急性 アルコール 中毒 量。 急性アルコール中毒の症状と対処法、治療と後遺症

急性アルコール中毒で死亡する飲酒の量は果たしてどれくらい…?

急性 アルコール 中毒 量

実は急性アルコール中毒には、 これという基準はなく飲酒をすることによって意識が薄れ、 吐くなどの症状に加え、呼吸の状態も悪くなるという、 非常に命の危険がある状態です。 お酒を飲むといっても、その量によって状態が定義づけされています。 まず、お酒を飲んだら酩酊状態です。 まさに急性アルコール中毒の定義に含まれる状態ですね。 そして、次に血中のアルコール濃度が0. 02%〜0. 1%でほろ酔い状態。 3%をこえてしまうと、それは泥酔と呼ばれる状態になるのです。 さらに0. 4%をこえれば、昏睡と呼ばれる状態になります。 昏睡になると、命が危険にされされている状態だと思ってください。 急性アルコール中毒になるのは、その人によって違うため酩酊なのか、 ほろ酔いなのか泥酔なのかというのは決まっていないのです。 急性アルコール中毒になりやすい人は? お酒を一気に飲めば急性アルコール中毒になるという解釈は少し違います。 お酒を一気に飲むのはあまり良いことではないですが、 必ずしもそれで急性アルコール中毒になるわけではないのです。 急性アルコール中毒は、基本的にアルコールを体に入れた時、 体内でアルコールの分解があまり早くない場合に起きることが多いです。 そのため、急性アルコール中毒になりやすいという人もいるんです。 それは、高齢者・女性・若年者・お酒を飲んだ後に顔が赤くなる人です。 若年者は意外と思われるかもしれませんが、 若い人ほど自分の限界がわからずお酒を飲んでしまいがちですし 何よりまだお酒に対しての免疫も低いために 急性アルコール中毒になりやすい傾向があります。 実際、大学生や新入社員が急性アルコール中毒になって 搬送させるという例は多いようですよ。 急性アルコール中毒になると何日ぐらい苦しさが続くのか? 最悪、命を落とす危険もある急性アルコール中毒。 運よく命を落とさず、病院へ運ばれた場合、 その苦しさはどれくらい続くのでしょうか? 基本的に急性アルコール中毒になると、入院が必須となります。 病院では、かなり大量に点滴をうち、さらには利尿薬を使って排泄をさせます。 また、嘔吐の心配があるのであれば、 窒息しないように嘔吐物を処理する、胃の中をきれいにするなどの処置をしてくれます。 急性アルコール中毒は死の危険性がありながらも、 たいてい1日ぐらいで回復してしまうというのも特徴です。 そのため、入院と言っても一晩ぐらいの入院となります。 なかには、回復後も二日酔いのような頭痛などが残ることもありますが、 ほとんどはそういった症状もなく1日で元の体に状態に戻ります。 急性アルコール中毒になるとどんな症状が出る? 万が一、まわりで急性アルコール中毒になってしまった場合、 早急に気づいてあげるそして処置してあげることが大切です。 ですが、よく急性アルコール中毒で死亡者が出てしまうのは 「ただ酔っているだけ」と思われてしまうことが原因です。 急性アルコール中毒になってしまった場合の症状を知っておくことで、 早急に対応することができますよ。 急性アルコール中毒の症状1 自分で立てなくなる お酒を飲んで、足元がふらつくことがあります。 ですが、急性アルコール中毒になると自分自身で立つことができなくなってしまいます。 多くは、「酔っぱらっているな」と思われてしまいますが、 自分で立つことができないという状態は、 急性アルコール中毒の初期症状だと思ってください。 急性アルコール中毒の症状2 眠って起きなくなる お酒を飲みながら寝てしまうというのはよくあることですよね。 ですが、寝ている間の反応に注目しなければなりません。 お酒のせいで眠っていたとしても、 つねるなどをすれば普通は反応しますよね。 ですが、急性アルコール中毒になっていると寝ている間、 痛みを与えたとしても全く反応しない場合には要注意です。 急性アルコール中毒の症状3 嘔吐の量が多い お酒を飲んで吐いてしまうということはありますが、その量がかなり多い時、 または、そこに血が混じっているという時には急性アルコール中毒だと思ってください。 急性アルコール中毒になっている時の嘔吐は非常に怖く、 意識がないので嘔吐したものが喉につまって息が出来なくなり、命を落とすということもあります。 そのため、そういった嘔吐をしているのであれば即座に救急車を呼ばなければいけません。 その時の水分補給にはできるだけ経口補水液を飲ませてください。

次の

急性アルコール中毒の症状が出たら、このやり方で応急処置を!

急性 アルコール 中毒 量

フェノチアジン系薬剤とハロペリドールは発作の閾値がより低いと考えられるため,初期には推奨されない。 重大な肝疾患のある患者には,短時間作用型のベンゾジアゼピン系薬剤(ロラゼパム)かグルクロン酸抱合により代謝されるベンゾジアゼピン系薬剤(オキサゼパム)が望ましい。 ( 注:ベンゾジアゼピン系薬剤はアルコール依存症患者に中毒,身体依存,および離脱を引き起こすことがあるため,解毒期間後には継続すべきではない。 別の選択肢として,カルバマゼピン200mgの1日4回経口投与[その後に漸減]が使用可能と考えられる。 1~0. 2mgの静脈内投与による短期療法(12~48時間)が使用可能である。 痙攣発作が短時間の孤発例であれば特異的な治療は必要ないが,痙攣発作の再発予防としてロラゼパム1~2mgの単回静脈内投与をルーチンに行う医師もいる。 痙攣発作が反復するか長く続く(2~3分を超える)場合には,ロラゼパム1~3mgの静脈内投与により治療すべきであり,これで奏効することが多い。 フェニトインのルーチンの使用は不要であり,効果のある可能性は低い。 痙攣発作はアルコール離脱のストレス下でのみ発現し,離脱途中の患者やアルコールを多量に飲んでいる患者は抗てんかん薬を服用しないと考えられるため,フェニトインによる外来治療は,他に痙攣発作活動の原因が同定されていない場合には,単純なアルコール離脱痙攣発作患者に対してめったに適応とならない。 , Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の

急性アルコール中毒は、何日ぐらい苦しいのが続く?

急性 アルコール 中毒 量

アルコールは、どの位摂取出来るかとういのは個人個人決まっていて、「多い、少ない」で判断は出来ないようです。 ただ、アルコールは一定以上摂取し続けると「依存常態」になり、その結果「アルコール依存症」という「病」になります。 これは、他の「麻薬」と一緒です。 ただ、まだ「麻薬」よりも安全であるに過ぎません。 一応、目安となるアルコール依存症の症状を以下に列記してみます。 ・飲まないと眠れない。 ・飲んだ翌日、手が震える。 または指先がこわばったようになり、字が書きにくい。 ・飲んだ翌日、汗が出る。 これらは、離脱症状といって、アルコール依存症の重要な徴候だそうです。 これに ・2日 48時間 以上に渡って、飲んだら寝るを繰り返す という症状が加わると、完全にアルコール依存症と診断されるようです。 もちろん、これらの症状に当てはまる=アルコール依存というワケではありません。 ただ、可能性は高いと思われますので、ご心配でしたら専門医を受診してみてください。 もし、アルコール依存であるなら1人で脱却するのは無理ですので、、、。 痛風に関しては、「何とも言えない」というのが答えでしょうか。 たしかに「アルコールが原因だ」という研究結果もありますが、まだまだ「研究段階」であり、因果関係は解明されていないと言えます。 取り合えず、毎日の飲酒をやめ2~3日事に休刊日を入れることをお薦めします。 アルコール分解の為の肝臓をいたわってください。 参考URL: ANo. 2 の通りで、アルコール中毒は、量でなるわけではありません。 大酒のみでも、アル中にならない人が、多くいます。 要するに酒の飲み方でしょう。 いらいら、不安、不眠、解消などで、うじうじ飲んで、憂さを晴らすような酒です。 それで、憂さは晴れません、そういうのみ方も、全面的に否定はしませんが、だれでも、憂さ晴らしに酒で、気分を楽しくしようとするものです。 でも、皆と一緒に、楽しく飲んでわいわい騒いで、憂さを晴らしたり、喜び、楽しみを分かち合えるような酒は、アル中にならないと、医師にいわれたことがあります。 (精神科医)、アル中患者は、非常に惨めで、最悪だと聞いたことがあります。 酒量が、だんだん多くなってきたら、注意すべきです。 それと、できるだけ、家で、一人酒は、慎んだほうがいいと思います。 寝酒は、寝つきがいいけど、麻酔で、寝ているのと同じで、脳は、休めていないらしいと、その精神科医は、いってました、不眠なら、睡眠薬のほうが、脳神経が休めるとの事です。 くれぐれも、注意してください。 そういってる私も酒を飲むことに、悩んで、心配してます。 皆そんな気持ちで飲んでるのではないでしょうか なにせ、タバコ、酒、ギャンブルは、一種の麻薬ですから、お互い、注意しましょう。 適正飲酒という概念をご存知でしょうか? aki80さんの飲酒量だと、適正量の2倍の飲酒量なので、このままのペースで行くと体を壊します。 毎日飲んでいるそうですが、ほぼ毎日飲むようになったら、アルコール依存症の入り口に入ったと考えていいでしょう。 aki80さんは数ヶ月に1度しかお酒を飲まない人とは、全く違う体になっているのです。 これは否定できない事実です。 また、ほぼ毎日飲む人は、死亡率が高いという事実が明らかになっています。 1,2日飲まない日を作っても、ほとんど変わりません。 痛風についてですが、痛風の人の94%に飲酒習慣があります。 酒を飲まない人で痛風の人はほとんどいません。 アルコールをとりすぎると尿酸の排泄が悪くなるので、尿酸値を上昇させます。 したがって、ビールのプリン体を摂取しなくても、お酒を飲めば、痛風は悪化します。 意味のない飲酒習慣はやめましょう。 お酒を飲む人は、食道がんや肝臓がんなどの苦しい死に方が多いですし、国の医療費も使います。 困ったものです。 アルコール中毒=アルコール依存症は飲む量で決まるわけではありません。 一度アルコールを口にした途端、正体をなくすまで飲み続けずにいられない、酒量のコントロールを完全に失う症状のことです。 質問者様の酒量ではまず依存症の心配はないと思いますが、痛風についてはプリン体の含有量に密接に関連があるのでこちらをご参考に。 たしかに発泡酒はビールより痛風になりにくいと言えそうですね。 毎日ビール一本でも飲み続ければ確実に尿酸値が上がっていくそうです。 また、プリン体を含む食品はビール等のアルコールに限りません。 これは噂ですがコンビニ弁当を毎日食べている人は確実に痛風になるそうですよ。 今はコンビニ弁当も添加物を減らす努力をしているようですから、少し前の話という事になるとは思いますが。 Q 主人のことで相談します。 主人はお酒が大好きで、毎日お酒を飲んでいます。 休肝日を作るように何度も言いましたが、聞きません。 逆に適度なお酒は健康にいいんだ!と返されます。 適度とはどのくらいなのかが分からないのでいつもケンカになるのですが。。 主人は外に飲みに行くと、かなり酔っ払うまで飲みます。 でもそれは月に1度か2度です。 ビール2杯くらいと日本酒です。 家ではビールがあればビール350が3缶くらい。 (発泡酒ではないです) 焼酎があれば、水割りで3~4杯くらい。 日本酒だと2~4合くらい。 これは一日に飲む量です。 まだ若いので人間ドッグなどもしたことありません。 肝臓に負担がかかってるんではないか?と心配になります。 何か病気になってからでは遅いし、困ります。 お医者さんに相談した方がいいのでしょうか? 今の主人の現状は問題ない範囲といえるのでしょうか? A ベストアンサー 私はかつては酒を全く嗜まなかったのですが、会社で管理職になって酒の味を覚えてしまい、以後ここ数年は毎晩ビール2缶 700ml あるいはビール1缶にワインをグラスで1~2杯、というのをずっと続けていますが、それでも18kgほど減量しました。 今でも多少の増減はあってもトータルでは維持しています。 気を付けていることといえば、腹が減るまで食わない、というポリシーを徹底することですね。 昼間はほとんど腹が減らないので昼食は食べません。 朝もお腹が空かないときは食べません。 夜はさすがにかなりお腹が減るので、そこでは酒とサラダとご飯、おかずも食べます。 運動もします。 一日25,000歩目標で活動しますし、朝は一時間ジョギングします。 個人的には「お酒では太らない」は正しいと思いますよ。 しかしおつまみは太る。 アルコールしか摂らないのならそれほど心配する必要はないでしょう。 でも毎晩「飲む量はワイン2~3杯と、ウィスキー1杯程度」は少し多すぎませんか。 太らなくても、そのうち肝臓が壊れるんじゃないかな。 余計なことですけれど。 A ベストアンサー >休日の昼間から家で酒を飲むのは普通ですか? 普通ではありません。 特別です。 休日の醍醐味!・・とまで言えば大げさかなぁ。 (笑) 私は、月に一度くらい、そういうことあります。 その日は、どこも出かけることがない・・が前提になります。 (休日は、アッシーくんとしての職務が多いので 汗) 昼間から飲む、という後ろめたさが追い打ちをかけて、なおさら美味しいです。 TVかコンポかを軽くかけて、ゆったりと飲みます。 そんな日は発泡酒ではなく、本物のビールがいいなぁ。 ん~・・至福の時。 でも、毎週というのは贅沢ですね。 そんなゼータク、許してはいけないでしょう。 旦那さまにも何か出かける用事をつくって、飲まさないようにすればいかがでしょう。 少なくとも二週間に一度くらいにするように。 そのほうがきっと、(毎週飲むより)二倍は美味しいはずですから。 他人さまだから言えることかもしれません。 失礼しました。 特別です。 休日の醍醐味!・・とまで言えば大げさかなぁ。 (笑) 私は、月に一度くらい、そういうことあります。 その日は、どこも出かけることがない・・が前提になります。 (休日は、アッシーくんとしての職務が多いので 汗) 昼間から飲む、という後ろめたさが追い打ちをかけて、なおさら美味しいです。 TVかコンポかを軽くかけて、ゆったりと飲みます。 そんな日は発泡酒ではなく、本物のビー... A ベストアンサー 私は、酒に強いほうではないので最大がどの程度のものかは知りませんが、wikiにて急性アルコール中毒を調べてみると、1時間に日本酒で1升、ビールで10本、ウイスキーでボトル1本という基準がありますので、個人差を考慮して、この倍から三倍が限度ではないかと思われます。 (急性アルコール中毒の基準はゆっくり飲むときとは全く別物ですが、五時間で一升瓶15本はちょっと想像しがたい量ですね。 ビールだと150本、部屋が缶で埋まります。 ) 二次会に行かれた先輩の話もありますが、おそらく先輩の中には酒に弱く、トイレで意図的に吐いている方もいます。 そうまでして、盛り上げる必要はないと思うんですが・・・ あと、聞いた話ではテレビなどで大量に飲む祭りなどが紹介されていますがこれも飲んでから、裏で吐いているということもあるそうです。 まあ、見かけは強そうで飲んでいても、人間の分解量には限度がありますから、体が拒否して吐くんでしょうね。 吐く話ばっかりになってしまいました。 すみません。 Q 月 火 水 木 金 土 日 4 3 3 3 3 7 11 3 3 3 3 4 9 9 上は最近2週間で、一日当りに飲んだビール及び発泡酒500mlの本数を記録したものです。 基本的に飲む銘柄は発泡酒:スタイルフリーがほとんどです。 記録をつけたのは初めてですが、ここ何年かはずっとこのようなペースで飲酒を続けています。 一日の適量はよく500ml強程度と聞きますが、私の場合酒に強い体質なので、その分個人差として上乗せして1500mlを適量と考えてはいけないでしょうか? 今のところ、健康診断などでは特に問題はでていないのですが、やっぱり問題出てからでは遅いでしょうか?今のうちに控えるべきなんでしょうか? でも、すっかり習慣化してしまいやめる方法がわからないです。 仕事が終わるころ(実際は、終わる1時間くらい前から)には、飲みたくて飲みたくてしょうがないのです。 効果的に止める方法などありましたら教えてください。 月 火 水 木 金 土 日 4 3 3 3 3 7 11 3 3 3 3 4 9 9 上は最近2週間で、一日当りに飲んだビール及び発泡酒500mlの本数を記録したものです。 基本的に飲む銘柄は発泡酒:スタイルフリーがほとんどです。 記録をつけたのは初めてですが、ここ何年かはずっとこのようなペースで飲酒を続けています。 一日の適量はよく500ml強程度と聞きますが、私の場合酒に強い体質なので、その分個人差として上... A ベストアンサー 60台の男性です。 私も50台半ばまでビールの消費量が半端ではなかったです。 平日も週末も大体、500mlのロング缶を毎日平均4本でした。 家内から 「飲みすぎると明日の仕事に差し支えますよ」 と、毎日叱られていました。 失礼ですが、おいくつなのでしょうね? もし50歳までの方でしたら、大丈夫、年を取るごとに嫌でも飲酒量は自然に減ります。 というか、体が受け付けなくなるわけです。 それと、飲みたくなるのはビールだけでしょうか? それでしたら、そんなに心配される事はないかなと思うのですが、もし他のアルコール類でも構わない場合は、やっぱりアルコール中毒の可能性を心配した良いと思います。 あと、食事はしっかり召し上がっているでしょうね? 酒で体を壊す人は大体、小食です。 しっかり食べて、しっかり飲む、そして、しっかり眠る ・・・ このパターンを守っていれば、そんなに心配される事はないかなと思います。 ただ、週末の二桁は凄いですね。 何時間かけて飲むのですか? もしかして昼間から? 1日の内でも飲む時と1滴も飲まない時と、メリハリを付けるようにしましょう。 あと私の場合は、ビールのせいで翌朝、下痢をする事が多かったです。 これも良くない兆候だと思いますので、要注意です。 60台の男性です。 私も50台半ばまでビールの消費量が半端ではなかったです。 平日も週末も大体、500mlのロング缶を毎日平均4本でした。 家内から 「飲みすぎると明日の仕事に差し支えますよ」 と、毎日叱られていました。 失礼ですが、おいくつなのでしょうね? もし50歳までの方でしたら、大丈夫、年を取るごとに嫌でも飲酒量は自然に減ります。 というか、体が受け付けなくなるわけです。 それと、飲みたくなるのはビールだけでしょうか? それでしたら、そんなに心配される事はな... A ベストアンサー 体質が大きいですね。 横山大観(日本画家)は毎日清酒を2升飲み国宝級の名作をたくさん残しています。 ボケることなく89歳という当時としてはスゴイ長寿でした。 すごい肝臓の持ち主ですね。 このような人は稀にいます。 知人の部下は1升飲んでも30分後にはシラフという酒を飲ますのがもったいない人も。 大観もアルコール依存症ですがアルコールのある状態で神経が張りつめ繊細な筆さばきがきるという普通人には理解できない人です。 酒を飲みながら論文を書くという人が身の回りにも何人かいました。 アルコール依存症で若死にした人もいます。 問題はアルコール依存症です。 アルコールは一種の麻薬ですから徐々に脳がアルコールにコントロールされます。 毎日飲むということはアルコール依存症の一歩を踏んでいます。 アルコールが切れた、飲めと命令します。 飲酒で生活や仕事に支障(遅刻、休む)が出てくれば入院レベルです。 一生断酒しなければなりません。 肝機能が壊れ仕事はできなくなり肝硬変からくる動脈瘤破裂とかガンで死亡します。 後輩に肝臓が破壊され死んだのもいます。 我が職場で早死には大酒飲みが多いですね。 平均寿命は52歳といわれています。 我が職場では50歳と52歳でした。 毎日飲むとできやすいガン 咽頭がん、食道がん、胃がんです。 原因はアルコールが分解されてできるアセトアルデヒドです。 アセトアルデヒドを素早く分解できる人は横山大観のような酒飲みエリートです。 酒飲んで翌日も息が酒臭い(アセトアルデヒドの臭い)人は癌になる人です。 このような人は飲む量をビール1本か焼酎なら半合とし週に4日はやめましょう。 ちなみに私は会合では2、3合飲みますが家ではまったく飲みません。 家に酒があっても料理にしか使いません。 体質が大きいですね。 横山大観(日本画家)は毎日清酒を2升飲み国宝級の名作をたくさん残しています。 ボケることなく89歳という当時としてはスゴイ長寿でした。 すごい肝臓の持ち主ですね。 このような人は稀にいます。 知人の部下は1升飲んでも30分後にはシラフという酒を飲ますのがもったいない人も。 大観もアルコール依存症ですがアルコールのある状態で神経が張りつめ繊細な筆さばきがきるという普通人には理解できない人です。 酒を飲みながら論文を書くという人が身の回りにも何人かいました。 アルコール... Q アルコール依存症の境界線は何かあるのですか? どの基準でアルコール依存症と言えるの教えて下さい。 毎日欠かさず飲んでいる人は数え切れないほどいると思います。 毎日飲んでる人をアルコール依存症とくくってしまっていいのか? 週に1度でも酒を飲まない事ができれば、依存症と呼ばないのか? 月に1度でも酒を飲まない事ができれば、依存症と呼ばないのか? 年に1度でも酒を飲まない事ができれば、依存症と呼ばないのか? やめたいと思ってもやめられないのが依存症で やめる気がないく、やめようと思えばやめられるって言ってるのは依存症じゃないのか? やめる気も無いけど、1日缶ビール1本で済ませられれば依存症じゃないのか? やめる気も無く、1日缶ビール3本で済ませていても依存症なのか? 缶ビール1本でも人が変わってからんで来てやめられないのは依存症なのか? 中ジョッキ3杯に焼酎浴びるほど飲んでも陽気でいられて、毎日飲んでも平気なのは依存症ではないのか? 腫瘍も陽性と陰性があるように、アルコール依存症も陽性と陰性があるのか? 自覚症状や回りから飲みすぎだとかやめた方がいいと言われてもやめられないのが依存症なのか? いったい何を基準にアルコール依存症と言うのですか? 知り合いで80過ぎになるのに毎日飲んでいて陽気で元気なおばあさんがいます。 飲み続けた結果、廃人になるような体質を依存症と言って ならなかったら依存症じゃないと言うのでしょうか? それとも依存症は依存症でも先ほど書いたように、陽性と陰性があるのでしょうか? 詳しい方教えて下さい。 アルコール依存症の境界線は何かあるのですか? どの基準でアルコール依存症と言えるの教えて下さい。 毎日欠かさず飲んでいる人は数え切れないほどいると思います。 毎日飲んでる人をアルコール依存症とくくってしまっていいのか? 週に1度でも酒を飲まない事ができれば、依存症と呼ばないのか? 月に1度でも酒を飲まない事ができれば、依存症と呼ばないのか? 年に1度でも酒を飲まない事ができれば、依存症と呼ばないのか? やめたいと思ってもやめられないのが依存症で やめる気がないく、やめようと思え... 連続飲酒が始まっていないのなら治ります。 奥さんはあなた次第で治してあげられますから、早く治してあげると良いと思います。 ・アルコール依存症を治すクスリはシアノマイドとノックビンです。 これは精神科でなくても、内科でも処方してもらえます。 ・奥さんの状態では、内蔵に確実に影響がでているはずです。 内科で血液検査をしてもらってください。 医師から内臓の異常を説明してもらって、飲酒を止めるよう説得してもらうと、本気になって酒が止められると思います。 男性のアル中患者でも、医師から今のままでは死ぬと言われて、断酒に成功した人がたくさんいます。 ・奥さんの今の状態では、まもなく社会的な生活が営めなくなると思います。 夜勤はしないのでしょうか?もしも、夜勤があれば、仕事仲間も困っていると思います。 どなたか、医師か看護師かに相談出来るとよいのですが。 連続飲酒が始まっていないのなら治ります。 奥さんはあなた次第で治してあげられますから、早く治してあげると良いと思います。 ・アルコール依存症を治すクスリはシア... Q はじめまして、私は一人暮らし、26歳女です。 今年夏に離婚しました。 離婚の原因はお酒の飲みすぎです。 結婚直前半年前に、職場で飲み友達に出会って飲むことを覚え、ほぼ毎日飲んでいました。 遠距離結婚のため相手はそのことを知りません。 結婚してから、仕事、相手に対するストレスで毎日飲みました。 たぶん相手は飲むのを嫌がってました。 でも飲みました。 仕事で毎日疲れていたし。 離婚するときは、「相手のせいだ。 離婚して、一人になって自由気ままになれれば、お酒を毎日飲みすぎることは無い」、と信じました。 しかし、一人暮らしを始めて、お酒を毎日飲んでいます。 そして、結婚前からの、「暴食」のくせがよみがえりました。 今は、お酒と暴食で、毎日気持悪くなるくらい飲み、食べます。 仕事にも集中できません。 窓口業務のくせに、朝から顔ははれ、ここ3ヶ月で15キロくらい太りました。 制服も恥ずかしいくらいきつく、周りの人に笑われるくらいで、 体重のせいで足腰が痛いです。 もう、恥ずかしくて田舎にも帰れません。 暴食は、お酒をやめればやめられそうです。 暴食の衝動が起きるのは、飲んでからなので。 私は今、周りに友達がいないので(性格的にも)毎日つまらず、 帰り道、コンビニにより、4~5人分のおさけと食べ物を買って帰り、部屋で飲んで食べます。 食べ物は、きっと3000kcalぐらいは食べてます。 ダイエットもしたいです。 どうしたらいいんでしょうか。 このままでは病気になり、死んでしまいそうです お酒をやめたいのです。 ストレスがたまっても、仕事で疲れても。 せっかく健康に生んで育ててくれた母親を裏切っているようで苦しいのです。 早死にもしたくないのです。 また恋愛もしたいです。 どうか、知恵をお貸しください。 はじめまして、私は一人暮らし、26歳女です。 今年夏に離婚しました。 離婚の原因はお酒の飲みすぎです。 結婚直前半年前に、職場で飲み友達に出会って飲むことを覚え、ほぼ毎日飲んでいました。 遠距離結婚のため相手はそのことを知りません。 結婚してから、仕事、相手に対するストレスで毎日飲みました。 たぶん相手は飲むのを嫌がってました。 でも飲みました。 仕事で毎日疲れていたし。 離婚するときは、「相手のせいだ。 離婚して、一人になって自由気ままになれれば、お酒を毎日飲みすぎること... A ベストアンサー 健康のためにも,少し自己管理した方がよさそうですね. お酒については,「絶対に飲まない」というのは大変だと思うんですよ. ぼくの場合は,「週に2回は飲んでもいい」っていうルールにしました. 1回しか飲まなければ,翌週3回飲めるんです. 笑 すると,どうしても飲みたいときにしか飲まないので,酒量が少しずつ 減りました.1回に飲む量を厳格に決めておかないとダメですね. 減量については,毎日体重計に乗ってグラフを書くことをオススメします. そして,とにかく食べ物を買わないこと. 目の前に食べ物があるのに食べないのは,すごくつらいですよね. でも,買うのをあきらめるのはあまりつらくありません. 身近に食べ物を置いておけば,どんなに意志の固い人でも食べちゃいますよ. グラフをつけていると,どういう生活をすると体重が順調に減って, どういうときに増えるか,というのがよくわかります. 風邪をひいたりすると乱高下します.運動すると一時的に増えます. しかし,運動した方が長期的には楽に減量できます. 体重が減っているのが目でわかると,減量も頑張れるんですよね. 頑張って下さい! (ちなみにぼくは半年で15kg減量しました.) 健康のためにも,少し自己管理した方がよさそうですね. お酒については,「絶対に飲まない」というのは大変だと思うんですよ. ぼくの場合は,「週に2回は飲んでもいい」っていうルールにしました. 1回しか飲まなければ,翌週3回飲めるんです. 笑 すると,どうしても飲みたいときにしか飲まないので,酒量が少しずつ 減りました.1回に飲む量を厳格に決めておかないとダメですね. 減量については,毎日体重計に乗ってグラフを書くことをオススメします. そして,とにかく食べ物を買わないこと....

次の