梅雨時 挨拶。 暑中見舞いを梅雨明け前に出すのは?時候の挨拶や文例は?

【例文】梅雨の挨拶って?ビジネスメール・手紙に書くべき時候の挨拶例

梅雨時 挨拶

サクッと流し読み• はがきの基本構成は4つ。 まずはおさらいしてみましょう。 まず、はがきの基本的な書き方をおさらいしてみましょう。 はがきの構成は手紙と同じで、 『全文、主文、末文、後付け』という4つの部分から構成されます。 はじめに、 『前文』には、よく聞く 「拝啓」などの頭語や時候の挨拶を書きます。 そして、 『主文』には、その 手紙の本題を。 次に 『末文』は 結びの言葉と「敬具」などの結語を書きます。 最後に 『後付け』は、 日付や差出人の署名、宛て名などを書きますね。 一応、まとめておくと次のような流れになります。 はがきの構成• 前文・・・頭語や時候の挨拶• 主文・・・手紙の本題• 末文・・・結びの言葉と結語• 後付け・・・日付と差出人の署名、宛名など ここまではいいでしょうか?? では、次にお礼状を具体的に書くにはどのように書いたらいいかをご説明します。 お中元の時期に一番悩む時候の挨拶。 7月初旬とその後で使い分けるとよいでしょう。 お礼状を書こうと思ったときに一番悩むのは 時候の挨拶ではないですか? お中元を頂くのは、現代ではだいたい 7月1日から7月15日の間となっています。 その7月の時候の挨拶で一般的なものは 「盛夏の候」ですが、これは いよいよ暑さが本格的になる時期に使われる言葉ですよね。 でも、7月初めはまだ梅雨も明けきらず、じめじめと肌寒い日がありますから、「盛夏の候」では少し違和感を感じる年もあるでしょう。 そんな年はなんて書いたらいいのでしょうか。 これについては、 もし梅雨明け前の7月初旬(6日頃)までなら「向暑の候」を使い、その後だと「盛夏の候」を使うという風に時候の挨拶を使い分けるのがおすすめです。 では、最後に「向暑の候」(盛夏の候)を使って例文を作ってみましょう。 梅雨明け前の7月初旬にお礼状を書くときの文例 お礼状(ビジネス編)例文 『拝啓 向暑の候(盛夏の候)、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素よりご交誼を賜り深謝申し上げます。 さて、この度は結構なお中元のお品をいただき、誠にありがとうございました。 こちらから時節のご挨拶を申し上げるべきところ、お心遣いのお品を頂きましたこと厚く御礼申し上げます。 これより、いよいよ暑さが厳しくなってまいります。 皆様のご健康と貴社のいっそうのご繁栄をお祈り申し上げます。 敬具』 はがきでお礼状を書く場合には、「敬具」のあとに、日付や宛先の会社と宛名を左側、自分が所属する会社名と名前を右側に書きます。 もし、OA用紙に印刷する場合には、この敬具のあとに書いた日付や宛先の会社、宛名などは文書の先頭に来ることに注意しましょう。 梅雨がダラダラと続くときは?? もし、ちっとも夏になったような気がしない年であれば、「 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃いかがお過ごしでしょうか?」のように、口語調の時候の挨拶も使えますので覚えておくとよいでしょう。 まとめ:お礼状はお中元をいただいてから3日以内には出しましょう。 今回はお中元のお礼状を梅雨の時期にハガキで書く場合についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 忘れてはいけないのが、ビジネスの場合は、 お中元を頂いたら遅くとも 3日以内にはお礼状を出すようにすること。 また、その際、もしお中元をいただいた相手が取引先の方など、仕事上、日頃から付き合いがある場合などは、文面が会社内で決まっている場合もあるでしょうから、一旦は過去の例文がないかどうか上司の方に確認してみるとよいでしょう。 今後の関係もありますので、個人で判断する前に、まずは上司に扱いを確認することも大切ですね。 さらに、個人的にお中元をいただいた場合でも、ビジネスの場合とお礼状の基本的な書き方は変わりませんので、安心していただければと思います。 どんな時候の挨拶の言葉を使えばいいか、手紙を書く際には毎回悩まされますが、大事なことは 「その手紙で何を一番に伝えたいか」ということです。 たかが一枚の定型的なハガキと考えず、しっかり感謝の気持ちを込めるようにしたいですね。

次の

ビジネスメールにも使える!梅雨時期の挨拶文の書き方|世界イベント通信

梅雨時 挨拶

7月の時候の挨拶の基本 陽射しが強くなり、暑さも本格的になる7月は、女郎花月、七夕月、涼月という名前も持っています。 また、土用波、入道雲、夕涼み、タなぎなど、美しい言葉が多い季節です。 7月の時候の挨拶にも7月らしい季節を表す言葉を添えてお手紙を書きましょう。 改まった漢語調の挨拶 時候の挨拶は「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 その後には「ご清栄のこととお慶び申し上げます」などの言葉が続きます。 盛夏 仲夏 猛暑 大暑 炎暑 酷暑 向暑 灼熱 炎熱 驟雨(しゅうう) 目的別で時候の挨拶をまとめました ここでは時候の挨拶を使用するシーン別でよく使われるご挨拶を例文としてまとめて見ました。 7月の丁寧な時候の挨拶 定番 上旬、中旬、下旬 時候の挨拶と言われるものは数多く美しい挨拶の例文を集めてみましたが、その中でもよく使われる定番の7月の時候の挨拶を集めてみました。 馴染みの深いものは手紙を受け取る側にとっても気持ちが伝わりやすいことも多くあるため7月の時候の挨拶を添える時に使っていきたいものです。 上旬 中旬 下旬 盛夏のみぎり、皆様にはますますご健勝のことと 心からお喜び申し上げます。 猛暑到来となりましたが みなさま、お元気でお過ごしでしょうか。 梅雨明けを知らせる白南風が吹き、 いよいよ本格的な夏がやってきましたね。 時折の驟雨が暑さ厳しい日々に 一時の涼を残してくれるこの頃です。 驟雨(しゅうう)…夕立のこと。 白雨 はくう ともいう ビジネスでのご挨拶で使える7月の時候の挨拶 ビジネスでのご挨拶は7月のご挨拶や現代ではメールなどでも送られることがあります。 季節の気候に合わせるほか、日本の季節をあらわあす節気に合わせ手のご挨拶などもご紹介します。 時期:上旬・中旬・下旬 節気・季語:盛夏 例文: 拝啓 盛夏の候 貴社におかれましては益々ご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。 解説 7月の下旬のころの二十四節気の大暑のころの時候のご挨拶に使いたい例文です。 結婚式の案内状・招待状で使える7月の時候の挨拶の例文 知人へのお礼に使える7月の時候の挨拶の例文 普段からお世話になっている知人にお手紙を書く際に使いたい7月にふさわしい時候の挨拶の例文を紹介しています。 酷暑の候、お変わりなくご活躍のことと、お喜び申し上げます。 先日は、いろいろと御馳走になり、誠にありがとうございました。 いろいろ良くしてくださったお店のご主人様にもくれぐれもよろしくお伝えください 後略。 かしこ 先輩への手紙に添えたい7月の時候の挨拶の例文 拝啓 暑さいよいよ厳しき折り、いかがお過ごしでしょうか?我が家は猛暑に負けじと、冷えたビールを飲みながら、涼を得る日々です。 先日も主人と一献傾けながら、先輩の話になりました。 しばらく御無沙汰しているので、近々ぜひお会いしたいなと思っております。 夏休みのご予定はいかがでしょうか?もしよろしければ、どこかでお食事をご一緒していただけませんか? 後略 少し改まった7月の時候の挨拶 お手紙を書く相手との関係の上でお客様であったり、尊敬する方への季節のご挨拶の時などに使いたい7月の時候の挨拶の例文を集めてみました。 例年にない猛暑の日が続きますが いかがおしのぎでいらっしゃいますか? いよいよ梅隔も明け 木立の緑がますます色濃く感じられる この頃です。 どこからともなく聴こえてくる風鈴の音に 夏の粋を感じる頃となりました。 お暑い日が続きますが お変わりありませんか? 日ごとに陽射しも強くなり 木陰の恋しい季節となりました。 白鳥座のほのかな光を見ながら この子紙を書いています。 通り過ぎたと思った梅雨が また一戻ってきたような 雨模様のこの頃です。 夕顔の花咲く 過ごしやすい夏の夕べに 一筆申し上げます。 盛夏の候、暑さに負けずご活躍のことと 拝察致します。 午後になると蝉時雨が シャワーのように、家の中に注ぎ込みます。 今年の夏は、いかがお過ごしですか? 仲夏のみぎり、ご機嫌いかがですか? 我が家では、子供が大切に育ててきた 朝顔に花がつきました。 夕暮れとともに聴こえてくる 盆踊りの太鼓の音。 裏の細道に咲くおしろい花。 夏が来たのだなあと、実感するこの頃です。 じっとり汗ばむ季節となりました。 体調のほうはいかがでしょうか? お伺い申し上げます。 暑中お見舞い申し上げます。 皆様にはお健やかにお過ごしのことと お慶び申し上げます。 先日の祖母の初盆には いろいろお心配りをいただき まずはお礼申し上げます。 親しい人への7月の時候の挨拶 普段から親しい人へ向けてお手紙を書く際にふさわしい少し肩の力を抜いた7月の時候の挨拶にふさわしい例文を集めてみました。 やっと梅雨が明けましたね。 いよいよ夏!!ロマンティックな恋の季節です。 青い空と入道雲の季節がやってきました。 お元気ですか? 例年にない厳しい暑さが続いていますが 夏バテなどしていませんか? 真っ黒に日焼けした子供達と すれ違うことが多くなりました。 本格的な夏ですね。 チリンチリンと鳴る風鈴の音に 日本の夏を感じるこの頃です。 「今年こそは彼氏をゲット!!」。 七夕の短冊にこの言葉を書いて3年目。 でも、今年の夏は恋の気配を感じています。 夕立を待って空を見上げる日々ですね。 花火の夜には浴衣を着て、 土用の日にはうなぎを食べ、 UVケアも怠らず、 しっかり夏を楽しんでいます。 ダイエットも完了!!新しい水着も買い、 今年は久しぶりに夏の海に 出かけて行こうと思っています。 盆踊りの季節になりましたね。 都会の猛暑の中で暮らしていると 涼しい川風の吹く田舎が懐かしくなります。 暑気払いを口実に、 ビアガーデンに足が向くこの頃です。 お元気ですか。 夏休みの予定はもう立てましたか? 例年にない熱帯夜続きで ちょっぴりへトヘトですが なんとか頑張って暮らしています。 この暑さをものともせず 花壇のひまわりが元気に咲き乱れています。 セミの声に負けないように ビール片手にカラオケで 歌いまくる日々です。 七夕の夜にあなたを思い出しました。 お幸せにお過ごしですか? もうすぐ夏休みですね。 この夏こそはぜひ ご家族で遊びに来ませんか? 7月時候の挨拶の結びの言葉 少しずつ暑さが厳しくなる頃、健康や体調を気遣う言葉で結ぶのが一般的です。 また、来る夏休みの出会いを願う言葉で結んでみてもいいでしょう。 7月の丁寧な時候の挨拶の結びの言葉 いよいよ激しい暑さに向かいます折り ご自愛のほどお祈り申し上げます。 炎天に負けず 元気な夏をお過ごしください。 ご壮健で盛夏を乗り切られますよう 心よりお祈り申し上げます。 盛夏のみぎり、どうぞ素晴らしい夏を 過ごされますよう、お祈りしています。 蝉時雨に包まれるこの頃 お元気で素晴らしい日々をお過ごしください。 親しい方への7月の時候の挨拶の結びの言葉 この夏が素晴らしいものになるように 天の川にお祈りしておきます。 夏休みにはぜひ、こちらにお出かけくださいね。 冷えたビールと美味しい枝豆を用意して お待ちしています。 酷暑で食も細くなりがちですが 栄養はしっかりとって 元気に夏を乗り切ってください。 すいかやかき氷の食べすぎにはご注意を。 陽射しの強い日は、日傘も忘れずにね。 夏風邪にも負けないようにね。 7月の歳時記 七夕 七夕とは、牽牛星と織女星が7月7自の夜、年に1度だけ、天の川を渡って出会える…という古代中国のロマンティックな伝説。 この日、願いごとを書いた短冊を笹に飾ると、思いが叶うといわれています。 年に1度、祈りをこめて空を見上げるのも風流ですよね。 お盆 7月13日から15日までが旧盆です。 お盆の入りには迎え火をたいたり、ナスやキュウリを馬に見立てたお供え物で、祖先の霊や故人を家の中にお迎えします。 仏壇にも豪華なお供え物をするのが一般的。 お盆の終わる15日には、霊が冥土に帰れるように、送り火をたいたり、仏檀に備えた供物を川や海ヘ流します。 これを精霊流しといい、九州では伝統行事として、今も盛大に行なわれています。 お中元 6月下旬からデパートや商店のお中元売り場に活気が出ます。 中元とは、旧暦の7月15日のこと。 お中元は、この日までに送るのがマナーです。 それ以降は「暑中見舞い」とするほうがいいでしょう。 配達で届けるなら、前もって挨拶状を出しておきましょう。 土用丑の日 土用とは、立春・立夏・立秋・立冬の前の18日聞のこと。 夏の土用の入りは7月20日頃です。 この土用の丑の日を「土用丑」として、夏バテしないようにうなぎを食べます。

次の

【時候の挨拶】6月 ビジネス文例と結び!上旬・下旬の例文や挨拶文

梅雨時 挨拶

梅雨の時候の挨拶:書き出し例文集 走り梅雨から梅雨入り 入梅 、 長雨に梅雨の中休み、梅雨明けを願う言葉、 そして梅雨が明けるまで、 梅雨にまつわる言葉、挨拶文の例文です。 走り梅雨 梅雨の走り、迎え梅雨 の季語挨拶文• 走り梅雨に漏れ、木々の緑もいっそう深まったように感じられます。 梅雨入りを間近に今から憂うつな気分になっております。 今年もまた梅雨入り宣言が気にかかる頃となりました。 梅雨の走りでしょうか、ぐずついたお天気の日が続いております。 入梅を間近にひかえ、落ち着かないお天気が続いています。 いよいよ梅雨に入りますが、ご機嫌のほどいかがでしょうか。 入梅を控えて不安定な空模様が続いております。 梅雨入り 入梅 の季語挨拶文• 入梅の頃となり、うっとうしい雨の日が続いております。 梅雨入り宣言が出され、しばらくはうっとうしいお天気とのお付き合いです。 ことしもまた梅雨の季節がやってまいりました。 梅雨に入り、花のように色とりどりの傘が街に開いております。 入梅の報に気を曇らせる今日この頃、選択物が乾かない季節ですね。 入梅というものの雨が少なく、どうやら今年は空梅雨のようです。 梅雨の中休み 梅雨晴れ、梅雨の晴れ間 の季語挨拶文• 今日は梅雨の中休み。 よく晴れて日差しが強く、もう夏の気配です。 梅雨も中休みとなったのか、今朝はさわやかな青空が広がっておりました。 梅雨晴れの一日、夏本番を思わせる強い日ざしとなりました。 梅雨も今日は中休みとか、久しぶりのお日様の陽射しが眩しいです。 梅雨も中休みらしく、朝から気持ちのよい青空が広がった一日でした。 久しぶりにのぞいた青空はまさに夏のものでした。 梅雨の晴れ間には太陽のありがたみがしみじみ感じられます。 梅雨の中休み、ひさしぶりの青空が気持ちいい一日となりました。 雨後の新緑がひときわ濃く感じられる今日この頃です。 空梅雨 から梅雨、雨が少ない の季語挨拶文• 今年は空梅雨のようです。 夏休みの計画はお立てになりましたか。 薄暑の候、今年は空梅雨を思わせるような天気が続いております。 梅雨というのに雨が少なく、夏場の水不足が気がかりです。 今年は空梅雨になるとの予報ですが、水不足が心配ですね。 空梅雨を思わせる天候が続いておりますが、体調をくずされてはおりませんか。 梅雨明け 出梅 前の季語挨拶文• 待ちに待った梅雨明けも、もうすぐです。 うっとうしい梅雨が明ければ、いよいよ夏本番がやってまいります。 梅雨明けがひたすら待たれる頃、お変わりなくお過ごしでしょうか。 はや夏至を迎え、梅雨明けもいよいよ近くなってまいりました。 梅雨明けも間近となり、ますますお元気でご活躍のことと存じます。 梅雨明けが待たれる毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。 梅雨が明けたかな、と思うとまた雨。 もうたくさんですね。 お元気ですか。 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、ご壮健にてお過ごしのことと存じます。 梅雨明け 出梅 後の季語挨拶文• 憂うつな梅雨も明け、青空がひときわ爽快に感じられる今日この頃です。 長かった梅雨もようやく明けましたね。 梅雨明けの候、七夕飾りの商店街がにぎやかになってまいりました。 長かった梅雨もようやく明け、いよいよ夏本番となりました。 梅雨が明けたとたんこの猛暑、体調などくずされてはいらっしゃいませんか。 梅雨も明け、海や山の恋しい季節となりました。 梅雨明けとともに猛暑の夏が到来しました。 今年も夏バテが心配です。 雨上がりに見る草木の緑がすがすがしいこの頃です。 梅雨明け宣言が出ていよいよ夏本番。 今年の夏は暑くなりそうですね。 長雨 雨続き の季語挨拶文• 青空を忘れてしまいそうなほど長雨が続いておりますが、お元気でしょうか。 連日の雨ですっかり気が滅入っているこのごろです。 長雨の続く毎日ですが、くれぐれもお身体にはお気をつけください。 長雨が続き肌寒い毎日ですが、お風邪など召さずお元気でしょうか。 梅雨の季節を迎え、ぐずついたお天気が続いております。 長雨が続き、肌寒いような日もございますが、お元気ですか。 長雨のみぎり、お変わりはございませんでしょうか。 雨また雨の毎日で、心から真夏の青空が望まれます。 梅雨がうっとうしい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 梅雨寒 梅雨冷え の季語挨拶文• こちらでは、このところ梅雨冷えの日が続いておりますが、そちらではいかがでしょうか。 ここのところの梅雨冷えに、体調をくずされてはいませんか。 お元気でしょうか。 思いがけない梅雨寒が続いております。 夏至を過ぎたとはいえ、梅雨寒にふるえるような日もございます。 思いのほか梅雨寒で、一度しまったストーブをまた出してまいりました。 梅雨の季節の結びの言葉• もうすぐ梅雨がやってまいります。 どうかご自愛専一に。 梅雨入りも間近ですが、お健やかな日々をお過ごしください。 梅雨も間近となっていますので、どうかおからだをおいといください。 思わぬ梅雨寒に、お風邪など召されませんように。 梅雨明けを心待ちにする毎日、どうかお元気でお過ごしください。 梅雨晴れの青空を期待しつつ、皆様のご健康をお祈りいたします。 この梅雨を無事に乗り越えられますようお祈りいたしております。 >>すべての月の例文集.

次の