京都 ラーメン ブログ。 京都旅行 人気ブログランキング

京都食べ歩き 人気ブログランキングとブログ検索

京都 ラーメン ブログ

まいど、憶良(おくら)です。 取材中に大火事発生、スクープ写真かっ! と思いきや、これが調理中の写真なんです。 今回はでラーメンを食べるなら、ココは絶対に行って欲しいというお店「めん馬鹿一代」をご紹介します。 個人的にも最も忘れられない、心に残るラーメンと言えば、やっぱりここでしょう。 というわけで市は上京区にやってきました。 2時間待ちも珍しくはないという大人気店。 入り口近くの長椅子に続いての、丸椅子の数が行列の長さを予感させます。 寒い季節にはストーブも用意されます。 さて、店内はなんとお客さんが全員外国人。 そういえば表の注意書きもグローバルな感じでした。 そんなめん馬鹿一代さんで提供されるラーメンは、「ネギラーメン」のみ。 「ネギラーメンとはまた地味な」とか「ネギラーメンが生涯忘れられないラーメンとは考えられない!」という方もおられると思います。 でも、これが爆発的な人気を誇っているラーメンなんです。 では、ラーメンを食べるまでの儀式とも言える過程をご紹介します。 メニューです。 基本はネギラーメン単品、もしくはネギラーメンに、何をプラスするかという注文になります。 スペシャルセットならバッヂ付き。 日本語、英語、中国語、タイ語などのバリエーションがあります。 ラーメン屋さんで「危険」ってどういうこと? さて、メニューに裏面の注意事項を必ずお読みくださいとありますので 裏を見てると、なんと「危険」の文字が。 しかし最後まで読むと、「ネギラーメンは安全なラーメンです。 30年以上提供していますが、死んだ人は今のところいません」 なぁんだ。 注意して、ちゃんとルールさえ守れば、いかに危険なネギラーメンとはいえ死ぬこともなく、安全に食べられるのね。 ほっと、ひと安心っ・・・て、 ええっ! なんだって! ちょっとした緊張が走りましたが、 まずは紙エプロンを装着します。 温められたラーメン鉢に スープが注がれます。 しょうゆベースで鶏ガラと魚介系の合わせスープ。 あっさり味です。 ちゃっちゃっ、ちゃっ。 と、リズミカルに湯を切って スープの中に麺を投入。 麺は細麺で、このスープに一番合う物を、と、麵屋棣鄂さん(めんやていがく)に作ってもらっている特別な麺です。 チャーシューはバラ肉ではなく、肩ロース使用です。 バラを使ってチャーシューを作ると、バラの脂部分が後で注がれるネギ油と合わさってくどくなるという事もあり、肩ロースを使うようになったという事です。 「後、外国の方は脂身を嫌って、残してしまうんですよ。 」という理由もあるのだとか。 このチャーシューはネギをしっかりとリフトし、沈まないようにする役目もあります。 ネギは高級なネギを使用します。 このネギを自家製ネギ油で熱して、その甘味と香りを極限まで引き出すのです。 この時点で美味しそう。 しかし、手を出してはいけません。 ここで注意事項を聞きます。 「水のコップをテーブルの下にしまってください。 手は後ろで組み、決して立ち上がらないでください。 大声を出さないでください。 」 なっ、なんだっ、ちょっと怖いぞっ。 さぁ、後はネギ油をラーメンに注いで完成です。 あっ、えっ、 あの、炎があがってますよ。 こっ、これはっ。 ちょっww待ってwww ごおっ・・・・・ ど、どーんっ おおぉおおおっ。 う、美しい。 そして、確かに熱いラーメンです。 ・・・・・。 ぷすぷす・・・。 完成です。 ネギラーメンをいざ実食! 顔を近づけると、ネギの香りが立っています。 さて、実食です。 麺は細麺ストレート。 歯ごたえもしっかりとした感じ。 「旨いっ!」 このネギが、確かに旨い。 シャキシャキして、ネギの持つ甘みがしっかりと感じられます。 チャーシューも、脂部分が無くて物足りない、ということもなし。 旨みが詰まってます。 そして、あれだけ大量のネギ油がかかったとは思えないほど、クドサはなしです。 更に、ネギ油の層が上にできるのでいつまでも熱々。 スープは、あっさり、まろやか。 とてもあれだけの油がはいっているとは思えないです。 鼻からふわっとネギの香りが抜け、箸が止まらない旨さです。 最後までシャキシャキを保つネギの食感と味を楽しみながら、 もっとゆっくりと味わいたいという気持ちと、箸を動かす手を制御できないというジレンマを感じている間に、 完食です。 スープも、全て飲み干した後、まだもうちょっと飲みたいと感じるほどの美味しさ。 当日は名物店長さんがお休みという事で、イケメンの息子さんにお話をお聞きしました。 憶良 : このラーメンの提供スタイルは、いつからなんでしょうか。 A : 店がスタートした時くらいからですから、もう30年以上ですね。 憶良 : このパフォーマンスが受けているという部分があるかと思うのですが。 A : 確かに、そういう部分もあるんですが、パフォーマンスの為のラーメンではなく、メインのネギにどう熱を加えるか、という所がスタートラインなんです。 熱した石を入れてスープを煮たたせたりしたこともあったのですが、この方法に落ち着きました。 憶良 : 以前伺った時に、ほかのラーメンも食べさせて頂いたのですが、現在はネギラーメンのみなんですね。 A : 来られるお客さんがほとんどネギラーメンを注文されるという事もあり、この味一本で行こうと考えました。 憶良 : ものすごい自信がないと出来ないことだと思います。 このラーメンの一番のこだわりはどこでしょうか。 A : 何といってもネギです。 まずネギありきで、ネギの甘みと香りを引き出すためのネギ油、そのネギ油を活かすチャーシュー、そしてこのチャーシューがしっかりとネギをリフトさせることによってネギがスープに沈み込まずにしっかりと熱を加えられる。 更にそのスープが最も活かされる麺の細さ、そして硬さ。 ・・・。 全部がこだわりでしょうか。 憶良 : そうですね。 確かに、主役を取り巻く全員が、しっかりと主役を立たせてラーメンという1つの舞台を成り立たせているという印象を持ちました。 ところで、お客さんに外国の方が多かったかと・・・、今回は全員が外国の方だったんですが、いつも外国の方が多いんでしょうか。 A : そうなんです。 大体9割5分の方がそうですね。 憶良 : ! 正にインターナショナルな味ですね。 最後に、お客さんにメッセージを頂けますでしょうか。 A : 行列は、申し訳ないのですが、覚悟のうえでお越しください。 ひょっとしたら外国人の方に囲まれて、日本人は「私だけ?」みたいなことになるかもしれませんが、お越しをお待ちしています。 そして、ネギの美味しさを体験して頂ければ幸いです。 との事でした。 炎が上がるのを知らないとびっくりするゾ インタビュー中に、日本人のお客様も来られました。 撮影のお断りとご了承を頂きまして、調理シーンの撮影をさせて頂きましたので、それを見ながら今回のレポートを終了させてます。 まずは、こちらのお父さん。 「すみません、今、取材でこちらのお店にお邪魔させていただいています。 炎が上がるところを撮らせて頂いてもよろしいでしょうか」 と伺いました所、 「あぁ、いいですよ。 ・・・・。 えっ、炎が? えっ、上がるの? い、いいですよ」とご了承ました。 それでは、ネギラーメンの芸術的な仕上げの瞬間をご覧ください。 ぼんっ! ごおっ! ぐぉぉおぉぉぉっ。 この距離感、このライブ感が凄いんです。 綺麗です。 別角度で見るとこんな感じです。 ずどんっ! さらに、その奥にいらっしゃったお客さん、2連発で。 ばちっ! ぐぉぉ。 ぐぉぉぉぉおぉぉっ。 ねっ、一生忘れられない、印象的なラーメンでしょう。 もちろん、味も。 帰り道、奥歯にネギが挟まっていたのをかみしめると、また甘さが広がって、「ふふっ」と笑ってしまいました。 ちょっぴり幸せな余韻です。 プロフィール 憶良(おくら) : 元ゲームプランナー、元ゲームプロデューサー。 ゲーム企画講師や駄菓子屋店長などを経て現在に至る。 休日は高速道路を使わずに名古屋から鳥取あたりの温泉に行って浸かり、地元スーパーで珍しい食材を買い込むと例え深夜に帰ったとしても料理する。 その際食べ歩きにも積極的と、食に対してはかなり貪欲。 ブログ:.

次の

ラーメン

京都 ラーメン ブログ

9月24日 突然なのですが、諸事情により店を閉める事となります。 今まで本当にありがとうございます。 暑い日も寒い日も、お越しになって下さったお客様のおかげで、今まで屋台を続けていく事が出来ました。 昔からのお客様も、新しく知って頂いて来られたお客様も、本当にありがとうございました。 そして、このHPを作って下さった管理人さん。 管理人さんのおかげで、私もお客様も、とても助かり、HPを見てアジアの各国からもお客様が来て下さいました。 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 そして、お客様。 こんな形でのお知らせとなりまして、申し訳ございません。 今まで『はらちゃんラーメン』をご贔屓にし、支えて下さったお客様。 ありがとうございました。 『はらちゃんラーメン』の事を覚えていて下さると、とても嬉しいです。 今まで本当に、ありがとうございました。

次の

関西人の僕がマジで選んだ、京都のおすすめラーメン店まとめ

京都 ラーメン ブログ

ラーメン激戦区・京都のおすすめ店10選。 京都在住ブロガーが厳選! 2018. 18 京都在住のブロガーKeiが、自らの足と自転車で通った大好きなラーメン店をご紹介します! 近年「ラーメン激戦区」とうたわれる京都。 そんな京都のラーメンは多種多様です。 背脂チャッチャッの京都ラーメンだけではなく、スタンダードな醤油ベース、そして京都の枠には入りきらないエスニック系まで。 これを読んで、ぜひ京都旅行の参考にしてみてくださいね! 王道!「京都ラーメン」系のおすすめ店 まずは京都の中でもスタンダードな「京都ラーメン」系のお店を紹介。 煮込んだ豚の背脂をスープに入れる「背脂チャッチャ」が特徴的で、濃厚な味を楽しめます。 三条珍遊 京都ラーメン、代表格の一つ ラーメン(中華そば)の並と中は同料金!大は50円アップでOK スープは、鶏ガラ系の醤油味。 特製のタレと隠し味に味噌を使っています。 定番の背脂チャッチャがたくさん入っているので、一見こってりに見えますが、思っている以上にあっさりいただける、大好きな京都ラーメン(中華そば)です。 特製中華そばの「タレ」が用意されているので、味の濃さが調節可能です。 一通り食べて満足すると、一味を入れて辛さのパンチを効かせます。 今日も、美味しさを感じながらスープを飲み干します。 O 24時) [定休日]火曜日 [アクセス]【電車】京阪本線三条駅より徒歩約7分、阪急京都線烏丸駅・河原町駅より徒歩約7分 [駐車場]なし 祇園らぁ~めん京(みやこ) 祇園本店 鶏と野菜の凝縮スープ、期待を裏切らない美味しさ 麺は、京都熟成細麺。 ご賞味あれ 見た目から正に京都ラーメンで、「美味しいやろな」っていうのが、すぐにわかります。 食べてみると、やっぱり、旨い!期待を裏切らない美味しさです。 鶏と野菜の旨味が凝縮しているスープで、醤油の味はそれほど前面には出ていません。 京都ラーメンの中でも鶏の旨味が強く、少しこってりした部類に入ります。 京都のランドマーク八坂神社を北へ50m、祇園花月の向かいが祇園らぁ~めん京の祇園本店です。 京都らしい雰囲気を感じながら来店できるのもオススメです。 程よい濃さで、美味しいです! 醤油の味より鶏の旨味がより強く、まろやかな口当たりでスープの後味も良く、かなりのお気に入りです。 チャーシューは、豚の超薄切りロースが3枚入っています。 これが口の中に入れた瞬間にとろけて無くなってしまう美味しさ! 美味しいスープに浸したこのチャーシューをあてにして、ビールを飲みたくなるほどです。 ラーメン名門 一見こってり、食べると、まろやか 鶏のコクと旨みが楽しめる一品 京都の数あるラーメン屋の中でも、お気に入りの1店。 なんといってもその魅力は、口当たりが滑らかで、鶏の味わいが楽しめるスープです。 見た目ほどこってりしておらず、めちゃめちゃ美味しいんです!! 口の奥で感じる鶏のコクと旨みがまろやかで、スープを飲んだ後味も良く、何度も食べたくなる味です。 まさに名門、ぜひ一度食べてみてください。 ラーメンができるのを待つ間にはカクテキのキムチをどうぞ。 無料で食べ放題なので、かなりお得感ありです。 O 23時30分) [定休日]火曜日 [アクセス]【電車】JR山陰線「丹波口」駅から徒歩約10分 [駐車場]なし 麺屋 七福神 堀川御池店 スープというより美味しいシチュー!? いくつもの素材を上手にブレンドした濃厚スープ 一口スープを飲んだ時に、口の奥でベーコンのような豚の旨コクが感じられました。 そして鶏ガラとトンコツの深みのある味わい。 加えてほのかに感じる魚介系の味。 濃厚でこってりなスープに仕上がっています。 これだけたくさんのものを上手くブレンドしていることに驚きです。 麺を食べ終えてスープだけになると、まるで濃厚な美味しいシチューを飲んでいるような錯覚に陥ります。 ひと口スープを飲んでみると、口の中に拡がる鶏の旨みと、その奥深い味わい。 トロッとしていて、色んな味がブレンドされたこってりスープです。 ラーメンの種類によって選べる麺もオススメ。 中太麺は若干平たくモチモチで、食べごたえがあります。 O 15時 18時~23時 フードL. 事前に問合せを [アクセス]【バス】京都市バス「堀川今出川」バス停下車徒歩約3分 [駐車場]3台あり(無料) やっぱり外せない!「しょうゆ」系のおすすめ店 普段食べるラーメンがほとんどしょうゆラーメンという人も多いと思います。 そんなあなたでもきっと満足する「しょうゆ」系のおいしいお店もあるんです! 麺対軒 京都を代表する「ご近所ラーメン」 すごく濃そうですが、それほどでもなく、最後までスープを飲めてしまいます 「今日は、麺対軒いこか。 」という会話が出てくるような、昔から地元の人に愛されている典型的な「ご近所のラーメン屋」。 スープを口に含んだ瞬間に、心地よい醤油の味と豚の旨味が口の中に広がり、後味として醤油のコクが口の中に残ります。 また、薬味の一味を振りかけると、醤油ベースのスープに辛さが加わり、「キリッ」とパンチの効いた味に変わります。 少し辛いですが、個人的には、麻辣麺(まーらーめん)もオススメです。 事前に確認を) [アクセス]【電車】阪急烏丸駅・地下鉄四条駅から徒歩約8分 [駐車場]なし 麺処 鶏谷 駅から遠いけど、何度でも行きたくなる! 「鶏そば」は、あっさりらしいが、味わい深い 醤油のコクとまろやかさが口の中じゅうに拡がり、鶏の油が後を引く美味しさ! あっさり醤油とメニューに書いていますが、それほどあっさりしていません。 かえって醤油と鶏の油の味わいが強いと思うくらいです。 スープが無くなっていくことが、これほど寂しく思えるのは久しぶりです。 どこかで食べたような気がする味、なぜか懐かしいけど、新しい味。 食べ終わったすぐ後に、もう一度食べたくなりました。 最後に、そんなエスニック系のおすすめラーメンをご紹介! タイカレーラーメン シャム 2度楽しめる美味しさの「レッドカレーラーメン」 タイ産の唐辛子、パクチー、バイマックル、カー、レモングラスなどを使用 タイ産の香辛料を何種類も使った複雑な美味しさと辛さ、舌の上で感じるココナッツミルクの甘味が絶妙! タイカレーラーメンのいいところは、2度楽しめるところ。 麺を食べた後で、残ったスープにご飯を浸して、スープカレーとしても楽しめます。 なのでご飯は必須ですね! この時だけは糖質制限も解除! タイ産の細長いパサパサした米なので、スープに浸して食べると美味しいです。 他にグリーンカレーラーメンもあります。 あっさりかと思いきや、思いのほか味はしっかり!ほのかに牛肉の旨味が感じられ、塩加減も丁度よいです。 次に、(店員さんがアドバイスしてくれるのですが)レモンを搾ってみると、味の劇的変化にビックリ!! レモンが牛肉スープの味を際立たせます。 正直、これほど味が変わるとは驚きです。

次の