うみ の ゆう れい。 れいせんゴルフ倶楽部 ニュース

慈愛の黒ー相反するものを包み込む地球の地母神。 ブラック・マドンナ。 友人のはたりえさんの企画です。 はたりえ:オイリュトミー・語り 雲龍:笛 木村薫子:ヴァイオリン ありす:語り ぜひご参集ください。 予約制。ご予約はゆうどまででも構いません。

うみ の ゆう れい

新経営のれいせん(株)がこれまでの経緯や今後について明かにした。 京都亀岡観光(株)がにのうみGCかめおかCの名称で平成元年11月にオープン。 同観光は預託金返還問題に窮し、9年12月にゴルフ場の土地・建物をアツミ企画㈲に売却。 同企画は旧会員に新会員権への移行・転籍を要請し、10年5月に京都アゼリアGCへ名称を変更した。 ㈲京都アゼリアゴルフ倶楽部を組織、運営はアツミ企画と賃借契約を交わした京都亀岡観光が行っていた。 一方、にのうみGCの一部旧会員は京都亀岡観光に預託金の返還を要求し、11月2日に同観光の破産申立ても行った。 アゼリア社では同観光が破産申立を受けた同2月から従業員を引き継ぎ、自主運営を開始。 同観光の同年7月6日の破産宣告で、破産管財人からゴルフ場の占拠を理由に訴訟を受けたこともあった。 結局、アツミ企画が破算管財人へ土地・建物の所有経緯を返還することで合意。 管財人と協議の上、ゴルフ場用地は会員の意向を汲んだ芝球㈲(大阪市中央区)が15年4月4日付けで買い取り、所有会社となった。 プレー権の存続を望んだアゼリアの会員は預託金の債権を放棄しており、他の預託金債権者は同年4月に13%の破産配当を受け、プレー権が消滅していた。 これで同年4月以降、同GCはアゼリア社が芝球と土地・建物の賃借契約を結び運営をするところとなり、同年7月からはコース名をアゼリアGCに変更していた。 その後、緊急事態における経営責任の明確化や設備投資への負荷を解消すべく、他のゴルフ場と同様にオーナー企業が経営することに決め、会員関係者が昨年8月17日付けで設立した、れいせん(株)が今年1月1日に芝球と土地・建物の賃借契約を結び、アゼリア社から運営を受託。 会計年度の区切りもあり、7月1日からコース名を変更し、一新したという。 アゼリア社は今年4月14日に清算していた。 今後は収益安定のために入会する会員に名変預託金として40万円(退会時は1割返還、会員権譲渡時は全額返還)を納入してもらうことも検討してるという。 =ゴルフ特信 提供= 経営交代によりコース名称を「れいせんゴルフ倶楽部」に変更している。 旧経営会社の京都亀岡観光(株)が「にのうみGCかめおかC」の名称で営業、平成9年6月に預託金の償還期が訪れ、返還請求が相次いだことにより、多数の退会希望者に対し倶楽部側が分割での返還を約束したが応じきれず、また資金繰りも悪化し、ついにはゴルフ場施設を別会社(アツミ企画㈲)に売却。 新オーナーは、コース名称を「京都アゼリアGC」に変更、約2400名の全会員に対し独自の提案を盛り込み新倶楽部への転籍を求め、転籍を希望しない会員に対してはゴルフ場の利用を認めない措置をとるなど、やり方が一方的で、充分な説明もなかったことから、一部会員が有志会を発足し反発、預託金返還の訴訟も起こっていた。 結果、転籍を拒否した会員側が勝訴を収めている。 その後、会員らが中心となっていた㈲京都アゼリアゴルフ倶楽部が名称を「アゼリアゴルフ倶楽部」に変更し、運営を行ってきた。 今回、新たに経営会社となったのは会員制レジャー施設の経営や、有価証券の投資、売買等を営む、れいせん(株)で会員に対する処遇等については今のところ明らかではないが㈲京都アゼリアゴルフ倶楽部からプレー権を承継後、7月1日から現名称に変更し営業している。 =ゴルフ特信 提供=.

次の

うみゆうど

うみ の ゆう れい

スピリチュアル・カウンセラーの「裕実れい」です。 今日からブログを開設しました。 ときどき、このブログを覗いてくださいね。 皆さんに、たくさんの愛をお届します。 私は、いろいろと不思議な体験をすることが多いのです。 霊視、透視と、そんなことで未来や過去を言い当てることは、当然、頻繁にありますが、 趣味として行っているのが、 オーブ たまゆら 写真を毎日のように撮っているということです。 なんとなくオーブの存在が分かるので、ここにいるなと感じて撮影すると、本当によく写るんです。 私のセラピールームにも、たくさんのオーブさんたちが集まってきていますし、 住まいの方にも昼間から現れています。 オーブは、神や精霊のエネルギー、霊魂のエネルギーともいわれています。 私が感じるのは、白やブルー、紫、ゴールド、虹色など、とても派動の高いものばかり。 もちろん、いい気を発しているものばかりです。 私のホームページには、埼玉県・奥秩父の「三峯神社」の「えんむすびの木」で撮影した虹色オーブの写真が載っていますから、ぜひ見てください。 「えんむすびの木」の根元に鳥居が建っているのですが、その鳥居を囲む二つの虹色オーブ。 オーブが重なって、永遠の愛を誓うような縁起のいいオーブです。 私のセッションを受けられる方で 、「恋人が欲しい」「結婚したい」という願いを持った方に、この写真をお渡ししていたところ、 本当に願いがかなったという声が多く寄せられていますよ。 皆さんも、ぜひ試してください。 私のホームページで、この写真を見ながら、大好きな人と一緒にいる自分をイメージしたり、 自分の結婚式のイメージをして喜びながら見るのが願いを叶えるコツです。 私のセッションに来られた方には、この写真の裏に、あることを書いてお渡ししています。 すると、効果バツグンなんです。 早く相手が欲しいという方は、ぜひ、セッションにいらして、この生写真のパワーを感じてください。 お待ちしています。

次の

うみゆうど

うみ の ゆう れい

新経営のれいせん(株)がこれまでの経緯や今後について明かにした。 京都亀岡観光(株)がにのうみGCかめおかCの名称で平成元年11月にオープン。 同観光は預託金返還問題に窮し、9年12月にゴルフ場の土地・建物をアツミ企画㈲に売却。 同企画は旧会員に新会員権への移行・転籍を要請し、10年5月に京都アゼリアGCへ名称を変更した。 ㈲京都アゼリアゴルフ倶楽部を組織、運営はアツミ企画と賃借契約を交わした京都亀岡観光が行っていた。 一方、にのうみGCの一部旧会員は京都亀岡観光に預託金の返還を要求し、11月2日に同観光の破産申立ても行った。 アゼリア社では同観光が破産申立を受けた同2月から従業員を引き継ぎ、自主運営を開始。 同観光の同年7月6日の破産宣告で、破産管財人からゴルフ場の占拠を理由に訴訟を受けたこともあった。 結局、アツミ企画が破算管財人へ土地・建物の所有経緯を返還することで合意。 管財人と協議の上、ゴルフ場用地は会員の意向を汲んだ芝球㈲(大阪市中央区)が15年4月4日付けで買い取り、所有会社となった。 プレー権の存続を望んだアゼリアの会員は預託金の債権を放棄しており、他の預託金債権者は同年4月に13%の破産配当を受け、プレー権が消滅していた。 これで同年4月以降、同GCはアゼリア社が芝球と土地・建物の賃借契約を結び運営をするところとなり、同年7月からはコース名をアゼリアGCに変更していた。 その後、緊急事態における経営責任の明確化や設備投資への負荷を解消すべく、他のゴルフ場と同様にオーナー企業が経営することに決め、会員関係者が昨年8月17日付けで設立した、れいせん(株)が今年1月1日に芝球と土地・建物の賃借契約を結び、アゼリア社から運営を受託。 会計年度の区切りもあり、7月1日からコース名を変更し、一新したという。 アゼリア社は今年4月14日に清算していた。 今後は収益安定のために入会する会員に名変預託金として40万円(退会時は1割返還、会員権譲渡時は全額返還)を納入してもらうことも検討してるという。 =ゴルフ特信 提供= 経営交代によりコース名称を「れいせんゴルフ倶楽部」に変更している。 旧経営会社の京都亀岡観光(株)が「にのうみGCかめおかC」の名称で営業、平成9年6月に預託金の償還期が訪れ、返還請求が相次いだことにより、多数の退会希望者に対し倶楽部側が分割での返還を約束したが応じきれず、また資金繰りも悪化し、ついにはゴルフ場施設を別会社(アツミ企画㈲)に売却。 新オーナーは、コース名称を「京都アゼリアGC」に変更、約2400名の全会員に対し独自の提案を盛り込み新倶楽部への転籍を求め、転籍を希望しない会員に対してはゴルフ場の利用を認めない措置をとるなど、やり方が一方的で、充分な説明もなかったことから、一部会員が有志会を発足し反発、預託金返還の訴訟も起こっていた。 結果、転籍を拒否した会員側が勝訴を収めている。 その後、会員らが中心となっていた㈲京都アゼリアゴルフ倶楽部が名称を「アゼリアゴルフ倶楽部」に変更し、運営を行ってきた。 今回、新たに経営会社となったのは会員制レジャー施設の経営や、有価証券の投資、売買等を営む、れいせん(株)で会員に対する処遇等については今のところ明らかではないが㈲京都アゼリアゴルフ倶楽部からプレー権を承継後、7月1日から現名称に変更し営業している。 =ゴルフ特信 提供=.

次の