夫婦生活ブログ。 主婦日記ブログ 人気ブログランキングとブログ検索

夫婦喧嘩 その他生活ブログ・テーマ

夫婦生活ブログ

夫婦生活の頻度や場所についてみんながどうしているのか気になりますよね? 人それぞれと分かっていながら、自分は平均値からみてどうなのか知りたいところです。 夫婦生活の頻度を調査 夫婦生活の頻度は、個人の性欲に大きく違いが出てくるものですね。 とはいえ、平均的な数字は無いのでしょうか? 調べた所、 避妊具の製造会社「相模ゴム工業株式会社」が行った調査データーに次の様な物がありました。 (参照:) パートナーがいる人を調査対象とした「1ヶ月にどの程度セックスをしていますか?」というものです。 20代 4. 11回 30代 2. 68回 40代 1. 77回 やはり年齢を重ねると頻度は大きく減って行きますね。 合わせて、調査対象のパートナーというカテゴリーを細分化してみましょう。 同じように、1ヶ月の営み回数です。 結婚相手 1. 7回 恋人 4. 1回 交際相手ではない 2. 9回 パートナーの属性が変わることでも、月の平均回数に違いがある様です。 又、 この2つの調査結果に0という項目がない事が気になりませんか? 日本は特にセックスレス大国と言われているので、この様な行為自体がないカップルもいる事が十分に予想されます。 調査結果をまとめると・・・ ・年齢を重ねるほどに夫婦生活の頻度が落ちる ・結婚した相手とは頻度が落ちる ・セックスレスカップルは調査対象でない可能性がある この様な事が分かりましたね。 結婚した相手との頻度が落ちる原因として、子育てや家事、そしてお仕事に疲れてしまって夫婦生活が遠のいている事も考えられますよね。 更には、 夫婦生活を営む場所についても関りがあるのではないでしょうか? 夫婦生活を営む場所はどうしてる? 結婚している人の夫婦生活が減っている原因の一つに、営む場所についての悩みがあります。 いつでも気持ちが高まった時に楽しめていた独身時代とは、大きく環境が変わってしまっているカップルもいますよね。 場所による悩み 【子供が気になる】 すでに子供がいる家庭は、子供に見られてはいけないという事や、子供を近くに感じている状態でのセックスに拒否反応を感じている人も多い様です。 見られることは絶対に避けていきたいですよね・・・ この対策は念入りに練る必要があります。 家の壁は薄く、 物音や声も気になります。 親の方に気を使われるのも何となく申し訳ないですし、もちろん相談なんて出来るはずもありません。 現実問題として2人で計画を話し合う必要があるとは思いますが、お互い前向きな場合は話も早いはずです。 【別の部屋で・・・】 子供が小さい内はどうしても一緒に寝る家庭が多いと思います。 一つの部屋で川の字になって寝る事も、子供との添い寝も日本特有の文化ですよね。 寝る部屋を分けるのは難しいと思いますが、子供が寝た後は別の部屋でゆっくりと夫婦の時間を楽しんではいかがでしょうか? リビングに誘って軽く飲みながらたわいもないお喋りをしていると、自然とまったりとした時間が流れますよね。 リビングまでの通路に音のなるものを置いておけば、もしもの時にサッと身構える事が出来ますよね。 【日中も夫婦生活を楽しもう】 ・20~40代男女の約半数がセックスレスである ・夫婦生活を増やしたいと思っている人は約60% ・セックスの頻度の低下原因の1位は性欲の減退、2位は飽きた この様な調査結果から、夫婦生活をあまり楽しむことが出来ていない実情が感じられますね。 更に、夫婦生活を増やしたいと切実に思っている人の割合が多い事に驚きです。 普段の仲が良くないのに、夫婦生活を充実させるのは皆無だと理解しましょう。 夫婦円満の秘訣は、普段の生活の中の小さな感謝も忘れずに、「ありがとう」と「ごめんね」をしっかり伝える事です。 セックスの主導権を握るのは男性が多い傾向にありますが、女性にも出来る事はたくさんあります。 特に年齢が高い夫婦生活は、欲求を解消するためのものと言うより、パートナーとの快楽を求めている傾向がある様です。 【夫婦生活】人気のブログを紹介 夫婦生活について書かれたブログも、たくさんアップされています。 実体験ではない様ですが、物語の内容はリアルなものが多い印象です。 少し刺激が欲しい時には、おすすめのブログになります。 (ブログ:) 【夫婦生活2位】ランジェリーの刺繍 妻の下着のブログ 妻のレースのランジェリー写真と日々の出来事が、ブログにつづられています。 洗濯ものとして部屋干されたランジェリーが何とも生活感があってリアルですね。 営みの最中の事も詳しく書かれているので、勉強にもなりそうですね。 サイトに入る時に年齢制限が表示されるので、少し過激な内容も多いのかもしれませんね。 サイト自体はとても可愛くて、清潔感もあるので見やすい印象ではありました。 (参照: ) 【夫婦生活5位】五十過ぎてのHな「世迷い言」 50代男性が書かれた、ご夫婦の性生活ブログです。 (参照: ) 見てみたいブログはありましたか? 少し過激な内容もある様ですが、リアルなだけに共感も持てそうですよね。

次の

夫婦生活ってどうしてる?疑問や悩みをズバリ解消【人気ブログ紹介】

夫婦生活ブログ

「旅行ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順• とうとうJTBが宇宙旅行販売開始です。 JTBのニュースリリースによると、 月旅行 約110億 2008年予定 宇宙本格旅行 約22億 4月、10月の年2回 宇宙体験旅行 約1,100万 2007〜2008年頃予定 月旅行2008年に行けるようです。 110億かかりますけど・・・・。 オータムジャンボ当たっても全然足りません。 お土産はやっぱり 「月にいってきました」って名前の月餅ですかね? マイレージやってたらすごいマイル貯まりますよ。 私は行きたくはないですが、(もちろん、そんな金もないです) パンフレットあるなら手に入れてみたいです。 みなさんいかがですが?• 鎌倉は、神奈川県鎌倉市の中心部にあたる地域、都市である。 神奈川県東部、横浜市の南、三浦半島の付け根に位置し、相模湾に面している。 12世紀末から14世紀半ばの1333年まで幕府がおかれ、飛鳥、奈良、京都などに次ぎ、日本の政治・文化に重要な位置を占めてきた。 現在の鎌倉は、古都保存法によって乱開発が規制され、歴史的風土を残し、多くの古社寺や史跡が残る(ただし、奈良や京都などに比較して圧倒的に文化財建造物は少なく、国宝建造物は円覚寺舎利殿1棟のみ)。 東京に近く、市が観光振興に力を入れていることもあり、観光文化都市として繁栄している。 また、近代に入ってからの鎌倉には鎌倉文士と呼ばれる作家、美術家などの文化人の一部が住んだり、ドラマや小説などの舞台となったことがあることも特筆される。 湘南(しょうなん)とは、神奈川県の相模湾沿岸地方を指す名称。 「湘南」の定義は複数存在するため極めて曖昧な名称であり、一義的に定めることはできないが、おおむね二宮〜葉山の海岸地区を指す名称である。 映画、ドラマ、歌の題材などマスコミにより造り上げられた良好なイメージ「海・太陽・若者」などから、その範囲が拡大乱用される傾向にある。 鎌倉、江ノ島を含めた観光資源も豊富で夏を中心に多くの観光客を集める。 地名の由来は、大磯から望んだ平塚までの海岸線が中華人民共和国湖南省洞庭湖の南岸、「瀟湘湖南」に似ているとされて、またこの地域は相模国の南部にあたるため佳字を当てる意味もあって、明治時代に湘南と名づけたとされる。 当初は相模川西岸に限定された呼称であったが、いつしか相模湾に面した地域一帯を指すようになり、現在では相模川西岸に限定して使用することはほとんどない。

次の

中年夫婦no/夜 動画(熟年夫婦生活 無料)日活ブログ

夫婦生活ブログ

深夜0時を過ぎたころ。 カミサンを助手席に乗せて目指すラブホへひた走る車の中。 傍から見れば他愛もない、 でも、夫婦にとってはとても大切な、 どうでもいい取り止めのない話をするウチの夫婦。 「ラブホなんて何年ぶりだっけ」なんて話しながら、 既にビンビンの自分のモノ 多分、カミサンも濡れていたんだろうな。 「どんな風にしたい?」 「う~ん。 じゃぁ、部屋に入っていきなり… 」 「きゃー恥ずかしー。 …もう起っちゃった… 」 「ん~どれどれ。 ホントだ。 おっきい…」 アホ丸出しです… ネットで予め調べておいたホテルは取りあえずきれいなところ。 正直に言ってあんまりストレートに 「するための場所です!! 」っていうのも引いてしまうので、 露骨な卑猥さを抑えつつもHな雰囲気が損なわれないホテルがベスト。 そして大切なことは ホテルの出入りが見られないこと・・・。 夫婦Hなので後ろめたいことでは全くないものの、 やっぱり人に見られるのは避けたいもの。 忙しい中、そのホテルを選んだのは、 結局、自動清算システムが決め手だったかな。 バリをイメージしたと言う、そのホテルは、 部屋数は少なかったものの、何とか空室もあり、 折角なのでちょっと高そうな部屋をチョイス。 南国 のトロピカルな雰囲気の部屋は、 取りあえず清潔感は十分。 ひとまず安心。 カミサンのご要望通り、 お互い服を脱ぎ捨て、シャワーも浴びずに ベッドに押し倒し、覆いかぶさるように押さえつけて、 「どんなのがいい?」と聞くと 「…いっぱい来て… 」 カミサンの頭を抱きかかえるようにしてくちづけし、 胸も触らないままにそのまま腰を分け入らせて そのままゆっくり挿入… 既に熱いものが溢れていたソコに、 クチュクチュと音を立てながら入り込んでいく自分のモノ 一番奥までくわえ込まれ、 お互いのヘアーを密着させたとき、 なんとも言えない幸せを感じました カミサンの両足を持ち上げて自分の肩にかけたり、 横向きにして片足を持ち上げて松葉状態にしたり、 そのままうつ伏せにして後背位で激しく突き刺したり… カミサンの大きな喘ぎ声の艶やかなこと…。 それを思い出しただけで興奮しちゃいます 広いベッドの上を転がりまわり、 でも最後はやっぱり正常位にもどってフィニッシュ。 二人とも一緒に昇天できて大満足の夫婦H でした。 その後浴室に行ってみると、 大きなバスタブの向こうに大きなマット。 ここはどんな風に使うんだろ… と考えながらも今回は取りあえず帰ることに。 でも、考えてみたら あそこでローション遊びなんかしたら、 声が響いてもっと興奮するかも。 ちょっと勉強しとこ 短時間でしたが、 思った以上に二人とも満足できたラブホ夫婦生活。 またいつかこようね~なんて言いながら帰ってきました。 以上が、8月の月末のこと。 つまり、8月はトータルで3回しか本格H はなかったのですが、 それ以外にも、風呂上りにモノをパクッとしてくれたり、 ソフトにハグしながらお互いに腰を激しく押し付けあったりと、 ちょびっとH は続いていた夫婦生活。 9月に入ったとたん、 涼しくなったからでしょうか。 もうすでに3回も夫婦H しちゃいました 先日は、久しぶりにお昼間H 時間がなかったのでこのときも愛撫は少なめ。 でも、窓全開で小鳥のさえずりや車が通る音などが聞こえる中、 声を押し殺しての激しい夫婦SEX やっぱりこれも興奮します。 これからいよいよ過ごし易い秋。 秋の夜長。 濃密な夫婦生活が過ごせそうです.

次の