私 の お飾り の 妻 に なっ て いただけ ませ ん か。 コロナ離婚が現実に!?「在宅勤務の嫌われ夫」たち

山口敬之氏「嘘つきの常習犯」→伊藤詩織氏「私の話には一貫性がある」 「同日会見」現場で起きた応酬: J

私 の お飾り の 妻 に なっ て いただけ ませ ん か

「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」等の文章力・コミュニケーション力向上をテーマに執筆・講演活動を行う。 そんな山口さんに、今回は「断りメール」について解説していただきます。 断りのメールを送って、相手との関係性にヒビを入れていませんか? あなたは、断り上手ですか? それとも、断りベタですか? 提案、依頼、お誘いに対して断りのメールを書くことは、思いのほか難しいものです。 断りのメールを書くときには、相手の気持ちを害すことなく、しかし、はっきりと断る。 そのバランス感覚が求められます。 【断りメールB】 ご提案いただいた新商品企画案の件でご連絡いたしました。 あいにく今回は採用に至りませんでしたが、 企画は悪くありませんでしたので、 またの機会に検討させていただきます。 よろしくお願いいたします。 メールAは「そっけない断りメール」で、メールBは「思わせぶりな断りメール」です。 メールAは相手に冷たい印象を与えがちです。 場合によっては、「本当に検討したの?」「偉そうな断り方だ」と不信感を抱かれる恐れがあります。 一方、「またの機会に検討させていただきます」と書いたメールBは、相手に「検討……ということは、まだ脈があるということ?」と勘違いされる恐れがあります。 角が立たない断りメールに必要な3つの要素 【断りメールの修正文】 ご提案いただいた新商品企画案の件でご連絡差し上げました。 社内で検討を重ねた結果、今回は採用を見送らせていただきました。 初期コストが予算に見合わないほか、 商品Zのリリースと時期が重なるため、 「市場を奪い合う恐れがある」との判断もございました。 熱心にご提案いただいたにも関わらず、 ご期待に添えず申し訳ございませんでした。 上層部を説得できなかった私の力不足です。 これに懲りず、今後ともご支援、ご協力いただけますよう、 よろしくお願いいたします。 メールAやBと比較すると、誠実かつ納得しやすい「断りメール」ではないでしょうか。 「断りメール」に求められる要素は、以下の3点です。 (1) 断る理由を示す(可能な範囲で) (2)お詫びの気持ちを示す (3) 誠意を示す 修正文では、「予算に見合わなかった」「市場を奪い合う恐れがある」と断りの理由を示すほか、「ご期待に添えず〜」「〜私の力不足です」などの言葉で、お詫びの気持ちを示しています。 「私の力不足です」という言葉には誠意を感じます。 遠回しに「あなたの企画が悪かったわけではありません」と伝えることによって、相手の気持ちを害すリスクを減らしています。 まだ脈がある場合の断り方 もしも、この商品企画案が完全なボツでなければ(脈が残っているようであれば)、終盤に次のような文章(赤字部分)を入れてあげればいいでしょう。 <前半省略> 熱心にご提案いただいたにも関わらず、ご期待に添えず申し訳ございませんでした。 上層部を説得できなかった私の力不足です。 一方で、今回の商品企画に対する社内の評価は、決して悪いものではありませんでした。 私のほうでも、企画通過に必要な改善点を洗い出してみます。 ご検討いただければ幸いです。 引き続き、ご支援、ご協力いただけますよう、よろしくお願いいたします。 このように「完全な断りではないケース」や「条件付きで断るケース」では、その理由を具体的に書く必要があります。 取引先の「新商品発表会」にうかがえない。 どうする? 別の例を挙げましょう。 お誘いに対して断りを入れるケースです。 【断りメールの修正文】 このたびは、新商品発表会のご案内をいただき、誠にありがとうございます。 あいにく当日は地方出張が入っており、参加がかないません。 いち早く商品を拝見したかったので本当に残念です。 もし新商品の資料をお送りいただけるようであれば、 小誌の「Brand New Goods」のコーナーでご紹介させていただきます。 お手数をおかけいたしますが、 ご検討いただけますよう、よろしくお願いいたします。 「不参加でお願いします」を「参加がかないません」に変えるだけでも、相手に与える印象が変わります。 加えて「本当に残念です」と添えることで、「行きたいけど、行けない無念さ」が伝わります。 また、「地方出張が入っており」と、理由を明らかにしている点も好感ポイントです。 この断りメールであれば、角が立たずに済むでしょう。 言うまでもありませんが、断る理由をでっち上げるのは(ウソをつくのは)よくありません(ウソがバレたときに一気に信用を失います)。 具体的に言うと角が立ちそうなときは、「どうしても外せない仕事が入っており〜」「先約があるため〜」などの表現で対応しましょう。 さらに、「もし新商品の資料をお送りいただけるようであれば〜ご紹介させていただきます」と、相手が喜ぶオファーをしている点も心憎い配慮です。 大切にしたい取引先などであれば、「何か相手にメリットを与えられないかな?」と考えてみましょう。 プライベートでも重視される「文章で断る技術」 仕事上のメールに限らず、プライベートでも、「断る文章」を書かなければいけないケースが多い昨今です(スマホのメッセージ機能やチャットアプリを含む)。 知人や友人に対して、角を立てずに断ることができれば、人間関係を壊してしまうリスクも減るはずです。 仕事ができる人ほど、断りメールの書き方がうまいものです。 彼ら彼女らの多くは 「相手の気分を害さないこと」を最低限のノルマに据えつつ、「断りメール」の文面を工夫しています。 なかには、心遣いにあふれる「断りメール」を書くことによって、今まで以上に良好な信頼関係を築いていく人もいます。 あなたも、そんな達人の域を目指してみませんか?.

次の

夫婦生活拒否された40代男性、妻に出した手紙(全文) : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

私 の お飾り の 妻 に なっ て いただけ ませ ん か

誰かこの状況を説明してください!1話ネタバレ お飾りの妻になってくれないかとヴィオラに伝える男性。 いきなり結婚式が始まります。 舞台は中世のヨーロッパのような世界観。 主人公のヴィオラは、父親が借金を抱えた貧乏貴族の一人娘でした。 そこへ突然、サーシス公爵から縁談が来たのです。 サーシスといえば、王宮の特務師団長を務める超エリート様。 イケメンで周囲の女性からいつも黄色い声が上がる人物です。 どうして私のところにそんなにすごい人が と疑問を持ちながらもサーシスが挨拶に来られました。 事情を聴いてみると、サーシスには長年付き合っている女性がいるのですが、その人と自身の家族が結婚するのを反対されているのです。 しかし、別れる気はなく、他の人と縁談を持ち込まれるのも面倒なので仮面夫婦として生活してもらいたくヴィオラに縁談を持ちかけてみたそうです。 条件として、借金の肩代わりと不自由のない生活は保障すると言っています。 つまり、契約結婚というわけですね。 ヴィオラは自分の家族や親族のために喜んで身を差し出すことを了承しました。 早速公爵の屋敷に行くと、そこはとんでもなく豪邸でした。 庶民の生活に慣れているヴィオラはあまり慣れない様子です。 一方、サーシスは庭園の別邸で彼女と共に過ごすそうです。 なので、夫婦の部屋には一人で過ごすように言います。 ヴィオラはそれにあっさり了承。 むしろ別邸には近づかない とにっこり笑いながら、サーシスと彼女を気遣います。 自分の勝手な都合なのに、あまりにもあっさりしているヴィオラに戸惑いを感じる公爵。 次の日からは、ヴィオラはサーシスの妻としての生活が始まりました。 メイドや使用人もたくさんいて、ヴィオラは妻として世話をしてもらいます。 メイドにサーシスの彼女について聞いてみると、かなりご立腹です。 サーシスはあまり評判の良い人ではないのかもしれないと察し、これ以上は踏み込まないことにします。 家事も仕事もなく、することがないヴィオラ。 これからどうしよう? と悩んでいるところで 1 話は終了しました。 ちょっとでもいいからお得に読む方法はないのかね〜? お得に漫画を読みたい!という時は、以下の動画配信サービスや電子書籍サービスを利用するのがおすすめです。 サービス名 特典・ポイント 2週間無料トライアルで 最大900円分のポイントがもらえる。 電子書籍購入で20%のポイント還元。 30日お試し無料で 600円分のポイントがもらえる。 (動画は1500円分)10%のポイント還元。 31日間お試し無料で 600円分のポイントがもらえる。 継続で毎月1200円分のポイント付与。 最大40%ポイント還元。 会員登録無料で登録すると半額クーポンが必ずもらえる。 ポイント還元や来店ポイント付与あり。 期間限定で無料作品、特価作品が増えることも。 会員登録無料で半額クーポンがもらえる。 ポイント還元、まとめ買い・セット割引あり。 期間限定で100%割引も。 動画配信サービスは月額制ですが、初回は無料でお試しができるので無料期間中に解約をすればお金はかかりません。 しかしポイントはそのままもらえるので、ポイントで好きな漫画を読むことができちゃいます。

次の

コロナ離婚が現実に!?「在宅勤務の嫌われ夫」たち

私 の お飾り の 妻 に なっ て いただけ ませ ん か

こんにちは、LIGブログ編集部です。 こちらは、「社会人としてのビジネスマナーの基本をもう一度見直したい」と思っている人に向けての全5回のシリーズ記事です。 ビジネスに限らず社会生活全般において、敬語表現というものは非常に大切です。 いくら態度で敬意を表していても、敬語がきちんとできていなければ相手に不快感を与えてしまうからです。 そもそも敬語の間違いが多いと ビジネスパートナーとして信用されず、それが原因で商談が上手くいかなくなる、ということも十分考えられます。 ただ、尊敬語・謙譲語・丁寧語の違いはもちろん、実は敬語ではないのに(まるで敬語であるかのように)用いられるのが慣習になっている言葉の存在など、敬語を正しく使うのは本当に難しいことです。 そこで今回は、間違えやすい敬語の実例50選として、ビジネスシーンで注意しなければいけない言葉や表現の間違った使用例をまとめてみました。 これらを参考に、正しい敬語が使えるビジネスパーソンを目指しましょう。 上司やお客様に使うのは失礼な言葉・表現15選 以下、同僚や後輩に対して使う分には問題ないのですが、目上の人に対して使ってはいけない言葉や表現を紹介していきます。 日本語としては必ずしも間違っているわけではないぶん、失礼な印象がほかよりも高くなるもしれません。 ご苦労さまです 目下の人に対して用いる言葉で「 お疲れさまです」が適切です。 了解しました 敬意のないフランクな表現です。 「 承知しました」または「 かしこまりました」を用いるようにしましょう。 しばらくぶりです 「しばらくです」は同僚や目下に対して用いる表現です。 たとえば「お久しぶりです」であれば、相手の立場に関係なく用いる表現になるので、失礼にまではあたりません。 ただ、敬意を表すうえでは「 ご無沙汰しておりました」を用いるようにしましょう。 いつもお世話様です 「お世話様です」は、「ご苦労さまです」と同じような使い方で、目上の人に用いるべきではない表現です。 「 いつもお世話になっております」が適切です。 ご一緒します 「ご一緒」という言葉は、対等な関係で使われるものです。 目上の人から「一緒にいくか?」と誘われたときには「 お供させていただきます」が正しい表現です。 目上の人に対しては「 大変勉強になりました」を用いるようにしてください。 すいません 「すいません」は「すみません」の口語として定着したため、目上の人に用いるには失礼な表現です。 さらにビジネス上では「すみません」を使うことさえNGという考え方があります。 この言葉には感謝と謝罪の2つの意味が込められているため、きちんと「 ありがとうございます」「 申し訳ございません」と伝えるのが正式、というものです。 私には役不足です 自分の実力より軽いこと、与えられた役目に満足できないことを意味します。 能力が足りないという意味では「 力不足」もしくは「 力量不足」と言わなければなりません。 わが社 社内で叱咤激励する際などに使われる言葉であり、外向けに使ってしまうと偉そうな印象を与えてしまいます。 「 弊社」および「 当社」が正しく、それぞれ場面に応じて使い分けをおこないましょう。 なるほどですね もともとが「なるほど、そうですね」の省略形だというだけでなく、「なるほど」自体が目下の人に対して使うものです。 「 おっしゃるとおりです」などの言い回しにしましょう。 おわかりいただけたでしょうか わかりましたか、という意味になり、目上の人に使うには失礼な表現です。 「 ご理解いただけたでしょうか」などを用いるようにしてください。 お座りください 座ってくださいの尊敬表現なので本当は間違いというわけではないのですが、やはり犬のお座りのイメージもあり、ビジネスシーンではNGとされます。 「 お掛けください」が適切です。 どちら様でしょうか 「様」がついているためていねいな印象がありますが、意味としては「誰ですか?」という、目上の人には大変失礼な表現です。 会社に訪ねてきたお客様になどは特に使用しないよう注意してください。 どうしますか 「どうする」という言葉には敬意が含まれていないため、目上の人に対しては使わないようにしてください。 「 いかがいたしますか」などを用いてください。 させていただいております 「させていただきます」は、基本的には「自分のすることが相手に良い影響を与えるとき」「相手の許可が必要なとき」にのみ使える表現です。 「〜いただいております」も同様で、たとえば値上げのお知らせなど、相手が頼んだわけでもない場面での使用は失礼な印象を与えてしまうことも。 「 しております」が適切です。 値上げの場合であれば「値上げさせていただいております」ではなく「 値上げしております」としましょう。 本当は誤っているにも関わらず、いつの間にか定着してしまった言葉・表現10選 本当は誤っているにも関わらず、オフィスやお店・レストランなどを中心に、生活の中で当たり前のように使われ続けた結果、定着してしまった言葉や表現も数多く存在します。 ここではその代表的なものを紹介していきます。 ~のほう 「ご注文のほう」「商品のほう」など幅広く用いられていますが、単純に日本語としておかしい表現です。 以下は、その例です。 ~からお預かりします たとえば「5000円からお預かりします」などは最近では一般的な言葉となりつつありますが、「から」は不要です。 「 5000円をお預かりいたします」の表現が正しいです。 御社について存じ上げております 「 御社について存じております」が正解です。 あげる、は持ち上げるべき相手がいるときに使う表現になるため、対象が人であれば「存じ上げている」で問題ないのですが、人以外に対しては使わない表現です。 注意してください。 お体をご自愛くださいませ 会話ではなく手紙やメールに登場することの多い「自愛」ですが、この言葉に既に「体を大事にする」という意味が含まれています。 正しくは「 ご自愛くださいませ」が正しい表現です。 ~になります 「〜になります」といのは、基本的には物が変化していく様子を表す言い方で、敬語ではありません。 「〜に成る」という場合以外は使わなようにしましょう。 以下は、その例です。 各位様 各位自体が皆様を意味します。 お名前をちょうだいできますか 「お名前をお聞かせいただけますか」「お名刺を頂戴できますか」が合成されてできた造語です。 「 お名前をうかがってもよろしいでしょうか」などが適切です。 とんでもございません 「とんでもない」で1つの単語なので、これを2つに分けて「ない」の部分だけを「ございません」に変えることはできません。 「 いいえ、とんでもないです」が正しい表現です。 今お時間よろしかったでしょうか 相手が今話せる状況にあるかどうか聞くのは礼儀ですが、「よろしかった」という過去形ではなく、「 今お時間いただいてもよろしいですか」としましょう。 商品はこちらでよろしかったですか、などの確認も同様です。 商品はこちらでよろしいですか、としましょう。

次の