いかが お過ごし でしょ うか。 都築育英学園 だいいち幼稚園・保育園 TOP

その後いかがでしょうかの意味は?進捗状況の確認や催促のビジネスメールも

いかが お過ごし でしょ うか

仕事や作業の進み具合を相手に尋ねることは、ビジネスではよくあることです。 その際「どうなっていますか?」と尋ねるのは直接的で、どこか相手を急かしているようにも捉えられます。 相手は他にも仕事を抱えているはずです。 例え相手の不手際で回答が遅れていたのだとしても、それを責めるような文面は失礼にあたります。 そのため、「先日ご提案した~の件ですが、その後いかがでしょうか?」などとするのが良いでしょう。 また、メールの相手が部下である場合は上司からのメールに慌ててしまうかもしれません。 焦ってミスを起こさないためにも、回答を急かしていないように見せる配慮が必要です。 期日が迫っているのなら、「 日付 までにお願いしますね」などと添えるのは良いでしょう。 ビジネスシーンではメールのやり取りをしていた相手から返信が届かなくなることもしばしばあります。 その際、「まだですか?」というニュアンスを含めないためにも「その後いかがでしょうか」を活用しましょう。 契約など期日のあるものに関しては「~の件ですが、その後いかがでしょうか?今月末でキャンペーンが終了いたしますので、 日付 までにご回答願います。 」とすれば、相手を想って提案しているように捉えられます。 相手を急かさず、また返信の強制を迫らない催促の方法として使えます。 「お買い上げいただいた商品は、その後いかがでしょうか?」とすれば、「商品を気に入ってくれましたか?」という意味としても使えます。 商品のレビューを依頼する際にも使えますね。 また、マッサージなどのサービスに対しても使えます。 この場合はサービスの内容が相手の体調にどう影響しているかを尋ねることになるので、「その後、お体の調子はいかがでしょうか?」とするのが自然です。 不備のあった商品を回収し、再送した場合には「先日は当社の商品に不備があり、大変ご迷惑をおかけしました。 再送した商品は 日付 にお届けいたしましたが、その後いかがでしょうか。 」と送りましょう。 ここでは「再送した商品に何か問題はありませんでしたか?」という確認の意味になります。 宅配便などを利用したのであれば「配送の状態はいかがでしたか?」と添えると、より丁寧ですね。 また、一度相手に迷惑をかけているので再び同じことを繰り返さないようにしましょう。 「丁寧に検品いたしましたが、お届けした商品はその後いかがでしょうか」とメッセージカードを添えると、申し訳ないという胸の内を表すことができるでしょう。 仕事関係先で連絡した担当者が風邪などで休んでいたのであれば、後日「先日ご連絡した際に体調不良と伺いましたが、その後いかがでしょうか。 」と調子を尋ねるメールを送りましょう。 ただ、メールが疑問文で終わってしまうと相手は返信しなければならなくなります。 特に用事が無いのであれば「また機械があればよろしくお願いいたします」と挨拶の言葉で終わると良いでしょう。 メールを受け取った相手は、自分を気遣ってくれていること・返信を求めないことに「配慮のできる人だな」と思うでしょう。 「その後いかがでしょうか」は、メール文の他に口頭でも使えます。 イベントやパーティ、会議などでたまに顔を合わせる人がいるなら、「ご無沙汰しております。 その後いかがでしょうか?」という挨拶文としても使うことができますよ。 この場合は相手の近況について尋ねる形になるので、世間話をする前にピッタリですね。 やりとりをしていた相手から返信が途絶えてしまった場合に使います。 「あの件、どうなってますか?」と聞くのではなく「~の件、ご検討いただいているかと思いますが、その後いかがでしょうか?」とすることでさりげなく進捗状況を確認できます。 「忘れている?」と思っていても、それを相手に感じ取らせてはいけません。 「急いで検討してくれているところ申し訳ありませんが、現在の状況を教えてもらえませんか?」という気持ちを込めましょう。 相手にも都合があることを承知している、相手の立場や気持ちに沿っていることが伝わるように表現しましょう。 添えたい一文:行き違いでご連絡を頂いておりましたらご容赦ください 催促のメールに添えたい一文は、「行き違いでご連絡を頂いておりましたらご容赦ください」です。 これは「回答を催促する内容のメールを送ったけれど、既に回答メールを頂いていたら申し訳ありません」という意味です。 受信メール全てに目を通してから送るのが正当ですが、期限の迫っている案件があると焦りますよね。 また、毎日届く大量のメールの中から該当する案件を見逃してしまうこともあるでしょう。 しかし、相手からすれば良い気分ではありません。 「もう送ったのに」とか、「今送ろうとしていたのに」という事態を招きかねません。 催促のメールに、この一文を添えることで相手の気持ちに配慮ができたメールになりますよ。 催促する内容のメールを送る際に気を付けたいのは「急かしてしまい申し訳ない」という気持ちを伝わるようにすることです。 相手に依頼しにくい内容のお願いでよく使うのが、「恐縮ですが」という言葉です。 こちらの記事で「恐縮」の意味やビジネスメールの使い方について紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 これは相手の様子を伺う場合に使う言い換え表現で、ここでいう「いかが」は「どう」を丁寧にしたものです。 そのため、「そちらの状況はどうですか」ということを丁寧に聞いている表現になります。 進捗状況の確認やメールでの回答を催促する場合、疎遠になってしまった人に連絡を取るときなど幅広い場面で使えます。 そのため文脈によって捉え方が違ってくることもあるでしょう。 相手に何のことについて話しているかわかってもらうためには、「~の件ですが、そちらのご状況はいかがでしょうか?」とするのが良いですよ。 聞きたい内容を明確にすることで相手も合点がいくので、正確な回答が期待できます。 また、2択の選択を迫られている場合は回答に困ることもあるでしょう。 そういった場合でも、「現段階ではこういう状況です」と進捗状況を回答しやすくなりますね。 これも相手の状態を聞く丁寧な表現ではありますが、「ご検討」を付けることで「例の件について考えてくれていますか?」という催促の意味を付加することができます。 また、検討している方向性などを聞く場合にも使えます。 共同で作業をしているとき、相手と自分の進行方向が同じかどうかを確認することもあるでしょう。 そういった場合には、「~の件ですが、現在のご検討状況はいかがでしょうか?」と伺うことで情報の共有をすることもできますよ。 「示唆 しさ 」とは、「それとなく知らせること・ほのめかすこと」を意味します。 そのため、はっきりと言葉にするというよりは、遠回しに知らせる場合に使います。 そのため、何か相手に検討してほしい件で「回答がどうなのか知りたい」・「どうなってるのか教えてほしい」と明言を求める場合には不適切です。 「どちらの案が有力候補か知りたい」・「だいたいどのくらいか教えてほしい」という風に、ヒントを求めたり、回答が難しい案件について催促するときなどに使いましょう。 「その後いかがでしょうか」を状況によって使いこなそう! 「その後いかがでしょうか」には、進捗状況の確認、メールなどの返信の催促、感想を伺うなどの意味があります。 文脈によって捉えられる意味が異なり活用しやすい一方で、間違った使い方や相手に意図が伝わりにくいこともあります。 適切な言葉を添えるなどして、コミュニケーションが円滑に進むようにしましょうね!.

次の

「いかがお過ごしでしょうか」の使い方!例文や言い換え方もチェック!

いかが お過ごし でしょ うか

Ads by Google いかがお過ごしですか。 は書き出しの次にもってくる。 手紙では、書き出しで時候の挨拶を述べたあと、相手の安否をたずねる言葉を続けます。 たとえば、11月の中旬に出す手紙でしたら「初霜の便りも聞かれる今日この頃、いかがお過ごしですか。 」といった具合に書きます。 この場合、「初霜の便りも聞かれる今日この頃、」が時候の挨拶で、「いかがお過ごしですか。 」が、相手の安否をたずねる言葉になります。 いかがお過ごしですかの言い換え例文|丁寧な表現 ビジネス文書や上司・目上の人に宛てる手紙やはがきの中で、時候の挨拶の次にもってくる相手の安否をたずねる言葉「いかがお過ごしですか」「ご機嫌いかがですか」「お元気ですか」「お変わりありませんか」の言い換え例文を一覧にしました。 丁寧な表現を使いたいときの常套句(じょうとうく)です。 いかがお過ごしですか。 の言い換え例文 ・いかがお過ごしでしょうか。 ・いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 ・お障りなくお過ごしでいらっしゃいますか。 ・お障(さわ)りなくお過ごしでしょうか。 ・つつがなくお過ごしでしょうか。 ・つつがなくお過ごしのことと存じます。 ・つつがなくお過ごしでいらっしゃいますか。 ご機嫌いかがですか。 の言い換え例文 ・ご機嫌いかがでいらっしゃいますでしょうか。 ・ご機嫌うるわしくあらせられることと存じます。 ・ご機嫌いかがでいらっしゃいますか。 ・ご機嫌うるわしくお過ごしのことと存じます。 ・ご機嫌のほどいかがでございましょうか。 お元気ですか。 の言い換え例文 ・お元気でいらっしゃいますか。 ・お元気にてお過ごしでしょうか。 ・ご健勝にてお過ごしですか。 ・ご健勝にてお過ごしのことと存じます。 ・ご健勝にてお暮らしのことと存じます。 ・お健やかにお過ごしのことと存じます。 ・お健やかにお過ごしのことでございましょう。 ・お健やかにお過ごしでしょうか。 ・ますますご健勝ののことと拝察いたましす。 ・ますますご清栄のことと存じます。 お変わりありませんか。 言い換え例文 ・お変わりございませんでしょうか。 ・お変わりなくお過ごしのことと存じます。 ・ご無事にお暮らしでございますか。 ・お変わりなくお過ごしでしょうか。 ・お風邪など召されてはおりませんか。 ・お風邪など召されてはいませんでしょうか。 ・体調などくずされてはいらっしゃいませんか。 いかがお過ごしですかの言い換え文例|一般的な表現 知人や友人などに宛てる手紙やはがきで、相手の安否をたずねる「いかがお過ごしですか」という言葉は、「お元気ですか」または「お変わりありませんか」という言葉に言い換えることができます。 「いかがお過ごしですか」の言い換えに使える慣用句を一覧にしましました。 お元気ですか。 言い換え文例 ・お元気ですか。 ・元気でやっていますか。 ・お元気にお過ごしでしょうか。 ・お元気でいらっしゃいますか。 ・お元気でお過ごしですか。 ・お元気でいらっしゃいますか。 ・お元気でしょうか。 ・お元気でご活躍のことと存じます。 お変わりありませんか。 言い換え文例 ・お変わりありませんか。 ・お変わりございませんか。 ・お変わりなくお過ごしでしょうか。 ・お健やかにお過ごしですか。 ・体調を崩していませんか。 ・風邪などひかれていませんか。 ・お風邪など召されてはいませんか。 いかがお過ごしですか。 を使ってはいけない場合 いかがお過ごしですか。 を使ってはいけない場合もあります。 お悔やみの手紙、お見舞いの手紙、死亡を知らせる手紙、葬儀に参列していただいたお礼の手紙、そのほか緊急の要件を伝える手紙などは、時候の挨拶と相手の安否をたずねる言葉は省略します。 たとえば、お悔やみの手紙の書き出しに「さわやかな秋晴れの日が続いています。 お元気でいらっしゃいますか。 」などと挨拶文を書いたら(身内を亡くした)相手に対して、たいへん失礼にあたります。 1月から12月まで月ごとに文例をまとめてありますので、そのままお使いいただけます。 仕事で出す手紙の場合は、相手の安否を気づかうというよりも、相手の繁栄や健康を喜ぶ、といった形式の慣用句を使います。 どちらかというと「形式的」な意味あいが強いです。 (文例)早春の候、皆様にはますます健勝のこととお喜び申しあげます。 /新緑の候、ご一同様にはますますご清祥のことと拝察いたします。 /晩秋の候、ますますご壮健でご活躍の由、何よりと存じます。 /余寒の候、ますますご勇健の段、慶賀の至りに存じます。 目上や上司に宛てて出す手紙|書き出し文例 (1月)寒さが一段とつのってまいりましたが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 (2月)立春とはいえ、まだまだ厳しい寒さが続いております。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 (3月)花のつぼみもほころぶ季節となりました。 つつがなくお過ごしでしょうか。 (4月)花吹雪舞う季節となりました。 お健やかお過ごしのことと存じます。 (5月)すがすぎしい若葉の季節となりました。 お変わりございませんでしょうか。 (6月)うっとうしい長雨が続いておりますが、体調をくずされてはおりませんか。 (7月)日ごとに暑さがつのってまいります。 ご健勝にてお過ごしですか。 (8月)暦の上では立秋を過ぎましたが、いまだ残暑の厳しい毎日。 お元気でいらっしゃいますか。 (9月)九月も半ばを過ぎ、ようやく秋めいてまいりました。 お障りなくお過ごしでいらっしゃいますか。 (10月)すがすがしい秋晴れの続く毎日、お元気にてお過ごしでしょうか。 (11月)紅葉の美しい季節となりました。 お健やかにお過ごしのことと存じます。 (12月)初雪の便りが届くようになりました。 ご機嫌のほどいかがでございましょうか。 知人や友人に宛てた手紙|書き出し文例 (1月)底冷えの毎日ですが、いかがお過ごしですか。 (2月)残暑の中にも梅の便りが聞かれる時節となりました。 お変わりありませんか。 (3月)桃の節句も過ぎ、春らしくなってまいりました。 お元気でお過ごしですか。 (4月)うららかな春日和になりました。 お元気ですか。 (5月)風薫る五月、お変わりなくお過ごしでしょうか。 (6月)梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、体調を崩していませんか。 (7月)夏本番となりました。 元気でやっていますか。 (8月)立秋とは名ばかり。 うだるような残暑が続いています。 お変わりございませんか。 (9月)日中はまだ夏の名残を感じますが、ようやく秋めいてまいりました。 お元気にお過ごしでしょうか。 (10月)朝夕はめっきり冷え込んできました。 風邪などひかれていませんか。 (11月)日ごとに秋が深まってきました。 お元気でいらっしゃいますか。 (12月)寒さが身にしみる季節になりました。 お健やかにお過ごしですか。

次の

いかがお過ごしですかの言い換え例文と手紙での使い方

いかが お過ごし でしょ うか

Ads by Google いかがお過ごしですか。 は書き出しの次にもってくる。 手紙では、書き出しで時候の挨拶を述べたあと、相手の安否をたずねる言葉を続けます。 たとえば、11月の中旬に出す手紙でしたら「初霜の便りも聞かれる今日この頃、いかがお過ごしですか。 」といった具合に書きます。 この場合、「初霜の便りも聞かれる今日この頃、」が時候の挨拶で、「いかがお過ごしですか。 」が、相手の安否をたずねる言葉になります。 いかがお過ごしですかの言い換え例文|丁寧な表現 ビジネス文書や上司・目上の人に宛てる手紙やはがきの中で、時候の挨拶の次にもってくる相手の安否をたずねる言葉「いかがお過ごしですか」「ご機嫌いかがですか」「お元気ですか」「お変わりありませんか」の言い換え例文を一覧にしました。 丁寧な表現を使いたいときの常套句(じょうとうく)です。 いかがお過ごしですか。 の言い換え例文 ・いかがお過ごしでしょうか。 ・いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 ・お障りなくお過ごしでいらっしゃいますか。 ・お障(さわ)りなくお過ごしでしょうか。 ・つつがなくお過ごしでしょうか。 ・つつがなくお過ごしのことと存じます。 ・つつがなくお過ごしでいらっしゃいますか。 ご機嫌いかがですか。 の言い換え例文 ・ご機嫌いかがでいらっしゃいますでしょうか。 ・ご機嫌うるわしくあらせられることと存じます。 ・ご機嫌いかがでいらっしゃいますか。 ・ご機嫌うるわしくお過ごしのことと存じます。 ・ご機嫌のほどいかがでございましょうか。 お元気ですか。 の言い換え例文 ・お元気でいらっしゃいますか。 ・お元気にてお過ごしでしょうか。 ・ご健勝にてお過ごしですか。 ・ご健勝にてお過ごしのことと存じます。 ・ご健勝にてお暮らしのことと存じます。 ・お健やかにお過ごしのことと存じます。 ・お健やかにお過ごしのことでございましょう。 ・お健やかにお過ごしでしょうか。 ・ますますご健勝ののことと拝察いたましす。 ・ますますご清栄のことと存じます。 お変わりありませんか。 言い換え例文 ・お変わりございませんでしょうか。 ・お変わりなくお過ごしのことと存じます。 ・ご無事にお暮らしでございますか。 ・お変わりなくお過ごしでしょうか。 ・お風邪など召されてはおりませんか。 ・お風邪など召されてはいませんでしょうか。 ・体調などくずされてはいらっしゃいませんか。 いかがお過ごしですかの言い換え文例|一般的な表現 知人や友人などに宛てる手紙やはがきで、相手の安否をたずねる「いかがお過ごしですか」という言葉は、「お元気ですか」または「お変わりありませんか」という言葉に言い換えることができます。 「いかがお過ごしですか」の言い換えに使える慣用句を一覧にしましました。 お元気ですか。 言い換え文例 ・お元気ですか。 ・元気でやっていますか。 ・お元気にお過ごしでしょうか。 ・お元気でいらっしゃいますか。 ・お元気でお過ごしですか。 ・お元気でいらっしゃいますか。 ・お元気でしょうか。 ・お元気でご活躍のことと存じます。 お変わりありませんか。 言い換え文例 ・お変わりありませんか。 ・お変わりございませんか。 ・お変わりなくお過ごしでしょうか。 ・お健やかにお過ごしですか。 ・体調を崩していませんか。 ・風邪などひかれていませんか。 ・お風邪など召されてはいませんか。 いかがお過ごしですか。 を使ってはいけない場合 いかがお過ごしですか。 を使ってはいけない場合もあります。 お悔やみの手紙、お見舞いの手紙、死亡を知らせる手紙、葬儀に参列していただいたお礼の手紙、そのほか緊急の要件を伝える手紙などは、時候の挨拶と相手の安否をたずねる言葉は省略します。 たとえば、お悔やみの手紙の書き出しに「さわやかな秋晴れの日が続いています。 お元気でいらっしゃいますか。 」などと挨拶文を書いたら(身内を亡くした)相手に対して、たいへん失礼にあたります。 1月から12月まで月ごとに文例をまとめてありますので、そのままお使いいただけます。 仕事で出す手紙の場合は、相手の安否を気づかうというよりも、相手の繁栄や健康を喜ぶ、といった形式の慣用句を使います。 どちらかというと「形式的」な意味あいが強いです。 (文例)早春の候、皆様にはますます健勝のこととお喜び申しあげます。 /新緑の候、ご一同様にはますますご清祥のことと拝察いたします。 /晩秋の候、ますますご壮健でご活躍の由、何よりと存じます。 /余寒の候、ますますご勇健の段、慶賀の至りに存じます。 目上や上司に宛てて出す手紙|書き出し文例 (1月)寒さが一段とつのってまいりましたが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 (2月)立春とはいえ、まだまだ厳しい寒さが続いております。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 (3月)花のつぼみもほころぶ季節となりました。 つつがなくお過ごしでしょうか。 (4月)花吹雪舞う季節となりました。 お健やかお過ごしのことと存じます。 (5月)すがすぎしい若葉の季節となりました。 お変わりございませんでしょうか。 (6月)うっとうしい長雨が続いておりますが、体調をくずされてはおりませんか。 (7月)日ごとに暑さがつのってまいります。 ご健勝にてお過ごしですか。 (8月)暦の上では立秋を過ぎましたが、いまだ残暑の厳しい毎日。 お元気でいらっしゃいますか。 (9月)九月も半ばを過ぎ、ようやく秋めいてまいりました。 お障りなくお過ごしでいらっしゃいますか。 (10月)すがすがしい秋晴れの続く毎日、お元気にてお過ごしでしょうか。 (11月)紅葉の美しい季節となりました。 お健やかにお過ごしのことと存じます。 (12月)初雪の便りが届くようになりました。 ご機嫌のほどいかがでございましょうか。 知人や友人に宛てた手紙|書き出し文例 (1月)底冷えの毎日ですが、いかがお過ごしですか。 (2月)残暑の中にも梅の便りが聞かれる時節となりました。 お変わりありませんか。 (3月)桃の節句も過ぎ、春らしくなってまいりました。 お元気でお過ごしですか。 (4月)うららかな春日和になりました。 お元気ですか。 (5月)風薫る五月、お変わりなくお過ごしでしょうか。 (6月)梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、体調を崩していませんか。 (7月)夏本番となりました。 元気でやっていますか。 (8月)立秋とは名ばかり。 うだるような残暑が続いています。 お変わりございませんか。 (9月)日中はまだ夏の名残を感じますが、ようやく秋めいてまいりました。 お元気にお過ごしでしょうか。 (10月)朝夕はめっきり冷え込んできました。 風邪などひかれていませんか。 (11月)日ごとに秋が深まってきました。 お元気でいらっしゃいますか。 (12月)寒さが身にしみる季節になりました。 お健やかにお過ごしですか。

次の