように医療保険によって代金の一部がカバーされないの?」 バイアグラにお世話になっている私たちからしたらこのような疑問は当然あります。 バイアグラが保険適用になればもっと安価に入手することが出来るのに。 なぜバイアグラは保険適用外の医薬品なのでしょうか。 厚生労働省は バイアグラをはじめとするED治療を保険適用としない理由として99年3月に次のように回答しています。 バイアグラは性交を可能にするために使用されるものであって、一時的に勃起力を補助するが、勃起不全を治癒するものではなく、日常生活の質を改善するための薬剤であると考えられるため、公的医療保険の給付対象とはしない。 つまり、ED(勃起不全)はたとえ治療しなくても生活に支障をきたす病気ではないとみなされているということです。 ED治療薬は、あくまで「セックス」という個人の楽しみを実現するため薬であり、そこに医療保険の財源を割くことは出来ないということですね。 ED治療は美容整形や審美歯科と同じ扱いとなっているわけです。 保険証の提出の必要はない バイアグラは保険適用外で全額負担しなくてはいけない。 これは クリニックに保険証を提出する必要がないということです。 支払う価格こそ高くはなってしまいますが、この保険証の提示義務がないということはプラスに働くこともあります。 それは、医療費の通知などで家族や会社にバイアグラを処方してもらったことがバレなくなるということです。 保険証を提示し保険が適用されてしまうと後、に会社や各家庭に送られてくる医療費の通知で何をしたかがバレてしまうことがあります。 自由診療・全額負担であるバイアグラにはこの医療費の通知によるバレの心配はないということですね。 バイアグラの価格はクリニックごとに違う バイアグラを処方するようなED(勃起不全)の治療は自由診療である。 このことは、 ED治療の診察代やバイアグラの価格はクリニック側で自由に設定できるということを意味します。 ファイザー社が定めている希望小売価格のようなものはあります。 しかし、それはあくまで参考程度のものです。 価格をいくらにするかという決定権は病院側にあるということですね。 保険医療と違い、診察内容や費用に関しては病院や医師側が自由に設定出来てしまいます。 このため、 クリニックごとでバイアグラの処方までに総額でいくらかかるかが変わってきてしまいます。 バイアグラの価格相場 病院側がバイアグラの価格を設定できると言っても、法外な料金を請求されることはありません。 仮にそのようなクリニックがあったとしても、患者は他のクリニックへと移っていき、市場原理によって駆逐されてしまうでしょう。 したがって、 自由診療ではあるものの、バイアグラの価格には相場があります。 なお、美容整形をメインとするクリニックではバイアグラの価格が高めに設定されているようです。 そのようなクリニックよりは、 泌尿器科やED治療を専門に行っているクリニックのほうが安くバイアグラを購入できるようです。 初診料・再診料などの有無 また、 診察にかかる料金に関しても各クリニックで差があります。 ED治療に関する診察は自由診療となるので、診察料金もクリニック側で自由に設定することが出来るためです。 仮にバイアグラの価格それ自体が安く設定されていたとしても診察料金が高額だった場合は、トータルでのコストは高くなってしまいます。 なので、バイアグラの購入費用と合わせて、クリニックの診察費用もチェックするようにしましょう。 診察料金には初診料と再診料があります。 この価格設定はクリニックによって本当にバラバラです。 それぞれ無料から10,000円と大きな差があります。 バイアグラの価格を安くしておいて診察料金を高めに設定するクリニック• 初診料・再診料をともに無料にしておいてバイアグラの価格を高く設定するクリニック バイアグラ購入までかかる費用を正しく把握するためにも診察料金は事前にチェックしておくようにしましょう。 地域による価格差 その クリニックの立地によってもバイアグラの購入価格には差が出ているようです。 バイアグラなどのED治療薬の需要が多い地域では競争原理が働くこともあり、より安くバイアグラを入手することが出来るようです。 より具体的には都市部や繁華街ですね。 日本で一番バイアグラが処方されているのは新宿エリアらしいのですが、そのエリアでは安価に手軽にバイアグラを入手できます。 一方、 地方ではライバルとなるクリニックが少ないということもあり、バイアグラの入手までにかかる費用は高めとなってしまうようです。 EDに悩んでいる男性の総数それ自体も少ないので、都市部にあるようなED治療を専門とするクリニックも少なくなってしまいます。 そのため、どうしても患者一人あたりが負担するコストは高くなってしまいます。 バイアグラジェネリックでコストを抑える クリニックでのバイアグラの購入コストを少しでも下げたいと思うならば、バイアグラのジェネリック医薬品の利用がおすすめとなります。 バイアグラは誕生から20年程度が過ぎていることもあり、すでにジェネリック医薬品の製造が認められています。 処方の時にバイアグラのジェネリック医薬品の利用を希望すれば、バイアグラの入手コストを大幅に下げることができます。 だいたいですがバイアグラジェネリックの価格相場は以下のようになります。 ファイザー社のバイアグラにこだわりがない場合には積極的に利用しましょう。 よりコスパを意識するなら海外通販を クリニックでバイアグラおよびバイアグラジェネリックを処方してもらうよりも、さらにバイアグラの入手コストを下げる方法があります。 それは 海外通販サイトを利用し、海外製のバイアグラジェネリックを個人輸入する方法です。 この方法を上手く利用できれば、バイアグラをはじめとするED治療の入手コストを劇的に下げることができます。 海外製の医薬品の個人輸入は自己責任で行うものです。 服用において重い副作用が発症したとしても、医薬品副作用被害救済制度のような保護を受けることは出来ません。 そのためにも以下のような記事にまとめられている内容を事前に理解しておく必要があります。 このような リスクこそありますが、それを無に帰するようなメリットが海外通販にあるのは事実です。 興味がある方は、上記の記事を参考にトライしてみて下さいね。 海外製バイアグラジェネリックの価格 海外製のバイアグラジェネリックの特徴は何と言っても圧倒的なコスパの高さにあります。 たとえば、人気のあるバイアグラジェネリックであるカマグラゴールドは100mg錠で1錠あたり400円程度です。 日本では扱っていない100mg錠でこの価格です。 上記の国内製バイアグラとは大きな差がありますよね。 また、通販になりますので、ちょっとした送料以外は診察費用などは一切かかりません。 送料も1000円程度が相場となっています。 海外製というと怖いのが医薬品の品質ですが、でまとめているように、インド製のジェネリック医薬品などは高品質で知られています。 少しでもコストを下げたいという思いがある方には海外通販はおすすめです。 まとめ:ED治療は自由診療でバイアグラは保険適用外 日本国内においてED(勃起不全)の治療は自由診療となります。 そのため、 バイアグラをはじめとするED治療薬の処方も患者側の全額負担となります。 医療保険の一切の適用が認められていないということですね。 これはEDは生活に支障をきたす病気ではなく、バイアグラなどのED治療薬は個人の一時的な快楽のための薬であると厚生労働省がみなしているためです。 自由診療であるため、バイアグラの入手までにかかるコストはどのクリニックを利用するかで大きな差が生まれてきます。 バイアグラの薬の購入代金の違いももちろんですが、初診料や再診料などの診察料金の違いにも注意する必要があります。 多少のリスクを負ってでもとにかく安さをという方は、クリニックを利用するのではなく、海外通販で海外製のバイアグラジェネリックを個人輸入することをおすすめします。

次の

ED治療|リブラクリニック

バイアグラ ジェネリック 値段

ジェネリックバイアグラを選ぶ理由 バイアグラのジェネリックとは文字通り バイアグラと同じ成分が含まれており、バイアグラと同じ ED改善の 効果が期待出来る 後発医薬品です。 ファイザー製で安心安全なバイアグラや、レビトラやシアリスなども選択肢は多くあるにもかかわらず、多くの男性がバイアグラのジェネリックを選んでいます。 なぜでしょうか。 バイアグラのジェネリックが好まれる4つの理由を紹介します。 理由1. バイアグラの圧倒的知名度 まずは、レビトラやシアリスではなく バイアグラを選ぶ男性が多い理由をみていきましょう。 実のところバイアグラよりも効果の持続時間や安全性においてはシアリスの方が高いと言われています。 さらに即効性においてはレビトラの方が速く効きます。 にもかかわらず、多くの男性がバイアグラを利用する理由が 圧倒的な知名度です。 バイアグラはこれら3種類の ED治療薬の中で一番最初に開発販売されたED治療薬。 そのため知名度の高さだけではなく、数々の実験結果や副作用に関する調査も行われている事から、 まず最初にバイアグラを試してみるという人が多いのです。 バイアグラじゃないとイヤだという患者様もいらっしゃるようです。 理由2. 通販で購入できる場合がある 日本でバイアグラを手に入れるためには、 病院で処方してもらう必要があります。 しかし性の悩みを「第三者に相談するのは恥ずかしい」、「病院に行く時間がない」と考える人は非常に多いのです。 そんな男性のために、一部のバイアグラ ジェネリックは 通販で購入出来ます。 理由3. コスパが良い ジェネリック医薬品は、先発薬に比べて 圧倒的に安く購入することができます。 先発薬は薬の効用や安全性を確かめるために膨大な数の臨床実験が必要です。 その代わりに、発売後しばらくは特許で守られて専売することができるのですが、それでも 開発費用を回収するために値段を高く設定する必要があるのです。 一方で既に安全性や効用が証明されている成分を使うジェネリックの場合は、先発薬ほど開発費用がかからないため、商品価格を安く抑えることができるのです。 実際にファイザー製のバイアグラと比較すると、 ジェネリックのバイアグラは10分の1程度から購入出来ます。 理由4. ED以外の改善効果もある バイアグラジェネリックには、ファイザー製のバイアグラにはない特徴を持っているものもあります。 その1つが追加の効果です。 インド製のバイアグラジェネリックには、勃起力に悩む男性が一緒に悩みがちな 早漏を防止する効果がある医薬品を配合している製品もあります。 また、バイアグラの 持続時間の短さを補うためにシアリスの有効成分を配合しているジェネリックもあるのです。 ほかにも錠剤に味がついているものや、飲み込みやすいように喉を通りやすい形に加工しているものなど、創意工夫が見られるのもジェネリック医薬品の特徴です。 副作用を避けるための注意点と選び方 バイアグラのジェネリックは実は選ぶのが非常に難しいのです。 商品によって配合成分も効果も大きく異なります。 またジェネリック医薬品のほとんどはインド産です。 そのため不安要素が非常に多いのです。 自分に合ったバイアグラのジェネリックを 選ぶために重要な5つのポイントを紹介します。 選び方1. 会社の信頼性 バイアグラのジェネリックを選ぶ上で、製最も重要なポイントが 信頼性の高さです。 国産のジェネリックバイアグラであれば、医師から処方をしてもらうため心配はほとんどありません。 しかし通販で購入する場合は自分で信頼の出来る製品を探す必要があります。 基本的にジェネリックの多くはインド産で会社のHPは全て英語です。 会社のHP上では商品名ではなく、医薬品の名前で掲載されていることもあります。 重大な副作用が発生する可能性は低いとはいえ、劣悪な環境で生産されていることもあるため、注意する必要があります。 効果効能と目的 実はファイザー製のバイアグラと異なり、ジェネリックには様々な効果が追加されているものがあります。 例えば早漏防止効果です。 実は勃起力の低下に悩む人は、早漏にも悩む傾向があることがわかっています。 そのためバイアグラジェネリックの中には、と呼ばれる 早漏防止効果のある成分を配合した製品も存在するのです。 逆に 遅漏気味の男性であれば間違っても早漏防止効果のあるバイアグラジェネリックを 飲んではいけません。 射精困難や性欲低下の副作用が発生してしまう事があるのです。 選び方3. コスパの良さ バイアグラのジェネリックを選ぶ 一番の理由は値段です。 国産であればファイザー製バイアグラの50〜70%程度、 インド産の最も安いジェネリックであれば 10分の1で購入できます。 基本的な 有効成分は同じなので値段と効果に関連性はありません。 しかし当然国産のバイアグラジェネリックはインド産よりも 安心して利用出来ると感じる人が多いため、値段は高くなるのです。 また国産の場合は基本的には通販では購入が出来ないのも特徴です。 選び方4. 口コミや感想 通販サイトに記載がある内容だけでは、一般的な効果効能は知ることができても 実際に効くのかどうか、 副作用はあるのかどうかなどはわかりません。 そこで頼りになるのが、 実際の利用者からの口コミです。 それらも参考にして、効果が期待できそうで副作用の口コミが少ないものを選ぶのがおすすめです。 選び方5. 入手方法 バイアグラのジェネリックを選ぶ時に、意外と重要になるのが買いやすさです。 実はジェネリックだからといって 全てが通販で購入できるわけではないのです。 通販で購入できるのはインド産のジェネリックバイアグラのみです。 インド産のバイアグラジェネリックが通販で購入出来る理由は人気があるにもかかわらず日本では認可されていないため、 個人輸入代行サイトがたくさん存在するからです。 一方で日本で認可された 国産のバイアグラジェネリックは病院で処方してもらう必要があります。 おすすめランキングTOP10 それでは早速、信頼性、効果効能と目的、コスパ、口コミ、入手方法の5つのポイントを基に、おすすめのバイアグラジェネリックを10種類ご紹介します。 配合成分や効果効能が同じである場合は、利用者の口コミを基にランキング付けをしています。 10位. シルダリスト|インド産 シルダリストの特徴 製造会社 ダラム社 (Dharam Ltd. バイアグラの有効成分であるシルデナフィルの特徴である ピーク時の効果の強さと、シアリスの有効成分であるタダラフィルの 効果持続時間の長さを組み合わせて、長時間・強力に勃起力をサポートする作用があります。 喉を通りやすいように長細い錠剤になっています。 錠剤は真っ赤なので、抵抗を感じる人がいるかもしれません。 利用者からの口コミでは、効果が強すぎて副作用を感じたという内容や、シルダリストを飲むのであれば、「シアリスだけでいい」か「バイアグラだけでいい」という口コミが多いようです。 製造を行っているのはインドのムンバイを拠点にする ダラム社。 ED治療薬のほかにも 200以上のジェネリック医薬品を製造している信頼のおける会社と言えるでしょう。 バイアグラの特徴である食事の影響や持続時間の短さを面倒に感じる男性にはおすすめのED治療薬です。 バイスマ|インド産 バイスマの特徴 製造会社 スマート社 (Smart Ltd. スマート社の 歴史は比較的浅く2013年の創業です。 懸念点の一つは開発会社の 企業公式ホームページすら見つからない点です。 少し信頼性に欠ける気もしますが、実際のところ 利用者の口コミは高評価なものが多いのです。 バイスマの最大の特徴は、インド産バイアグラジェネリックでは 唯一の日本語表記のパッケージを用意している点です。 箱に「シルデナフィル錠」、「バイスマ」と日本語で書かれているだけでなんとなく安心出来ます。 英語が苦手で誤った製品を注文したくない方にはおすすめです。 スーパーPフォース|インド産 スーパーPフォースの特徴 製造会社 サンライズレメディーズ社 (Sunrise Remedies Inc. バイアグラの成分であるシルデナフィルに加え、過度の興奮による 早漏を防ぐ作用があるダポキセチンを含んでいます。 逆に早漏に悩みを抱えていない男性がスーパーPフォースを飲むと、膣内射精障害や極度の遅漏になってしまうこともあるので、注意してください。 単純に 勃起力だけを改善したい男性にはおすすめ出来ません。 製造販売はインドのサンライズレメディーズ社が行っています。 スーパーPフォースの他にも、シアリスのジェネリック「」や「」、「」を製造しています。 正規品のバイアグラと比較すると、最安で8分の1程度の値段で購入できるのも魅力的なポイントの1つです。 ゼネグラ|インド産 バイスマの特徴 製造会社 アルケムラボラトリーズ社 (Alkem laboratories Ltd. インド産ではありますが、 信頼性の高い製品と言えます。 バイアグラと比較して圧倒的に安く抑えることができる事と、個人輸入を代行してくれる通販サイトであれば、たいていどこでも取扱があるため、気に入った場合は 継続しやすいのがゼネグラの特徴です。 また 早漏防止効果もないため、シンプルに ED治療薬を探している場合におすすめ出来ます。 最安の通販サイトで購入すれば、一粒120円程度で購入できる点もゼネグラのうれしいポイントです。 先発薬のバイアグラが一粒1500円程度することを考えると、10分の1以下で購入できるのです。 センフォース|インド産 センフォースの特徴 製造会社 センチュリオンレメディーズ社 (Centurion Remedies Pvt Ltd. 値段は最安で一粒当り約80円程度です。 100mgタイプなので4分の1にカットして使用すると、 一回わずか20円で使うことができます。 ちなみに日本人の体には100mgは強すぎる場合があるのでピルカッターでカットするのがおすすめです。 製造を行っているのは、 インドのセンチュリオンレメディーズ社です。 1986年に創業し、ED治療薬のほか、マラリアの薬や糖尿病の薬のジェネリックを製造販売しています。 インド産ですが 比較的企業の信頼性も高いようです。 カマグラ|インド産 カマグラの特徴 製造会社 アジャンタファーマ社 (Ajanta Pharma Ltd. 製造を行っているのはアジャンタファーマ社。 早漏防止効果を追加したスーパーカマグラの製造も行っている インドの超大手製薬会社です。 形状はファイザーが製造するバイアグラと似ており、菱形をしていますが、色は青緑色であるため並べていても違いはわかるようになっています。 大手の有名な製薬会社が作っている薬というと値段が高いイメージがありますが、カマグラは 比較的良心的な価格で購入できます。 最安では一錠100円ほど。 カットして使えば25円程度で服用できます。 通販で購入するバイアグラのジェネリック医薬品で迷ったら、カマグラを購入しておけば大きく外す可能性は低いでしょう。 日本国内で認可されている医薬品であり、日本国内で製造されている高い 信頼性と安心感があります。 ファイザー製のバイアグラはもちろん、ほかの国産のジェネリックよりも安く処方してもらうことができるのもFCIを選ぶ理由でしょう。 しかしインド産のバイアグラジェネリックとは異なり、 通販での入手は出来ません。 FCIを入手する場合は国内の取扱がある病院で処方してもらう必要があるので、少し敷居は高めですね。 とはいえ、「海外の医薬品は怖い」と感じる方にはおすすめ出来る 信頼性のあるED治療薬です。 スーパーカマグラ|インド産 カマグラの特徴 製造会社 アジャンタファーマ社 (Ajanta Pharma Ltd. 勃起力の向上効果と早漏防止効果が期待できます。 EDと早漏の両方の治療薬としてはランキング1位です。 製造はインドの首都ムンバイに拠点を置くジェネリック医薬品専門の製薬会社「アジャンタファーマ社」です。 シプラ社と同様に1935年に創業しており、信頼性は インド国内ではバツグンの製薬会社と言えます。 「ED治療の薬と早漏防止の薬を混ぜても大丈夫なの?」と不安に思う人もいるかもしれませんが、トルコで行われた研究では全く問題がない事が確認されています。 ただしダポキセチンは日本では未認可の医薬品です。 日本の医師に質問してもわからないかもしれないので、ご自身でしっかりと理解した上で使用するようにしてくださいね。 スハグラ|インド産 スハグラの特徴 製造会社 シプラ社 (Cipla Inc. 日本以外でも多くの国で愛用されている 世界的に有名なバイアグラのジェネリックであり、形や色もファイザー製のバイアグラに似た菱形をしています。 スハグラの特徴は、 信頼性が高い会社が製造販売を行っていることでしょう。 シプラ社の創業は1935年。 なんと第二次世界大戦よりも前に事業を開始して、今日まで成長を続けています。 インドから医薬品を購入すると考えると、なんとなく不安な気持ちになるかもしれませんが、 創業85年の会社が作っていると聞くと少し安心できますね。 格安で購入できるインド製バイアグラジェネリックの中では、値段と製造会社のバランスが最も取れているため、おすすめの製品です。 ただし、認知度が高いからこそ偽物の可能性も低くないため、服用するときには注意してください。 国内の病院が取り扱うジェネリック医薬品の中では最も一般的な薬で、実際にED治療専門病院の浜松第一クリニックでも処方されています。 トーワ最大の特徴は飲みやすさです。 バイアグラはジェネリックを含めて、服用時は基本的にぬるま湯で飲み込む必要がありますが、トーワは 口の中で溶けるタイプのバイアグラです。 そのため 水が必要ありません。 また、薬特有の苦みを軽減するために、 コーヒー味とレモン味の2種類を用意しています。 国産のジェネリックなので 通販では購入出来ませんが、 厚生労働省から承認を受けており、 信頼性の高さがポイントです。 ED治療薬のジェネリックはほかにも バイアグラが選ばれる理由は圧倒的な知名度と、これまでに使ったことがある人が多いことから来る安心感です。 即効性や効果の持続時間の長さを考えると、レビトラやシアリスの方がメリットが大きいのが正直なところ。 STERONでは、レビトラとシアリスのジェネリック医薬品のランキングもつけているので参考にしてください。 最後にいきなりですが、 バイアグラは根本的な解決にはなりません。 確かにバイアグラやシアリス、レビトラやそれらのジェネリック医薬品は服用後一時的に、 PDE5と呼ばれる酵素の働きを妨げ、血流を促進し、 勃起し易い状態を作りだす効果があります。 しかし 効果発揮はあくまで薬を飲んだ時だけです。 20代の頃のように常にムラムラし、直ぐに勃起するような 精力に溢れる体質を根本から取り戻すにはの分泌量と血液の循環機能を改善する事が唯一の方法です。 バイアグラはあくまで一時的な血管拡張剤であり、 精力剤ではないのです。 若い頃のギラギラの 精力を根本から取り戻す事を目的に開発されたのが 精力剤です。 精力の源であるテストステロンの分泌を促進する亜鉛やマカに、勃起力を促進するアルギニンやランペップ等を配合した男性向けサプリです。 ちなみに個人的な一番のおすすめは 現役医師が開発した「ペプチア」です。 ペプチアは92. 5%の男性のEDを改善したアルギニンとフランス松樹皮エキスの組み合わせや 勃起持続力が確認されている特許成分ランペップを採用した精力剤ランキング1位の製品です。 どうしても失敗出来ない夜に一時的にバイアグラを利用するのは良いですが、並行して 根本から悩みを解決するために取り組む事が大切ですよ。

次の

バイアグラは薬局でも買える?オンラインの簡単ネット注文

バイアグラ ジェネリック 値段

2015年03月09日 カテゴリー : 当院にお越しの方はご存知だとは思うのですが、当院の休診日は日曜日だけになるのですが、最近その日曜日がとても天気の悪い日が多くて本当にテンションが下がります。 休みの日は外に出て遊びたいんですが、雨が降るとやれることが限られてしまうので僕としてはなんとしても晴れてほしいところなんですが・・・。 そんなどうでもいいことから始めてしまって申し訳ありません。 リブラクリニック目黒院の足立です。 本日はいつも木曜日更新(更新の予定をしているつもりで、できていないときもあります・・・。 )のスタッフブログなんですが、お知らせをしておきたいことがありますので週の初め月曜日にもかかわらず更新させていただきます。 更新の内容は、当院取り扱いの バイアグラのジェネリック医薬品「シルデナフィルOD錠50mgVI『トーワ』」(長いので以下『トーワ』とします)の処方金額が1200円から1000円に値段が下がります。 バイアグラのジェネリック医薬品として、1番初めに販売が開始されたトーワ。 『トーワ』は、服用するのに水を必要としないOD錠(ラムネのように口の中で溶ける、口内破壊薬)という特徴を持ったお薬で、その部分がとても便利だということで、『FCI』と価格差があった時でも選ばれる方がいらっしゃったので、今回の値下げで、価格差を気にせずお選びいただけるようになります。 「『トーワ』は使いやすかったけど、より安いほうがあるなら・・・。 」と思われて選択肢からはずしていた方も、またご利用してみてください。 本日は『トーワ』の値段が下がったことのご報告でした。 それではまた。

次の