ドリーム ランド モノレール。 夢は終わらない!横浜ドリームランド跡地物語

モノレールの一覧

ドリーム ランド モノレール

大船駅とドリームランドを結んでいたモノレール かつて大船駅と、1964(昭和39)年~2002(平成14)年まで営業していた遊園地「ドリームランド(戸塚区)」を結んでいたモノレール。 大船駅近辺で高架のレールが長年立っていた姿を記憶している人も多いのではないだろうか? 過去にについての記事もあるが、今回はその跡地について紹介したい。 『全国鉄道事情大研究 湘南篇(川島令三)』によると、1966(昭和41)年5月に運行会社であるドリーム交通が開通。 15分間隔で3両編成の袴座式(こざしき:レール上を走る)モノレールが大船~ドリームランド間の5. 3kmを所要時間8分で運行していた。 大船駅付近の軌道跡。 2002(平成14)年ごろ また、1965(昭和40)年前後はモノレールブームがあり開発競争が進んでいた。 その状況下で、モノレールの設計などを行った東京芝浦電気(現・東芝)は、他社の成功の焦りからか、車両が重くなったのにその重量に見合った軌道桁(きどうけた)への強化を怠った。 そのため、1年後には各所で軌道桁にひびが入ってしまい、開業から1年余り経った1967(昭和42)年ごろに運休になった。 以後何度か復活の話はあったが再開していないとある。 車両の重さにレールが耐えられなかった そして、大規模な団地であるドリームハイツ(詳しくは後述)の概要を記したパンフレット『県ドリームハイツ30年史』には、ドリームランド線はモノレールの開発競争の初期に登場した画期的な路線だったとあった。 これらの情報を得てから、現地の様子を確認するために、JR大船駅に向かった。 大船駅(緑矢印)と元「ドリームランド」(青矢印)の間を結んでいた(Googlemapより) 大船駅近くの不動産店の主人に、ドリームランド線について伺うと「60代の人なら一度はあのモノレールに乗ったのではないでしょうか? 1966(昭和41)年ごろ、モノレールは満席でした。 ほかにドリームランドのような娯楽施設はなかったので、このあたりの人にとっては楽しみな場所でした」という。 大船駅には、今もモノレールが運行しているが、その湘南モノレールは、有名な観光地の江の島まで10数分とのことで人気を集めているようだ。 ドリームランド線も遊園地「ドリームランド」への乗客の夢を乗せて走る乗り物だったのだろう。 湘南モノレールの改札口 大船駅に滑り込む湘南モノレール 『県ドリームハイツ30年史』にあった「ドリームランドモノレール」の路線図を手に、そのレールの跡地を大船駅からドリームランド線の終着駅であったドリームハイツを目指した。 この路面図には新設する駅舎の理想的な場所が記されていたが、実際に駅舎は完成しなかったようだ。 路線図には理想的な駅舎の場所が記されている 駅舎の場所を現在の地図と対比したもの まずは大船駅西口のあたりで、モノレールの駅舎があった場所を探した。 大船駅西口 駅舎跡地には、現在マンションが建っていて、近所の女性に話を伺うと「1966(昭和41)年ごろにモノレールに乗りましたが、1年ほどで中止になりました。 現在マンションが建っている場所に駅舎があり、建物の高さも同じくらいでした」とのこと。 駅舎跡地に建つマンション 次に駅舎の計画が立っていた場所のひとつ、玉縄台(たまなわだい)方面に向かった。 山を一つ越えた先の住宅地のはずれにレールの走っていた場所を発見、周辺住民に話を伺った。 ドリームランド跡地の様子は? レールは玉縄台の住宅地の脇を走っていた(青矢印) (Googlemapより) 散歩中の住民の男性に話を伺うと「地上数メートルの高さにレールがあり、その上をモノレールが走っていました。 今では跡地には一戸建てが建ち、住宅が増えています。 当時は近くに駅ができる計画があったので、私たちは期待していました」とのこと。 玉縄台のレール跡地には住宅が建っている 画面中央あたりをレールが走っていた 現在跡地には、住宅が建設中で、モノレールの跡は残されていなかった。 かつて小雀信号所があった場所 さらにドリームハイツに向けて進むと、列車交換のためのホームが設けられていた小雀信号所があった場所に着いた。 小雀信号所があった場所(青矢印)(Googlemapより) この場所は、現在、農園になっており、ビニールハウスなどがあった。 跡地は農園になっているようだ サングラスが決まっている、通りすがりのダンディーな初老の男性に話を伺った。 男性は「ここにはモノレールが行き違いをするための中継所がありました。 私たちは1961(昭和36)年に引っ越してきましたが、モノレールの途中駅ができると聞いていました。 駅ができるということだったので、土地の価値が上がることやこの場所で商売をした際の収益に期待していた人もいました」と話してくれた。 小雀信号所跡地の近くには小雀浄水所がある 続いて、近くで畑仕事をしていた中年男性に伺うと「現在私は66歳ですが、モノレールには中学生のころパスを買って何十回も乗っていました。 とても思い出深いです。 揺れもせず乗り心地は良く、開通当初はいつも満席でした」という。 そしてこの男性の土地にはレールの橋脚が建っていたとのことで、案内してもらうことにした。 「私の持っている土地にモノレールの柱が立つことになり、その際はそこの土地を売りました。 しかし中止が決まり、レールを撤去するときに、ほかの人の手に渡りお墓などになったら嫌なので、また買い戻しました」とのこと。 男性が持参している開通記念に買ったモノレールの温度計はまだ作動している 裏には、1966年の4月28日に開通した内容が記されていた この男性のように、施設があった土地を元の所有者が買い戻した例もあるようだ。 また、男性の所有する温度計も興味深く、「今でも動作しているのを持っている人は少ないのでは?」とのことで、男性のモノレールに対する愛情が感じられた。 モノレールの橋脚の跡地には、土台しか残されていなかったが、周りは緑豊かな山が広がり、自然の起伏に富んだ土地をモノレールが走っていたことを思わせた。 男性の土地に残る橋脚の土台 山の稜線に沿ってレールが走っていたという.

次の

ドリーム交通モノレール線 概要

ドリーム ランド モノレール

夢はここにある ドリーム交通モノレール線の概要 1964年8月に開園した横浜ドリームランドは日本で最初の本格的な遊園地ということもあって連日大勢の人たちで賑わっていました。 しかしドリームランドは駅から遠く不便だったので新たな移動手段としてモノレールを走らすことにしました。 当初は開園と同時にモノレールも開業させようと計画していましたが、用地取得と急勾配に悩まされ開園から2年後の1966年5月になってようやく開業することとなりました。 モノレールはドリームランドと国鉄大船駅との間、全長5. 3Km、所要時間8分で結び、最大勾配100パーミルを始めとする急勾配が続くアップダウンの激しい路線となりました。 単線で3両編成の列車が2編成で運行されたので、中間地点の小雀信号所で車両の交換を行いました。 当時沿線では住宅地の開発によって急速に人口が増加していたので、そこに住む人たちもモノレールを利用すると考え、この信号所には駅として使えるようあらかじめホームを設置していました。 更に大船駅からだけではなく小田急線の六会駅とを結ぶ路線も計画していましたが、後に六会駅から急行停車駅である長後駅へと計画が変更されました。 車両の設計は東芝が行い、連接台車を採用した東芝独自の跨座型モノレールでした。 運賃は片道170円で、現在の物価に換算すると800円以上と高額でしたが、ドリームランドへの移動手段としてや、当時はまだ珍しかったモノレールに乗ってみようとする人たちで、車内はいつも混雑していました。 しかし好調な出だしとは裏腹にタイヤがパンクし、軌道に亀裂が生じるトラブルに見舞われ、開業から翌年の1967年9月に休止となってしまいました。 原因は、用地買収に手間取り路線変更したことで当初の計画より急勾配が続く路線となってしまったこと。 それに対応出来る車両にしようと頑丈にした所、車両の重量が増えてしまったこと。 独自の規格である連接台車方式は通常の車両より台車の数が少なく、1本のタイヤに対する負担が元々大きかったこと。 建設費を抑えるため橋脚の許容重量にあまり余裕が無かったこと。 以上の点により車両の重量と軌道の耐久性とのバランスが崩れてしまい、休止へと追い込まれてしまいました。 その後責任の所在を巡ってトラブルとなり、運行事業者であるドリーム交通と車両を設計した東芝との間で裁判が起きてしまいました。 裁判期間中は再開させる訳にも行かず裁判が終わるのを待っていましたが結局裁判が長期化してしまい、休止から14年後の1981年になってようやく和解が成立して、翌年の1982年にドリーム交通は事業の再構築を目的に、新たに設立したドリーム開発にモノレール事業を譲渡して再出発を目指すことになりました。 しかしその頃には沿線の様子が大きく変わってしまい設備も老朽化してしまいました。 そして1987年には車両が、1991年には軌道の電気線が、1992年には大船駅駅舎がそれぞれ解体されてしまいました。 それでも再開を望む声は無くなりませんでした。 それはドリームランドへの輸送機関としてだけではなく、年々増加する沿線の人口と、劣悪な道路環境に輸送力がバスだけでは対応できなくなり、新たな公共交通機関としてモノレールの再開を望む人たちが大勢いたからです。 そのような中で1988年、ドリームランドをダイエーが買い取りモノレール線をHSST 常電導磁気浮上式鉄道 で再開させる計画が持ち上がりました。 4両編成で途中駅を3駅追加し1997年に工事着工、1999年に再開させるという具体的な計画も発表されました。 横浜市都市計画局も公共交通機関になるとしてこの計画を支援しました。 しかしバブルの崩壊により親会社のダイエーが経営難となってしまいHSSTでの再開事業費が出せなくなってしまいました。 その後もダイエーの経営難が続き2002年、ついに38年間続いた横浜ドリームランドを閉園させることにしました。 そして同年、HSSTでの再開を目指していたドリームランド線も廃止することにしました。 翌年2003年の正式な廃止とともに長い間放置され続けてきたモノレールの設備は100億円かけて撤去することになりました。 しかしこれですべてが終わったわけではありません。 沿線の劣悪な道路環境は一向によくならず、公共交通機関としてモノレールを必要とする人たちがいるからです。 遊園地への輸送機関としての役目は終わりましたが、公共交通機関としての役目は果たしていません。 もう一度計画を見直して欲しい。 それがこのサイトの願いです。

次の

80年代登場施設

ドリーム ランド モノレール

このドリームランドモノレールは、正式名称ドリーム交通・モノレール大船線として開業しながらも、軌条とその支柱が車両の重量に耐えられないという構造物の致命的瑕疵が明るみになり、当時の陸運局からの運行休止勧告を受けて永い永い眠りについたのです。 実際に運行されていた期間よりも運行休止期間が遥かに永く、休止とはいえ事実上廃止同然の様相を呈していた軌条や付帯構造物は多くの人の目に留まるところとなり、様々なメディアを介して広く知られることとなったのです。 それ故、軌条残存時のレポート等は他のwebでも多々目にするのですが、軌条撤去後について多くは触れられていないように思います。 私自身もかつての地元に近接していたこの軌条を見に行ったことがあり、また大船界隈をもホームグラウンドとしていただけあり、その記憶は今もありありと残っています。 それだけに記録がおろそかになった感は否めず、当時の残存軌条の記録は殆どありません。 しかし中にはやはりというか記録されている方がおりまして、私が鉄道模型の集まりを端緒として日頃お付き合いさせていただいているgino-1氏が、その軌条撤去開始直後に撮影された貴重な画像を寄せていただいたのです。 そのキッカケとなったのが表題の廃線跡探訪でして、モノレールが在したエリアの出身であり、またそのあたりの事情にも明るい氏のナビゲートを頼りに全線を走破してきました。 まずは、大まかにですがドリームランドモノレールと付帯事項の沿革を記します。 なお、以下の画像における旧景(2003年撮影)は特記なきものは全てgino-1氏からご提供いただいたものでして、弊ブログへの掲載も了解いただいております。 改めて御礼申し上げます。 探訪当日は絶好の好天に恵まれました。 氏との待ち合わせはドリームランド。 いや、正しくは今は俣野公園もしくは横浜薬科大学なんですけどねぇやはりドリームのほうが「通り」が良いです。 そのドリームまではバス利用のつもりでいたものの、はやる気持ちを抑えられず早出(笑 してしまい、結局徒歩でドリームまで辿り着いてしまいました…。 30分かかっていません。 近隣からエンパイアが望めるくらいですからね。 待ち合わせ時間までは少し間があるので、かつての記憶を呼びさましながら周辺を観察します。 現在は横浜薬大の図書館棟?などになっている往年の「ホテル エンパイア」。 その構造の名残が、今も感じられるでしょうか。 当時としてはまったくもって進取的だったことでしょう。 ・A地点(2009年)、手前が終端側 氏と合流し、早速探訪開始です!まずは現在はバスターミナルとなっているあたり、ここにはかつてモノレール車庫が存在し検修庫も有していたのだとか。 ・A地点(2003年) ほぼ同一地点での旧景です。 左のフェンスの外側が、現景で左に映る道路に相当するものと思われます。 その曲がり具合がピッタリでして、かつての車庫へと至る軌条もここでカーブしていたそうです。 ・B地点(2009年)、左が終端側 かつてのモノレールのドリームランド駅跡は、横浜薬大のスクールバス駐車場になっています。 駅の構造物が残存していた頃は、その駅前敷地がドリーム観光の観光バス等の駐車場としても用いられていたそうです。 ・B地点(2003年) 駅構造物撤去完了直後の旧景です。 バックのドリームハイツだけは不変ですね。 ・C地点(2009年)、奥が大船方 フェンスの手前は現在はタクシーの転回場になっています。 かつてはここは奥へと抜ける通り道だったそうです。 この通路?の直上を軌条が横切るようにオーバーパスしていました。 ・C地点(2003年)、左が大船方 その旧景。 現景とは軌条を挟んだ反対側からの撮影です。 白い柵の歩道にその名残があります。 「俣野の丘」の頂に在ったドリームランドへのメインアプローチであるランド坂を下ります。 現在は横浜薬大への通路となっている、かつてのドリームランド駐車場への専用道路跡には…消えかけながらもその文字が今も残ります。 ・D地点(2009年)、右が大船方 坂を下りた交差点には今もなお「ドリームランド前」の称が付されています(冒頭画像参照)。 そしてその少し先、県道の真ん中にある中央分離帯?もどきの島状のモノは… ・D地点(2003年)、手前が大船方 かつての軌条の支柱がそこに建植されていました。 いまや跡形も無く、キレイサッパリ…傍らの飲食店舗は今も健在です。 支柱に軌条がオフセットで載っていますが、これは複線分の支柱なのだそうです。 ドリーム交通ではモノレール大船線の他にもドリームランドから六会、長後へと至る路線の開設も目論んでいたようで、それについては当時のパンフレットなどにも図示されていました。 その計画線のための複線分支柱ではありますが、一部ではこのように軌条もセットされていました。 私がコレを初めて目にした折には随分不思議に感じたものです。 複線分支柱はこの先の宇田川沿いまで存在していました。 ・E地点(2009年) 県道を跨いだ軌条は右カーブのコースをとります。 その途上で宇田川をオーバーパスしていました。 ・E地点(2003年)、奥が大船方 その部分は鉄製の軌条桁であるいわゆる「鉄橋」だったのですが、氏によればこの鉄橋の銘板の製造年が1978(昭53)年だったそうで、つまり運行休止後に架け替えられていたということになります。 勿論運行休止後にモノレールは走行していませんから、この鉄橋を走行したのは後に出てくる保線用車両だけということになりますが…実にミステリーです。 とりあえず今日はここまでです。

次の