花 お盆。 初盆のお供え花特集 プリザーブドフラワー専門店 サンクスブーケ

~お花を贈る時~ 【お盆・新盆・初盆】に贈る

花 お盆

新鮮な花をお届け 全国のお花屋さんが その日、その地域で 新鮮な花を厳選• 地域に合わせたご供花 地域ごとに違う ご供花の風習も おまかせください• 当日中のお届けも 朝10時までの ご注文で 当日中にお届け お盆の花・初盆の花を贈る お盆の期間は地域によって違いがありますが、関東や都市部では7月盆、関西や地方では8月盆が一般的とされています。 お盆や初盆のご供花は、盆入り前に準備することをおすすめします。 ご供花も地域ごとに風習が違う場合があります。 全国約1,200店のイーフローラ加盟生花店は、それぞれの地域に店舗を持ち、その土地の風習やマナーをよく知る花のプロ。 だから、地域ごとの風習が大切なお盆や初盆、ご法事の花もご安心しておまかせください。 お線香やお菓子など、お盆・初盆に欠かせない品 お供えと一緒に花を贈る お盆・初盆のご先祖供養の際、花と同じくらい欠かせないものが、お供えの品です。 お線香やお菓子など、全国の花屋が選び抜いたお供えの品を、花と一緒に心を込めてお届けします。 お線香と一緒に花を贈る お線香の煙には「仏様の食べ物」「あの世とこの世の橋渡し」「自分の身とその場を清める」などの意味があるとされています。 ご法事やお参りに欠かせないお線香を、お盆・初盆の花と一緒にお贈りいただけます。 お菓子と一緒に花を贈る ご仏壇にお供えするお盆のお菓子としては、日持ちのするおせんべいや羊羹、干菓子、クッキーなどが適しています。 全国の花屋が、お盆・初盆の花と一緒に心を込めてお届けします。 地元の花屋が風習に合わせておつくりします お盆のおまかせ商品 地域に合わせたご供花をおつくりします お盆・初盆のご供花は、関東や関西など地域によって違いがあるもの。 ご供花をお贈りする際、「こちらでは一般的なご供花だけど、あちらの地域では大丈夫かな?」という不安を感じたことはありませんか? そんな不安を解消できるのが 「お盆のおまかせ商品」です。 「お盆のおまかせ商品」は、ご供花のデザイン・制作を花屋におまかせいただくご注文方法。 「地域に合わせて」「白を基調に淡く」「色とりどりに」の3つの色合いから、お届け先様に合わせてお選びいただけます。 ご来店の10日前からご予約可能。 ご希望の日・お時間にあわせて花をご用意します お盆・初盆の花を、来店予約で WEB上から花屋へのご来店をご予約いただくと、お約束のお時間までにご希望のフラワーギフトをご用意する便利なサービス「 来店予約」。 お受け取り当日にお待たせすることなく花をお渡しします。 ご法事やお墓参りの日程・お時間に合わせてご予約いただければ、当日お出かけの際に花を受け取ることも可能です。 「ご供花はどんな花がいいの?」「故人が好きだった花をお供えしたい」「お墓にお供えする一対の花が欲しい」そんな疑問やご要望も、事前に花屋にご相談いただけます。 全国ネットワークのイーフローラだから、ご訪問先近くの花屋の来店予約も可能。 地元の花屋ならその地域のご供花の風習に詳しいので安心です。 また、ご来店10日前からのご予約が可能です。 15時までのご予約でその日のうちにご来店いただけます。 心を込めてお届けしたい。 風習やマナーにきちんと沿ったお盆・初盆のご供花をお贈りしたい。 そんな時は、全国花屋ネットワークのイーフローラにおまかせください。 イーフローラに加盟する花屋は、北海道から沖縄まで全国約1,200店。 これらはすべて、イーフローラが定める一定の水準を満たしたプロであり、全国それぞれの地域に実店舗を持ち対面販売をしている、地域に根ざした「街のお花屋さん」です。 その地域の風習やマナーをよく知り、いざという時に頼りになる花のプロばかり。 だから、地域ごとの風習が大切なお盆・初盆の花やご法事の花も安心です。 地元の花屋としての強みと、全国約1,200店のネットワークを最大限に活かして、お盆・初盆の花をお届けします。 施設で行われるご法事にもお花をお届けします お別れの会やご慰霊の会など、会館や法要式場などで行う式典にも、花屋がご供花をお届けします。 式典の開始時刻、会場となる部屋を事前にご確認いただいたうえで、花屋にご相談ください。 事前に法要式場にご確認ください。 2020年の全国各地のお盆の時期は? 関東地方など:7月13日(月)〜16日(木) 関東地方では、新暦でお盆を行う地域が多いようです。 理由としては、明治5年に旧暦から新暦に切り替わった際、明治政府のあった東京やその周辺の地域、都市部などは令に従い新暦を積極的に採用し、その流れでお盆も新暦で行うようになったという説が有力です。 北海道、関西地方など:8月13日(木)〜16日(日) 新暦を基準とはするものの、旧暦のお盆になるべく合わせるために1ヶ月遅れの8月とする地域が多いようです。 理由としては、明治政府から離れた地域では、新暦が採用されたとはいえ、やはり昔からの慣習を守りたいという気運があったからと言われています。 沖縄、奄美地方など:8月31日(月)〜9月2日(水) 沖縄や奄美地方は、旧暦をとても重視する地域が多く、旧暦の7月13日〜15日にあたる日にお盆を行います。 2020年のお盆は、8月31日(月)〜9月2日(水)となります。 沖縄では現在でもさまざまな行事を旧暦で行いますが、中でも「シチグヮチ」とも呼ばれるお盆はその代表的なもの。 「家族を大切に、祖先を大切に」という考えの強い沖縄では、お盆は一年で最も大切な行事です。 お盆・初盆の花を贈るならイーフローラで。 便利な各種サービスや花屋の手渡しお届け (送料無料)も 商品一覧 お供え・お悔やみ 目的別の特集へ• お供えやお悔やみの花は、故人の魂を慰め、ご家族の悲しみを癒してくれるもの。 全国の花屋が、心を込めてご供花をおつくりします。 花でご先祖様をお迎えしましょう。 地域によって違いがありますが、関東や都市部では7月盆、関西や地方では8月盆が一般的です。 ご供花は地域のお花屋さんにおまかせください。 お盆入り前のお届けがおすすめです。 毎年一度の「祥月命日(しょうつきめいにち)」や、毎月訪れる「月命日」があります。 いずれの命日にも、ご供花は欠かせないものです。 通夜は、主に親族が故人の成仏をお祈りする場。 告別式は、故人と関係のあった方々が葬儀において故人とお別れを告げる仏教の儀式です。 大切な家族であるペットをなくされた方の悲しみに寄り添い、ペットの安らかな冥福を祈るご供花をお贈りしましょう。

次の

お盆に手向ける花2020年【イーフローラ】のお供え用花特集

花 お盆

どうしてお盆に花を供えるの? お盆とは先祖供養のために行われる日本古来の儀式で、あの世に旅立った祖先がこの世に帰ってきて家族と一緒に過ごす期間とされています。 その際に、お墓や仏壇に灯明や線香、花、果物、盆菓子を供えて先祖を迎え、感謝を伝えます。 お盆のお供えに花を準備するときのマナー・注意事項 どんな花にするのか 地域や家庭・宗派によって多少の違いはありますが、トゲのある花、香りの強い花、毒のある花、つる性の花はお供えにふさわしくないとするのが一般的です。 そのため、バラや彼岸花、ユリなどは避けた方がいいとされています。 また、花がボトッと落ちる様子から縁起が悪いとされる椿や暗い印象を与える黒い花も控えるようにしましょう。 ただし、最近では故人が好きだった花を供えることもあり、そこまで気構える必要はないという意見もあります。 家族の行事なので、迷ったときは両親に相談するのが安心です。 花の本数・形 花数は3、5、7本のいずれかに揃えるのが一般的です。 これは、慶事の際は奇数がいいとされている日本の風習に加えて、お墓に供えきれないからです。 花束は左右に供えるので1対(2束)用意し、神事に用いられる榊のようにひし形に整えて供えるようにしてください。 花をお供えする時期 お盆の時期は地域によって異なり、関東地域は7月13日~16日、それ以外は8月13~16日に行われます。 また、旧暦の7月15日に行う地域もあるため、事前に家族の風習を確認しておきましょう。 花やお供えものは7月(8月)12日に準備することが多いので、花を贈る場合は相手の在宅を確認した上で、準備に間に合うようにすると親切です。 花を贈るときの注意点 新盆の場合は花色を白で統一し、2年目以降は色のある花を合わせたものにします。 直接赴けずお花だけを届ける場合は、気持ちを込めたメッセージカードや手紙を添えて贈ると喜んでもらえますよ。 お盆のお供えにおすすめの花 お供え用の花を選ぶときは、白・黄色・紫の3色をメインに、差し色にピンクや赤といった明るい色を入れていくのがまとまるコツです。 本数を少なめにすると、供えきれないということがなく安心です。 菊 お盆の花の定番「菊」は邪気を払うとされており、花びらがあまり散らず長持ちであることから、仏花に古くから用いられてきました。 菊は「高尚」「高貴」「清浄」「真実の愛」という花言葉をもっており、白は「誠実」「真実」、赤は「愛情」と色ごとにも花言葉があります。 リンドウ 「誠実」「あなたの悲しみに寄り添う」という花言葉をもつリンドウは、 釣り鐘のような形をした青紫色の花がさり気ない華やかさを演出してくれる仏花に人気の花です。 キンセンカ キンセンカの花言葉は「慈愛」「別れの悲しみ」です。 濃い黄色や赤、オレンジといったあたたかい色の花で、大振りなためボリュームを出してくれます。 スターチス 「変わらぬ心」「途絶えぬ記憶」という花言葉をもつスターチスは、花が長持ちで花びらも散らないことから仏花によく用いられます。 細かい花が集まった様子が、仏花に彩りを添えてくれますよ。 トルコキキョウ トルコキキョウは、真っ白なものや紫に縁取られたものが仏花によく用いられています。 「清々しい美しさ」「優美」という花言葉からも、さわやかな印象を与えてくれそうですよね。 アイリス アイリスの花言葉は、「よい便り」「あなたを大切にします」です。 ゆったりと垂れ下がる大きめの花が、華やかで優雅な花束に仕立ててくれます。 グラジオラス 「楽しい思い出」という花言葉をもつグラジオラスは、水揚げがよく、お供えしてからも長く花を咲かせてくれます。 花は大きくゴージャスな印象です。 カーネーション 母の日に贈るイメージが強いカーネーションも、仏花によく用いられる花の1つです。 特に「尊敬」「私の愛情は生きている」という花言葉をもつ白のカーネーションがよく添えられています。 ミソハギ ミソハギは「盆花」と呼ばれるものの1つで、体の汚れを祓う禊(みそぎ)に古くから用いられてきたことから「精霊花」「仏様花」と呼ばれています。 花言葉は「悲哀」「慈悲」「純真な愛情」です。 お盆でお供えする花は故人を思って準備しよう 命の尊さと儚さを私たちに再確認させるために、お墓や仏壇に花が添えられます。 故人を偲び、今生きていることに感謝の気持ちを込めてお盆の花を準備し、集まった家族や友人と思い出話をしながら、「今」を改めて考えてみる機会にしたいですね。 更新日: 2015年06月06日 初回公開日: 2015年06月06日.

次の

花キューピットのお盆(新盆・初盆)2020|フラワーギフト通販なら花キューピット

花 お盆

お盆に仏壇やお墓にお供えする花の選び方は? まずは、お盆に飾る花の選び方について解説します。 色は三色(白・黄・紫)か五色(白・黄・紫・赤・ピンク)が基本 仏事にお供えする花の色に 厳格の決まりはありませんが、落ち着いた色合いでまとめるのが良いとされています。 オーソドックスな色は「白・黄色・紫」がメインの三色構成。 または、差し色として「赤・ピンク」を加えた五色にすると、明るく見栄えもよくなり、バランス的にもまとまりがよくなります。 ただし、初盆の場合は白を基調とした淡い色の花でまとめるのが一般的。 飾った際のバランスも考慮して選ぶ お墓の前には、花瓶の代わりとなる供えた花をたてておく「花立」があり、通常は左右に1つずつ用意されています。 なので、 飾った際の花のバランスも考えて選ぶことが大切です。 また、花立はあまり大きくないので、花を飾れないほどたくさん用意しないように気を付けましょう。 亡くなった方が好きだった花や好きな色の花を選ぼう お盆の花には定番やマナーが少なからずあります。 しかし、お盆はあくまでご先祖様や故人を偲び供養することが目的。 最低限のマナーさえ守れるなら、 必ずしも定番やルールにこだわる必要はありません。 故人が生前好きだった花、好きな色をご存知の場合は、仏壇やお墓にその花を飾ってみてはいかがでしょうか。 もちろん周りのお墓に迷惑が掛かるような種類の花や飾り方はNGですが、偲ぶ気持ちを大切にして、なるべく故人が喜ぶような花をお供えしてあげてください。 お盆のお供え用に最適な花の種類 まず、基本お供えの花の種類に決まりはありません。 しかし、仏事に選ばれやすい定番の花、あまり相応しくないと考えられている花はありますので、以降でご紹介します。 菊 お盆をはじめ、お供え用の花の定番といえば 「菊」。 迷ったら菊を選んでおけば間違いないと言えるほど、弔事ではよく用いられています。 昔から、菊は邪気を祓う力があると信じられてきた花です。 そして、 何より良いのは「長持ち」するところ。 日持ちする花だからお盆の期間中に枯れる心配があまりなく、枯れた際にもあまり散らからないことから、日本では伝統的に菊が仏花に選ばれてきました。 また、菊の花はカラーバリエーションも豊か。 仏花に最適とされる白と黄色、アクセントになる赤やピンク、爽やかなブルーも揃っています。 お盆のお供え用としては非常に選びやすい花です。 リンドウ 仏花に最適とされている紫色の花を咲かせる 「リンドウ」もおすすめ。 色は紫の他に、こちらもお盆に相応しい白やピンク、スッキリした青などの種類もあります。 派手ではないけどさり気ない華やかさがあるところも人気の理由。 ミソハギ 「ミソハギ」もお盆に飾られる代表的な花です。 別名「精霊花」「仏様花」とも呼ばれています。 紫色の小さな花を穂状に咲かせる可憐な花。 ミソハギはちょうどお盆のころに開花するのも人気の理由でしょう。 さらに、 ミソハギについた露をお盆に帰ってくる仏様が好む、または仏様は水がほしくてもミソハギについた露でなければ口にされない…という言い伝えもあるほど、お盆にはピッタリの花なのです。 ユリ 優雅で凛とした姿が目を引く 「ユリ」も菊と同じく仏教行事では人気の花。 結婚式の花束にもよく用いられていますね。 種類はさまざまで、中でも気品さがあり、 白色の花を咲かせるカサブランカという品種がおすすめ。 他にも、黄色やピンク色のユリもありますよ。 色がお盆に相応しく、見た目も華やか。 なので、メインの花として、ユリを中心に他の花を合わせるのが良さそうです。 カーネーション 母の日のイメージが強い 「カーネーション」も、仏花としてよく選ばれている花のひとつ。 日本では赤色のカーネーションが有名ですが、他にも 白、ピンク、黄色、オレンジ、紫があります。 黄色や紫もいいですが、 やはり白色のカネーションが一番おすすめ。 「私の愛情は生きている」という白カーネーションが持つ花言葉も、お盆という行事性にマッチしていますからね。 供養の気持ちと故人への愛情を一緒に表したような花です。 その他のお盆に相応しい花 上記以外にも、お盆花として相応しい花はたくさんあります。 紫の花が咲き、お盆の頃に最盛期となる 「桔梗」• 黄色やオレンジなど温か味のある色の花をつける 「キンセンカ」• 青紫の優雅な花で、「よい便り」という花言葉を持つ 「アイリス」• 大ぶりで華やかさのある白やピンクの花が咲く 「グラジオラス」 この辺の花もお盆花として選ばれている人気の花です。 お盆花には向かないとされている花 上記で紹介した花とは反対に、お盆のお供え用にはあまり向かないとされている花もありますので、併せて紹介します。 花は左右にお供えするので、2束で1対として用意します。 お墓の花立はさほど大きくないため、多すぎてもお供えできなくなってしまいます。 花は少なめに3~7本くらいの本数を用意するようにした方がいいですよ。 飾る際の花の向き 飾った際の花の向きにもポイントがあります。 花をお供えする向きは主に3つ。 ご先祖様や故人の魂を供養するためなのだから、向上相が正しいように思えるでしょう。 しかし、仏花は仏様の慈悲の心を表したものだと考えられているため、仏様の慈悲をいただくという意味で供養する側に向けて飾られるようです。 同時に、供養する人の心を清めるという意味もあるのだとか。 生花ではなく造花はNG?OK? 結論から述べますと、 お盆花は造花でも一応OKです。 むしろ、地域によっては昔から造花をお供えしているケースもありますから。 お盆に備える花として大事なポイントが「長持ちする」ところ。 枯れた花を飾るのは気分の良いものではありませんし、周囲からの印象も悪く、片付けるのも手間です。 特に夏の時期は暑さで枯れやすいので、その心配がない造花を飾るのは合理的とも言えます。 もちろん、生花には造花にない生きた美しさがあり、枯れる姿にも命や一生の儚さを感じさせるものがあります。 また、造花は「死に花」とも呼ばれるため、相応しくないという意見も聞きます。 どちらを選んでも間違いではないので、それぞれの都合や意見を参考にして選んでください。 お盆に帰ってくる故人の魂が喜ぶ花を選ぼう お盆に仏壇やお墓にお供えする花には、実は絶対の正解はありません。 最低限のマナーを守り、周りの迷惑にならない花であれば、どんな花でも大丈夫です。 それでも、地域や宗派のしきたりや風習は一応確認しておくといいでしょう。 故人を偲び供養する想いが大切です。 なので、難しく考えず、故人が生前好きだった花や色にするのも一つの選び方。 どうしても迷ってしまう場合は、菊やミソハギ、リンドウのような定番の花がおすすめ。 何度も言いますが、大事なのは感謝と偲ぶ気持ちを込めてお供えすることですから。 あの世からご先祖様や故人の魂をお迎えする際は、故人が喜んでくれそうな花を選び、思いを馳せながらお墓や仏壇に花を飾ってあげてください。 【お盆の準備に参考になる記事】.

次の