リベロ 津軽。 (公式)岩沼西サッカースポーツ少年団(宮城県) 岩西 親ブログ

(公式)岩沼西サッカースポーツ少年団(宮城県) 岩西 親ブログ

リベロ 津軽

藤原優大の出身地は弘前市?身長などのプロフィールは? まずは、藤原優大選手の出身地や身長などのプロフィールですが• 名前:藤原優大 ふじわらゆうだい• 生年月日:2002年6月29日生まれ• 出身地:青森県弘前市• 身長・体重:181㎝・71kg• 弟が1人いてる• 藤原優大の出身小学校はどこ? 藤原優大選手の出身小学校ですが こちらの画像から… 豊田小学校出身な事が分かりますね。 弘前市立豊田小学校は 明治9年9月に開校してて、陶芸・ペタンクなどのクラブ活動やマラソン運動も盛んな小学校になりますね。 藤原優大の小学校時代のエピソードは? 藤原優大選手の小学校時代ですが リベロ津軽SCに所属してた リベロ津軽SCは、全国大会に出場する程の名門チーム 昌平高校の西澤寧晟選手も小学校時代リベロ津軽SC出身だった。 小学校6年生の時、チームのキャプテンを務め、全日本少年サッカー大会に出場する 2014年6月、第38回全日本少年サッカー大会青森県大会の決勝戦にて 藤原優大選手が、右サイドから中央でパスを受けミドルシュートで決勝点を決める 以上が、藤原優大選手の小学校時代になりますね。

次の

リベロ津軽でサッカー!

リベロ 津軽

弘前で長年蓄積してきたコーチングのノウハウを近隣でも役立てたいというリベロ側と、この年代で県内トップの実績を誇るリベロの指導で力を高めたいとするヴンダー側の考えが一致した。 最近は本家・リベロ津軽SCの仲間たちと練習を重ね、一層のレベルアップを図っている。 ヴンダーはつがる市柏を本拠に活動してきた「FCヴンダーヴォルフ」が母体。 同市や五所川原市などの児童が在籍しており、地域で着実に成果を残してきた。 もともと指導者間にネットワークがあるため、合流は円滑に行われたという。 1998年のリベロ創設以来、活動の原点である小学生年代のクラブ員育成で、中南地域の外にエリアを広げたのは初めて。 リベロ旗揚げメンバーの佐藤守人サッカー部門長(46)は「そろそろ活動を広域にしたいという考えはあった。 五所川原は開拓の余地があり、身長の高い子や身体能力に秀でた子が多い。 われわれが直接教えてあげたいとの思いがあった」と説明。 モンテディオ山形のジュニア部門にも2チーム(庄内と村山)があることを例に「同じ母体のチームが、正統なライセンス保有者から指導を受け、刺激し合うことで強くなれる。 職業としてのサッカーコーチの確立にも前進する」と強調した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で春先は活動が鈍ったが、先月末から少しずつ本格化。 今月7日には弘前市運動公園で、両チームにFCトゥリオーニ(五所川原市)も交えた3チームが試合形式の練習を展開。 保護者らが見守る中、ヴンダーの選手十数人がピッチを駆け巡り、試合感覚とテクニックを存分に磨いた。 仲間が増えたことについて、リベロヴンダーの相馬萌琉さん(柏小6年)は「向こうはボールを落とすのがうまく、スイッチをたくさん入れてくるが、そうは分かっていてもボールを奪えない。 あの技術を見習いたいと何人かで試している」と向上を誓った。 本家・リベロの芳賀泰斗君(浪岡北小6年)は「励みにはなると思う。 自分たちも、ヴンダーの良い部分をものにできれば」と語った。 現在、リベロのサッカー部門は広域の児童100人ほどが在籍している。 一方、ヴンダーは20人強だが、佐藤部門長は「いろいろな人の協力で私たちも安定してきたが、もともとは少人数で始まったのを思い出す。 ここで原点に立ち返り、技術だけでなく、仲間の大切さを教えたい」と意欲。 自らもヴンダーの練習場にたびたび足を運び、指導陣にノウハウを伝授している。

次の

リベロ津軽でサッカー!

リベロ 津軽

リベロ津軽SC U-15 2nd みちのくリーグ北で戦うリベロ津軽だが、その課題に選手層の薄さがある。 これを解消しうる可能性を秘めているのが、セカンドチームであるリベロ津軽SC 2ndの選手たちの存在だ。 昨年行われたクラブユース新人戦では優勝を果たし、歴代でも上位に入るほどの力を見せている現トップチームの構成は、ほとんどが3年生というもの。 そこで、2年生が主体のセカンドチームが、トップチームのメンバーに対してどれだけ実力で迫れるかが、今季の成績を占う1つの鍵になる。 現セカンドチームの中心になるのは、阿部慎太朗、葛西唯衣、小森光稀、佐藤公輝、成田大悟などだろう。 Uー12世代から注目されてきた彼らは、全国も経験した選手たちだ。 (続く) 誌面では、写真、記事全文、選手名簿、フォーメーションなどを掲載していますので、ぜひご覧ください! Key Player 注目選手 2年生 MF 葛西 唯衣 小柄ではあるがアジリティがあり、ドリブルでの仕掛けは相手選手にとっては嫌な存在。 佐藤監督は「相手選手の状況を見ながらプレーできる選手なので、今後もさらに成長していける選手です」と期待を寄せる。 63」の特集記事から青森県あすなろサッカーリーグ Div. 63」の特集記事から青森県あすなろサッカーリーグ Div. 63」の特集記事から青森県あすなろサッカーリーグ Div. 63」の特集記事から青森県あすなろサッカーリーグ Div. 63」の特集記事から青森県あすなろサッカーリーグ Div. 63」の特集記事から青森県あすなろサッカーリーグ Div. 県外にお住まいの方やバックナンバーをお求めの方は、青森ゴールHPから購入できますのでぜひご覧ください。 その際、クレジット決済することも可能です。 63(紙媒体/デジタルマガジン)の内容はこちらからご覧になれます。 年間定期購読の方限定のプレゼントもありますので、ご応募お待ちしております!5月中まで応募可能です!.

次の