三菱 ek クロス スペース。 新型「三菱eKスペース/eKクロス スペース」登場! ところで最強のライバルに勝てるんですか?

【試乗インプレ】待望の三菱自動車「ekクロススペース」「ekスペース」試乗。推しはターボ? 自然吸気? /

三菱 ek クロス スペース

三菱 新型eKスペース/eKクロススペースに搭載されるエンジンは直列3気筒659ccで、先行して2019年に発売された軽ハイトワゴンの新型eKワゴン&eKクロスと同じだ。 最高出力が2. 7馬力のモーターとリチウムイオン電池を組み合わせて、マイルドハイブリッドシステムを構成している。 ノーマル ノンターボ エンジンの動力性能は、最高出力が52馬力 6400回転 、最大トルクは6. 1kg-m 3600回転。 ターボエンジンは64馬力 5600回転 ・10. 2kg-m 2400~4000回転 に向上する。 トランスミッションはCVT 無段変速AT で、基本的にはeKクロスと同じだが、最終減速比は車両重量の増加に応じてローギヤード化された。 WLTCモード燃費は、ノーマルエンジンが20. eKスペース/eKクロススペース共にノーマルとターボから選ぶことが可能だ。 FFのほか、4WDモデルも設定される。 前回の新型車徹底解説 Vol. 1「デザイン&使い勝手・居住性編」はこちらから 衝突被害軽減ブレーキシステム FCM は、歩行者と車両の両方に対応する。 対象物を検知するセンサーは、従来の単眼カメラに加えてミリ波レーダーも装着した。 車両については、ミリ波レーダーが2台先を走る車両も検知できるから、衝突被害軽減ブレーキや警報を早期に作動できるようになった。 この2台先の車両を検知する機能 前方衝突予測警報・PFCW は、日産がスカイラインやフーガで先行採用している。 停車や徐行時にペダルを踏み間違えたことで発生する事故を防ぐ誤発進抑制機能 踏み間違い衝突防止アシスト は、前後両方向に作動してブレーキの制御も行う。 前方については誤発進抑制機能についても歩行者検知を可能にした。 車線逸脱警報システム LDW は、ブレーキの作動により元の車線に戻す制御 車線逸脱防止支援機能・LDP も行う。 車線逸脱の予兆として、ふらつき警報 DAA も採用した。 運転中のハンドル操作を検知して、ドライバーの疲労が高まったと判断した時には休憩などを促す。 このほか標識の表示機能 TSR も、一時停止、車両の進入禁止、最高速度 制限速度 など充実している。 追従は停車まで行われ、停車時間が長引くと、自動的に電動パーキングブレーキを作動させる。 車線の中央を走れるように、パワーステアリングを制御する機能 車線維持支援機能・LKA も備わり、ドライバーの疲労を軽減する。 マイパイロットは衝突被害軽減ブレーキのセンサーを使うため、従来の単眼カメラにミリ波レーダーも加えたことで、作動精度がeKワゴン&eKクロスのマイパイロットよりも向上した。 このほかサイド&カーテンエアバッグも標準装着する。 運転席のニーエアバッグと後席のシートベルトプリテンショナーは、eKクロスには標準装着され、eKワゴンではメーカーオプションの安心パッケージ 4万4000円 に含まれる。 これらはぜひ積極的に選択しておきたい。 今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。 応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

次の

三菱eKクロス スペースT(FF/CVT)【試乗記】 追いついた先に戦略はあるか

三菱 ek クロス スペース

クルマにはさまざまなカテゴリーがあるが、今最も好調に売れているのは、全高が1700mmを超える背の高い軽自動車だ。 最近では「軽スーパーハイトワゴン」などと呼ばれている。 車内が広く4名乗車も快適で、後席を畳めば自転車なども積める広い荷室になる。 後席左右のドアはスライド式だから、乗り降りもしやすい。 そこで2019年1~12月、2020年1~3月の国内販売ランキングを見ると、1位はホンダ N-BOX、2位はダイハツ タントであった。 両車とも全高が1700mmを超える軽自動車だ。 2020年3月には、このカテゴリーに属する三菱 新型eKスペース/eK X クロス スペース、そして姉妹車の日産 ルークスが一斉にフルモデルチェンジを受けて販売を開始した。 車両の概要は に掲載したので、今回は実際に試乗して分かった運転感覚などを中心にお伝えしたい。 三菱 新型eKスペース/eKクロススペースに搭載されるエンジンのラインナップからご紹介していこう。 eKスペースとeKクロススペースの両方に、ノーマルタイプ ノンターボ とターボエンジン車をそれぞれ用意した。 ちなみに姉妹車の日産 ルークスでターボを選べるのは、上級グレードの「ハイウェイスターG ターボプロパイロットエディション」のみだが、eKでは標準ボディのeKスペースにもターボエンジンを搭載する「T」を設定した。 運転支援機能のマイパイロット 日産では「プロパイロット」 を含めて、eKスペースは、エンジンや装備の選択肢がルークスよりも豊富だ。 今回試乗出来たのは、ノーマル ノンターボ エンジンを搭載する「eKスペース G」 154万2200円・FF と、ターボエンジン搭載の「eKクロススペース T」 185万9000円・FF であった。 後席に大切な家族を乗せることも多いクルマだから、乗り心地もしっかり確認したい。 その印象は、装着されるタイヤによって異なる。 14インチタイヤ 155/65R14 を装着したeKスペース Gは、路上のデコボコを拾いやすいものの、硬さをあまり意識させない。 15インチタイヤ 165/55R15 のeKクロススペース Tは、eKスペース Gに比べて操舵感が少し機敏になるが、乗り心地に硬さが目立つ。 段差を通過した時には突き上げ感も伴い、もう少し穏やかに仕上げて欲しい。 このように、背の高い軽自動車に求められる走行安定性と乗り心地のバランスは、14インチの方が良さそうだ。 ちなみに指定空気圧は、転がり抵抗を抑えるために前後輪とも240kPaと高めの設定とした点も、乗り心地の硬さに影響を与えている。

次の

三菱・eKクロス

三菱 ek クロス スペース

今最も売れている軽スーパーハイトワゴンのカテゴリーに、三菱から新たなモデルが投入した。 その名は新型「eKスペース/eK X クロス スペース」。 ホンダ N-BOXやダイハツ タントなどの強力なライバルを前に、三菱ならではの魅力とは。 カーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎氏が、実際にeKスペースシリーズに試乗して得た印象を踏まえ徹底解説する。 >> 日本の乗用車で最も売れているスーパーハイト軽カテゴリーに、三菱から新たなモデルが登場 クルマにはさまざまなカテゴリーがあるが、今最も好調に売れているのは、全高が1700mmを超える背の高い軽自動車だ。 最近では「軽スーパーハイトワゴン」などと呼ばれている。 車内が広く4名乗車も快適で、後席を畳めば自転車なども積める広い荷室になる。 後席左右のドアはスライド式だから、乗り降りもしやすい。 そこで2019年1~12月、2020年1~3月の国内販売ランキングを見ると、1位はホンダ N-BOX、2位はダイハツ タントであった。 両車とも全高が1700mmを超える軽自動車だ。 2020年3月には、このカテゴリーに属する三菱 新型eKスペース/eK X クロス スペース、そして姉妹車の日産 ルークスが一斉にフルモデルチェンジを受けて販売を開始した。 車両の概要はに掲載したので、今回は実際に試乗して分かった運転感覚などを中心にお伝えしたい。 660ccのエンジンはノーマルとターボの2種類|ベースのeKスペースでもターボが選択可能 三菱 新型eKスペース/eKクロススペースに搭載されるエンジンのラインナップからご紹介していこう。 eKスペースとeKクロススペースの両方に、ノーマルタイプ ノンターボ とターボエンジン車をそれぞれ用意した。 ちなみに姉妹車の日産 ルークスでターボを選べるのは、上級グレードの「ハイウェイスターG ターボプロパイロットエディション」のみだが、eKでは標準ボディのeKスペースにもターボエンジンを搭載する「T」を設定した。 運転支援機能のマイパイロット 日産では「プロパイロット」 を含めて、eKスペースは、エンジンや装備の選択肢がルークスよりも豊富だ。 今回試乗出来たのは、ノーマル ノンターボ エンジンを搭載する「eKスペース G」 154万2200円・FF と、ターボエンジン搭載の「eKクロススペース T」 185万9000円・FF であった。 登坂路ではややパワー不足だが、街中などでは扱いやすいノンターボエンジン eKスペース Gに載るノーマルの660ccエンジンは、幅広い回転域にわたり動力性能が不足気味だ。 車両重量が950kgに達するので、登坂路などではパワー不足を感じやすい。 それでも軽自動車のノーマルエンジンとしては、実用回転域の駆動力に余裕がある。 最大トルクは6. 1kg-mにとどまるが、頻繁に使われる3600回転で発生するから、意外に運転しやすい。 ノイズと振動も抑えられ、パワーは不足気味でも上質な走りを楽しめる。 街中から郊外路、そして高速道まで全域で扱いやすい660ccターボエンジン 一方ターボのeKクロススペース Tでは、動力性能が大幅に向上する。 最大トルクは10. 2kg-mだから、ノーマルエンジンの1. 7倍で、街中から郊外路、そして高速道での領域をカバーする2400~4000回転で幅広く発生するから加速に余裕がある。 高回転になるほど加速が活発化するターボのクセを少し感じるが、高速道路や峠道を頻繁に走るユーザーに適する。 全高1700mmを超える軽スーパーハイトワゴンとしては走行安定性も良好 背の高い三菱 新型eKスペース/eKクロススペースで特に気になる走行安定性についてはどうだろうか。 実際に試乗してみたところ、全高が1700mmを上まわり、車両重量も900kgを超える背の高い軽自動車としては良好な部類に属する。 カーブを曲がる時には操舵感が少し鈍く感じるが、後輪の接地性は高い。 下り坂のカーブを曲がる時も不安を感じにくく、直進安定性が高いから高速道路も走りやすい。 >> 後席に大切な家族を乗せるから・・・気になる乗り心地は!? 後席に大切な家族を乗せることも多いクルマだから、乗り心地もしっかり確認したい。 その印象は、装着されるタイヤによって異なる。 14インチタイヤ 155/65R14 を装着したeKスペース Gは、路上のデコボコを拾いやすいものの、硬さをあまり意識させない。 15インチタイヤ 165/55R15 のeKクロススペース Tは、eKスペース Gに比べて操舵感が少し機敏になるが、乗り心地に硬さが目立つ。 段差を通過した時には突き上げ感も伴い、もう少し穏やかに仕上げて欲しい。 このように、背の高い軽自動車に求められる走行安定性と乗り心地のバランスは、14インチの方が良さそうだ。 ちなみに指定空気圧は、転がり抵抗を抑えるために前後輪とも240kPaと高めの設定とした点も、乗り心地の硬さに影響を与えている。 [筆者:渡辺 陽一郎/撮影:森山 良雄・MOTA編集部・三菱自動車工業].

次の