お尻拭き。 コストコおしりふきの値段や成分・安全性は?ママの口コミ多数【賛否両論】

【最強はどれだ?】おしりふきの人気おすすめランキング10選

お尻拭き

いつも持ち歩かなければいけない、けれどそのまま持ち歩くと中身が乾いてしまうおしりふき。 これまでは、市販のおしりふきに、ビタットなどのフタをつけて持ち歩くのが主流でした。 でも最近は、 おしりふきをクラッチ型のポーチに入れているママが増えているとか。 そこで今回は、今、人気を集めているクラッチ型のおしりふきポーチをご紹介します! クラッチ型おしりふきポーチがブーム! 火付け役はハギーズ…!? Huggies(ハギーズ)とはアメリカ生まれのおむつブランド。 海外旅行のお土産としてじわじわと人気が拡大し、2014年に日本に上陸(Amazonなどで購入可能)。 そのハギーズから発売されているクラッチ型のおしりふきポーチが、最近人気なんです。 海外旅行に行った際に、わざわざハギーズのおしりふきポーチを探して購入したという声も聞かれます。 口コミ 輸入品だからちょっと高いけど、満足。 真空にできるし、私が買ったのはフタきっちり閉まる。 乾燥を防いで、見た目もかわいいから星5つです!(出典:amazon) おしりふきポーチの人気を加速させた!? オトナ女子に人気のBela Beno! 「Bela Beno」という韓国ベビー用品ブランドからも、クラッチ型のおしりふきポーチが発売されています。 ママだけでなく、おしゃれに敏感な女性にも人気なのだそう。 しかも、2つセットで約1,750円(2019年6月現在)と、かなりお手頃な価格設定です。 編集部にBela Benoのおしりふきポーチを持っているママがいたので、使用感をご紹介します! Bela Benoの使い勝手を大公開! おしりふきは袋から出さず、そのままイン。 おしりふきシートの取り出し口は、全部はがします。 大判タイプのおしりふきでも入れられるのが便利。 シンプルなデザインが、とても気に入ってます。 ポーチの触り心地がとてもソフトで、そこも好きです。 しっかり密閉できるので、おしりふきが乾くことはありません。 これで1つ1,000円しないので、「買い!」だと思います。 (Mママ) 人気のおしりふきポーチは デザイン性と機能性! ハギーズやBela Benoと少し形は違いますが、おしりふきやウェットティッシュをまるっとカバーできる、おしりふきポーチが続々登場しています。 こちらもストラップつきなので、さまざまな場所に引っ掛けて使えます。 ベビーカーや車内といった、よく使う場所にひっかけておくと便利ですね。

次の

赤ちゃん用ウェットティッシュおすすめ人気ランキング10【コスパが良いのはどれ?】

お尻拭き

おしりふきの人気おすすめメーカー3選とその特徴 ここでは人気の• パンパース おしりふき 肌へのいちばん• ムーニー おしりふき やわらか素材• グーン 肌にやさしいおしりふき の水分量とそれぞれの特徴をご紹介します。 パンパース 「パンパース おしりふき 肌へのいちばん」は独自処方による弱酸性シートで刺激を防いだり、手や身体にも使える無香料・ノンアルコールで肌へのやさしさにこだわった特徴があります。 また水分量も多く厚手なので一枚でサッと汚れを落とせます。 またプラスチックの蓋つきで詰め替える必要がないため、詰め替える必要がないのが最大の特徴ともいえますね。 1枚およそ4. 4円と少し高めですがシートが厚手で水分量多いので汚れは拭きとりやすいです。 ムーニー 「ムーニー おしりふき やわらか素材」はシートが3層仕上げになっていてカシミヤタッチの肌ざわりと表現された、肌触りの良さにこだわったお尻拭きです。 無添加・純粋99%で安心安全で手や身体にも使えます。 取り出し口にはオリジナルのピタッとシールというシールがついているので詰め替えやビタットが必要ないのが大変便利です。 同じブランドから 1枚およそ1. 2円と価格が安いのが魅力です。 柔らかさのほかに、同メーカーより「ふき取りやすさ」「流せる」など、重視するポイントごとに選べるラインナップがあります。 グーン 「グーン 肌にやさしいおしりふき」はふんわり厚手タイプのお尻拭きです。 シートのでこぼこが多いので汚れをこすらずサッと拭きとれ、無香料・ノンアルコール・パラベン無配合なので手や身体にも使えます。 水分量が多いのが最大の特徴と言えるでしょう。 1枚およそ1. 5円と平均的な価格です。 水分量が多く、細かいでこぼこでこびりついた汚れも拭きとりやすいです。 おしりふきの選び方 おしりふきは、安全で赤ちゃんの肌に優しいものを選びたいのは勿論ですがシートの厚みや水分量、使用後の捨て方や含まれている成分をきちんとチェックしたいですね。 ここでは、• 種類から選ぼう• 肌に優しいものを の2つについて解説いたします。 種類から選ぼう お尻拭きは手軽に使えて携帯にも便利な「シートタイプ」と、汚れが落としやすく赤ちゃんの肌に負担の少ない「洗浄器タイプ」の2種類があります。 シートタイプ 薄手のウェットティッシュのようになっていて種類によってシートの大きさや厚さが異なります。 あらかじめ濡れた状態になっているので便利で携帯のしやすさや手軽さを優先したい方には、シートタイプがおおすめです。 しかし水分量や厚さによっては時間がたってしまった汚れを落とすのが難しくなってしまうという一面もあります。 洗浄機タイプ 霧吹きで洗い流すようにして使うようになっていてコットンなどを別途用意する必要がありますが、水分量を調整できるので汚れが落としやすく使用するのは水だけなので肌への負担が少ないことが魅力です。 手軽さはないので自宅での使用がお勧めです。 しかし適温を常に維持する保温タイプは本体価格は勿論、電気代が高くなってしまうので冬以外の季節であれば保温機能のない洗浄器を選ぶのも1つの手です。 肌に優しいものを 赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので大人が使うもの以上に気を使ってあげたいですね。 シートタイプを選ぶ際は配合されている成分と水分量にも着目し、アルコール・香料・パラベンなどが含まれていないものを選ぶと良いでしょう。 適度な厚みと十分な水分量のあるシートなら、1枚でもこすらず汚れを落とせます。 またテンセルやコットンを使用したシートなら肌触りも良く優しく拭いてあげられるので肌への負担もかけにくいです。 お尻拭き人気おすすめランキングTop10 人気でおすすめのお尻拭きのTop10を紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 10位 肌にやさしいおしりふき グーン 肌にやさしいおしりふき グーンをおすすめする理由 4. 5 ふわふわで水分たっぷり純水99%お尻拭きシートです ピジョン独自のでこぽこシートがおしりについた汚れをからめとりスルンと落とします。 汚れを浮かして保湿するオイルを配合している為、やさしい力でこすらず赤ちゃんのおしりをきれいにできます。 赤ちゃんのお肌のうるおいを守ってくれるので保湿性抜群です。 一枚一枚取り出しずらいのでまとめて取り出してしまうこともありますが、しっかり汚れを落としたい方におすすめです。 まとめ いかがでしたか? コスパは勿論ですが、お尻拭きは生まれた時から使うので赤ちゃんの肌に優しい成分であることや汚れが落としやすいことを重視して選んであげたいですね。 ぜひ参考にしてパパやママが求めるピッタリのお尻拭きを見つけてくださいね。 合わせて読みたい!!

次の

【激安おしりふき】安くおしりふきを買うならこれ!おすすめグッズもご紹介

お尻拭き

リンク 忙しいママに大人気の使いやすいおしりふきと言えばパンパースさんです。 ちなみに56枚入りの12パックのまとめ買いで、 1枚当たり16.0円でした。 西松屋さんのおしりふきと比べると、1枚当たり15.1円も差がありました。 さすがパンパースさんの高級おしりふきですね。 こちらと使いやすさを比べてみました。 このパンパースさんの肌への一番という商品は、 1パックごとに乾燥しないように蓋が出来るようになっています。 詰め替える必要もなく、ケースに入れずにいろんなところに置いておけるので便利ですね。 またおしりふきに 凹凸がついており、おしりについたうんちが取れやすくなっています。 1枚の値段は高いですが、1枚だけで拭きとれるということからリピーターの方が多い商品です。 ちなみに西松屋さんのおしりふきは凹凸がついておらず、1回に2~3枚は使用します。 リンク ちなみに1パックずつに蓋がついていないタイプも販売しています。 こちらであれば、56枚入りの12パックのまとめ買いで、 1枚当たり3.1円でした。 こちらのおしりふきも凹凸がついていますので、蓋にこだわりがない場合は断然こちらのほうがお得です。 どっちがお得? 西松屋さんのおしりふきは1枚当たりの値段がとても安いですが、凹凸などが無い為うんちをふきとる時に1回に2~3枚は使用します。 それに比べてパンパースさんのおしりふきは1枚当たりの値段は3倍以上ですが、1枚で拭きとれます。 うんちを拭き取る時を考えると、 1回分にそこまで使用する金額に差はありません。 ですが離乳食のときに手や口周りを拭いたりおもちゃや机を拭く時などには、安いおしりふきで十分だなと思います。 すぐに無くなるものなので、うんちの時には少し高いおしりふきを使い、日常はウェットティッシュとして使うなど使い分けてもいいかもしれませんね。 おすすめグッズ おしりふきのふた おしりふきはいろんなところで使いますよね。 例えば寝室やリビング、離乳食の時や外出中など。 ですが、1個のおしりふきを持ち運ぶのもめんどうですし、ケースをそれぞれ買うのも大変ですよ。 かと言ってカースに入れないと、シールの隙間から水分が蒸発してしまいカラカラになっていることも。 そんなときはおしりふきの蓋が便利ですよ。 可愛いデザインもありますし、パックにつけるだけなので大きさや重さも気になりません。 値段も安いので、いくつかあると便利ですね。 おしりふきケース 一般のメーカーさんのおしりふきのケースっていかにも「おしりふきです」という感じがしますよね。 ですがケースを変えるとデザインも可愛く、家具にも馴染んでおしりふきだと分からないほどです。 リビングに置いておくもの等は、かわいいデザインやシンプルなものに変えるのもおすすめですよ。 クイックウォーマー 冬になるとおしりふきって肌に当たるととても冷たいですよね。 水分がつくので余計に冷たく感じます。 そんな時はおしりふきを温めてくれるクイックウォーマーがおすすめです。 45度くらいに温められているので、ヒヤっとする心配がなくなりますよ。 赤ちゃんも暖かい方がびっくりしなくてすみますね。 収納 おむつや小物が一緒にできる収納グッズもおすすめです。 ベビー用品って体温計や綿棒や爪切りなど、小物も多いですよね。 そんなものも一か所に収納しておくと、どこになにがあるか分かりやすく便利ですよ。 ベビーベットにつけれるタイプもあるのでおすすめです。 まとめ いかがでしたでしょうか。 おしりふきって離乳食の時や外出中などにもとても使うので、すぐに無くなってしまいますよね。 断然安いのが西松屋さんのおしりふきでした。 機能性や値段なども他社のメーカーさんと比べていますが、おむつを替えるときには他社のおしりふきを使う、西松屋さんのおしりふきはウェットティッシュの代わりに使うのもいいかもしれませんね。 もちろん西松屋さんのおしりふきだけでも水分も多く、するりととれますよ。 おむつのおすすめもご紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

次の