デュエルリンクス。 デュエルリンクス (でゅえるりんくす)とは【ピクシブ百科事典】

『遊戯王デュエルリンクス』「月光」で1ターン2回融合の仕方と、純粋な「月光」デッキレシピ

デュエルリンクス

スポンサードリンク コズサイをフル搭載しております。 さて、このデッキのメインギミックはなんといっても「土の巨人」。 まずはそのスキルのご紹介。 はい、まあ要するにライフが2000以下かつ場にブラマジが存在する場合、「メタモルクレイフォートレス」を置くことができる、というもの。 発動条件が二重に縛られていますが、ブラマジデッキでは容易にこの条件を満たすことができるため、 スキルが腐ることはまずありません。 なんなら「黒魔術のカーテン」1発でこのスキルの発動が可能になります。 詳しくは後述。 そしてそのスキルにより場に出てくるのがこの罠カードなのですが、 その正体は「自分の場のモンスターを装備扱いとして、その攻撃力分ステータスが上がるモンスター」。 自分の場のモンスター一体を装備扱いにしないと場に出れない罠モンスターなので、基本的にアドを稼ぐことはできません。 スキルで出すことができるのでアド損になるわけでもありませんが。 さらには他の効果を持たない脳筋のため、 考え無しに使ってしまうと普通に効果で処理されてしまいます。 さて、ではこのモンスターを出すスキルをなぜ採用するのか? まず一つ目、スキルで場に出るため奇襲性が高い点。 任意で発動できるスキルであるため、こちらが意図したタイミングで相手に処理を押しつけられることができるのが大きな強みです。 巨大決戦や闇のゲームのような強制発動型スキルと比べて、土の巨人の動向が相手からすると掴みづらく対策が取りづらいというのはあると思います。 そもそも「土の巨人」自体メジャーでないというのも大きなポイント。 さて続いての強みは、とにかく打点が高いこと。 基本的に場にブラマジがいることが条件となる上、ブラマジが最も場に出やすくステータスも高いため、 土の巨人で吸収するモンスターもブラマジになります。 そしてブラマジを吸収した土の巨人の攻守は3500。 これが強い。 昔からブラマジデッキを使われている方であれば頷いていただけると思いますが、ブラマジデッキは本当に打点が足りません。 ティマイオス等を引かなければ素の打点は2500どまり、 対象耐性持ちの高ステータスモンスターには基本的に手も足も出ない、というのが常でした。 しかしこの土の巨人はステータスは申し分無し、そしてスキルにより出てくるため事故要因にもなりません。 つまりティマイオスのように引ければ突破できるけど引けなくて負ける、という事故筋を潰すことができるわけですね。 純粋に強い高火力モンスター、これが土の巨人の2つ目の強みです。 そして続いては即効性が高い点。 実はこのカード、スキルにより場に置いたターンでも発動可能なんですよね。 黒魔術のカーテンのように召喚制限がかかる場合はさすがに同一ターン中に併用は出来ませんが、 基本的には即発動も可能ということになります。 これが何より強い点であり、 ブラマジが相手の効果の対象になった時に発動してサクリファイスエスケープに使ったり、 バトルフェイズ中 ブラマジで攻撃した後に土の巨人を発動させて3500打点を叩き込むなど、 使い道は多彩。 さらにオマケでここが強力な点なのですが、 ブラマジはモンスターゾーンにいなくても、土の巨人の装備状態になっていると 墓地のナビゲートの効果を発動できます。 これが強力で、2回ほど装備状態のブラマジのおかげで救われた記憶があります。 ちなみにですが、「黒魔術のカーテン」の召喚制限と土の巨人は相性が悪い、と思いがちですが、 実はそうではありません。 意外とよくあるブラマジの事故盤面、特に黒魔術のカーテンは使ったあとはスキだらけで敬遠しがちですが、 土の巨人のおかげでそのリスクを最小限に抑え込むことができる、というわけです。 さて、「土の巨人ブラマジ」のプレゼンは以上となります。 かなり長くなったのでブラマジデッキ自体の立ち回りは割愛。 というかこれまで何度も記事にしてるので良いか。 ではまた次回お会いしましょう。 さようなら。

次の

デュエルリンクス (でゅえるりんくす)とは【ピクシブ百科事典】

デュエルリンクス

1ターンに2回融合!? 「月光融合」があるのに「融合」もある理由は ・融合召喚をしやすくする ・1ターンに2回できる からです。 「月光融合」は「月光黄鼬」からサーチすることができますが、 1ターンに1回しか使えないのです。 解説します。 「月光翠鳥」の効果を発動し、「月光黄鼬」を手札から墓地に捨て、デッキからカードを1枚ドロー。 デッキから「月光融合」をサーチ。 フィールドの「月光翠鳥」を手札に戻し、墓地から「月光黄鼬」を特殊召喚。 この時、墓地から効果で特殊召喚されている「月光黄鼬」は、効果により除外されます。 「月光舞猫姫」を融合召喚。 簡単ですね。 え? 引き運? そればかりはどうしようもないです。 「月光白兎」も使えるぞ ちなみに。 「月光白兎」には 「このカードが 召喚に成功した時、「月光白兎」以外の 自分の墓地の「ムーンライト」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを 守備表示で特殊召喚する」 という効果があります。 この効果で墓地の月光モンスターを特殊召喚。 そのカードを持ち主の手札に戻す。 」 の効果で 相手の魔法罠を手札に戻し さらに 墓地の「月光黄鼬」の効果を使えば……。 手札が「融合」「月光白兎」の2枚しかなくても、墓地に「月光黄鼬」ともう1体月光モンスターがいれば、3体融合で「月光舞剣虎姫」が出せちゃえます。 ぜひお試しあれ。

次の

【デュエルリンクス】最強デッキランキング【最新版】

デュエルリンクス

こんばんは、今日は地道に調整を重ねて完成した月光デッキの召喚をしようと思います。 自分は先攻やる事ない問題を解決する為にを混ぜて先攻を立てるプランを取りました。 除去があまり得意ではない為ラヴァゴを積んでいます。 プルガトリオの成立にもつながる為強いと思います。 最近はバック構えてくるデッキがあまり多くない為、コズサイは今回積みませんでした。 後攻ワンキルされない為にカイトロイドルを採用しています。 月光デッキとは? 月光とは融合モンスターで戦うビートダウンデッキです。 月光モンスターは効果で墓地に送られた場合に効果を発動するモンスターが多いので融合素材にして効果を発動させていきます。 このターン、相手モンスターはそれぞれ1度だけ戦闘では破壊されず このカードは全ての相手モンスターに2回ずつ攻撃できる。 相手に100ダメージを与える。 ライフを一瞬で奪える融合モンスターです。 戦闘で破壊されないので場持ちが良いです。 相手の場にモンスターが立っている場合、相手の攻撃力を0にできる月光モンスターが居るので ライフを一瞬で0にする事が出来ます。 リリース素材も月光融合さえ打てれば解決出来ます。 そのモンスターの攻撃力をターン終了時まで0にする。 その発動を無効にし、お互いのプレイヤーは1000LP回復する。 このデッキのワンキル支えるカードです。 相手の場のモンスターを攻撃力を0に出来るのでワンキルを簡単に狙いに行く事が出来ます。 また墓地に存在する場合、対象を取るカードから月光モンスターを守る事が出来るのも強力です。 手札から「ムーンライト」カード1枚を墓地へ送り、自分はデッキから1枚ドローする。 そのモンスターを守備表示でする。 この効果でしたモンスターの効果は無効化される。 手札交換と墓地送られた場合、レベル4以下の月光を釣り上げる事が出来ます。 猫姫の効果を起動する際のリリース素材を確保する事出来るのでワンキルの難易度が一気に下がります。 そのカードを持ち主の手札に戻し、このカードを守備表示でする。 この効果でしたこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 デッキから「ムーンライト」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 手札、墓地に存在する場合、場の月光を手札に戻してする効果と墓地に送られた場合、月光魔法、罠カードをサーチ出来ます。 月光魔法サーチが重要で月光融合をサーチするのが仕事です。 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 相手フィールドに、EXデッキからされたモンスターが存在する場合には 自分のデッキ・EXデッキの「ムーンライト」モンスターも1体まで融合素材とする事ができる。 このデッキのキーカードです。 相手の場にからされたモンスターが居る場合、デッキから「1体まで」デッキからモンスターを墓地に送る事が出来ます。 融合素材をデッキから用意出来るので強いです。 そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで3000アップする。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 このデッキの制圧を担当するモンスターです。 出した場合大体攻撃力3600、相手の効果の対象に取られない為、底無しの落とし穴食らわない限りこいつで攻撃し続けるだけで勝てる場合も多いです。 ミラーだと打点が凄い事になります。 攻撃力を3000あげる効果は使った事がないです。 実際に使っている試合、良いログが取れたらにあげていこうと思います。

次の