初盆 お供え の し。 初盆の挨拶文とは?場合ごとの文例や注意点を徹底的に解説します!|終活ねっとのお坊さん

神道の初盆のお供え献花は何がいい?のしの表書きは?提灯はいるの?祭壇の飾り方

初盆 お供え の し

浄土真宗や神道の方はこのお盆という習慣はありません。 手間がかからないと言えば、楽ですが…… Q:四十九日の忌明けより前にお盆を迎える場合、新盆・初盆はいつですか? A:住まわれている地域の習慣もありますが、一般的に新盆・初盆は翌年になります。 Q:身内を亡くし、初めてのお盆です。 親戚・知人・友人を招くべきですか? A:基本的には普段迎えるお盆と大きく変わりません。 しかし、亡くなった人が初めて家に戻ってきますので、丁寧に行いたいものです。 新盆・初盆にかぎっては、親戚や知人・友人たちを招いて法要を行います。 Q:新盆・初盆の法要はどのように行いますか? A:仏壇、仏具を清めておきます。 そして、お盆の入りには精霊棚(しょうりょうだな)を作り、供物をお供えします。 僧侶にお経(棚経:精進棚の前で読経してもらうので棚経といいます)をあげてもらい、その後、参会者で食事をします。 準備の仕方は、宗派によって違います。 菩提寺の僧侶の方に聞かれたほうがよいでしょう。 ただ、お盆の時期、僧侶の方は忙しいので、連絡は早めにしてくださいね。 Q:新盆・初盆には、白い無地の提灯を飾りますか? A:正式には白張りで家紋入りのものとされています。 しかし新盆・初盆の時だけしか使えないので、最近では絵柄のついた提灯を始めから用意する場合が多くなっています。 これだと毎年お盆にお飾りできます。 新盆・初盆のポイント:服装は招かれた側よりも地味な恰好で 提灯の明かりを目印に故人の霊が帰ってきます。 そしてその華やかな明るさで、慰めてあげる意味もあります Q:主催者の服装は? A:主催者として、招かれた側よりも軽い服装をしてはいけないルールがあります。 一般的に三回忌まで葬儀の時と同じようにブラックアンサンブル、ワンピースなどのきちんとした喪服を着ます。 ですが暑い時期ですので、年配の方などは体調を考え、ゆったりしたものや体温調整のしやすい地味目な服装でもよいでしょう。 招かれた場合も葬儀の時と同じ喪服を着たほうがよいですが、暑い時期ですので、濃いネイビー、グレー、ダークグレーなど落ち着いたスーツやワンピースなどの略式礼装でもかまいません。 Q:僧侶へのお布施はどれくらいするのですか? A:新盆・初盆の場合は、1万円から3万円です(普段のお盆の場合は3千円から1万円ぐらい)。 地方や宗派によってさまざまですので、詳しい方に聞いてくださいね。 表書きは[御布施」。 Q:お寺で供養してもらってもいいのですか? A:菩提寺と自宅が離れている場合は、お寺で供養してもらっても大丈夫です。 Q:白い提灯は新盆・初盆が終わったらどうすればいいのですか? A:送り火で燃やしたり、菩提寺に納めてください。 新盆・初盆のポイント:御仏前の金額と供物はどうすればいい? お参りする時期は、できればお盆の期間内がよいですが、それにこだわらず、先方の都合を聞いてからにしてください Q:親戚として何をしてあげればよいでしょう? A:亡くなった方の近い親族は、新盆・初盆には盆提灯を送るしきたりがあります。 しかし最近は住宅事情などから飾らないところも増えていますので、先方に聞いてから贈るとよいでしょう。 不祝儀袋に「御提灯代」の表書きでお金を包むこともあります。 Q:親戚ではなく、故人と親しかった友人として、何をしてあげればよいでしょう? A:法要に招かれた場合は、「御仏前」「御供物料」として、現金をお供えします。 また故人の好物だったお菓子や季節の果物、贈答用のお線香を「供物」としてもよいでしょう。 御仏前の金額の目安は、故人との関係によりますが、だいたい5千円から1万円です。 Q:施餓鬼会(せがきえ)の法要の案内をもらいましたが、どういうことですか? A:お寺のお盆行事のひとつで、飢えに苦しんでいる餓鬼や供養に恵まれない、いろいろな霊を供養するものです。 お寺に施餓鬼壇(せがきだん)をつくり、位牌を安置した前で、檀家の方がご飯、野菜、果物、お菓子などを持ち寄ってお供えします。 新盆・初盆を迎える家庭は、菩提寺から案内が来るのが一般的です。 いかがでしたでしょうか? 故人となって初めて里帰りする新盆・初盆は、家族全員が顔をそろえて、亡くなった方だけのためにより丁寧に供養してあげてください。 【関連記事】•

次の

初盆ののしの表書きはどうする?お供え物とお返しを包むのしも解説!|終活ねっとのお坊さん

初盆 お供え の し

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 新盆のお供え物の定番 まず、定番として理解しておきたいのがお菓子です。 いわゆる「 消えもの」が相応しいアイテムとして人気がありますが、その中でもお菓子は定番中の定番として認識しておきたいところです。 お菓子であれば遺族の方たちも食べやすいですし、比較的日持ちするものであれば受け取る側としても焦って消費する必要がありません。 お菓子の中でも羊かんやゼリーといったものであれば、季節にも相応しくおすすめと言えます。 できるだけ日持ちするもので、詰め合わせとなっているものを選択するのが良い賢明です。 お菓子以外には果物や缶詰の詰め合わせ、お酒や清涼飲料といった飲み物を渡すのも問題ありません。 いずれも消えものとして定番の品であり、人気があるアイテムです。 基本的に渡すものを何にするか迷った場合は、消えものの中から選ぶのがおすすめです。 相手に渡しやすい新盆のお供え物 相手に喜んでもらうための品としては、お菓子をはじめとした消えものが定番と言えます。 消えものを優先的に検討していく中で、その他のアイテムについても認識しておくことが大切です。 そこで、ここからは相手に渡しやすい品について具体的にご紹介していきます。 線香 故人や遺族を悼むための品としては、線香が定番です。 線香はこの時期に限らず、故人を供養する際に利用する品であり、数多く贈っておいても無駄にはなりません。 優先的に検討したいアイテムとしておすすめです。 ロウソク 故人や遺族を悼むための品として、ロウソクも定番中の定番です。 線香とロウソクをセットでお供えすると遺族にも喜んでもらうことができます。 いずれも、定番の品として認識しておきたいところです。 花 このタイミングで渡す品として、お花も挙げることができます。 線香やロウソクほど定番ではありませんが、お花を渡す関係者の方も少なくありません。 お花を渡す際には注意点もあります。 注意点として、 トゲのある花や日持ちのしない花、あるいは香りが強い花などは避けることが挙げられます。 あくまでも故人を供養するために相応しいお花を選択することが求められます。 しかし、近年では故人が生前に好んでいた花を渡すケースもあります。 その場合は事前に遺族の方に相談をしつつ、適切な対応を取ることがポイントです。 果物 その他に果物を提供するのも有効です。 消えものとしても人気のある果物ですが、なかなか日持ちしないところが弱点でもあります。 そのため、できるだけ遺族の方が好きな果物を用意することで、早めに食べてもらうことも大切です。 りんごやみかん、ぶどうなどが定番の果物となります。 その他、遺族の方が好んで食べられる果物を視野に入れつつ、渡す品を検討していくことがおすすめです。 日持ちする食べ物 日持ちする食べ物も相手に渡しやすい品としておすすめすることができます。 特に、 缶詰の詰め合わせなどはおすすめです。 この時期は暑い季節でもあり、生ものはすぐに消費期限が来てしまいます。 その点で、缶詰の詰め合わせであればある程度日持ちをさせた状態で楽しんでもらうことができます。 季節も考慮した上で渡す品を選ぶことが重要です。 新盆に避けたいお供え物 渡しやすい品もある一方で、避けておきたい品もあります。 遺族や故人の気持ちを慮ることが大切であり、マナーを適切に守ることも重要です。 ここからは、避けておきたい品について具体的にご紹介していきます。 祝いの品として使われるもの 遺族に渡す品として避けておきたいものに、お祝いの品として使われるものが挙げられます。 例えば、昆布やかつお節がそれらに該当します。 決してお祝いの場ではないので、渡す際には注意する必要があります。 魚や肉(生もの) 魚や肉などの生ものも避けておきたいところです。 特に仏教においては、殺生を禁じる風潮があるため、魚や肉は確実に避ける必要があります。 時期的な視点で見ても生ものは日持ちしないので、お供え物として相応しくありません。 生前の故人が好んだ品物 生前の故人が好んだ品物についても基本的には避けておきたいところです。 品物を渡す側としては良かれという気持ちで渡したとしても、受け取る側の 遺族の心情が思いやられるためです。 特に初盆の場合は、 故人が亡くなってから日が浅いということもあります。 亡くなって間もない故人のことを思い浮かべてしまうと、遺族としては辛い心情になりかねません。 大切な子供を亡くしてしまった場合も同様です。 基本的に、過度に故人を思い出させるような品は避けておくのがポイントです。 神式 神道 では不要なお供え物 神式 神道 では不要なお供え物として、線香や抹香を挙げることができます。 神式での供養については線香や抹香をたく慣習がないので、お菓子や飲料などの消えものを持参していけば問題ありません。 新盆のお供えの金額相場はいくらなのか 相手に渡す品として相応しいものやそうではないものがあることについて理解を深めることが重要です。 その上で、お供えの金額相場についても理解することが求められます。 いったいどれくらいが相場になるのかについて、具体的にご紹介していきます。 お供え物を贈る場合 品を贈る場合の金額相場としては、一般的に5,000円から1万円程度とされています。 親戚などで故人との関係が近い場合は、1万円から3万円程度が相場になることもあります。 故人や遺族との関係性を考慮しつつ、適切な金額を判断することが求められます。 線香やロウソク、お菓子などの総額として目安の値段とされています。 供物料として現金を包むケースも出てきています。 香典・御提灯代を包んで渡す場合 香典や御提灯代を包んで渡す場合の金額相場としては、3,000円から1万円程度となっています。 地域によって故人と近しい親族から渡す慣習があるのが御提灯代です。 不祝儀袋に「 御提灯代」の表書きをして現金を包むことが一般的です。 香典・御提灯代とお供え物を両方渡す場合 香典・御提灯代とお供え物を両方渡す場合については、3,000円から1万円程度が相場と考えておけば問題ありません。 あまりに高い品物を渡してしまうと、遺族としても返礼品に困ってしまうことがあります。 そのため、多くの品や現金を渡す場合でも あまり高額にならないように配慮することが求められます。 香典や御提灯代、お供え物は故人を供養して、遺族の精神的なケアに対する品だと考えておく必要があります。 そうした品で遺族に精神的な負担を与えてしまっては本末転倒です。 遺族の気持ちや喜んでもらえる品、金額を考慮していく中で渡すものを選択することがポイントです。 新盆のお供えの渡し方 新盆のお供え物について、具体的に相応しいものや相応しくないもの、金額相場などに関する理解を深めて行動につなげられるようにすることがポイントです。 その上で、お供えの渡し方についても解説を行っていきます。 遺族に失礼のないように注意を払いながら渡すことがマナーです。 新盆のお供えを渡す時期は8月15日ごろ 新盆の品を渡す時期については、一般的にお盆とされる8月15日ごろとなります。 初盆は故人が家に戻ってくる期間のことで、一般的には8月13日から8月16日ごろにかけて、故人が戻ってくる時期とされています。 しかし、これはあくまでも現代の慣習のようなものであり、地域によっては7月15日ごろにお供えを渡すこともあります。 東京都や神奈川県、北海道や沖縄県の一部地域では旧暦で7月13日から7月16日ごろに故人の供養を行うこともあります。 遺族のところに直接訪問する際には、事前に連絡を取った上で故人の供養をすることがポイントです。 お供えは焼香の後で渡す お供え物については、 仏壇などで焼香を済ませてから渡すのがマナーです。 初盆の時期には、故人が家に帰ってきているわけですが、まずは故人の魂に挨拶をすることが優先事項となります。 故人への挨拶は焼香ですることになるので、それを終えてから持参してきた品物を渡すのです。 そうすることで、故人にも遺族にもマナーを守った形で接することができます。 遠くの相手に新盆のお供えを送る際のマナー 距離的な問題や時間的な問題で、直接相手に渡せないケースも出てきます。 そこで、遠くの相手に新盆の品を送る際のマナーについて確認していきます。 直接渡す場合にもマナーがありますが、郵送する際にもマナーがあります。 それを理解した中で、気持ちの良いやり取りを心がけることが求められます。 品物を送ることを相手に連絡しておく 遠くの相手に対してお供えを送る際のマナーとして、品物を送ることを事前に 相手に連絡しておくことがポイントです。 新盆の品物に限った話ではありませんが、相手に連絡をしておかないと、留守になっている可能性もあります。 新盆の場合は家にいることが想定されますが、相手に失礼のないようにするという意味でも、事前に連絡を入れておくことが大切です。 場合によっては品物を送らなくても良いと言われる可能性もあります。 その辺も含めて、事前のコミュニケーションを適切に取っておくことが求められます。 法要の前日には届くように手配する 遠方の相手に対して品物を送る場合は、 法要の前日には届くように手配することもポイントです。 基本的なマナーとして、お寺や斎場に送る場合は、遅くとも法要開始の1時間前までには届くようにしておく必要があります。 配送業者とも連携して、スケジュール調整をすることが重要です。 相手の自宅に郵送する場合は、前日には届けることがポイントです。 相手の都合も考えてゆとりある手配を心がけることが必要になります。 添え状があると相手に喜ばれる 必ずしも送らなければならないわけではありませんが、遠方の相手に対してお供え物を送る場合は添え状を入れてあげると相手に喜んでもらうことができます。 品物だけを送るとぶっきらぼうな印象を与えてしまうこともありますが、添え状があると相手に伝わる気持ちも和らいだものになります。 余裕があれば、添え状に故人や遺族を悼むメッセージを書いて送ることが効果的です。 まとめ 新盆 初盆 のお供えに関する情報を具体的にご紹介してきました。 この時期に渡す品として適切なものもあれば、そうでないものもあることを理解しておくことが重要です。 特に、故人が生前に好きだったものに関しては遺族の気持ちをネガティブなものにしてしまうリスクがあるので注意する必要があります。 その他、品物や法要の金額相場、渡すタイミングなども意識しつつマナーを守って行動することが大切です。 本当の意味で故人の供養と遺族の悲しみを和らげるように適切な対応を心がけていきましょう。 その他、新盆に関する記事を読みたい人はぜひこちらもご確認ください! 新盆・初盆に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 新盆・初盆に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

初盆とは・新盆とは》初盆飾り/お供え/初盆の迎え方/準備/案内状/浄土真宗

初盆 お供え の し

新盆をお迎えの方へ 故人が亡くなられてから初めて家に戻られるお盆である「初盆」。 初盆は通常のお盆と異なり、ご遺族の方だけでなく、ご親族や故人と親交のあつかった友人や知人を招いて法要を執り行うことが一般的とされています。 「初盆法要」と言われ、全員で法要に出席し、その後会食を頂きます。 その初盆法要では、出席に伴いお供物を持参もしくは郵送することがあります。 その際のお供えについて、お供え物として相応しい物、お供え物の水引や表書きについて詳しくご紹介していきます。 初盆法要は、通常の盆法要と異なり多くの方がお見えになります。 ぜひ、失礼のないようにしたいものです。 初盆のお供えとは? 初盆の時期にお供えする「お供え物」には二つの意味があります。 一つは初盆の間に仏前にお供えする物のこと、 もう一つは香典の代わりもしくは香典と一緒に訪問者が持参する品物のことになります。 どちらも「お供え物」と言いますが、片方はご遺族側、もう片方は訪問者側にとってのお供え物となり、お供えする物が違ってきます。 今回、こちらでは訪問者としてのお供え物についてご紹介しますので、初盆法要を迎えられ、供養をしたい方のお宅を訪問される際の参考にしてください。 お供え物の 「水引・表書き」 一般的に、初盆法要に出席するもしくは欠席するどちらの場合でも、お供え物を持参することが多くあります。 その際のお供え物の表にかけるのしの水引と表書きについて、こちらで説明しします。 お供え物は故人に対して持参するものですが、受け渡しはご遺族の方となります。 受け取る方に対して失礼のないようにすることは、とても大切なことになります。 初盆のお供えの水引 水引は「結び切り」のものを使います。 色は、一般的に黒白の水引となりますが、関西の一部の地域では黄白の水引となりますので、事前に確認をしておきましょう。 初盆のお供えの表書き お供え物の表書きは、「御供」もしくは「お供物」と書きます。 なお、現金を包む場合は「御供物料」と書きましょう。 ここで気をつけることは、必ず濃い墨で書くということです。 葬儀の場合は故人の死を悼み、悲しみの涙で墨が薄くなることで薄墨となります。 しかし、初盆は故人が家に戻ってこられるため悲しいことではありません。 そのため、濃墨で問題ありません。 初盆のお供えの時期 初盆のお供えの時期は、初盆の期間である7月13日〜16日もしくは8月13日〜16日となります。 初盆とは、故人が家に戻られている期間のことを言い、 この期間以外の日は初盆とは呼びません。 初盆用のお供え物として初盆が始まる前に届いた供物、もしくは初盆の期間中に頂いた供物が初盆用の供物となります。 初盆が終わってから持参した供物は、通常のお供物となりますので気をつけましょう。 初盆供養に招待されていて、事情によって欠席せざるを得なく、後日に持参する場合も通常のお供物となりますが、その場合は、初盆供養に出席できなかったことをお詫びする一言を述べてご遺族の方にお渡しすると良いでしょう。 初盆に適したお供え物 初盆供養に招待され訪問する際、故人との関係にもよりますが、香典の代わりもしくは香典と一緒に、お供え物として品物を持参することがあります。 品物を持参することも供養の一つとなるため、故人に向けて持参します。 持参する物としては、法要が執り行われた後、ご遺族の方で分けやすかったり、使われたりする消費できるものが好まれます。 一般的に、お線香やロウソク、日持ちのするお菓子、清涼飲料水などが多く選ばれています。 なお、親族の場合は提灯を送る慣習がある地域や家もありますので、事前に確認をしておきましょう。 お供え物を選ばれる際に気をつけるポイントとしては、お祝い品として使われりょう品物を選ばないことです。 例えば、鰹節や昆布になります。 購入される際、お店の方に初盆のお供えである旨を伝えることで、選び間違いを避けることができますので、目的を伝えてから購入することをおすすめします。 【合わせて読みたい】 おすすめのお供え物 ご遺族で分けて頂ける物• お菓子(日持ちのするクッキーやお煎餅、落雁• 果物 -飲料 -缶詰の詰め合わせ 仏壇にお供えする消耗品• お線香• ロウソク その他• 供花 一般的に香りの強い花、トゲのある花、傷みやすく日持ちのしない花を避けることをお勧めします。 しかし、故人が生前にとても好きだった花をお供えしてあげたいと思われることもあるかと思います。 また、最近では、故人が好きだったお花をお供えすることは珍しいことではありません。 しかし、多くの方々が集まる場所となりますので、 どうしても故人が好きだった花で一般的には不適切と言われている花をお供えしたい場合は、事前にご遺族の方に相談されることをお勧めします。 初盆のお供え物の金額の相場 初盆のお供え物の金額の相場は、一般的に5,000円〜10,000円となります。 お供え品として、お線香やロウソク、お菓子などを持参しますが、 最近は「供物料」として現金を包むのが一般的になってきています。 親族で盆提灯の代わりに「お提灯代」として現金を包むこともあります。 初盆・新盆のお供え物の飾り方 お供え物を飾るときには、マナーとして仏様がすぐに食べられる状態でお供えします。 故人にとって、折角お供えして頂いても、包装紙がついたままであったり、菓子箱に入ったままだったりしたら、中身が何か分からない上に頂くこともできませんので、注意が必要です。 こちらでポイントをまとめていますので、参考にしてください。 お菓子の場合 お菓子の場合は、包装紙を取り、お菓子箱から中身を数個小皿に入れて、すぐに食べられるようにします。 プリンは羊羹など、箱から取り出した後は個包装のままでお供えして問題ありません。 果物の場合 みかんはそのままお飾りして良いですが、リンゴやなしは皮を剥いて仏様がすぐに食べられるようにしておきます。 ぶどうは、水洗いをした後に小鉢や小皿に盛ってお供えしましょう。 麺類 そうめんなどの乾麺の場合は、必ず茹でておつゆを付けてもしくはおつゆの中に茹でた麺を入れてお供えします。 なお、食べるときに必要なお箸を添えることを忘れないようにしましょう。 お供え物を送る場合 初盆法要の案内状を頂いていて出席できない場合は、案内状に記載されている日時と会場にお供え物を送るよう、事前に手配をされると良いでしょう。 その場合、事前にお供え物を送っても良いかご遺族の方に確認をしてから手配をするようにしましょう。 また、手配をする場合は、遅くとも前日までには届くように手配をすることをお勧めします。 なお、初盆法要後に送る場合は、遅れたことへのお詫びを一言添えて送ると良いでしょう。 まとめ 初盆のお供えについてご紹介してきましたが、初盆は法要を含め、地域性や家のしきたりが大きく影響します。 案内状を頂いた場合は、案内状に記載されていることを確認し、もしお供え物を辞退する等の記載があった場合は、無理にお持ちすることは避けましょう。 もし、どうしてもお供え物をしたい場合は、初盆法要の時ではなく、後日改めて供物をお持ちするようにしてはいかがでしょうか。 故人が亡くなられてから初めて迎える里帰りの期間となりますので、皆さんで揃って故人をお迎えすることが、故人にとっても、ご遺族にとっても嬉しいことになります。 関連記事 商品のお届けについて 振込確認日より10日前後で発送いたします。 (位牌の場合は、位牌原稿とお支払いの確認が取れてから10日前後で発送いたします。 ) お振込のタイミングによっては、取扱い在庫がなくなる場合があります。 送料について すべての商品を、 送料無料で全国にお届けいたします。 お支払いについて お支払い方法はクレジットカード、または銀行振込からご選択いただけます。 期日内にお振込みの確認ができなかった場合はキャンセルいたします。 返品交換・キャンセルについて ご注文後のキャンセルは承っておりません。 予めご了承ください。 お仏壇の返品に関してはをご覧ください。 ご返品、交換を承ります。

次の