八重の桜 相関図。 【綾瀬はるか主演】八重の桜の動画を無料で最終回まで視聴する方法

八重の桜 キャスト 真木和泉

八重の桜 相関図

会津藩の山本八重(新島八重)を主人公とするNHK大河ドラマ「八重の桜」の登場人物のキャストのまとめを一覧でネタバレする「キャストの一覧のまとめ」ページです。 登場人物とキャストが分かり次第、追加していきます。 備考・ネタバレの欄は史実ベースになっています。 実話「山本八重の桜」のあらすじとネタバレは『』をご覧ください。 山本家のキャスト 登場人物 キャスト 備考・ネタバレ 山本権八 松重豊 山本八重の父親。 若松城籠城戦で戦死する。 山本佐久 風吹ジュン 山本八重の母親。 聡明で、山本勘助の血筋とされている。 山本覚馬 西島秀俊 山本八重の兄で山本家の長男。 京都府顧問を務め、同志社英学校の設立に貢献する。 山本三郎 工藤阿須加 山本家の三男。 鳥羽・伏見の戦いで負傷し、江戸藩邸で死亡する。 次男 山本家の次男は、生まれて直ぐ死ぬ。 長女 山本家の長女は、窪田家に嫁ぐ。 次女 山本家の次女は、生まれて直ぐに死ぬ。 山本八重 (新島八重) 綾瀬はるか 山本家の次女。 若松城の籠城戦でスペンサー銃を持って立て籠もる。 山本うら (樋口うら) 長谷川京子 山本覚馬の1番目の妻。 樋口家から嫁いできた。 山本みね 山本覚馬と「山本うら」の間に生まれた次女。 後に伊勢時雄と結婚する。 長谷川博己 藩校「日新館」の講師で、山本八重と結婚する。 新島襄 オダギリジョー 山本八重の2番目の夫。 同志社英学校を設立する。 谷村美月 山本覚馬の愛人。 後に山本覚馬と結婚する。 山本覚馬と山本時栄の間に生まれた子供。 後に徳富健次郎(徳冨蘆花)と恋に落ちる。 甘粕初子は、新島八重が新島襄の死後に迎えた養女。 新島家のキャスト 登場人物 キャスト 備考 新島弁治 新島弁治は新島襄の祖父。 元々は中島姓だったが、新島弁治の父親が不祥事を起こしたため、新島姓へと改める。 新島民治 新島民治は、新島襄の父親。 安中藩の右筆で、自宅で書道教室を開いている。 新島襄の母親。 アメリカから帰国した新島襄の影響を受け、神棚の御札を火鉢で燃やす。 その後、キリスト教に改宗する。 新島くわ 新島くわは新島家の長女。 新島まき (新島真規) 新島まきは新島家の次女。 久保田藩の藩士・植村鏡之進と結婚したが死別。 その後、佐藤種五郎と再婚した。 新島みよ (新島美代) 新島みよは新島家の三女。 新島みよは7歳の時に新島七五三太(新島襄)を負んぶして転び、左足を痛め、足を不自由にした。 その後は裁縫を仕事にして、生涯を独身で過ごした。 新島とき (新島登喜) 新島家の4女。 新島襄 (新島七五三太) オダギリジョー 安中藩士としての仕事に嫌気を差し、函館遊学中に脱国する。 新島双六 新島双六は新島襄の弟。 将来を有望されていたが、新島襄が脱国中に死亡した。 植栗義達 植栗義達は新島公義の実父。 新島公義 新島公義は植栗義達の次男で、死亡する新島双六の家督を継ぐため、新島家の養子となる。 新島得夫 新島公義の息子。 会津藩の男性キャスト 登場人物 キャスト 備考・ネタバレ 松平容保 綾野剛 9代会津藩主で、若松城籠城時に、山本八重に出撃中止を命じる。 西郷頼母 西田敏行 会津藩の家老で非戦派。 若松城籠城戦で藩主・松平容保の切腹を主張したため、身の危険を感じて若松城から逃げる。 神保修理 斎藤工 会津藩の家老で非戦派。 鳥羽・伏見の戦いの時、江戸幕府将軍・徳川慶喜が江戸に逃げ帰ったため、その罪を押しつけられて切腹する。 佐川官兵衛 中村獅童 佐川官兵衛は会津藩の家老で、「鬼の佐川」と西軍に恐れられた猛者。 若松城籠城戦では、城外を転戦して食糧補給路を確保する。 山川大蔵 玉山鉄二 梶原平馬 池内博之 横山主税 国広富之 秋月悌次郎 北村有起哉 会津の下級藩士。 西日本の事情に通じていたが、身分が低かったため、左遷される。 斎藤一 降谷建志 斎藤一は新選組の組員で、新選組を率いて新政府軍と戦う。 竹村幸之進 東武志 小出鉄之助 白石朋也 山川健次郎 勝地涼 山川健次郎は、会津藩士で山川大蔵の弟。 後に東京帝国大学や京都帝国大学の総長となる。 会津藩の女性キャスト 登場人物 キャスト 備考・ネタバレ 照姫 稲森いずみ 照姫は8代会津藩主・松平容敬の養女。 中津藩に嫁いだが、離縁されて出戻り。 松平容保の義理の姉にあたる。 敏姫(としひめ) 中西美帆 敏姫は8代会津藩主・松平容敬の実子。 敏姫は松平容保の正室となるが、19歳で死去する。 中野竹子 黒木メイサ 中野竹子は薙刀の名手で、会津戦争では逃げ遅れて若松城へ入れず、娘子軍として戦い、城外で戦死する。 剛力彩芽 山本八重の幼なじみで、若松城へ逃げ遅れ市外へ逃げる。 後に北海道で薩摩藩士の藤兼備と結婚する。 高木時尾 貫地谷しほり 高木時尾は山本八重の幼なじみで、若松城籠城戦の初日に山本八重に頼まれて山本八重の髪を切った。 後に新選組の斎藤一と結婚する。 神保雪子 芦名星 神保雪子は神保修理の妻。 若松城へ逃げ遅れたため、娘子隊に合流して若松城の城外で新政府軍と戦う。 山川二葉 市川実日子 山川二葉は山川大蔵の姉。 敗戦後は東京女子師範学校で勤務し、女子教育に貢献した。 山川登勢 白羽ゆり 山川登勢は山川大蔵の妻。 若松城籠城戦で「焼き玉押さえ」をしていた最中に負傷して死亡する。 山川艶 秋吉久美子 山川艶は山川大蔵の母。 「焼き玉押さえ」で負傷した山川登勢を介錯出来なかった。 大山捨松 水原希子 大山捨松は8歳の時に若松城で籠城する。 敗戦後、アメリカへ留学し、帰国後に薩摩藩士・大山巌と結婚する。 西郷千恵 宮崎美子 西郷千恵は、西郷頼母の妻。 若松城籠城戦の初日、西郷頼母と長男・西郷吉十郎を送り出すと、若松城へは入らず、西郷一族21人で自刃した。 江戸幕府のキャスト 登場人物 キャスト 備考・ネタバレ 徳川慶喜 小泉孝太郎 徳川慶喜は徳川幕府・最後の将軍。 松平春嶽 村上弘明 勝海舟 生瀬勝久 井伊直弼 榎木孝明 吉田松陰 小栗旬 吉田松陰は長州藩の出身で、吉田松陰は佐久間象山に師事する。 黒船に衝撃を受けて密航を企てるが、密航に失敗する。 密航に成功した新島襄と比較されることが多い。 佐久間象山 奥田瑛二 佐久間象山は松代藩(長野県)の出身で、江戸で塾を開き、吉田松陰や山本覚馬などに影響を与えるが、子弟・吉田松陰の密航失敗に連座して投獄される。 明治政府のキャスト 登場人物 キャスト 備考・ネタバレ 板垣退助 加藤雅也 西郷隆盛 吉川晃司 岩倉具視 小堺一機 大山巌 反町隆史 木戸孝允 及川光博 木戸孝允は長州藩士で、戊申戦争後は明治政府の要職を歴任し、西郷隆盛・大久保利通と共に「維新の三傑」と呼ばれた。 槇村正直 高嶋政宏 槇村正直は長州藩士で、木戸孝允の右腕的存在。 木戸孝允によって京都府に送り込まれ、京都府大参事などを歴任し、京都の復興に尽力する。 三条実美 篠井英介 天皇のキャスト 登場人物 キャスト 備考 孝明天皇 市川染五郎 京都守護職を務める松平容保を信頼する。 同志社のキャスト 登場人物 キャスト 備考 新島襄 オダギリジョー アメリカの宗教団体「アメリカン・ボード」から寄付を得て、京都で同志社英学校を設立する。 大垣屋清八 松方弘樹 兼子重光は会津の県民運動家で、福島事件で逮捕されるが、裁判で無罪となり、釈放される。 その後、山本覚馬に拾われて同志社に入学し、卒業後は牧師となり、会津の若松教会でキリスト教の伝道に貢献した。 京都時代のキャスト 登場人物 キャスト 備考 竹田黙雷 竹田黙雷は建仁寺の和尚で、晩年の新島八重に袈裟と安名「寿桃大師」を与えた。 実話「山本八重の桜」のあらすじとネタバレは『』をご覧ください。

次の

八重の桜

八重の桜 相関図

会津藩 山本家 山本八重(やまもと やえ)=綾瀬はるか(幼少期:鈴木梨央) 主人公。 会津藩砲術師範・山本家の長女。 山本覚馬(やまもと かくま)=西島秀俊 八重の兄。 会津藩士。 山本佐久(やまもと さく)=風吹ジュン 八重の母。 山本権八の妻。 山本権八(やまもと ごんぱち)=松重豊 八重の父。 会津藩砲術師範。 徳造(とくぞう)=戸田昌宏 山本家に仕える下男。 お吉(おきち)=山野海 山本家に仕える下女。 山本三郎(やまもと さぶろう)=工藤阿須加 八重の弟。 山本うら(やまもと うら)=長谷川京子 会津松平家 松平容保(まつだいら かたもり)=綾野剛(幼少時:山下哲平) 会津藩第9代藩主。 松平容敬(まつだいら かたたか)=中村梅之助 会津藩第8代藩主。 容保の養父。 照姫(てるひめ)=稲森いずみ 敏姫(としひめ)=中西美帆 西郷家 西郷頼母(さいごう たのも)=西田敏行 会津藩番頭。 西郷千恵(さいごう ちえ)=宮崎美子 山川家 山川兵衛(やまかわ ひょうえ)=山本圭 会津藩家老。 与七郎の祖父。 山川艶(やまかわ えん)=秋吉久美子 与七郎の母。 会津藩士・山川尚江の妻。 山川与七郎(やまかわ よしちろう)=玉山鉄二(幼少期:里村洋) 会津藩国家老・山川家の長男。 八重の幼馴染。 山川二葉(やまかわ ふたば)=市川実日子 山川尚江の長女。 与七郎の姉。 山川美和(やまかわ みわ)=澤田汐音 山川尚江の次女。 与七郎の妹。 山川登勢(やまかわ とせ)=白羽ゆり 山川健次郎(やまかわ けんじろう)=勝地涼 山川捨松(やまかわ すてまつ)=水原希子 山川常盤(やまかわ ときわ)=信太真妃 神保家 神保内蔵助(じんぼ くらのすけ)=津嘉山正種 会津藩家老。 神保修理(じんぼ しゅり)=斎藤工 神保雪子(じんぼ ゆきこ)=芦名星 その他の会津藩士 田中土佐(たなか とさ)=佐藤B作 会津藩家老。 林権助(はやし ごんすけ)=風間杜夫 会津藩大砲奉行。 佐川官兵衛(さがわ かんべえ)=中村獅童 会津藩士。 萱野権兵衛(かやの ごんべえ)=柳沢慎吾 会津藩家老。 簗瀬三左衛門(やなせ さんざえもん)=山野史人 会津藩家老。 竹村幸之進(たけむら ゆきのしん)=東武志 会津藩士子弟。 小出鉄之助(こいで てつのすけ)=白石朋也 会津藩士子弟。 横山主税(よこやま ちから)=国広富之 梶原平馬(かじわら へいま)=池内博之 秋月悌次郎(あきづき ていじろう)=北村有起哉 広沢富次郎(ひろさわ とみじろう)=岡田義徳 黒河内伝五郎(くろこうち でんごろう)=六平直政 古川春英(ふるかわ しゅんえい)=小市慢太郎 会津藩の女性たち 高木時尾(たかぎ ときお)=貫地谷しほり(幼少期:山岡愛姫) 八重の幼馴染。 会津藩士・高木小十郎の長女。 中野竹子(なかの たけこ)=黒木メイサ 日向ユキ(ひなた ユキ)=剛力彩芽 高木澄江(たかぎ すみえ)=宮下順子 江戸幕府 徳川斉昭(とくがわ なりあき)=伊吹吾郎 海防参与。 前水戸藩主。 阿部正弘(あべ まさひろ)=久松信美 江戸幕府老中。 徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)=小泉孝太郎 久世大和守(くぜ やまとのかみ)=津村和幸 榎本釜次郎(えのもと かまじろう)=山口馬木也 新選組 斎藤一(さいとう はじめ)=降谷建志 近藤勇(こんどう いさみ)=神尾佑 土方歳三(ひじかた としぞう)=村上淳 沖田総司(おきた そうじ)=鈴木信二 永倉新八(ながくら しんぱち)=水野直 藤堂平助(とうどう へいすけ)=住吉晃典 佐久間象山塾 川崎尚之助(かわさき しょうのすけ)=長谷川博己 象山塾の塾生。 出石藩士。 佐久間象山(さくま しょうざん)=奥田瑛二 江戸木挽町・佐久間象山塾の主宰。 松代藩士。 吉田寅次郎(よしだ とらじろう)=小栗旬 象山塾の塾生。 長州藩士。 勝麟太郎(かつ りんたろう)=生瀬勝久 象山塾の塾生。 諸藩 薩摩藩 大山弥助(おおやま やすけ)=反町隆史 薩摩藩士。 西郷吉之助(さいごう きちのすけ)=吉川晃司 大久保一蔵(おおくぼ いちぞう)=徳重聡 島津斉彬(しまづ なりあきら)=林与一 長州藩 桂小五郎(かつら こごろう)=及川光博 久坂玄瑞(くさか げんずい)=須賀貴匡 槇村正直(まきむら まさなお)=高嶋政宏 その他の諸侯 井伊直弼(いい なおすけ)=榎木孝明 彦根藩主。 官名は掃部頭(かもんのかみ)。 徳川慶恕(とくがわ よしくみ)=金子賢 徳川慶篤(とくがわ よしあつ)=杉浦太陽 松平春嶽(まつだいら しゅんがく)=村上弘明 松平定敬(まつだいら さだあき)=中村隼人 徳川慶福(とくがわ よしとみ)=葉山奨之 その他の諸藩士 板垣退助(いたがき たいすけ)=加藤雅也 土佐藩士。 宮部鼎蔵(みやべ ていぞう)=宮内敦士 肥後藩士。 真木和泉(まき いずみ)=嶋田久作 朝廷 孝明天皇(こうめいてんのう)=市川染五郎 岩倉具視(いわくら ともみ)=小堺一機 三条実美(さんじょう さねとみ)=篠井英介 近衛忠煕(このえ ただひろ)=若松武史 中川宮(なかがわのみや)=小須田康人 京都市井 大垣屋清八(おおがきや せいはち)=松方弘樹 小田時栄(おだ ときえ)=谷村美月 アメリカ合衆国 新島襄(にいじま じょう)=オダギリジョー ボストンの在米邦人。 リンカーン=? アメリカ合衆国大統領。

次の

NHKの大河ドラマ『八重の桜』の人物相関図などが載っている本を探している。

八重の桜 相関図

八重の桜 キャスト 真木和泉 八重の桜に、真木和泉が出ていたような?キャストされていたでしょうか。 歴史的には、清川八郎と並ぶ人物だそうです。 真木和泉は、真木保臣といって、久留米藩の藩士で尊王攘夷派の活動家なんだそうです。 なんで、真木和泉なのかというと、和泉守の官位を持っていることから、真木和泉或いは、真木和泉守とよばれていたそうなんです。 「八重の桜」では、そこは出てこないと思います。 どうも、登場するのは禁門の変あたりのようです。 だとすると、もうキャストされてますよね。 歴史的には、禁門の変で戦に敗れ自害するようです。 「八重の桜」にも禁門の変がありました。 会津と薩摩が結託し、蛤御門で長州を追いこむシーンですよね。 そこに、真木和泉がいたとか、いないとか・・・。 個人的に微妙です。 いたとすれば、キャストは誰なんでしょう。 調べてみると、いました。 真木和泉のキャストは、嶋田久作さんでした。 この顔、忘れるわけがない! ボーっとして見てたのかなー? 嶋田久作さんの演技は、特徴ありますからねー。 でも、禁門の変前後しか登場しないようなので、やっぱり忘れちゃう。 この、禁門の変以後、 薩摩藩は、考えを変えていくんですよねー。 でも、なんで長州と・・・。 ともあれ、時代は一気に動き出します。 新しい日本といいながら、根底にあるのは倒幕です。 「徳川憎し、会津憎し」この思いだけが、根強く残った戦だったのではないでしょうか。 さて、さて「八重の桜」で登場する、真木和泉はどのように描かれているのでしょうか。 期待したいですね。

次の