マクドナルド モバイル オーダー 支払い 方法。 マクドナルドのモバイルオーダーを先行して愛知県で使ってみた!ポイントは?クーポンは?支払いは?|じゃあとりあえずひとまるで!

マクドナルドモバイルオーダー

マクドナルド モバイル オーダー 支払い 方法

マクドナルドには 「注文を取るまで時間かかりすぎ問題」があります。 ランチタイムなど時間が無い時に、前の人がモタモタと注文してるとライラしませんか? ブログ主は 正直イライラします!ひどい時には、入店してから注文するだけに10分以上待たされる事もしばしば。 レジ前の行列を見てマクドナルドを諦めた事もよくあります。 そんな中、オーダー待ちのイライラを回避できる「マクドナルドモバイルオーダー」なるアプリでで使ってみたら 注文した商品を受取るだけ! モバイルオーダー無しではマックに行きたくなくなった、とっても快適なマクドナルドのモバイルオーダーの使い方の備忘録です。 マクドナルドのモバイルオーダーの使い方 まずはマクドナルドモバイルオーダーのアプリはインストールしておきましょう。 iOSの人はAppStore、Androidの人はGoogle Play Storeで「マクドナルドモバイルオーダー」で検索してみてください。 またこのアプリを使う時に自分のIDでログインしておく必要があります。 マクドナルドのID登録をしていない人は、インストールしたら画面通りに登録しておきましょう。 「モバイルオーダーをはじめる」をタップ。 インストールしたモバイルオーダーアプリを起動させ「モバイルオーダーをはじめる」をタップ。 受取店舗を選択 「店舗を選択してください」をタップ。 GPSで位置情報を許可していれば、現在地から近い店舗の情報が表示されます。 もちろん遠方の別店舗も選択可能です。 今回はマクドナルド太平通店を選択しました。 メニューを選ぶ 朝マックかレギュラーメニューかを選択します。 ブログ主はランチタイムなので「レギュラー」をタップ。 頼みたいメニューを選択します。 ブログ主はバリューセットをタップ。 今回はチキンチーズバーガーセット。 ブログ主はポテト・Mサイズ派なので、マックフライポテトの変更はなし。 飲み物を選ぶので、飲み物欄の変更をタップ。 ブログ主はコーヒー派なので、今回は冷たいコーヒーの「プレミアムローストアイスコーヒー」を選択。 ブログ主はMサイズのままで良いので、上段のMサイズをタップ。 メニューに間違いなければ「カートに追加」をタップ。 他に追加したい場合は、上段の「他のメニューを見る」をタップして、メニューを選択を繰り返します。 選択し終えたら「注文内容を確認する」をタップ。 受取店舗、注文内容を確認する。 受け取り店舗と注文内容を確認したら「注文を決定する」をタップ。 実はこの注文の決定は 「仮」注文が決定しただけ。 受取店舗に向かいましょう。 店舗に着くまでは 「店舗に到着」ボタンを押さない方が良いです!• 受け取り方法を選び支払いをする 受取店舗に到着したら「店舗に到着」をタップし支払へ進みます。 お店で食べるかテイクアウト(持ち帰り)かを選択します。 ブログ主はお店で食べるので「お店で食べる」をタップ。 康生通店はカウンター受け取るのみ対応なので「カウンターで受け取る」をタップ。 ブログ主はクレジットカード派なので、クレジットカードをタップ。 カード情報を入力します。 一度入力しておけば、次回以降は使いたいカードの欄をタップするだけ。 受取店舗、受け取り方法、注文内容を確認し「支払いを確定する」をタップ。 これで注文が確定します。 これでオーダーが通ったので、カウンターへ向かいます。 今回は「M10」番が割り振られました。 店舗で受取る 受取店舗のカウンターに設置されている「お待ち番号」画面に、今回発行された受け取り番号M10が表示されています。 呼ばれたら商品を引き取りましょう。 マクドナルドモバイルオーダーのデメリット 注文するのを待たされるイライラから開放されたマクドナルドモバイルオーダー。 でも気になる点もあります。 支払い方法の選択肢が少ない 現状ではクレジットカードとLINE Payのみ。 Suicaなど交通系カードなどの電子マネー払いは未対応です。 ここは今後に期待しましょう。 楽天ポイントは貯められない モバイルオーダーでの支払いでは、楽天ポイントが貯められません。 楽天ポイントを貯めている人は注意が必要でしょう。 ドライブスルー未対応 ぜひ対応してもらいたいドライブスルーのモバイルオーダー。 でもモバイルオーダーの仕組み上、例えばモバイルオーダー専用ドライブスルー待ち駐車場などを増設しないとスムーズな対応は厳しいだろうなぁと想像します。 デメリットもありますがブログ主にとっては微々たるデメリット。 レジに並び注文をする時間を節約できる事に加えて「イライラしまい」というとても大きなメリットを享受できたマクドナルドモバイルオーダー。

次の

マクドナルドモバイルオーダー「楽天ポイント・dポイント」は貯まらない?詳細や貯まるポイントについて

マクドナルド モバイル オーダー 支払い 方法

モバイルオーダーに必要なのは下記2点のみ。 iPhoneかAndroidスマートフォン• クレジットカードかLINE Pay マクドナルドモバイルオーダーの注文方法• まずはiPhoneならAppStoreから、AndroidならGooglePlayから専用アプリをダウンロードします。 続いて会員情報の設定をします。 続いてクレジットカード情報の設定をします。 実際のオーダー手順は以下のとおりです。 マクドナルドモバイルオーダーの対象店舗 一部の店舗を除き、全国の店舗でご利用いただけます。 アプリの店舗検索でお近くのマクドナルド店舗をお探しください。 マクドナルドモバイルオーダーの受付時間 受付時間は5:00~24:00になります。 その中で各店舗の営業時間が短い場合は営業時間に準じます。 マクドナルドモバイルオーダーで注文できる商品 該当店舗でご注文可能な全メニューを対象としていますが、一部販売していない場合もあります。 ご注文する際にメニューでご確認ください。 現時点では、• ピクルス抜き• フライドポテトの塩なし などのカスタマイズは受け付けていません。 マクドナルドモバイルオーダーで注文した商品の受け取り方法 専用アプリで注文作成後、該当店舗に到着したら、受け取り方法を選択してください。 「お店で食べる」と「テイクアウト」の選択が可能です。 「お店で食べる」を選択した場合 「カウンター」もしくは「お席」で受け取ることが可能です。 「カウンター」で受け取る場合には、決済確定後、受取番号がアプリに表示されますので、店内のピックアップカウンターでお受け取りください。 「お席」で受け取る場合には、事前に席を確保いただき、専用アプリで注文の際に、確保したテーブルの番号を入力してください。 決済確定後、クルーがお席まで商品をお届けいたします。 「テイクアウト」を選択した場合 決済確定後、受取番号がアプリに表示されますので、店内のピックアップカウンターでお受け取りください。 ドライブスルーでのお受け取りには対応しておりません。 また、決済を確定しますと、すぐに商品を作り始めますので、決済の確定は受け取りできる状態になってから行ってください。 マクドナルドモバイルオーダーで利用できる支払方法 マクドナルドモバイルオーダーで利用できる支払方法は下記の2つです。 クレジットカード払い(VISA、Mastercard、JCB、Dinersのみ)• LINE Pay 現金でのお支払いはできません。 クレジットカードは3つまで登録することができます。 マクドナルドモバイルオーダーではクーポンが使えるのか マクドナルドモバイルオーダーではモバイルオーダー画面に表示されているクーポンのみ使用できます。 それ以外のクーポンは使用できないのでご注意ください。 マクドナルドモバイルオーダーは楽天ポイントが使えるのか 楽天ポイントサービスはご利用いただけません。 また、アプリ上の注文は「ポイント貯める」の対象になりませんので、ご注意ください。 マクドナルドモバイルオーダーはdポイントが使えるのか dポイントサービスはご利用いただけません。 また、アプリ上の注文は「ポイント貯める」の対象になりませんので、ご注意ください。 マクドナルドモバイルオーダーはドライブスルーで受け取れるのか マクドナルドモバイルオーダーはドライブスルーでは受け取れません。 店頭での受け取りのテイクアウトか、席での食事になります。 実際、僕が利用した際に、• グラン ベーコンチーズ• サイドサラダ が無くなってしまい、受け取りに行った際に在庫切れを告げられ他の商品に替えることになってしまいました。 店頭の在庫情報とモバイルオーダーのデータベースにタイムラグがあるようです。 結構積み上げると良い金額になるクーポンはできるだけ使いたいですよね。 通常のマクドナルドアプリで対象商品のクーポンが多くある場合は、モバイルオーダーではなく通常注文でクーポンを使用したほうがお得になれます。 まとめ マクドナルドモバイルオーダーの使い方とデメリットをご紹介しました。 実際、デメリットはいくつかありましたが、• レジに並ばなくて良い• 店頭では受け取りのみ という、新型コロナウイルス対策の濃厚接触と飛沫感染を防ぐためには、モバイルオーダーは最適です。 また、マクドナルドの複雑なメニューもゆっくり選べて注文できるので、注文で間違えることはありません。 メニューは写真付きで選べるのでわかりやすいところも良いですね。 まだマクドナルドモバイルオーダーを使っていない人はお試しください。

次の

【LINE Pay】超便利!!マクドナルドで「モバイルオーダー」支払い方法、メリットを徹底解説!!

マクドナルド モバイル オーダー 支払い 方法

当社でも3月下旬頃テレワークが始まり、今も基本はテレワークという体制です。 最近いつも思うこと…それは 『今日のお昼どうしよう』。 片付け面倒だし…と思いコンビニ等で買ってきて食べることが多いのですが、先日今更ながらマクドナルドのモバイルオーダーを試してみたので感想を残しておきたいと思います。 【注文~受け取るまで】 モバイルオーダー用のアプリがあったのでDLしておいたのですが、通常の公式アプリからも進むことが出来ました。 とっても分かりやすいです。 私はお店でオーダーする時、選べるドリンクを聞くことが多々ありましたので、このように選べるものだけが見やすく表示されるのも良かったです。 メニューを決めたら、テイクアウトorイートインの選択と、決済方法を選んで確定するだけ。 イートインの場合は席番号を指定すると席まで持ってきてくれるみたいです。 至れり尽くせりですよね。 確定すると・・ 店内でこの番号で呼ばれるので、あとは受け取るだけ…。 とっても簡単でした! 我が家は家から自転車で5分かからない距離にお店があります。 この画面が出てから3分後くらいに家を出発したところ、お店到着とほぼ同時に番号を呼ばれました。 このお店は土日は大行列、平日でもお昼時は列ができますが、並んでいる方に申し訳ないくらい、一切待つことなく受け取ることができました。 【思ったこと色々】 結論、とっても便利。 間違いないです。 良かったと思う点は、 ・待ち時間ほぼ無し ・クーポンも使える ・商品情報も買う前に分かる 当然その日の混雑具合で待つこともあると思いますが、知っているお店ならある程度混雑時間も予測できますし、大きな差は無いかと思います。 そしてマックを買う方ならほとんどの方がご存知のクーポン。 これもクーポンメニューが表示されるのでそこから選ぶだけで適用されます。 ですが私が個人的に1番感動したのは、メニューを選ぶときに出てくる商品情報です。 「商品情報詳細」を押すと、原産国、アレルギー、栄養成分を確認できます。 アプリにも公式サイトにも情報を載せているのは知っていたのですが、 オーダーする導線の中で見られるのは1番便利と感じました。 私は子供と分け合って食べるためカロリーとアレルギーを必ず確認するので、こういう情報は本当にありがたいです。 1点、現金決済ができない点は意見が分かれるかもしれません。 私も割と現金を使うので、最初は正直残念に思いましたが、実際に商品を受け取ってみると、『この流れで会計だけ現金でやるのは厳しいな…』と思いました。 恐らくどの店舗も、会計と受け渡しで列が分かれていますから、ここで現金を可能にしてしまうと時間もかかりますしオペレーションも大変そうです。 以前から、事前注文の分野はありました。 その多くが電話で事前に注文して、出前してくれたり受け取りに行ったり。 今でも電話は残っていますし私も利用しますが、過去の注文も見れる、言った言わないのミスが起きないなど、ネットで完結できる方がメリットが大きいですよね。 withコロナといわれ今後も3密を回避する生活が求められる中で、モバイルオーダーは今後主流になっていくものと思います。 私もその一人ですが、アレルギーって面倒に思われたり悲しいかな疑われることもあるので、自分から言わないこともあります。 情報を載せてくれていたり、「店員までお問合せください」と注意書きがあるだけでもだいぶ感じ方が違います。 とはいえどうやって正しく管理すればいいの…等、メニュー情報の管理にお困りの方、お手伝いできるかもしれません。 ぜひお問合せください。

次の