空母いぶき 最終話。 空母いぶき:5年の連載に幕 新連載「空母いぶき GREAT GAME」が次号スタート

空母いぶき 外伝アニメ一話

空母いぶき 最終話

ビッグコミック 2016. 07 本誌連載に追いつける!さらに最新話を無料公開! 大反響の軍事エンターテインメント(かわぐちかいじ/惠谷治)、待望の第4集が絶賛発売中!! 緊迫する武力奪還作戦の続きが早く読みたい...... という方のために、第4集の続きとなる第32話~36話を無料公開!! これを読めばでの連載に追いつける、"追撃キャンペーン"実施中!! (公開期間は2016年7月24日23:59まで) 『空母いぶき』追撃キャンペーン試し読み [第36話] 『空母いぶき』第36ソーティ「多良間島上空50メートル」 この記事は試し読み公開期間を終了しました。 『空母いぶき』は「ビッグコミック」にて好調連載中です! 『空母いぶき』追撃キャンペーン試し読み [第36話] この続きとなる『空母いぶき』第37ソーティは7月9日(土)発売のビッグコミック14号に掲載!! さらに特製QUOカードプレゼントも実施中です。 詳しくはビッグコミック13号・14号もしくは『空母いぶき』第4集のオビをご覧ください!! この機会にビッグコミックでの連載に追いつき、月に2回、手に汗握ろう!! (ビッグコミック編集部) 今すぐ無料で試し読み! 関連リンク 【初出:コミスン 2016. 07】 かわぐちかいじ,ビッグコミック,プレゼント,惠谷治,空母いぶき.

次の

『空母いぶき』最終回&なかいま強氏 新連載!「ビッグコミック」24号

空母いぶき 最終話

ビッグコミック 2016. 07 本誌連載に追いつける!さらに最新話を無料公開! 大反響の軍事エンターテインメント(かわぐちかいじ/惠谷治)、待望の第4集が絶賛発売中!! 緊迫する武力奪還作戦の続きが早く読みたい...... という方のために、第4集の続きとなる第32話~36話を無料公開!! これを読めばでの連載に追いつける、"追撃キャンペーン"実施中!! (公開期間は2016年7月24日23:59まで) 『空母いぶき』追撃キャンペーン試し読み [第36話] 『空母いぶき』第36ソーティ「多良間島上空50メートル」 この記事は試し読み公開期間を終了しました。 『空母いぶき』は「ビッグコミック」にて好調連載中です! 『空母いぶき』追撃キャンペーン試し読み [第36話] この続きとなる『空母いぶき』第37ソーティは7月9日(土)発売のビッグコミック14号に掲載!! さらに特製QUOカードプレゼントも実施中です。 詳しくはビッグコミック13号・14号もしくは『空母いぶき』第4集のオビをご覧ください!! この機会にビッグコミックでの連載に追いつき、月に2回、手に汗握ろう!! (ビッグコミック編集部) 今すぐ無料で試し読み! 関連リンク 【初出:コミスン 2016. 07】 かわぐちかいじ,ビッグコミック,プレゼント,惠谷治,空母いぶき.

次の

空母いぶき:5年の連載に幕 新連載「空母いぶき GREAT GAME」が次号スタート

空母いぶき 最終話

もくじ• 空母いぶき102話のあらすじ (注:ネタバレあり・画バレなし) 世界にライブ中継される着陸 沖縄・石垣空港に、無事中国機1番機が着陸 します。 そして、その模様は全世界へとライブ中継されているのであります。 そんな中、東都新聞記者 一の瀬一(いちのせはじめ)は、自衛隊の制止を振り切り、 中国 機から降り立ったばかりの中国人パイロットに突撃インタビューをし、日本国民に生の声を届けようとするのでありました。 戦闘終結へ動く中国政府 そ の情勢に中国本土でも動きがあり 、 中国機の着陸中継が始まるとすぐかなりの数の中国人民解放軍が中国北海艦隊司令部を抑えに入ったとの報告がありました。 主にこの侵攻作戦を発案・主導してきた、王志強(ワンデーチャン)政治委員ならびに王とつながる戦略ミサイル軍の李永康(リーヨンカン)少将の拘束であると見られていました。 ついに中国中央政府、中国軍事委員会が動いたのです。 中国人民解放軍は、侵攻作戦の主導責任者を拘束し、中国当局はすでに戦闘終結後へと向かって動き始めているのでした。 空母「広東」へ直接乗り込む秋月一佐 秋月一佐は新波副長に艦を任せ、状況視察のため「広東」艦隊への接近飛行にのぞむのでありました。 単機での接近は危険だと進言する新波であったが、 「この海で起きたことの全てを知っておきたい。 未来のためにも。 」 と言い残し、秋月は単機、ヘリコプターで飛び立つのであります。 秋月 は 救助ヘリコプターの活動を見届け、 突如「広東」への着陸を要請するのであります。 突然の着陸要請に慌ただしくなる 「 広東 」。 撃墜もやむなしと決断を仰ぐ乗組員たちに、劉艦長が下した決断は。 秋月一佐の艦への受け入れであったのです。 ついに向き合う秋月艦長と劉艦長。 向かい合う、両艦長からは何が語られるのでしょうか。 空母いぶき102話の感想・考察 いよいよ向かい合う両雄!クライマックスへ。 ラスト2話ということもあり、いよいよお話もクライマックスへという感じをひしひしと感じるようになってきました。 そんな中、いよいよきた向かい合う両雄といったところで、専守防衛の国の基礎としてきた日本国の中で異彩をはなってきた「いぶき」の秋月艦長。 大国中国の現在を代表するような劉艦長。 その2人が最終話で何を語るかものすごく気になるところではあります。 また2人が少年時代に目撃した「ベルリンの壁の崩壊」と「天安門事件」がどうように関係してくるかは期待するところです。 まだまだ引き続き、物語を見ていたいというのが一読者の感想ではありますが、作者のかわぐち先生の体調もありますので、かわぐち先生の回復をお祈りしながら、最終話を待ちたいと思います。 関連記事: 関連記事:.

次の