ヒューマンアカデミーロボット教室 西都妻。 ロボット教室 口コミ

熊本県 熊本市のその他の教室・スクール情報|ジモティー

ヒューマンアカデミーロボット教室 西都妻

西村楽器都城センターロボット教室 ヒューマンアカデミーの加盟教室です。 ヒューマンアカデミーでは、ロボットを使ったプログラミングコースが用意されており、専用アプリケーション「アドプログラマー」を使ってプログラミングブロックを並べてつなぐことで、簡単にプログラミングができます。 プログラミングを通じて考える力やロジカルな思考力が身につきます。 プログラミング教室名 西村楽器都城センターロボット教室 教室名かな 郵便番号 〒885-0033 住所 宮崎県都城市妻ヶ丘町29街区13号 電話番号 0986-24-2156 定休日 営業時間 HP 駐車場 アクセス 都城駅 JR 吉都線 約1173m徒歩約15分 カリキュラム , , , , エリア グループ教室名 この教室は「ヒューマンアカデミーの子どもプログラミング教室」の加盟教室です。 ヒューマンアカデミーの子どもプログラミング教室では、PC操作の基礎から楽しみながら無理なく段階的に学ぶことができます。 2010年代半ばに、米国でSTEM教育が主要な教育政策として掲げられました。 STEM教育とは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)領域に重点をおいた教育モデルのことです。 日本においても、文部科学省が「2020年から小学校においてプログラミング教育を実施する」と発表しました。 大学試験においても、マークシート方式に加え、思考力・表現力・判断力を必要とする記述式が取り入れられるなどプログラミングに必要不可欠な能力が問われる時代となってきます。 これからは、従来の学力に加え、自ら解決すべき課題を発見し、問題解決をするための論理的な思考が重要視されます。 また、主体性を持って、様々な人とコミュニケーションを図りながら協力して取り組む姿勢が評価されるようになります。 これらの能力は、ヒューマンアカデミーのプログラミング講座のカリキュラムで伸ばすことが可能です。 ヒューマンアカデミーのプログラミング教室には3つのポイントがあります。 ヒューマンアカデミーでは子供向けに理科実験教室などを開講しているので、これらの指導のノウハウや経験を生かし、子どもの知的好奇心や思考力、探究力を伸ばすカリキュラムが用意することができます。 また、パソコンの初心者でも学習できるように、難易度の低い課題から少しずつクリアし、最終的には自分でプログラムの仕組みを考え、作成できるレベルまで「考える力」を習得させていきます。 子どもたちが楽しく学ぶために開発したオリジナルの教材を使ってパソコンの操作をさせていくこともポイントのひとつです。 この教材には、考える力を育むための仕掛けが多く準備されています。 ヒューマンアカデミーでのパソコンの操作は、子どもが興味を持つような謎解きからスタートします。 初めてパソコンに触れる子どもでも、無理なくパソコンの基本操作を習得することが可能です。 頭で考え謎解きしながらパソコン操作をするので集中力も培われていきます。 次のステップでは、プログラムの作成を学び実践します。 プログラミングを自分の力で成功させることで、子どもたちに自信を与えることにつながります。 そして、プログラムを自分の意図するものに改造する体験ができます。 改造内容を自分で考え、どのようにすれば、そのプログラムを達成できるか検討することで思考力や判断力を高めることにつなげます。 最終的には、クラスメイトの前で自分の実践を発表しますが、自分なりの考えや意見を人に分かりやすく伝えることで表現力を身に付けることができます。 人の意見を取り入れ参考にすることで、自分の能力をさらに広げ伸ばす協業の楽しさも学べます。 カリキュラムは、小学校3年生からを受講対象とし、操作・作成・改造・発表の1サイクルを3ヶ月かけて学び、1年間で4サイクル実施し知識やスキルの定着をはかります。 具体的なカリキュラム内容ですが、まず、スタートアップ講座でScratchの基本的な使用方法を学習し、本編の授業に備えます。 1回目の講座では、謎解きをしながらパソコンツールの基本操作を習得します。 2回目、3回目の講座では、テキストの指示に従って、課題として出題されたアニメーションやゲームをプログラムで作成していきます。 学習内容を振り返る機会を設けながら、段階的に理解を高めることができます。 4回目、5回目の講座では、2回目、3回目で作成したプログラムの改造を考えます。 目標とするプログラムに向かって試行錯誤することで、失敗も経験しながらどうすれば成功するかを気づくことができます。 6回目の講座では、その改造内容を選んだ理由、苦労したこと・工夫したこと、解決方法などを発表し、お互いの意見を聞くことで他者の考え方に触れ、さらに自分の発想を広げることにつながります。 昨今の社会では、プログラマーの人材は慢性的に不足している状態です。 子どものころからプログラミングに触れる機会を持つことで、思考力や判断力を自然と身に付けることができます。 また、ものの仕組みを知り、創造する力は、どんな職業につくとしても必要不可欠となってきます。 子どもの感性が柔らかい小学生のうちからパソコンへの苦手意識を取り除いておくことは重要です。 プログラミングは、問題解決するために自分の頭で試行錯誤することが必要となります。 そのため、一つの正解を求めるのではなく、自分の考え方や個性が表現されることが重要です。 また、プログラミングの成功には、合理的・論理的なプロセスが大切なので、人の工夫や意見を認めることや自分の考えを表現し議論することが必要となります。 ヒューマンアカデミーのカリキュラムでは、こうしたプログラミングの本質を楽しみながら学ぶことができます。

次の

西都市の子供向け習い事教室

ヒューマンアカデミーロボット教室 西都妻

月謝:9000円(税別)+テキスト代 回数:月2回、1回あたり90分 年齢:年長・小学生・中学生 ユウちゃんが通学している「ヒューマンアカデミーロボット教室」。 他の教室より 月謝&教材費が安いです。 同じ教材を長く使うので 追加料金もほとんど発生しないのも良い点。 ひらがな・カタカナが読めれば年中・年長から通うことができます。 ブロックを組み立てていろんなロボットを作るので、ユウちゃんは毎回飽きることなく喜んで通学しています。 「子どもにロボット作りは難しいのでは?」ママはときどき心配になります。 だけどユウちゃんは「簡単じゃつまらん!」と頼もしい。 自分で作ったものが動くのは感動するみたいですね。 まずは体験授業にレッツGO! *勧誘はしつこくないので安心してね。 クリック アーテックエジソンアカデミー 体験授業にいってきました(口コミ) 実際の授業を受講するのではなく、体験用の内容でした。 体験授業は7名の小学生が集まっていて、一斉授業をおこないましたが、実際に通うと「個別学習」だそうです。 テキストを見ながら、まずはブロックでロボットを組み立てていきます。 次に、パソコンでプログラミングをして、データをロボットに流し込みます。 プログラミング自体は非常にわかりやすくて、命令が書かれたパーツをドラッグアンドドロップでつないでいくだけです。 キーボード操作で入力するのは数字くらいなので、キーボード配列を知らなくても、ローマ字入力ができなくてもOK! ブロックの組み立てが比較的シンプルでです。 (ヒューマンアカデミーより簡単かな?) なので、 1回の授業でロボット作りとプログラミングが両方できちゃいます。 1ヶ月あたり:2,985円(税込)~ 年齢:小学1年生~中学生 「マイクラッチコース」「英語&プログラミングコース」「ロボットプログラミングコース」があります。 マインクラフトでゲームを作る「マイクラッチコース」を体験しました。 初回のインスートルや環境設定はママが担当。 初期設定から動画で説明があるので、パソコン操作に慣れていない大人でもできますよ。 みっちゃんが体験し始めると最初は「全然わからない!」と怒っていましたが、後半は使い方を覚えて「楽しくなってきた!」と言っていました。 動画は、子どもでもわかりやすいように作られていて、キーボードで使うキーの場所なども図面付きで表示されて親切な解説付き。 クリック リタリコワンダー オンライン 自宅のパソコンで受講。 オンライン講座 2038年問題とは? 小学生の方はまだ生まれていなかったことの話です。 「2000年問題」がありました。 それは西暦1999年から2000年になるときに、今まで年を下2桁で表していたシステムで「99」の次が「00」になってしまうことから起こる問題でした。 このため、1900年と誤認されたり、99年のデータが00年のデータより新しいものと扱われたりするなど、またその他いろいろとややこしいところでもシステムの不具合が生じたようです。 次に危惧される問題のなかの大きなもののひとつに、「2038年問題」というものがあります。 それは、日本標準時の2038年1月19日12時14分08秒以降の日付の処理に対して、起こるとされています。 なぜ、このような「中途半端な時刻」に、思ってしまうでしょう。 そのからくりはコンピュータ内部での時刻表現に関わってきます。 コンピュータでは数を2進法で扱っています。 2進法の一桁をビットと呼びますが、例えば32ビットの整数型と呼ばれるデータ型では、マイナス2の31乗からプラス2の31乗マイナス1までの2の32乗通りの整数が表現可能となります。 そして、UNIX系の中心に多くの処理系では、協定世界時の1970年1月1日の0時から数えた秒数で、日付や時刻を扱っています。 その秒数が2の31乗、すなわち21億4748万3648秒になってしまい、32ビット整数の限界を超えてしまうのが先述の一見「中途半端な時刻」というわけです。 これを踏まえて、より大きなサイズの整数型変数を使うなどの対策はされてきてはいますが、2038年1月19日、思わぬところで不具合が多発することは必至だと思われます。 近年まで様々なシステムのデジタル化が急速に進み、IT機器の数も2000年の頃よりずっと多数になりました。 この問題は「2000年問題」より対策がむつかしくなおかつ深刻な影響が起こるという見方さえされているようです。

次の

2018年02月18日のテレビ番組表(鹿児島・地上波1)

ヒューマンアカデミーロボット教室 西都妻

月謝:9000円(税別)+テキスト代 回数:月2回、1回あたり90分 年齢:年長・小学生・中学生 ユウちゃんが通学している「ヒューマンアカデミーロボット教室」。 他の教室より 月謝&教材費が安いです。 同じ教材を長く使うので 追加料金もほとんど発生しないのも良い点。 ひらがな・カタカナが読めれば年中・年長から通うことができます。 ブロックを組み立てていろんなロボットを作るので、ユウちゃんは毎回飽きることなく喜んで通学しています。 「子どもにロボット作りは難しいのでは?」ママはときどき心配になります。 だけどユウちゃんは「簡単じゃつまらん!」と頼もしい。 自分で作ったものが動くのは感動するみたいですね。 まずは体験授業にレッツGO! *勧誘はしつこくないので安心してね。 クリック アーテックエジソンアカデミー 体験授業にいってきました(口コミ) 実際の授業を受講するのではなく、体験用の内容でした。 体験授業は7名の小学生が集まっていて、一斉授業をおこないましたが、実際に通うと「個別学習」だそうです。 テキストを見ながら、まずはブロックでロボットを組み立てていきます。 次に、パソコンでプログラミングをして、データをロボットに流し込みます。 プログラミング自体は非常にわかりやすくて、命令が書かれたパーツをドラッグアンドドロップでつないでいくだけです。 キーボード操作で入力するのは数字くらいなので、キーボード配列を知らなくても、ローマ字入力ができなくてもOK! ブロックの組み立てが比較的シンプルでです。 (ヒューマンアカデミーより簡単かな?) なので、 1回の授業でロボット作りとプログラミングが両方できちゃいます。 1ヶ月あたり:2,985円(税込)~ 年齢:小学1年生~中学生 「マイクラッチコース」「英語&プログラミングコース」「ロボットプログラミングコース」があります。 マインクラフトでゲームを作る「マイクラッチコース」を体験しました。 初回のインスートルや環境設定はママが担当。 初期設定から動画で説明があるので、パソコン操作に慣れていない大人でもできますよ。 みっちゃんが体験し始めると最初は「全然わからない!」と怒っていましたが、後半は使い方を覚えて「楽しくなってきた!」と言っていました。 動画は、子どもでもわかりやすいように作られていて、キーボードで使うキーの場所なども図面付きで表示されて親切な解説付き。 クリック リタリコワンダー オンライン 自宅のパソコンで受講。 オンライン講座 2038年問題とは? 小学生の方はまだ生まれていなかったことの話です。 「2000年問題」がありました。 それは西暦1999年から2000年になるときに、今まで年を下2桁で表していたシステムで「99」の次が「00」になってしまうことから起こる問題でした。 このため、1900年と誤認されたり、99年のデータが00年のデータより新しいものと扱われたりするなど、またその他いろいろとややこしいところでもシステムの不具合が生じたようです。 次に危惧される問題のなかの大きなもののひとつに、「2038年問題」というものがあります。 それは、日本標準時の2038年1月19日12時14分08秒以降の日付の処理に対して、起こるとされています。 なぜ、このような「中途半端な時刻」に、思ってしまうでしょう。 そのからくりはコンピュータ内部での時刻表現に関わってきます。 コンピュータでは数を2進法で扱っています。 2進法の一桁をビットと呼びますが、例えば32ビットの整数型と呼ばれるデータ型では、マイナス2の31乗からプラス2の31乗マイナス1までの2の32乗通りの整数が表現可能となります。 そして、UNIX系の中心に多くの処理系では、協定世界時の1970年1月1日の0時から数えた秒数で、日付や時刻を扱っています。 その秒数が2の31乗、すなわち21億4748万3648秒になってしまい、32ビット整数の限界を超えてしまうのが先述の一見「中途半端な時刻」というわけです。 これを踏まえて、より大きなサイズの整数型変数を使うなどの対策はされてきてはいますが、2038年1月19日、思わぬところで不具合が多発することは必至だと思われます。 近年まで様々なシステムのデジタル化が急速に進み、IT機器の数も2000年の頃よりずっと多数になりました。 この問題は「2000年問題」より対策がむつかしくなおかつ深刻な影響が起こるという見方さえされているようです。

次の