久保 ゴール マジョルカ。 久保建英はなぜ低調だったのか? ビルバオによる新たな守り方と孤立したマジョルカの右サイド

久保建英フル出場も無得点、マジョルカ1-3で敗戦

久保 ゴール マジョルカ

マジョルカの日本代表MF久保建英(19)は24日、敵地で行われたレンタル元のレアル・マドリード戦にフル出場を果たした。 敵将のジネディーヌ・ジダン監督(48)から称賛を受けるなどまた評価を高め、外国人枠(EU圏外枠)の障害がある来季のレアル復帰へ、猛烈にアピールした。 後半17分、敵陣でボールを拾った久保は、鋭い反転でいとも簡単にドイツ代表MFクロースを抜き去ると、ダブルタッチでスペイン代表DFセルヒオラモス、さらにフランス代表DFマンディもかわして最後は右足を強振。 シュートは惜しくも枠を外したが、世界トップ3人相手に驚異の3人抜きで、その成長ぶりを改めて証明してみせた。 久保にとって何よりアピールが重要な試合だった。 昨夏、FC東京からRマドリード入り。 開幕前の合宿はトップチームに同行し実力も認められたが、3人のEU圏外枠との兼ね合いもあり、マジョルカに1年の期限付き移籍となった。 そのマジョルカではこの日で7戦連続先発。 攻撃陣の主軸に成長し、来季の去就にもより注目が集まり始めた。 ブラジル代表FWビニシウスのスペイン国籍取得が間近に迫っているとされ、その1枠を巡って久保も含めた熾烈(しれつ)な争いが水面下で勃発。 その中で、久保は3人抜きのほか前半16分に直接FKを蹴るなど存在感を示した。 ジダン監督は「彼は素晴らしい試合をした。 俊敏だし常にゴールに向かってプレーしている」と称賛。 来季の去就については「この先どうなるか見てみよう」と明言を避けたが、その成長ぶりに驚きを隠せない様子。 地元メディア「デフェンサ・セントラル」も「レアルDF陣に最も脅威を与えた。 彼の質は無限大」と大絶賛で、マルカ紙もチームトップ評価の2点(3点満点)を与えた。 アス紙によれば、久保の獲得に興味を示すクラブはパリSGやACミランなど名門の名前がズラリ。 ただ久保の視線はレアルのトップチーム昇格のみのようで、残りのシーズンでのさらなるアピールが期待される。

次の

絶賛に次ぐ絶賛!初ゴール久保にマジョルカ監督

久保 ゴール マジョルカ

スペイン1部18位と降格圏に低迷するマジョルカが7日、アウェーで同16位のエイバルと対戦。 今季アウェー13試合目にして初勝利を挙げた。 一方、MF乾貴士(31)をベンチ外としたエイバルはホームで手痛い黒星。 降格圏まで勝ち点差2と迫られた。 リーグ戦3試合連続の先発となった久保は前半41分、右サイドから中央へ顔を出しボールを受けると体を張ってFKを獲得。 この左サイドでのFKをMFダニ・ロドリゲスがゴールに向かう軌道で鋭いボールを蹴り込むと、そのまま直接ネットを揺らし先制点が生まれた。 1点リードで後半へ折り返すと久保に2試合ぶりとなる一発。 右サイドで相手のボールをカットしたMFポゾがそのまま攻め上がってゴール前の久保にパス。 久保は正面のDF2人を視界に入れながらも細かいフェイントから迷いなく右足を一閃。 相手DFの股を抜けたボールは左ポスト内側に当たりながらゴールネットに吸い込まれた。 バイタルで前向いただけでワクワクするし、一つ一つが上手い。 調子がいいのが伝わってくるよね— まあくん kikkori3 久保くんゴール! dfの股間抜くこと多いし、厄介なプレイヤーになってきたぞ。 マジョルカ久保建英が今季3点目、貴重な追加点でアウェー初勝利に導く gekisaka — ゲキサカ gekisaka マジョルカって今季アウェイ初勝利なんか…。 でも勝てて良かった。 おめでとう🎉— understandユイ underst32541969 マジョルカはパフォーマンスしなれてないからクセが強い — ベッツ niburi1• 13,233• 727• 866• 995• 1,254• 924• 1,196• 954• 1,063• 427• 668• 852• 951• 1,044• 1,153• 929• 1,156• 823• 464• 9,594• 574• 573• 371• 700• 328• 747• 733• 342• 671• 577• 743• 344• 749• 667• 471• 268• 526• 446• 332• 775• 594• 107• 2,261• 125• 534• 112• 306• 470• 100• 1,118• 226• 1,897• 1,577 月別.

次の

久保建英 移籍後初ゴール!「動画」海外・国内・韓国の反応は!? | Nomada

久保 ゴール マジョルカ

【パルマデマジョルカ(スペイン)10日=高橋智行通信員】日本人の4大リーグ史上最年少得点を挙げたマジョルカMF久保建英(18)が10日のビリャレアル戦後、ビセンテ・モレノ監督から絶賛された。 初得点だけでなく、3得点全てに絡んだことに「素晴らしい選手。 もっと良くなる」と期待を込められた。 モレノ監督の絶賛が止まらない。 「今日は久保がスタメン出場し、我々が勝利した初の試合。 彼は素晴らしい選手であるし、もっと良くなるだろう。 でも成長するために彼には落ち着きを与えなければいけない。 彼はチームに貢献し、より頻繁に攻撃と守備に顔を出していた。 すごいゲームをやってくれたよ」。 攻守での信頼感を寄せた。 久保の初得点となった3点目については「とても重要なもの。 2点差は非常に危険な点差。 しかしあのゴールは我々に落ち着きや安らぎを与えてくれるものになったし、終盤、最高の形で臨むことができたんだ」と感謝するように言った。 好プレーの久保を後半22分にベンチに下げたことについては「チームをリフレッシュさせるため」と説明した。

次の