安積 高校。 安積高校(福島県)の情報|進研ゼミ 高校入試情報サイト

安積高校の中高一貫化

安積 高校

かつては磐城高校も併せて御三家と表現する向きもあったのですが、ここ数年の磐城高校は凋落が著しく、進学実績面で両校と並び立たせるには相当な無理があります。 一応、各校における旧帝一工の今春合格実績を紹介すると、 福島高校 定員320人 56人 現役40人 浪人16人 安積高校 定員320人 38人 現役27人 浪人11人 磐城高校 定員320人 16人 現役12人 浪人4人 という結果で、磐城高校は福島、安積両高校にダブルスコア以上の差をつけられており、 会津高校 定員280人 13人 現役6人 浪人7人 橘高校 定員320人 11人 現役7人 浪人4人 安積黎明高校 定員320人 12人 現役11人 浪人1人 に並ばれかけているのが現状です。 また、よく見ると、福島高校と安積高校の合格実績にも、明確な差が見られます。 国立の旧帝一工だけではなく私立の早慶上理でみても、 福島高校 68人 現役40人 浪人28人 安積高校 52人 現役30人 浪人22人 と福島高校が安積高校を圧倒。 これ、今春だけの実績だけではなくて、昨年や一昨年も、 【2015年】 福島高校 旧帝一工61人 現役39人 浪人22人 早慶上理56人 現役20人 浪人36人 安積高校 旧帝一工54人 現役40人 浪人14人 早慶上理68人 現役31人 浪人37人 【2014年】 福島高校 旧帝一工68人 現役36人 浪人32人 早慶上理69人 現役29人 浪人40人 安積高校 旧帝一工45人 現役27人 浪人18人 早慶上理42人 現役25人 浪人17人 と、昨年は若干安積高校優勢のような気がしなくもないですが、全体的に福島高校>安積高校の構図が伺えます。 各種模擬試験の偏差値としては両校の難易度は同程度。 また所属する学区の人口は安積高校のある県中学区の方が福島高校のある県北学区よりも多いから、福島高校が人口が少ない割には頑張っているというか、逆に安積高校が怠けているのか? いずれにせよ、不思議な現象が起こっていると言わざるを得ません。 一応、安積高校の名誉のために書いておくと、旧帝一工や早慶上理よりも少しランクが落ちる神筑横金岡千広 国立 やMARCH 私立 だと、合格者数は福島高校を上回っています。 一応今春の実績を示すと、以下の通り。 福島高校 神筑横金岡千広22人 現役16人 浪人6人 MARCH105人 現役58人 浪人47人 安積高校 神筑横金岡千広32人 現役23人 浪人9人 MARCH124人 現役74人 浪人50人 となると、仮に福島県の県立高校普通科が全県一学区となった場合、旧帝一工&早慶上理志望なら福島高校、神筑横金岡千広&MARCH志望なら安積高校という住み分けが、ひょっとしたら起こるかもしれませんね。 ずっと前に書いたエントリーで「県の中央部にある郡山市、とりわけ郡山駅に近い安積黎明高校に優秀な生徒が集中するだろう」と予測したのですが、現状の進学実績が長年続くようならば「 福島市VS郡山市の対立構図に拘泥しない 郡山都市圏の最優秀層が福島高校を志望する」現象が起こり得ると予測し直します。

次の

福島県立安積黎明高等学校

安積 高校

2019年度より、 SSH(スーパーサイエンスハイスクール)の第2期指定を受けました!! 本校は2019年度より5年間の予定で、文部科学省よりSSH スーパーサイエンスハイスクール の第2期指定を受けました!! 本校としては、平成14年度~16年度の第1期、平成17年度~18年度の経過措置に続き、第2期目の指定となります。 第2期のSSHの研究テーマは、「新しい社会を拓く創造性とレジリエンスを身につけた科学技術系リーダーの育成~安積の開拓者精神を世界へ~」です。 生徒が自ら進んで課題に向きあい、新しい社会を創出し、地域から世界を牽引できる科学技術系リーダーを育成するため、主体的・協働的な探究型学習を推進する教育プログラムを開発し、それを支え、発展させる新しい地域教育・共創モデルの確立を目指して研究開発を進めて参ります。 本校で予定しているSSH事業の概要については、下記PDF資料をご覧ください。 今後も、本校のSSH事業における取組について、HPで随時発信して参ります。 6月8日 月 6・7 校時に、東北大学大学院生命科学研究科教授の渡辺正夫先生を講師にお迎えして、1年生を対象に特別講義を行いました。 新型コロナウイルス感染予防のため、講義、質疑応答をオンラインにて実施ました。 「将来に向けたキャリア形成と『考える基礎』となる課題研究のあり方」と題して約1時間の講義を拝聴しました。 「課題研究をやる理由」、「課題研究において『考える』ことの重要性」、「キャリア形成」について、新型コロナウイルス感染流行や、先生が研究者を志すまでの道のりなどのお話を交えながら、わかりやすくご講義いただきました。 <生徒の感想から>• 「答がないことへのチャレンジ」ということが印象に残りました。 中学生までは基本的に答があることがほとんどでした。 しかし、高校では答のないことがたくさん出て来ると思います。 そんな時でも諦めずに挫けずに頑張っていきたいと思います。 今日の講演で印象に残った言葉は、「ピンチをチャンスに変える」「種をまいたら始末しろ」「Don't sleep through life! 」でした。 まだ私たちは将来を良い方向に持っていける可能性が十分あることを実感しました。 自分に何ができるかや何をしたいかを明確にしたいと思いました。 「思い通りにならないことはあるが、それを良いように捉えたり、自分なりに面白いと興味を持てることを見つけるのが大事」ということが印象に残りました。 一つの物事でも角度を変えて見てみれば様々発見があるのだなと、考えさせられました。 今後の探究活動でも気づきのきっかけを大切にしていきたいと思います。 「考えることをやめず、常に『なぜ』『どうして』と疑問を持つことが大切だ。 」「最後まで諦めない。 」この二つのことが印象に残りました。 私は何か答えのないことについて深く考えることが好きなので、様々なことに疑問を持ってたくさん考えていこうと思います。 また、人生やってみないと何が起こるかわからない、失敗しても挫けずに常に挑戦していこうと思います。 「答のない問題」に対してどう取り組むかが課題であることを感じました。 このような問題を途中で投げ出さないことが重要だと思います。 投げ出さない限り自分なりの答えは出ると思います。 今の自分に欠けていることの一つ目は、将来のビジョンが明確でないことです。 ビジョンの形成は夢の実現に関わっていると思います。 宇宙に興味があるので、宇宙に関連した分野で自分の興味あることを捜していきたい。 二つ目は事の重要性について気づくのが遅いということです。 誰かがやらないと行動できないタイプなので、このままではいけないと思っています。 講演を聴いて「人生の選択は意外なところで決まる」と思いました。 灯台下暗しと言うように、私の近くにもヒントが転がっているかもしれないので、日々注意を払って生活したいと思いました。 生物・医学・数学・社会学の内容をメインにし、以下のような中身で行いました。 ・どうやれば感染を防げるのか?また、その科学的な根拠は?(マスクをつける理由、手を洗う理由、換気の理由など) ・潜伏期間や軽傷度など、インフルエンザとの違いは何か? ・感染者数の変化を理解するための数学:指数関数と縦軸対数のグラフ ・それをもとにして日本の感染者、死亡者の推移と諸外国との比較 ・専門家集団のクラスター対策の狙い、マスク配布の理由 ・感染拡大、指数関数的増加に伴う社会と医療現場のリスク ・年配の人たちのリスク(コロナ、生活習慣病など) ・ウイルス以外のリスク(経済・社会的影響、ストレス、鬱傾向、運動不足) ・新型コロナウイルスによる社会的課題の解決にはどのような勉強が必要なのか ・コロナによる偏見、2011年の放射性物質のときとの比較 ・(専門用語の解説) ・潜伏期間 ・免疫反応 ・集団免疫 ・ワクチン ・PCR検査 ・実効再生産数R0 ・クラスター対策 ・オーバーシュート ・医療リソース ・医療崩壊 資料は主にこちらを参考にしました。 マスクや指数関数について。 わかってはいたつもりだったけど、実際にグラフを見てみると、とても怖いものだなと感じました。 (中略)国のトップが命令を出したのに対して、それを守りきる人と反対して外に出る人の2つの派に別れてしまうことは私はとても恐れています。 もし今この数日、数ヶ月、はたまた数年を耐えることができれば、それからの未来がどれだけ落ち込んだとしても、この事態を「誇れる過去」として進歩していけると思います。 (3年男子) ・「なんでマスクをしているのか」「なんで人と人との接触を防ぐ必要があるのか」「何で換気をするのか」今日の授業でこれらの必要性に納得しました。 結果・方法だけではなく、その背景にある理由も知ると人は深く理解できるのだと改めて気づかされました。 指数関数や対数関数のグラフ、感染者数のグラフの見方がわかりました。 福島で起きた原発事故で得た教訓は日本の今の状況に対していかせることはたくさんあります。 根拠を持って知識を得た上で恐れること、デマに安易にながされないこと、感染した人を責めないこと、全員で協力する必要があること・・・など。 (3年女子) ・コロナウイルスが潜伏期間が長く、無自覚のまま自分が誰かを感染させるかもしれないということがわかって、私もさらに気をつけて生活しようと思った。 これから休校になって、家にいる時間が増えるかもしれないが、マスク、手洗い、換気など、自分にできることをやって、健康的な生活を送りたい。 また、ウイルスについて知り、社会について考えるためにももっと勉強したいと思った。 (3年女子) ・今までの対策には色々な理由があって、自分が思っているほど浅はかではないことがよくわかった。 コロナウイルスをなくすことだけを考えていても、経済やそれぞれの精神面を考えるともっと問題が生まれてしまうことがわかった。 また、単純な増加だけを気にしていても意味がなく、増加の割合や病床の数などを同時に考えなければならないことが分かった。 しっかりと政策の本質を見抜けるようにしたい。 (3年女子) ・他人事ではなく自分も危機感を持って、多くの人が触るところなどに気を付けていきたいです。 そして、指数関数的に増加していかないよう、徹底的に予防していきたいと思います。 ワクチンなど対策ができるまで時間が稼げるようにしていきたいです。 (2年女子) ・ニュースなどの言葉や、インターネットの記事などの文字でしか得られていなかった情報を数学的・科学的に得ることができたので良い機会になりました。 指数関数はドラえもんの「バイバイン」を思い出しました。 1人1人が、うつらないことはもちろん、もしかしたらかかっているかもしれないから、うつさないという行動をとることの方が、よっぽど重要に思えました。 情報の持つ意味をよく考えて行動したいです。 (1年男子).

次の

偏差値だけでは決められない!安積高校と安積黎明高校の選択 その2

安積 高校

約90分、みっちり汗をかく事が出来たので、今週は充実した終わり方となりました。 来週はもう一段階、負荷を上げていこうと思います。 声を出しながらプレイする事をどこまで要求していいものか、まだ手探り状態ですが、それにしてもまずはスパイク履いてホームグラウンドでボールを蹴れた喜びを素直に噛み締められたかと思います。 保護者同意の元、感染症予防対策をきちんと講じた上で、来週8日より活動再開となります。 怪我や熱中症などに充分気をつけながら、4-6週間後に対外試合が行えるイメージで、チーム内の活動量を少しずつ増やしていく予定です。 サッカー部全員での朝のミーティングも1ヶ月ぶりでした。 現時点での予定を確認し、来週からの活動再開に向けた今週1週間のやるべき事について、福島県サッカー協会のホームページから情報活用するよう、伝えました。 サッカーモードに切り替える時間を上手く確保できた者、そうでない者、やはりそれぞれいるようです。 緊急事態宣言も全国的に解除され、ステイホームの頃から比べると、だいぶ出来る事は増えたような気がします。 自分で目標を見つけて、進もうと努力や工夫する事が出来るかどうか。 きっかけは色々あるでしょうが、結局は自分次第かと思います!ガンバレ。

次の