スマホ エクセル。 Microsoft Excel(エクセル) Androidスマホ版の使い方と使える機能一覧。無料でExcelの閲覧・編集ができるMicrosoft純正のアプリ。

エクセル他OfficeファイルをPCとスマホ(mobile)で共有する方法(OneDrive)

スマホ エクセル

エクセルのブックやファイル他Officeのファイルを パソコンやスマホ・タブレットなどのモバイル端末と 共有して常に同じ内容のファイルを開き編集も可能にする方法です。 これを可能とするには利用する端末それぞれに 「OneDrive」のアプリを インストールするのがベストかと思います。 1インチ以下のPC です。 通常のOffice 2台目をPCで利用するにはOffice 365 soloの契約が必要! または別途に2台目のPC用Officeを購入する。 1以降の場合は購入時にプリインストールされています。 WindowsのストからOneDriveダウンロードできます。 インストールが完了したパソコンには次のようにOneDriveのフォルダが出来て こに入れたファイルが自動で更新 同期 され共有可能となります。 同時にエクセルのアプリもダウンロードしておきます。 OneDriveアプリを開いた画面です。 パソコンと同じファイルが同期されています。 この中から一つのエクセルのファイルを選択してタップしてみます。 エクセルではないCSVのような罫線のないデータだけの画面が開きます。 その上のエクセルのマークのアイコンをタップします。 エクセルのアプリが開き編集もできます。 右端のメニューアイコンをタップすると次の一覧が開きます。 削除・移動・別のアプリで開くなどが可能です。 この状態はネットに接続して開いている状態なので オフラインで利用可能にするをタップして 何処でも即 開きたいファイルは接続のない状態でも利用できるようにすると便利です。 長押しタップからの操作! 先の説明では利用するファイルをタップしましたが 長押しするとファイル選択画面が表示されます。 「並べ替え」ではタップすると 名前(昇順)(降順)新しい順・古い順・大きい順・小さい順 のメニューが登場して選択ができます。 長タップしたファイルが1つ選択された状態から 上のメニューをタップすると次のメニュー一覧が登場します。 このメニューからもエクセルを開いて編集へと移動できます。 無料で利用していると次のようにプレミアムに移行しましょうが登場することがあります。 プレミアムとは有料のOffice 365 soloを契約となり 12,744円の1年契約 1. 商用利用他に大きな画面 10. 1インチ以上 で利用可能となります。 操作はiPhoneに近いので違う点を説明しておきます。 アプリを開いた画面はiPhoneと同じように同期ファイルの一覧が表示されますが 右下に「+」のファイル追加アイコンがあります。 メインのメニューが左上にあります。 これをタップで次のようなメニューが表示されます。 各ファイルを開くのはワンタップでiPhoneと同じです。 違うのはエクセルで開く場合に右下にエクセルのアイコンがあります。 この画面の状態で右上のメニューをタップすると 別のアプリが開く・保存・オフラインを維持・印刷から選択できます。 iPhoneとandoroid両方を使ってみると OneDriveの操作はandroidのほうが直観的に分かり易い操作のような気がしました。 android用の説明は後ほど追加となります。

次の

スマホアプリ版Excelの使い方まとめ。iPhone・Androidで無料でどこまで使える?

スマホ エクセル

Micorsoft Excel Androidスマホ版の特徴 Microsoft Excelの特徴は、まずは「Microsoft公式アプリ」であることです。 Excelブックの閲覧や新規作成、編集できるAndroidアプリはいくつかありますが、Excelの生みの親であるMicrosoftがリリースしたExcelアプリはMicrosoft純正です。 プレビュー版のため改良の余地はあるかもしれませんが、使いやすさと互換性・再現性の高さには期待できます。 Excelの閲覧だけでなく新規作成や編集も無料でできる Microsoft ExcelのAndroidスマホ版では、Excelの閲覧だけでなく新規作成や編集も無料でできます。 これまでの純正以外のAndroid向けExcelアプリでは、Excelブックの閲覧は無料でできても編集は有料というものもありました。 Microsoft公式のアプリで、しかもExcel文書の閲覧だけでなく編集も無料でできるのはうれしいですね。 Microsoft Excel Androidスマホ版のインストール方法 Microsoft Excel Androidスマホ版はまだプレビューとして公開されているだけなので、Google Playからすぐにインストールできるわけではありません。 Microsoft Excel Androidスマホ版のプレビューをインストールするには、テスターとして参加する必要があります。 詳しい手順は、を参照してください。 Microsoft Excel Androidスマホ版の使い方 ここからは、Microsoft Excel Androidスマホ版の使い方を紹介していきます。 新規作成時に選べるテンプレートは以下の通りです。 「空白のブック」 「リストの作成」 「リストの合計」 「タスクの管理」 「マイ マネーの管理」 「個人予算表」 「家計簿」 「クレジットカード支払い計算」 「住宅ローン計算シート」 「大学の科目管理シート」 「大学比較シート」 「家事管理シート」 「1週間の業務スケジュール」 「日毎の予定」 「12か月のカレンダー」 「タイム シート」 「請求書」 「旅費管理シート」 「旅行計画シート」 「オンライン販売の管理シート」 「プレゼント計画シート」 「個人資産」 「ワークアウト記録」 「ビデオ ゲームの管理シート」 テンプレートは多種多様なラインナップとなっています。 今回は「空白のブック」でExcelブックを新規作成します。 名前を付けて保存する Excelブックを名前を付けて保存するには、左上のメニューアイコンをタップします。 「名前を付けて保存」をタップします。 OneDrive、Dropbox、Androidスマホから保存先を選べます。 今回はAndroidスマホを選びました。 保存したいフォルダをタップして指定します。 ブック名を付けて「保存」をタップします。 Excelブックが保存されました。 Excelブックをタップすると、ブックを開くアプリ候補一覧にExcelが表示されます。 上書き保存する 上書き保存する方法は2つあります。 1つめは、フロッピーアイコンをタップする方法です。 2つめはメニューアイコンから「上書き保存」をタップする方法です。 好みの方法で上書き保存してください。 セル内に文字を入れる Microsoft Excel Androidスマホ版でセル内に文字を入れるには、文字を入力したいセルをダブルタップします。 すると、文字入力ができる状態になって文字をセルに入れることができます。 文字の入力が終わったら、右上のチェックマークをタップして確定します。 セルに文字が入りました。 「B」をタップします。 文字が太字になりました。 文字を斜めにする 文字を斜めにするには、「I」をタップします。 文字が斜めになりました。 文字に下線を入れる 文字に下線を入れるには「U」をタップします。 文字に下線が入りました。 罫線でセルに線を引く 罫線でセルに線を引くには、罫線を入れたいセルを選んだ後に「罫線」をタップします。 罫線の種類は、Windows版Excelとほぼ同じです。 この中から選んでタップします。 セルに線が入りました。 セルを塗りつぶす セルを塗りつぶすには、塗りつぶしたいセルを選んで「塗りつぶしの色」をタップします。 セルが塗りつぶされました。 塗りつぶす色を変更したい場合は、「>」をタップします。 この色の中から選びます。 フォントの色を変更する フォントの色を変更するには、「フォントの色」をタップします。 フォントの色が変わりました。 フォントの色を他の色にしたい場合は、「>」をタップします。 セルの色と同じようにフォントの色も選ぶことができます。 セル内の文字を上詰めで表示する セル内の文字を上詰めで表示するには、赤枠で囲ったアイコンをタップします。 文字が上詰めで表示されました。 セル内の文字を下詰めで表示する セル内の文字を下詰めで表示するには、赤枠で囲ったアイコンをタップします。 文字が下詰めで表示されました。 セル内の文字を中央揃えにする セル内の文字を中央揃えにするには、赤枠で囲ったアイコンをタップします。 文字が中央に表示されました。 セル内の文字を右寄せにする セル内の文字を右寄せにするには、赤枠で囲ったアイコンをタップします。 文字が右寄せになりました。 セルを結合して中央揃えにする セルを結合して中央揃えにするには、結合したいセルを選択して「セルを結合して中央揃え」をタップします。 選択したセルが結合して、文字は中央揃えになりました。 折り返して全体を表示する セル内で文字が長すぎる場合に折り返して全体を表示するには、該当のセルを選んだ状態で「折り返して全体を表示」をタップします。 セル内に文字が収まりました。 セルのスタイルを変更する セルのスタイルを変更するには、「セルのスタイル」をタップします。 スタイルのテンプレートがあるので、その中から選びます。 スタイルが適用されました。 表示形式を変更する 表示形式を変更するには、表示形式を変更したいセルを選択状態にして「表示形式」をタップします。 デフォルトでは「標準」になっているので、これを変更してみます。 「パーセンテージ」を選んでみます。 例えば、セル内に0から始まる数字を入力して確定すると・・・ 初めの0が強制的に消されてしまいます。 そんな時は「表示形式」をタップします。 「文字列形式」をタップして選びます。 文字列形式を選んだ状態で0から始まる数字を入力すると・・・ 初めの0も消えずにそのまま表示されます。 セルを挿入する セルを挿入するには、挿入したい場所にあるセルを選択状態にして「挿入と削除」をタップします。 「挿入して右方向にシフト」「挿入して下方向にシフト」「行の挿入」「列の挿入」から選びます。 今回は「挿入して右方向にシフト」を選びました。 「androidlover」の文字がDからEにずれて、Cにセルが追加されました。 セルを削除する セルを削除するには、削除したい場所にあるセルを選択状態にして「挿入と削除」をタップします。 「削除して左方向にシフト」「削除して上方向にシフト」「行の削除」「列の削除」から選びます。 今回は「削除して左方向にシフト」を選びました。 すると、「androidlover」の文字がDからCにずれてセルが削除されました。 セル内の文字や書式を消す セル内にある文字や設定した書式を消すには、「クリア」をタップします。 「すべてクリア」「書式のクリア」「クリア」から選びます。 「すべてクリア」をタップすると、文字も含めたすべてが削除されます。 オートSUMを使う オートSUMを使うには、オートSUMの結果を表示させたいセルを選んだ状態で「オートSUM」をタップします。 オートSUMは「合計」「平均」「数値の個数」「最大値」「最小値」から選べます。 今回は「合計」を出してみます。 合計を出したい数字の範囲を指定します。 数字の初めをタップしたまま終わりまでなぞります。 範囲が正しく選択されていることを確認してチェックマークをタップします。 合計値が表示されました。 並び替えとフィルターを適用する 並び替えやフィルターを適用するには、並び替え・フィルターを適用させたいセルの範囲を選んだ状態で「並び替えとフィルター」をタップします。 「昇順で並び替え」「降順で並び替え」「フィルター」から選びます。 今回は「昇順で並び替え」を選んでみました。 昇順で並び替えされました。 文字列を検索する 文字列を検索するには「検索」をタップします。 例えば「15」と入力すると・・・ 「15」の文字を含むセルが選択状態になります。 セルの列の幅を広げる 狭める セルの列の幅を広げる 狭める には、幅を広げたい 狭めたい 列のアルファベットをタップして選択状態にし、右側に表示される「 」を右にずらせば幅が広がり、左にずらせば幅が狭まります。 希望する幅まで来たら指を離します。 すると、セルの幅が指を離した場所に調整されます。 希望する幅まで来たら指を離します。 すると、セルの幅が指を離した場所に調整されます。 セルの列を入れ替える セルの列を入れ替えるには、移動したい列のアルファベット部分をロングタップしたままの状態で希望する位置まで持っていきます。 すると、赤枠で囲った目印が表示されます。 スクリーンショットの例では、AとBの間にAが来るということです。 これでは何も起きないので更に右に移動します。 BとCの間にAが来る状態になりました。 ここで指を離します。 すると、AのセルがBとCの間に表示されました。 元に位置に戻したい場合は、戻したい列をロングタップしたままの状態で元の位置まで持っていきます。 Aの左側に持ってきます。 元の場所に戻りました。 セルの行を入れ替える セルの行を入れ替えるには、移動したい行の数字部分をロングタップしたままの状態で希望する位置まで持っていきます。 すると、赤枠で囲った目印が表示されます。 スクリーンショットの例では、2と3の間に1が来るということです。 2の部分に1の行が移動しました。 Excelブックを共有する Excelブックを共有するには、共有アイコンをタップします。 共有したいアプリを選びます。 Excelブックが添付されました。 一通り見てみると分かりますが、Microsoft Excel Androidスマホ版はWindows版ExcelとUIこそ違うものの機能名などがほぼ同じです。 PCでExcelをよく使っているなら、Androidスマホ版のExcelも問題なく使えると思います。 Microsoft Excel Androidスマホ版はマクロ以外は一通りの機能が使えるので、細かい編集などで活躍しそうです。 なお、Microsoft Word Androidスマホ版の使い方や使える機能はを参照してください。 Microsoft Excel エクセル Androidスマホ版の使い方と使える機能一覧は以上です。

次の

ここまで使える!?スマホ版エクセル最新情報iPhone

スマホ エクセル

Excelのアプリとは Microsoftの公式スマホアプリである「Microsoft Excel」は、無料でダウンロードできます。 Excelの互換アプリは、Microsoft社以外のものもいくつかリリースされているのですが、文字や画像がズレて表示されるなど、ビジネスで利用するにはやや厳しい印象がぬぐえませんでした。 しかし、こちらのアプリは純正版ということもあり、そのような心配は一切なく、Excelファイルの閲覧はもちろんのこと、基本的な作業も一通りスマホで完結させることが可能なんです。 無料版でできること Excelアプリは無料版でも一通りの機能が利用できるため、あなどれません。 たとえば、以下のような基本的な機能がすべて使用可能です。 ファイルの閲覧、編集、新規作成• 数式や関数• フィルタ、並べ替え• ハイライト、フォントサイズ変更、色変更• シートの利用 また、アプリ内にたくさんのテンプレートやチュートリアルなども用意されています。 さらに、入力用のキーボードもオリジナルのものが用意されているため、少し慣れは必要ですがマウスを使わなくでもスムーズに作業できます。 有料版でしかできないこと 前述したように、スマホ版Excelは無料版でほとんどの作業ができるのですが、有料版にすることで、以下のような追加機能が使えるようになります。 ワードアートの挿入や編集• グラフ要素の追加と編集• カスタムカラーを作成して図形に追加• 詳しくはでご確認ください。 普段、Excelをヘビーに使いこなす人には、グラフ要素の追加と編集あたりの機能は欲しいところですね。 なお、上記機能を利用するためには、サブスクリプションサービス、Office 365へのアップグレードを購入する必要があります。 これは月額1,274円(税別)で初月無料です。 どこでも作業できる優れもの 今回は、スマホ版Excelアプリの紹介をしました。 実際に使ってみると分かるのですが、本当にスマホ一つでほとんどの作業ができてしまうので、一度使うと手放せません。 これまで、「移動中にExcelを操作できないと困るから……」という理由でPCを持ち運びしていた人は、もうそんなことをする必要はないと教えてあげたくなるアプリですね。

次の