トッテナム ホットスパー スタジアム。 【海外サッカー観戦記】イングランド・プレミアリーグ編!ロンドン観光もご紹介します♪

【新スタジアム】トッテナム・ホットスパーのホームでCL観戦!

トッテナム ホットスパー スタジアム

サードカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ トッテナム・ホットスパー・フットボール・クラブ( Tottenham Hotspur Football Club、 発音: )は、の首都北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ()に加盟するプロサッカークラブ。 トットナム・ホットスパーと表記されることもある。 愛称は スパーズ(Spurs)。 クラブ名の「ホットスパー」とは、 ()をが所有していたことから同家の祖先である中世イングランドの騎士のあだ名「ホットスパー 」から取ったものである。 クラブカラーはと。 クラブのはで「 Audere est Facere(英語訳「 To Dare Is to 目次• 概要 [ ] 1882年に創立。 現在のホームスタジアムはロンドン・地区の(収容人数62,062人)。 数度の2部降格を経験しているが、1978年よりイングランドのトップリーグであるに所属し続けるクラブである。 時代に2回の優勝記録を持つ。 トッテナムは1901年に初めてを制した。 これはの設立以降にノン・リーグ・クラブがFAカップを制した唯一の事例である。 1960-61シーズンにとFAカップを制し、これらの大会の2冠()を達成した20世紀初のクラブとなった。 1962年にFAカップを連覇した後、1963年にはを制し、欧州のクラブ大会を制したイギリス初のクラブとなった。 1967年には、1960年代で3度目のFAカップ制覇を果たした。 1970年代、トッテナムはリーグカップを2度制し、1972年には (現UEFAヨーロッパリーグ)の初代王者となった。 異なる2つの主要な欧州タイトルを獲得したイギリスのクラブはトッテナムが初めてである。 1980年代、FAカップを2回、を1回、そしてを制す。 1990年代はFAカップとリーグカップをそれぞれ1度ずつ獲得した。 2008年にもリーグカップを制したことで、1950年代からのすべての年代における主要タイトル獲得を果たしたクラブとなった(トッテナム以外ではのみ)。 によると、2017-18シーズンのトッテナムのクラブ収入は4億2830万ユーロ(550. 54億円)であり、ヨーロッパ第10位である。 プレミアリーグではに次いで第6位である。 地元のとは長年ライバル関係にあり、両者の対戦はと呼ばれる。 チームカラーの白と青 紺 は、1888-89シーズンにリーグ戦とカップ戦の2冠を達成したのキットカラーである。 1898年以降は白のシャツと紺のパンツが基本スタイルとなり、現在まで続いている。 歴史 [ ] 創設 [ ] 会長のダニエル・リーヴィ。 を首席で卒業している。 2001年よりが率いるイギリスの投資会社ENICグループ(かつてやを保有していた)がクラブの所有権を握り、が会長に就任した。 2005年にをスポーツディレクターとして招聘し、この時期にや、後ににも選ばれるらを獲得した。 2005-06シーズンはチャンピオンズリーグ出場まであと一歩のところで足踏みし5位。 しかし当時の監督やに補強に関する権限を与えなかったことからトラブルが起こり、その後チームは一時低迷する。 2008年10月にが監督に就任。 同時にSD職を廃しチーム編成は監督と会長のリーヴィが主導するスタイルに改められた。 2009-10シーズンは、戦でプレミアリーグ史上2番目の得点差となる9-1で圧勝するなど、プレミアリーグ発足後のクラブ史上最高位となる4位となり、クラブ史上初めてUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。 これによって、2005-06シーズンから2008-09シーズンまで続いたいわゆるビッグ4(、、、) によるチャンピオンズリーグの出場権独占を終わらせた。 2010年代 [ ] 2010-11シーズン [ ] 2010年にENICが前オーナーのやの総帥が持つ株式を買収し、クラブ株式の85%を持つに至る。 2010-11シーズンの夏の移籍市場ではからを獲得するなどをして注目を浴びた。 初のチャンピオンズリーグでは、イタリアの強豪を抑えてグループリーグを1位通過するとベスト16では同じくイタリアの強豪を破ってベスト8に進出して健闘した。 一方、プレミアリーグではフォワード陣の得点不足やキーパーの凡ミスなどが問題となって5位となり、2年連続のチャンピオンズリーグ出場はならずに出場することになった。 2011-12シーズン [ ] 2011-12シーズンは得点不足を解消するためにからをレンタルで、加えてやなども獲得し、前シーズンの不安要素を中心とした補強がされた。 また冬の移籍市場では元のなども獲得した。 ヨーロッパリーグではに徹して主力を温存したこともあり、、に次ぐ3位でグループステージ敗退。 プレミアリーグでは4位となり、チャンピオンズリーグ出場権を獲得したが、プレミアリーグを6位で終えたチェルシーがUEFAチャンピオンズリーグで優勝し前年優勝クラブ枠を手にしたため、トッテナムはUEFAヨーロッパリーグへ回ることとなった。 2012年1月には、収容人数が4万人に満たないに代わる新たなスタジアムの建設に向け、クラブの非上場化の手続きを完了した。 2012-13シーズン [ ] 2012年6月14日、レドナップの退任が発表された。 7月3日に新監督として就任を発表した。 それに続いてとを獲得した。 さらにはを買い取り、からとを獲得し、フリーデルの後継者としても獲得した。 一方でモドリッチを移籍金3330万ポンドでレアル・マドリードに売却し、同時にレアル・マドリーと業務提携を結んでいる。 さらに冬の移籍市場では、からのを獲得した。 2013-14シーズン [ ] 2013年夏、チームの顔である移籍の噂が大きく報道される中、移籍市場では積極的に動き、チームを強化するためこれまで主力選手だった、クリント・デンプシー、、、前主将の、さらには副主将のスコット・パーカーまでもを放出し、巨額の資金を投じてブラジル代表やクラブ史上最高額の移籍金となる約3000万ユーロで、スペイン代表、ベルギー代表、フランス代表を獲得するなど大型補強を敢行した。 2013-14シーズン開幕戦戦、第2節の戦共に、新加入のソルダードのPKでどちらも1-0で勝利し、幸先の良いスタートを切った。 さらに補強の手を緩めず、、といった各国の代表クラスの選手を獲得し、この移籍市場での投資額は、、に次ぐと見られる約160億円に上った。 特にエリクセンの獲得はチームの攻撃に大きなオプションを与えた。 そして9月1日にベイルを史上最高額の8500万ポンドでレアル・マドリードに売却することを発表 、背番号11番はが受け継いだ。 2013-14シーズンは前述の大型補強にも拘らず11月24日のマンチェスター・シティ戦で0-6の大敗、12月15日のリヴァプール戦で0-5の大敗を喫するなど調子が上がらず、12月16日にビラス・ボアスは解任された。 後任として、がアシスタントコーチから暫定監督を経て正式に監督に就任、ビラスボアス時代に冷遇されていたを起用して、彼が再びエースの地位を取り戻すチャンスを与えた。 輝きを取り戻したアデバヨールに加え、エリクセン、レノンのコンディションも順調に整い、元日の戦で勝利するなどして短期間で一気に順位を上げる事に成功したが、その後も優勝争いには絡むことなく6位に終わりCL出場権を逃した。 2014-15シーズン [ ] 2013-14シーズン終了後にシャーウッドは解任され、新監督にで好成績を残したを招聘した。 2014年6月9日にはベテランが1年間の契約延長発表と同時にクラブのアンバサダーに就任した。 2014-15シーズンは、、、、、、など守備に重きを置いた補強を展開した。 が開幕から5試合で4得点を決めるなど、前シーズンに「失敗」の格印を押された選手達が活躍を始めた。 2015-16シーズン [ ] 夏の移籍市場では、、、、、らが移籍した一方、、、、、を獲得した。 ではと優勝争いを演じ、終盤に失速したものの3位でフィニッシュした。 これによりの出場権を得た。 、、、がに選出された。 ケインはリーグ得点王と、アリはとのダブル受賞であった。 2016-17シーズン [ ] 夏の移籍市場ではMF、MF、FW、フランスU-21代表FWを獲得。 昨シーズン活躍した、などに加え、や新加入のなどが活躍した。 しかし、との優勝争いに敗れチームは2位でシーズンを終えた。 ライバルであるよりも高順位で終えたのは22年ぶりのことである。 表彰では、に、に、に、、、が選出された。 1899年から本拠地であった最後のシーズンであった。 最終戦はマンチェスターユナイテッドとの試合で、のゴールで2-1で勝利し、最終戦に華を添えた。 終了後には最後の勝利を祝うサポーターがピッチになだれ込み空には虹が現れた。 なお、リーグ戦におけるホーム戦では無敗を記録した。 ではグループリーグで、、と同組になり、決勝トーナメント進出は確実かと思われていたが、2勝1分3敗のグループ3位で敗退した。 に回ったが、ラウンド32でに敗れた。 2017-18シーズン [ ] 当シーズンはを本拠地として使用した。 がへ、がへ完全移籍、レンタル移籍中のは、はへ完全移籍した。 一方でからDF、からGK、からDF、からU-20アルゼンチン代表、から元スペイン代表FWを獲得した。 1月の移籍市場ではからMFを獲得。 ではグループリーグで前回王者のに勝利するなどして首位通過を果たした。 ラウンド16では前回準優勝のと対戦。 敵地での1stレグでは序盤に2点を失うもとのゴールで追いついて2-2で終了。 貴重なアウェイゴールを2つ奪い、優位な状況で迎えた本拠地での2ndレグでも前半にのゴールで先制したが、後半にとに連続でゴールを許し1-2で逆転負け、2戦合計3-4で敗退した。 2018-19シーズン [ ] このシーズンからを本拠地として使用する予定だったが工事が間に合わず、シーズン前半戦はで試合が行われた。 新スタジアム建設費がかさんだことにより夏の移籍市場では補強を一切行わなかった。 シーズン前に補強を行わなかったのは全チームを通じて史上初であった。 冬の移籍市場でも補強は行われなかった。 シーズン中は、や、らが怪我に悩まされ、冬には主力のが移籍したが、では4位でフィニッシュして来季の出場権を獲得した。 またこの年のではクラブ史上初の決勝進出を果たした。 、と同組だったグループステージは2位での突破だったが、決勝トーナメントのラウンド16ではに完勝した。 準々決勝ではエースのケインを怪我で欠きながらもやらの活躍によりを下した。 準決勝ではこの大会でやを破る快進撃を続けていたと対戦した。 ホームでの1stレグを0-1で落とし、2ndレグでも前半のうちに、に得点され前半終了時点で合計スコア0-3と3点ビハインドであったが、が55分と59分に2点を返し、さらに後半アディショナルタイムにハットトリックとなる3点目を決めて3-2で逆転勝利した。 この結果2戦合計3-3で並び、アウェーゴールの差でクラブ史上初の決勝進出を果たした。 決勝はに0-2で敗れた。 2019年4月には新本拠地が完成した。 新スタジアムの初戦となった戦ではソンがファーストゴールを記録し勝利した。 2019-20シーズン [ ] 、などを獲得した。 への移籍が取り沙汰されていたエリクセンは残留した。 前年以上の成績が期待されたが、リーグ戦では12節終了時点で3勝5分4敗の14位に沈み、ではにホームで2-7で敗れるなど不調に陥った。 11月19日、監督が解任され 、後任にが就任した 。モウリーニョ監督の初戦となったウェストハム戦は3-2でアウェイで勝利した。 そして、チャンピオンズリーグのオリンピアコス戦では2点を先制されるも、4点とって逆転勝利して、トッテナムでのチャンピオンズリーグ初勝利をおさめた。 冬の移籍市場では、から、PSVからを獲得し、レンタル加入していたロ・チェルソを完全移籍で獲得した。 一方で、エリクセンはインテル・ミラノに完全移籍、ダニー・ローズがニューカッスル・ユナイテッドに、カイル・ウォーカー・ピータースがサウサンプトンにレンタル移籍した。 そして、チャンピオンズリーグは、決勝ラウンド進出を5節で決め、決勝ラウンドは、ラウンド16で、のに、アグリゲートスコア、0-4で、敗退が決定した。 は、5回戦で、にPK戦で敗れた。 ユニフォーム [ ] ブランド [ ]• 1978-1980:• 1980-1985:• 1985-1991:• 1991-1995:• 1995-1999: Pony• 1999-2002:• 2002-2006:• 2006-2012:• 2012-2017:• 2017-: 胸スポンサー [ ]• 1882-1983: なし• 1983-1995: Holsten• 1995-1999:• 1999-2002: Holsten• 2002-2006: Thomson Holidays• 2006-2010: Mansion. 2010-2013: (リーグ戦)、Investec Bank(ヨーロッパカップ戦)• 2013-2014: ヒューレット・パッカード(リーグ戦、HPがAutonomyを買収したことにより14年ぶりに復帰)、(ヨーロッパカップ戦)• 2014-: ダービーマッチ [ ] 同じ北ロンドンに本拠を構えるクラブ同士としてとは激しいライバル関係にあり、サポーター同士のいがみ合いが強く両者の間には争いごとが絶えない。 それをよく象徴するのがかつて同クラブに移籍したに対してトッテナムファンがと呼んだという出来事である。 両チームの対戦は「」と呼ばれ、、と並び、リーグの三大の一つに数えられている。 他にも同じロンドンを本拠地とするやとの対戦もの一つである。 サポーター [ ] 旧本拠地 トッテナムはイギリス、主に北ロンドンとに多くのファンを有している。 1946年から1969年の間に5度、イングランドにおける平均観客動員数で最多となった。 2008-09プレミリーグにおける平均観客動員数は第9位であった。 世界中にトッテナムのサポーターズクラブが存在し、特にクラブの歴史的なサポーターにはなどがいる。 トッテナムのサポーターは主にロンドン地域内の複数のクラブとライバル関係にあるが、最大のライバルは共に北ロンドンを本拠地とするである。 トッテナムには他のロンドンの多くのクラブと同様に、多くのサポーターがおり、これがトッテナムサポーターに対する的な挑発につながっている。 トッテナムサポーターはこれに対抗してユダヤ人も非ユダヤ人も自分達を「イーズ(Yids)」と称する。 への侮蔑語である「イード(Yid)」は、元々はスパーズの本拠地周辺がユダヤ人の多く住む地域であることに対し、口汚い相手ファンからの嘲りの言葉として使われ始めたが、やがてスパーズファンはそれを逆手に取って、誇らしげに自称するようになった。 ユダヤ人団体や反人種差別団体からは「イード」の使用がを助長していると考えて、スパーズファンに自制を求める声もあるが、スパーズファンは自分たちが使用する「イード」はまったく無害なものだと考えている。 著名人のファンとしては元プロサッカー選手の父親を持つの、水泳選手の、の、所属のプロレスラー等が知られている。 また、俳優のもスタンド観戦する姿を度々中継カメラに捉えられている。 『』の主題歌でオスカーを受賞したもスタジアムに足繁く通い、インタビューにも「私は偽物じゃない。 本物のファンよ」と発言している。 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• : 2回• 1950-51, 1960-61• :8回• 1900-01, 1920-21, 1960-61, 1961-62, 1966-67, 1980-81, 1981-82, 1990-91• :4回• 1970-71, 1972-73, 1998-99, 2007-08• :4回• 1921, 1951, 1961, 1962 国際タイトル [ ]• :2回• 1971-72, 1983-84• :1回• Pos. Pos. ローン移籍選手 [ ] in No. Pos. 選手名 30 No. Pos. 選手名 out No. Pos. 選手名 3 16 38 40 42 43 45 No. Pos. 2019-• 2014 -19. 2019• 2013 - 13. 2014• 2012 - 16. 2013• 2008 - 14. 2012• 2007 - 25. 2008• 2004 - 25. 2007• 2004 - 05. 2004• デビッド・プリート 21. 2003 - 03. 2004• 2001 - 21. 2003• デビット・プリート 16. 2001 - 02. 2001• 1998 - 16. 2001• 1998 - 01. 1998• デビッド・プリート 07. 1998 - 01. 1998• 1997 - 05. 1998• 1994 - 19. 1997• 1994 - 15. 1994• 1993 - 01. 1994• 1992 - 19. 1993• ペーター・シェリーヴス 23. 1991 - 15. 1992• 1987 - 30. 1991• 1986 - 23. 1987• 1984 - 13. 1986• 1976 - 25. 1984• 1974 - 23. 1976• 1958 - 29. 1974• 1955 - 01. 1958• 1949 - 01. 1955• 1946 - 01. 1949• 1942 - 01. 1946• ペーター・マクウィリアム 01. 1938 - 01. 1942• 1935 - 30. 1938• 1930 - 01. 1935• 1927 - 01. 1929• 1913 - 01. 1927• 1907 - 31. 1908• 1899 - 31. 1906• 1898 - 31. 1899 歴代所属選手 [ ]• 1914-1926• 1949-1955• 1977-1990• 1982-1998• 1988-1994• 1990-2000• 1992-2001• 1993-1999• 1993-2004• 1996-2000• 1997-2001• 1997-2001• 1998-2012• 1998-2004• 1999-2003• 2000-2008• 2000-2004• 2000-2003• 2000-2003• 2001-2005• 2001-2006• 2003• 2004-2006• 2004-2005• 2004-2006• 2004-2007• 2005-2014• 2005-2008• 2005-2008• 1938-1955• 1954-1964• 1966-1969• 1969-1986• 1970-1972• 1975-1987• 1978-1988• 1978-1983• 1985-1989• 1985-1998• 1986-1994• 1988-1993• 1988-1992• 1992-1995• 1992-2004• 1994-1996• 1995• 1995-2000• 1996-1999• 1996-2000• 1997-2000• 1997-1999• 1997-2000• 1997-2003• 1998-2003• 1999-2002• 1999-2003• 1999-2005• 2000-2003• 2001-2004• 2001-2004• 2002-2005• 2002-2004• 2002-2005• 2003• 2003-2004• 2003-2005• 2004-2006• 2004-2006• 2004-2006• 2004-2006• 2005-2006• 2005-2007• 2005-2008• 2005-2013• 2005-2015• 2005-2013• 2005-2011• 2006-2007• 2006-2009• 2006-2009• 2006-2008• 2007-2013• 2007-2010• 2007-2009• 2008-2014• 2008-2013• 2008-2012• 2008-2012• 2008-2016• 2009-2016• 2009-2011• 2009-2012• 2010-2012• 2010-2014• 2010-2017• 2011-2012• 2011-2013• 2012-2013• 2012-2014• 2012-2014• 2012-2019• 2013-2015• 2013-2015• 2013-2016• 2013-2020• 2013-• 2013-2015• 2013-2017• 2014-2015• 2014-• 2014-• 2015-• 2015-2019• 2016-• 2016-• 2018- FW [ ]• Hotspur(直訳:燃える)のあだ名を持つ騎士で、現代英語のHotspur(意訳:向こう見ず)は彼のあだ名が語源。 日本では「向こう見ずのヘンリー(Henry Hotspur)」と訳されることもある。 BBC. 2020年5月17日閲覧。 BBC Sport. 2004年10月23日. 2010年8月17日閲覧。 Qoly. 2020年5月5日閲覧。 Tottenham Hotspur F. 2010年12月22日閲覧。 2009年11月23日. 2017年9月29日閲覧。 Northcroft, Jonathan 2008年5月11日. The Sunday Times. 2011年5月26日閲覧。 Soccernet. 2007年1月29日. 2017年9月29日閲覧。 2012年8月27日• soccer king• spurs japan• Tottenham Hotspur 2019年11月19日. 2019年12月16日閲覧。 Tottenham Hotspur 2019年11月20日. 2019年12月16日閲覧。 spurs japan 2014年2月11日• 2013年10月20日, at the. , The Football Fans Census. Retrieved 30 January 2008• European Football Statistics. 2006年10月14日時点のよりアーカイブ。 2006年10月26日閲覧。 European Football Statistics. 2006年10月26日閲覧。 2010年12月30日, at the. FA Premier League• Key thinkers in linguistics and the philosophy of language, Edinburgh University Press, 2005, By Siobhan Chapman, page 22• Retrieved 26 August 2011• Kessel, Anna 2007年10月28日. The Guardian UK. Baddiel, David 2002年10月17日. The Independent UK. European Jewish Press. 2012年3月26日時点のよりアーカイブ。 2014年2月7日閲覧。 The Jewish Chronicle 2007年10月19日. 2007年11月4日閲覧。 我が心のクラブを持つセレブリティたち『』2013年10月1日号 参考文献 [ ]• フランクリン・フォア『サッカーが世界を解明する』「第3章 ユダヤ人問題」、2006年。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 公式サイト (英語)• SpursJapan - - スパーズ・ジャパン(日本公式サポーターズ・クラブ) (日本語)• - - Tottenham Hotspur(Official Tottenham Hotspur Supporters Club) (英語)• - - スパーズ・ジャパン(日本公式サポーターズ・クラブ) (日本語)•

次の

トッテナム・ホットスパースタジアム

トッテナム ホットスパー スタジアム

概要 [ ] 収容人数は、公式ページによると62,062人となっている。 一番の目玉となるのはプレーヤーズトンネルにほど近い年間9,000ポンド(約127万円)の特別シートで、このエリアにはガラス張りのビューイングエリアも兼ね備えられ、選手たちがピッチに入場する際に通過するトンネル、プレーヤーズトンネルを見ることもでき、普段は見ることのできない選手たちの試合前、試合後の様子まで間近で感じることができる。 さらにミシュラン星付きレストランの食事付き。 1試合だと339ポンド(約48,000円)。 さらにビール醸造所とベーカリーが設けられ、年間およそ100万杯のクラフトビールが造られる予定。 当初は2018-19シーズンから使用予定であったが、テスト段階における安全上の問題から延期となった。 クラブショップが2018年10月23日に先行して開業。 スタジアムは2019年3月24日のU-18戦、同30日のとのレジェンドマッチを経て、4月3日に相手のリーグ戦で初めてトップチームの試合に使用された。 当スタジアムにおける初ゴールはジェーニール・ベネット、トップチーム戦における初ゴールは。 交通 [ ] 最寄りは約200m離れたのホワイト・ハート・レーン駅であるが、やの駅も利用可能。 また近くのバス停では5路線が利用できるほか、スタジアムから2路線のシャトルバスが運行されている。 脚注 [ ].

次の

【新スタジアム】トッテナム・ホットスパーのホームでCL観戦!

トッテナム ホットスパー スタジアム

トッテナム新スタジアムの行き方 旧ホワイトハートレーンの跡地 新スタジアムは旧スタジアムのホワイトハートレーンの跡地にできているので、行き方は昔と全く一緒です。 まずは地下鉄Victoria線のSeven Sisdtersを目指します。 写真右上の青い駅です。 電車を降りると、このように看板で出口の方向が書かれているので、矢印の方向に歩きます。 駅からは徒歩またはバス 駅を出ると試合の日は警備員やサポーターも多いと思うので、どのバスに乗ればいいかすぐわかると思います。 ただ、駅を出て大通りを北上するだけで着くので、ほとんどの人は歩いていました。 徒歩だと20分〜30分ほどで到着します。 僕たちは歩いてスタジアムに向かいました。 だんだんとスタジアムが大きくなる高揚感も味わえるので、そんなに歩くのも苦になりませんでした。 トッテナムの新スタジアムについて 最先端技術を取り入れた超近代的スタジアム トッテナムの新スタジアムは、収容人数が約62,000人で、世界初となる天然芝と人工芝の分割格納システムを採用しています。 NFLのゲームやコンサート会場としても利用することができるようです。 また、ビール醸造所とベーカリー、プレーヤーズトンネル 選手が入場前に整列している場所 にほど近い特別シートの設置するなど、前例のない近代的な作りとなっております。 グッツ売り場にもアメフトのユニフォームや練習着がありました。 新スタジアムに行ってみた CL準決勝アヤック戦、フーリガンが怖すぎた この日はチケットがなかったので、雰囲気だけでも味わいに行こうと思い、友人とスタジアム周辺を歩きました。 すると突然、目の前でビンが割れる音がして、破片が僕の目の前で飛び散りました。

次の