ひよっこ 相関図。 NHK朝ドラ【ひよっこ】全キャストと相関図!あらすじも紹介!

【小島藤子】秋葉幸子のひよっこキャストで出演!松井愛莉に似ている女優のプロフィールは?

ひよっこ 相関図

未満警察 ミッドナイト・ランナー ネタバレあらすじ第5話とキャストや相関図 2020年06月27日(土)スタート 毎週土曜 夜10時00分~10時54分 【日本テレビ系】7月25日 第5話 放送予定 平野紫耀、中島健人 W主演! 警察学校で最強バディを結成!! 警察未満の二人が難事件に挑む 予測不能なフルスピードクライム・サスペンス!! 中島健人と平野紫耀がダブル主演を務め、警察学校で得た知識を駆使して事件を解決していく。 真逆の個性を持つ2人を、中島と平野がどう演じるのかも見どころ。 理論重視の頭脳派タイプ・本間快を中島が、感情先行型の肉体派タイプ・一ノ瀬次郎を平野が演じる。 2人は互いの足りない部分を補いながら、時にコミカルに、時にシリアスに事件を解決に導き、最強のバディへと成長していく。 だが、時すでに遅し。 犯人たちはすでに逃走していて、室内はもぬけの殻。 するとそこに、何も知らない本間快 中島健人 と一ノ瀬次郎 平野紫耀 がやってくる。 そのまま警察署に連行され事情を聞かれた2人は、自分たちは警察学校の学生で、外出届を提出してクラブに遊びに行っただけだと説明。 無事身元の確認が取れた本間と一ノ瀬に、「こいつらを見てないか?」と売人グループの写真を見せる根本。 その写真には、一ノ瀬の幼なじみ・望月凛花 蓮佛美沙子 が写っていた。 凛花が覚せい剤の売買に関わっていると知りショックを受けた一ノ瀬は、本間と共に寮に戻る。 そんな中、警察学校を訪れた丸橋と根本。 2人は教官の片野坂譲 伊勢谷友介 と助教の及川蘭子 吉瀬美智子 に、凛花と親しい一ノ瀬に潜入捜査をさせて売人グループのアジトを突き止めて欲しいと懇願する。 その頃、寮の部屋では、ひどく落ち込んだ様子の一ノ瀬がスマホで凛花の画像を見ていた。 凛花は自身の初恋の相手でもあり、交通事故で亡くなった実兄の恋人だった人だと打ち明ける一ノ瀬。 昔ヤンチャをしていた凛花は、警察官を目指していた一ノ瀬の兄と付き合い始めたことがきっかけで更生したという。 「なのに凛花、今になって何してんだよ」と嘆く一ノ瀬に、「…そしたら助けてあげたら?」と背中を押す本間。 そして、蘭子がお目付役として側で監視することを条件に潜入捜査の許可が下り、一ノ瀬は本間と共に凛花に会いに行く。

次の

ひよっこ(朝ドラ)キャストの相関図にいる峯田和伸って誰?

ひよっこ 相関図

谷田部家 谷田部みね子(有村架純) 『ひよっこ』のヒロイン。 父親が失踪したため、上京して家族を養うことを決意する。 谷田部実(沢村一樹) みね子の父親。 実家の農産業が不作で借金を作ってしまい、東京へ出稼ぎに行く。 谷田部美佐子(木村佳乃) みね子の母親。 夫の実が失踪してしまい、不安な毎日を送るが、子供たちの前では気丈に振る舞っている。 谷田部茂(古谷一行) みね子の祖父。 口数が少なく、開けば毒舌ばかりだが、家族のことを誰よりも想っている。 谷田部ちよ子(宮原和) みね子の妹。 弟である進の面倒を見るしっかり者。 谷田部進(高橋來) みね子の弟。 谷田部家の唯一の男児である。 小祝宗男(峯田和伸) みね子の叔父。 実の弟だが、隣村に養子としてもらわれたため、苗字が違う。 小祝滋子(南海キャンディーズのしずちゃん) 隣村に住む、宗男の妻。 みね子の叔母にあたる。 奥茨城村の住人 助川時子(佐久間由衣) みね子の女幼馴染。 自他ともに認める美人。 助川正二(遠山俊哉) 時子の父親。 奥茨城村の中では、大きい農家を持つ人物。 谷田部家と古くからの付き合い。 助川君子(羽田美智子) 時子の母親。 みね子の母親とも仲が良い。 助川豊作(渋谷謙人) 時子の兄。 奥茨城村青年団の副団長でもある。 角谷三男(泉澤祐希) みね子の男幼馴染。 時子に片思いをしている。 角谷征雄(朝倉伸二) 三男の父親。 無口で大人しい男性。 角谷きよ(柴田理恵) 三男の母親。 口うるさいが本当は愛情深い。 角谷太郎(尾上寛之) 三男の兄。 奥茨城村青年団団長でもある。 田神学(津田寛治) みね子の担任。 生徒たちを温かく見守る昭和の先生。 益子次郎(松尾論) 奥茨城村で、唯一の交通手段であるバスの車掌。 みね子たちの送り迎えをしている。 スポンサーリンク 東京編の人々 綿引正義(竜星涼) 赤坂警察署管内の五丁目派出所に勤務する警察官。 地元が茨城県なので、谷田部一家からの捜索を快く受け入れる。 高島雄大(井之脇海) 乙女寮でコーラスの指導をしてくれる男性。 寮長の秋葉幸子と婚約している。 安部善三(斉藤暁) 日本橋の外れにある『安倍米店』の店主。 ガサツだが、裏表のない男性。 安部さおり(伊藤沙莉) 三男が就職した米屋の娘。 無類のパン派で、将来はパン屋を作りたいと考えている。 石鹸の原田社長(諏訪太朗) 石鹸の工場を持つ事業主。 みね子と澄子の雇い主となる。 川本世津子(菅野美穂) 昭和を代表する女優。 みね子と縁ができる。 テレビ番組の解答者(ラバーガール大水洋介) みね子たちが視聴していたテレビ番組の解答者。 松永悠馬(大山真志) かつて立花富が愛した男性。 富に『あかね荘』を与えた人物でもある。 トランジスタラジオ工場の人々 永井愛子(和久井映見) 乙女寮の舎監。 まるで母親のように、谷田部みね子たちの面倒を見てくれる。 青天目澄子(松本穂香) トランジスタラジオ工場で働く工員。 谷田部みね子の同期で、マイペースな女性。 兼平豊子(藤野涼子) 勉強はできるが、家庭の事情により進学できずに働く女性。 性格の違いにより、青天目澄子とは反りが合わない。 秋葉幸子(小島藤子) しっかり者の先輩で、乙女寮の寮長。 夏井優子(八木優希) 病弱だが、工場では誰よりも仕事ができ、何より慕われている先輩。 松下明(奥田洋平) トランジスタラジオ工場の主任だが、気の弱い男性。 森和夫(陰山泰) 乙女寮の料理人。 とくにカレーライスが好評。 すずふり亭の人々 牧野鈴子(宮本信子) 洋食屋『すずふり亭』のおかみさん。 行くあてのない谷田部みね子を拾ってくれる。 牧野省吾(佐々木蔵之介) 『すずふり亭』の料理長で、父親の味を守り続けている。 妻とは生き別れており、娘が1人いる。 牧野由香(島崎遥香) 牧野省吾の娘。 母親が亡くなったことがきっかけで、父親と距離を置くようになる。 井川元治(やついいちろう) 『すずふり亭』の2番コック。 仕事に情熱はないが、涙もろい人情さがある。 前田秀俊(磯村勇斗) 『すずふり亭』の見習いコック。 自分の店を持つという大きな夢がある。 朝倉高子(佐藤仁美) 『すずふり亭』のホール担当。 仕事はできるが、愛想はあまりよくない。 あかね坂商店街の人々 福田五郎(光石研) 中国料理屋『福翠楼』の店主。 仕事には少々、不真面目な男性。 福田安江(生田智子) 五郎の妻。 いつも夫のケツを叩いて働かせている。 柏木一郎(三宅裕司) あかね坂商店街にある『柏木堂』の店主であり、陽気なおじさん。 柏木ヤスハル(古舘佑太郎) 『柏木堂』の息子だが、甘いものが嫌い。 竹内邦子(白石美帆) 『あかね坂商店街』にあるバー『月時計』の店主。 『すずふり亭』の牧野省吾とは幼馴染でもある。 若い頃は、売れっ子の芸者だった。 島谷純一郎(竹内涼真) 佐賀県で大会社を経営する一家の御曹司であるが、感覚は庶民派の若者。 久坂早苗(シシドカフカ) 年齢不詳のオフィスレディー。 私生活も謎に包まれている。 坪内祐二(浅香航大) 漫画家を目指している、メガネをかけた青年。 しかし、5年たっても芽は出ていない。 新田啓輔(岡山天音) 坪内祐二と同じ富山県出身の青年。 2人でコンビを組んでいる。 スタッフ 脚本家(岡田恵和) 1964年は、自らの幼少期とリンクしており、『ひよっこ』は思い入れ深い作品と語っている。 音楽(宮川彬良) 東京ディズニーランドのショーを担当した有名な音楽家。 チーフ・プロデューサー(菓子浩) 茨城県の魅力を全国に知らせる機会になったことこそ、『ひよっこ』の存在意義だと語る。 スポンサーリンク 人気記事.

次の

ひよっこ~キャスト・出演者一覧リスト【NHK朝ドラ】 追記しました

ひよっこ 相関図

nhk. 洋食の美味しさと、お店の人たちの優しさに感激した実はいつか家族で行けたらと、お店のマッチを手にみね子達に語っていた。 その縁からみね子は給料をもらうたびに店に通うようになり交流を深めていく。 そして、向島電機が倒産後、みね子はすずふり亭のホール係として働き始める。 父が開いた洋食屋を、夫、息子とともに切り盛りしていたが、空襲で夫と店を失う。 戦後、必死に店を再建。 「本格的な洋食を気軽に食べられる」と繁盛店になった。 みね子の父・実が来店したことがきっかけで、谷田部家との交流が始まる。 妻とは死別し、一人娘は結婚して家を出ている。 父亡きあと、母・鈴子と二人三脚で店を切り盛りしている。 実が帰省前に手土産を持たせ、いつか家族で来てくれと告げるなど心優しく、東京で父を探すみね子をそっと見守る。 「すずふり亭」のコック 井川元治:やつい いちろう サボり癖があり、料理人としての腕を磨こうという気配も感じられない。 仕込みなど面倒なことを後輩の秀俊にすぐに押しつけようとする。 感動屋さんで涙もろく、どこか憎めない。 「すずふり亭」の接客係 朝倉 高子:佐藤 仁美 仕事は出来るのだが愛想のいい方ではなく、開店直後はなかなかスイッチが入らない。 「いい女」には厳しいらしい。 この店で働くようになったのには、ある理由が…。 省吾から料理の技と心得を学ぼうと、日々、修業に精を出している。 すずふり亭の目と鼻の先にある古いが、都会的でモダンな建物。 変った住人ばかりが住んでいる。 明治生まれで、赤坂の主のような人。 昔は赤坂きっての売れっ子美人芸者だった。 みね子の隣の部屋に住む学生 島谷純一郎:竹内涼真 佐賀県で大会社を経営する一家の御曹司だが、お金持ちの友人たちと付き合うのは好きではない。 常に何かにいらだっている雰囲気を漂わせている。 みね子には手強い相手だが、一方で不器用なみね子をこっそり助けてしまう優しさも持っている。 漫画家の卵 坪内祐二:浅香航大 漫画家志望の青年。 同郷の「藤子不二雄」に憧れ、富山県から啓輔と一緒に上京して5年がたつが、まったく芽が出ていない。 漫画家の卵 新田啓輔:岡山天音 祐二と同じく富山県出身の漫画家志望の青年。 藤子先生をまねて、相棒の祐二と同じ部屋に住んでいる。 スポンサードリンク 「あかね坂商店街」の人々 和菓子屋「柏木堂」の店主 柏木一郎:三宅裕司 とてもおしゃべりで陽気な性格。 鼻歌を歌ったりおもしろくないジョークを言う。 一郎の息子 柏木ヤスハル:古舘佑太郎 和菓子店「柏木堂」の一人息子だが、甘い物が大嫌いで、服についたあんこのにおいも嫌がるほど。 一人息子といっても、本当の親子ではない。 中国料理屋「福翠楼(ふくすいろう)」の店主 福田五郎:光石 研 すずふり亭の隣にある、中国料理屋「福翠楼」の店主。 妻の安江と2人で店を切り盛りしている。 五郎の妻 福田安江:生田智子 五郎と二人で商売をしているが、毎日のようにけんかしている。 五郎に文句を言われても、いつも言い負かす。 バー「月時計」の店主 竹内邦子:白石美帆 家業の時計屋を改装してバーを始めた。 省吾とは子どものころからの付き合いで、妹のような存在。 夫は貨物船の乗組員で世界中を航海している。 墨田区 向島電機 家計を助けるために集団就職で上京したみね子と時子の就職先のトランジスタラジオ工場。 時子や「乙女寮」の仲間たち、舎監の永井愛子との交流を支えにみね子は少しずつ慣れない生活に馴染んでいく。 若いころは、みね子たちと同じく工場で働いていたが、不器用でとても苦労したらしい。 おっちょこちょいで抜けていることも多いが、ここぞという時には頼りになる。 恋人を戦争で亡くして、今も独身。 みね子たちの先輩工員。 中学卒業後、上京。 みんなに慕われる優等生で、みね子たち新人をあたたかく迎え入れる。 課外活動のコーラスを指導しに来る雄大と婚約している。 みね子たちの先輩工員で、幸子の同期。 中学を卒業後、上京。 体が弱くよく寝込むが、仕事は優秀。 可憐でかわいらしい雰囲気は、みね子の憧れに。 家計を助けるために、中学を卒業後上京。 マイペースで、何をするのも遅く、よくミスもするが悪びれる様子もない。 学業が優秀だったが家が貧しいため進学できず中学を卒業後、上京。 劣等感から態度や言葉にとげがある。 タイプの違う澄子とはそりが合わない。 みね子たちの入寮日には、やりくりして肉たっぷりのカレーライスをふるまう。 トランジスタラジオ工場の主任 松下 明:奥田 洋平 真面目だが気弱な性格で、ビクビクしている。 愛子に調子を狂わされ、困惑している。 その他の東京の人々 幸子の婚約者 高島 雄大:井之脇 海 音楽家を目指しており、働いたお金を音楽につぎ込んでいる。 毎週、乙女寮にコーラスを教えに来ている。 対照的な性格の綿引と不思議な友情を結ぶ。 茨城県出身。 実の捜索願を出しに来た美代子が同じ茨城出身と知り、少しでも役に立ちたいとの思いから捜索の手伝いを申し出る。 真面目な性格だが、爽やかなルックスからか、乙女寮の女子工員たちをとりこにしてしまう。 父親の怪我が原因で警察官を辞め、茨城に帰ってしまう。 妻は他界していて娘のさおりと2人暮らし。 善三の娘 安部さおり:伊藤沙莉 父・善三と仲が悪く、ほとんど口をきくことがない。 いつかこの店をパン屋にしたいと考えている。 表の顔とは裏腹に孤独と苦悩を抱えている。 ある日客として「すずふり亭」に来店し、みね子と出会う。 その後、みね子を助けることとなり2人は不思議な縁で結ばれることとなる。 まとめ 朝の連続ドラマ小説「ひよっこ」の東京編のキャスト(出演者)と相関図を紹介しました。 集団就職で上京したみね子は東京で様々な出会いがあるようです。 「すずふり亭」の人たちの出演はドラマの中盤からになるようですが、みね子にとって心の支えになる人達です。

次の