サントリー ボス 回収。 サントリー クラフトボス ミルクティーに微生物混入?健康被害やお問い合わせでクオカードは?

【サントリー クラフトボス ミルクティー 500mlペットボトル】およそ170万本を自主回収…何があった?

サントリー ボス 回収

【サントリー クラフトボス ミルクティー 500mlペットボトル】およそ170万本を自主回収…いったい何があった? 【サントリー クラフトボス ミルクティー 500mlペットボトル】およそ170万本を自主回収となりました。 いったい何があったのでしょうか? 製造元の【サントリー食品インターナショナル】曰く、 ペットボトル入りのミルクティーの成分が分離して味が変化した商品が見つかった とのこと。 自主回収量はおよそ170万本と発表しました。 これまでに健康被害は確認されていないとのことです。 健康被害がないことを祈ります。 自主回収の対象商品は? 【サントリー クラフトボス ミルクティー 500mlペットボトル】が自主回収となるのですが、 対象商品は、青いキャップの下の部分に 賞味期限「2020年08月」、末尾の製造所固有記号が「/JJ」 と記載されている商品とのことでした。 皆さまよく見てくださいね! どうして今回発覚し、【自主回収】至ったのか? 製造元の【サントリー食品インターナショナル】の発表では、 先月、商品を購入者から店舗宛てに 味が「酸っぱく感じる」 という指摘があったとのこと…。 製造元が、調べると 「紅茶と乳成分が分離し味が変化していた」 ことが判明したようです。 これに気づいた購入者の方は本当にすごいです。 味覚障害の人間が増えている日本でこのように気づかれる方もいらっしゃるんですね…。 私は気づけないだろうな…と思いました。 考えられる原因は? 製造元の【サントリー食品インターナショナル】考えられる原因として、以下を述べています。 今の所、健康被害はないとのこと。 よかったです。 製造元も衛生面には十分気を付けているかと思います。 それでも起きてしまった今回のトラブル…。 対象のおよそ170万本を回収するそうです。 私も結構この商品は飲みました。 最近はホットを購入していたので、対象商品は飲んでいないかと思っていますが…。 消費税増税でネットで大量購入している方もいるかと思いますし、全国に出回っているので、今回の回収は製造元も大変かもしれませんね…。 今回改めて【微生物混入】について考えた。 異物混入であれば、目に見えたり、口に入れた段階で気づくかもしれませんが、【微生物】となるとわかりません。 【清涼飲料水製品の微生物的危害要因】について全国清涼飲料連合会がまとめているものを見ることができました。 以下リンクです。 清涼飲料水製品の代表的な生物的危害要因とは? 清涼飲料水製品の代表的な生物的危害要因としては、微生物に起因する食中毒発症 とのこと。 自然界には多くの微生物が存在しており、清涼飲料水の製造時において付着すると考えられる微生物は 細菌類と真菌類 カビ・酵母 とのことでした。 要因としては【土壌】が最も多いと考えられているとか…。 他には以下の場合も考えられるようです。 本当に製造元は大変ですね…。 上記内容を聞いただけで頭がおかしくなりそうです。 どうやって防ぐのか? このような微生物発生の原因は 加熱殺菌不足 とのこと。 加熱殺菌不足によって微生物の生残と密封不良による微生物の混入につながるそうです。 簡単にコンビニでペットボトル飲料を購入していましたが、このような大変な作業と努力の上に出来上がったものかと思うと、気持ち的に簡単に飲めなくなりそうです。 しかし、このような食品製造業の方々はすごい大変なお仕事をされていますね…。 感服いたします。 今回の回収を巡って…。 本当に今回の回収にあたって、味の変化に気づかれた消費者の方は本当にすごいと思いました。 あと、大量生産という製造作業のなかで衛生面に気をつけながらの大変なお仕事をされている清涼飲料の製造工場の方々もすごいと思いました。 私たち人間の口に入り、体内に影響する食物のこと、あらためてキチンと考え直し、自分がどういったものを口にするのか考えなくてはとも思いました。 いろいろ考えていくと、ペットボトルのようなプラスチック製品のごみ問題までにつながりますね…。 しかし、170万本も回収…たいへんです。 以下リンクは製造元の【サントリー食品インターナショナル】です。 回収方法等詳しく載っていますので、必要のある方は参照されてください。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。 suntory. html.

次の

サントリーお客様センター(Q&A・お問い合わせ)

サントリー ボス 回収

サントリークラフトボスが微生物残留で自主回収 サントリーは人気商品クラフトボスの自主回収を発表しました。 該当商品は 「サントリー クラフトボス ミルクティー 500ミリリットル ペットボトル」 クラフトボスの中味成分が分離して、香味の変化が確認された商品が分かったため、万全を期すために自主回収に踏み切ったそうです。 対象本数は約7万ケース(約170万本)にまで及ぶとのこと。 なお キャップがオレンジ色のホットは対象外だそうです。 クラフトボスに微生物が残留した原因 クラフトボスのボトルかキャップに微生物が付着、また製造工程の管理状況など複合的に関連しているようです。 一部の商品に微生物が残留した可能性があるとのことです。 サントリークラフトボスの自主回収商品の確認方法は2つ サントリークラフトボスの自主回収となった対象商品の確認方法は 賞味期限と製造所固有記号です。 青いキャップの下部に記載されているので、もしサントリークラフトボスのミルクティ(ホットは除く)を購入した場合は一応確認しましょう。 もし自主回収の対象商品であれば、以下のサイトで回収受付を行っています。 ただ微生物が入った飲み物を飲んだ時に下痢になる可能性は十分に考えられるし、微生物の種類にもよるかと思いますが下痢以外の症状が出る可能性も考えられます。 また逆に飲んでも何も症状が出ない可能性もあります。 もしクラフトボスのミルクティ(ホットを除く)を飲んで体調が悪くなったら、飲んだペットボトルが残っていれば賞味期限と製造所固有記号を確認するのが良いと思います。 記事作成時点で、健康被害の報告は上がっていないとのこと。

次の

サントリークラフトボスの微生物残留で自主回収|商品の確認方法は2つ

サントリー ボス 回収

【サントリー クラフトボス ミルクティー 500mlペットボトル】およそ170万本を自主回収…いったい何があった? 【サントリー クラフトボス ミルクティー 500mlペットボトル】およそ170万本を自主回収となりました。 いったい何があったのでしょうか? 製造元の【サントリー食品インターナショナル】曰く、 ペットボトル入りのミルクティーの成分が分離して味が変化した商品が見つかった とのこと。 自主回収量はおよそ170万本と発表しました。 これまでに健康被害は確認されていないとのことです。 健康被害がないことを祈ります。 自主回収の対象商品は? 【サントリー クラフトボス ミルクティー 500mlペットボトル】が自主回収となるのですが、 対象商品は、青いキャップの下の部分に 賞味期限「2020年08月」、末尾の製造所固有記号が「/JJ」 と記載されている商品とのことでした。 皆さまよく見てくださいね! どうして今回発覚し、【自主回収】至ったのか? 製造元の【サントリー食品インターナショナル】の発表では、 先月、商品を購入者から店舗宛てに 味が「酸っぱく感じる」 という指摘があったとのこと…。 製造元が、調べると 「紅茶と乳成分が分離し味が変化していた」 ことが判明したようです。 これに気づいた購入者の方は本当にすごいです。 味覚障害の人間が増えている日本でこのように気づかれる方もいらっしゃるんですね…。 私は気づけないだろうな…と思いました。 考えられる原因は? 製造元の【サントリー食品インターナショナル】考えられる原因として、以下を述べています。 今の所、健康被害はないとのこと。 よかったです。 製造元も衛生面には十分気を付けているかと思います。 それでも起きてしまった今回のトラブル…。 対象のおよそ170万本を回収するそうです。 私も結構この商品は飲みました。 最近はホットを購入していたので、対象商品は飲んでいないかと思っていますが…。 消費税増税でネットで大量購入している方もいるかと思いますし、全国に出回っているので、今回の回収は製造元も大変かもしれませんね…。 今回改めて【微生物混入】について考えた。 異物混入であれば、目に見えたり、口に入れた段階で気づくかもしれませんが、【微生物】となるとわかりません。 【清涼飲料水製品の微生物的危害要因】について全国清涼飲料連合会がまとめているものを見ることができました。 以下リンクです。 清涼飲料水製品の代表的な生物的危害要因とは? 清涼飲料水製品の代表的な生物的危害要因としては、微生物に起因する食中毒発症 とのこと。 自然界には多くの微生物が存在しており、清涼飲料水の製造時において付着すると考えられる微生物は 細菌類と真菌類 カビ・酵母 とのことでした。 要因としては【土壌】が最も多いと考えられているとか…。 他には以下の場合も考えられるようです。 本当に製造元は大変ですね…。 上記内容を聞いただけで頭がおかしくなりそうです。 どうやって防ぐのか? このような微生物発生の原因は 加熱殺菌不足 とのこと。 加熱殺菌不足によって微生物の生残と密封不良による微生物の混入につながるそうです。 簡単にコンビニでペットボトル飲料を購入していましたが、このような大変な作業と努力の上に出来上がったものかと思うと、気持ち的に簡単に飲めなくなりそうです。 しかし、このような食品製造業の方々はすごい大変なお仕事をされていますね…。 感服いたします。 今回の回収を巡って…。 本当に今回の回収にあたって、味の変化に気づかれた消費者の方は本当にすごいと思いました。 あと、大量生産という製造作業のなかで衛生面に気をつけながらの大変なお仕事をされている清涼飲料の製造工場の方々もすごいと思いました。 私たち人間の口に入り、体内に影響する食物のこと、あらためてキチンと考え直し、自分がどういったものを口にするのか考えなくてはとも思いました。 いろいろ考えていくと、ペットボトルのようなプラスチック製品のごみ問題までにつながりますね…。 しかし、170万本も回収…たいへんです。 以下リンクは製造元の【サントリー食品インターナショナル】です。 回収方法等詳しく載っていますので、必要のある方は参照されてください。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。 suntory. html.

次の