ハイキュー 月島 声優。 【ハイキュー!!】月島蛍の声優(内山昂輝)が演じるキャラ【おすすめランキング】|すずめ喫茶

【ハイキュー!!】月島蛍がかっこいい!声優や名シーンをご紹介!

ハイキュー 月島 声優

しかし烏野高校排球部に入り最初は張り切って頑張るものの、自分の実力に自分で限界を作ってしまいます。 作中でも「何もやってないんだ、高校で俺は。 」と頑張っていなかった自分を思い返すシーンがあります。 お兄ちゃんはヒーローだと思ってくれていた蛍とコートでもなくベンチでもない、ギャラリーでメガホンを手に応援をしている明光と目が合った時のシーンは凄く心が痛むものでした。 スパイクを決める気持ち良さも歓声の誇らしさも中学時代に知ってしまっていた明光は烏野高校排球部を引退後もバレー続けます。 高校に何もしていなかったからこそ気が済むまで本気でやれる場所にいようと思ったと語っています。 そんな蛍にとっても重要な過去シーンの印象が強い明光ですが、社会人になった今も作中で重要なシーンに何度も登場しています。 ブロックの練習になればと蛍を社会人チームに誘ったり、春高予選で蛍の応援に来て相手チームの見解をしたり、白鳥沢戦で指を負傷した蛍に医務室まで付き添ったりとまだまだその存在感を発揮しています。 そんな魅力たっぷりの月島明光の声を担当しているのは「おそ松さん」の松野おそ松や「銀魂」で話題となった斎藤終の声などを担当されている櫻井孝宏さんです。 好きな声優ランキングでは常に上位に名前が挙がるほどの大人気声優さんで、最近では社会現象にもなりました「鬼滅の刃」の大人気キャラクターの富岡義勇の声も担当されています。 蛍は明光に今もバレーを続けているのか尋ねられ続けていることを伝えた後に高校であんなだったからそんなこと聞くんだろうと尋ね返します。 明光は「何もやってないんだ 高校で俺は バレーの気持ちいいトコ全然やれてない」と後悔していました。 だからこそ、高校で何もやっていないからこそ気が済むまでやりたいと今度は包み隠さないで自分の気持ちを蛍に打ち明けました。 このシーンは月島兄弟の関係性が変わる分岐点でもあります。 この会話全体を通しても名言がたくさん詰まっているのでファンの間でもこのシーンは名シーンだという方が多くいらっしゃいます。 ———「俺の仲間はほっといても勝つ!」そんくらい信じとけばいいんだ———.

次の

【ハイキュー!!】日向翔陽がかっこいい!名シーンや声優などを紹介!

ハイキュー 月島 声優

日向翔陽:「村瀬歩」代表作…小夜左文字(刀剣乱舞)、リク(SHOW BY ROCK!! 影山飛雄:「石川界人」代表作…歌仙兼定(刀剣乱舞)、ジェノス(ワンパンマン)• 月島蛍:「内山昂輝」代表作…ソウル=イーター(ソウルイーター)、坂上巧実(心が叫びたかってるんだ。 澤村大地:「日野聡」代表作…坂井悠二(灼眼のシャナ)、平賀才人(ゼロの使い魔)• 武田一鉄:「神谷浩史」代表作…阿良々木暦(化物語)、チョロ松(おそ松さん) 他にも多数のキャラクターが登場しますので、ここで全てを紹介できませんが、他にも人気声優がずらりと出演しています。 あまり登場しないキャラクターにも、有名な声優を起用している所から、スタッフの意気込みが伝わってくるでしょう。 2.「声優」が豪華すぎる本当の理由 ハイキューの声優陣は、他のアニメ作品で 主役を演じるような人ばかりです。 つまり、声優として数多くのキャリアを積んだプロばかりであり、契約するとなればそれなりのお金が発生します。 スポンサーリンク 新人声優など、これから人気になるであろう声優を使えば、人件費はかかりませんがどうして人気声優ばかりを起用しているのでしょうか? その理由として挙げられるのが、「原作の人気を裏切りたくない」という制作側の熱意がスゴイという点です。 漫画では若い女性を中心に人気が高く、イケメン男子がたくさん登場し、それらを脳内で二次創作することを楽しみにし、SNSなどで話題が共有されています。 こうした楽しみがあるので、アニメ版も高い期待を抱かれているのは間違いないので、イメージが 固定される声優の起用はかなり慎重に行われたに違いありません。 多くの予算が必要ですし、交渉する苦労もあったはずですが、視聴者の期待を裏切らないためにも努力した結果、声優が豪華になったと言われています。 3.「烏養繋心」役の声優が交代した衝撃の事実とは? ハイキューで主人公と同じ部活のコーチを務める、「 烏養繋心」役の声優が3期の途中で交代しました。 その理由が衝撃的すぎてショックから立ち直れないファンも多く、深い悲しみが広がっています。 烏養繋心役を第1期から第3期の8話まで演じていた、田中一成さんは2016年10月10日に脳幹出血のため49歳で死去したのです。 その関係で、第9話から江川央生さんが代わりを務め、アニメは放送されました。 田中一成さんは、「地獄先生ぬ〜べ〜」で木村克也を担当したり、「銀魂」ではカトケンを演じるなど様々な役を独特のカラーで表現している才能あふれた声優。 一緒に仕事をしてきた仲間は、早過ぎる死に衝撃を受けています。 4.ハイキューに今後登場すると予想される声優 ハイキューは、3期すべてが大人気のうちに終了し、4期は2019年春ごろに放送されるのではないかと言われています。 そうした中、ファンの間では今後どんな声優が登場するかを予想しており、大きな盛り上がりを見せているのです。 福山潤• 大塚明夫• 白石実• 小野大輔• 平野綾 こうしたベテラン声優が、さらにハイキューの世界に入り込んでくるのではないかと大興奮。 どうしてこのような声優の名前が挙げられているのかというと、 「よりハイキューが楽しくなるから!」とのこと。 放送が決定されてもないですし、登場する根拠もないため、確かなことは分かりません。 ですが、こうした予想を多くの人がしているのを見ると、それだけハイキューが支持されているのだと分かりますね。 まとめ ここでは、 ハイキューの声優は誰なのかや、声優に関する噂などについて紹介していきました。 これまでに出演した声優はどれも豪華で、今後登場すると予想される声優もベテランばかり。 それだけ人気のあるハイキューですが、第1期から担当していた声優の1人が亡くなるなど深い悲しみに包まれたこともあったのです。 今後もハイキューは盛り上がっていくでしょうから、声優陣も含めて注目していきましょう!.

次の

「ハイキュー!! 」月島明光役は櫻井孝宏に決定 アニメビジュアルも披露

ハイキュー 月島 声優

ハイキュー!! イベント 今日は舞浜アンフィシアターでテレビアニメ、ハイキュー!! のイベントがありました。 その名も ハイキュー!! 新シリーズキックオフイベント ~全国大会への道~ 2020年1月からテレビアニメハイキュー!! の新シリーズが始まることを記念したイベントでした。 1期の頃からずっと応援している作品なので私も参戦してきました。 声優のみなさんの面白さはもちろん、ハイキューへの熱とかいっぱい感じられて、すごく嬉しかったです。 ハイキュー!! キャラの生き方から学ぶ これは就活ブログなので、 やっぱり就活目線で今回のイベントを振り返りたいな~と思います。 今回のイベントでは、キャスト陣が名シーンを選ぶという企画がありました。 その中に出てきた名シーン、そこから就活へのヒントを見つけてみましょう。 月島と山口の対話シーン ハイキュー!! ファンならば言わずもがなな、合同合宿のときの月島と山口がぶつかるあのシーンです。 キャストの多くがこのシーンを選んでいました。 月島というキャラは背が高く、頭もよく、入部してすぐ当たり前のようにレギュラー入りを果たした選手です。 しかし、頭がいいからこそ現実主義で自分の限界を決めてしまうところがあります。 バレー部のメンバーが熱をいれて練習をしていても月島だけは少し冷めている、そんな選手でした。 一方、山口は1年生で唯一レギュラー入りをすることができず、悔しい想いをしている選手です。 いつも月島と一緒にいて、喧嘩をすることもなくやっていましたが、月島のバレーに対して冷めた様子に疑問を感じ始めていました。 そして、東京で他の強豪校との合同合宿を行ったおり、このふたりはお互いの気持ちを正面からぶつけ合います。 そんなもん、プライド以外に何が要るんだ!! 以上がそのときのやり取りです。 どれだけ頑張っても東大とか早慶とかそういう学歴の壁に阻まれるかもしれない。 じゃあ、頑張る意味ってあるのだろうか…。 その思考への答えがこの山口の台詞のような気がします。 そんなもん、プライド以外に何が要るんだ! 自分が誇りある自分であるために頑張る。 悔いを残したくないから頑張る。 結果も大事だけど、でも結果はどうあれ誇れる自分でありたいっていうのはすごくわかります。 例えば自分がMarchの学生で、東大や早慶しか入れないと言われている会社があったとしたら、 戦略としては、そこを受けずにもっと可能性の高い会社に集中する方が有意義かもしれない。 だけど、この先の将来、「もしあのとき受けてたら」って後悔しないために、無駄かもしれないけど挑みたい。 それもまた否定できない考え方です。 そういう意志を認めてくれる、そんな山口の名台詞です。 ネタバレすると、このあとその言葉を受けて月島は頑張ることにします。 そして、選手として成長し全国屈指のスパイカーをブロックすることに成功するんです。 その瞬間、月島はバレーボールの楽しさ、魅力を知ることになります。 たった一度ブロックを成功させただけですが、それでも本人にとってはバレーボールとの向き合い方を変えるような大きな出来事になりました。 音駒との練習試合で笑う日向 日向翔陽はこのハイキュー!! の主人公です。 背が低いながらも高い身体能力を持ち、成長を続ける選手です。 声優の梶裕貴さんが選んだのは、そんな日向の名シーン。 音駒高校というライバル校と練習試合をすることになり、日向はスパイクをことごとく止められてしまいます。 日向は背が小さいので中学でもスパイクをことごとく止められて悔しい想いをして来ました。 しかし、今の高校に入り、天才セッターと出会い、ようやくブロッカーに止められない最強のスパイクを手に入れたはずでした。 それがことごとく止められてしまったのです。 音駒高校の選手も、監督も、周りの誰もが日向の気持ちが折れるだろうと思いました。 しかし、 日向は笑ったのです! それを見て、音駒高校の選手も監督も周りの皆も毛が逆立つようなゾッとした気分になります。 そう、これが日向翔陽。 負けるんじゃないか、とかそんなことは考えない。 ただ貪欲に目の前のボールを追いかけ、負けるまで勝ちを諦めない。 就活で面接をしていると、 ああこの面接落ちたなと思うことがたまにあります。 そして、そう思ったときの面接は本当に落ちてることが多かったです。 これはある意味、集中できてない状態だったのかもしれないと今になって思います。 もし、日向のようにただ目の前のことに集中できたならもっと違う結果が得られたのかもとか、、、 まあ私はもう就活を終えた身なので考えても仕方ないですけど、みなさんには最後まで諦めず頑張ってほしいです。 新キャスト発表 そして、今日のイベントの最後には新シリーズで登場するキャラのキャストが発表されました。 この腰の低さは見習いたいものです。 それがあるから、どんなに面白いことをしても許されるというか、そんな部分もあるんじゃないかと思いますね。 まとめ 今日はハイキュー!! イベントを通して私が考えたことをお話しました。 ハイキュー!! は今日、梶さんもおっしゃっていましたが、すべての選手のバックボーンがしっかり描かれているのが魅力です。 見ればきっと、自分に近い存在に出会えて、力をもらえると思います。 ぜひ、ハイキュー!!

次の