韓国 の ホワイト 国 は どこ。 韓国よどこへ行く ー ホワイト国からレッド国へ

「どこで何が爆発するかわからない」…日本のホワイト国規制品目、韓国政府も予測不可

韓国 の ホワイト 国 は どこ

ホワイト国はグループAに名称変更 8月2日。 通産省は「ホワイト国」を「グループA」に名称変更しました。 輸出管理の対象国をよりはっきりさせるためだそうです。 今までは「ホワイト国」と「非ホワイト国」というざっくりとした分け方でした。 今後はグループAからDの四段階に分けられました。 グループA 旧ホワイト国 アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、カナダ、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、米国 グループB 輸出管理レジームに参加し、一定要件を満たす国 (グループAを除く) ウクライナ、エストニア、カザフスタン、キプロス、スロバキア、スロベニア、トルコ、ブラジル、ベラルーシ、マルタ、南アフリカ共和国、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、韓国 グループC グループA・B・Dのいずれにも該当しない国。 (輸出管理レジームに参加していない国など) 中国・台湾など グループD 国連武器禁輸国 アフガニスタン、中央アフリカ、コンゴ民主共和国、イラク、レバノン、リビア、北朝鮮、ソマリア、南スーダン、スーダン ホワイト国がグループAが変わりました。 (ち地域) 上記以外がグループC 韓国はホワイト国(グループA)ではなくなりBグループになりました。 でも中国など他のアジア諸国はCグループです。 優遇措置をうけられなくなったとはいえまだ中国とは違うグループです。 これは韓国が国際輸出管理レジームの4つのグループ 原子力提供国グループ(NSG オーストラリアグループ(AG) ミサイル技術管理レジーム(MTCR ワッセナー・アレンジメント WA に加盟しているからです。 でもトルコとウクライナは4つのグループに加盟していますがホワイト国にはなってません。 日本政府は管理上問題があると考えているからです。 本来なら韓国もトルコやウクライナと同じ扱いでよかったと思います。 そこは当時の政府の中に韓国を優遇しようという動きがあったようです。 また、中国や他のアジア諸国は4つのグループには加盟していません。 オーストラリアグループ AW にだけ加盟しているリトアニア、エストニアもグループBです。 2019年7月までは韓国は国際輸出管理レジームの4つのグループに 加盟しているというだけで優輸出手続きが簡素になるホワイト国になっていました。 今後は 国際輸出管理レジームに加盟しても物資の管理をきっちりしていない国は輸出手続きの簡素化は認めない。 ということです。 今のところグループBとグループCの手続きにどのような違いがあるのかわかりません。 まして国連武器禁輸国でもありません。 手続きさえすれば輸入ができるのです。 輸出貿易管理令の「輸出令別表第3の地域」で指定される地域の分け方、「い地域」、「り地域」は今でも有効です。 ホワイト国がグループAに変わり、非ホワイト国がブループB~Dになっただけです。 グループBとCは事実上は同じ? 今後はホワイト国=グループA=輸出手続きの簡素化ができるグループ。 韓国はブループB=国際輸出管理レジームに加盟しているけど輸出手続きは個別にしなければいけないグループとなります。 グループBは多少はグループCよりも多少は優遇されるようです。 それでも中国や台湾とおなじ他のアジア諸国と同じ普通に戻っただけです。 関連記事.

次の

韓国をホワイト国に指定している国はどこ?ホワイト国除外の影響と韓国の反応を調査!│地球の裏側からご近所まで

韓国 の ホワイト 国 は どこ

「対韓輸出規制の発動」といった勇ましい報道が始まってからほぼ1カ月。 これまで4回にわたって今回の措置を巡る数々の重大な誤解を指摘してきた。 メディアもここに来てやっと「韓国向け輸出管理の厳格化」「韓国への輸出優遇からの除外」と表現を改めてきた。 なんと長い時間を要したことか。 その間、国内だけでなく、韓国や国際社会に無用の誤解を与えてきていることを忘れてはならない。 だが、依然として、大きな誤解がメディアで堂々と垂れ流され続けている。 結論を言えば、韓国のホワイト国からの除外で影響は極めて限定的だ。 目に余るものをいくつか挙げてみよう。 個別許可が1000品目以上に増える? まず、「今回の輸出優遇からの除外で、個別許可の品目は第1弾の3品目から1000品目以上に増える」と、もっともらしく語られている点だ。 これは明らかに輸出管理制度への無知からくるものである。 確かに、ホワイト国への輸出に認められている包括許可(これを「ホワイト包括」という)は、韓国に関してはなくなった。 だからといって、全ての品目が個別許可の対象になるわけではない。 別の包括許可制度があって、ほとんどそれでカバーされてしまうのだ。 その結果、まともな企業にとって輸出の実態にはほとんど影響がないと言ってもいい。 これは「 特別一般包括制度」といって、輸出者が輸出管理の社内規定を整え、経産省の立ち入り検査を受け入れることを前提に取得できるものだ。 通常の取引をしているまともな企業の多くは、これを既に取得している。 「個別許可の品目が1000品目以上になって影響は大きい」という論者は、こうした実態を知らないようだ。 それを恥ずかしげもなくメディアでさらけ出している論者のいかに多いことか。

次の

韓国 ホワイト国剥奪決定的→韓国の狂った発言はどこから生まれるんだろう

韓国 の ホワイト 国 は どこ

「対韓輸出規制の発動」といった勇ましい報道が始まってからほぼ1カ月。 これまで4回にわたって今回の措置を巡る数々の重大な誤解を指摘してきた。 メディアもここに来てやっと「韓国向け輸出管理の厳格化」「韓国への輸出優遇からの除外」と表現を改めてきた。 なんと長い時間を要したことか。 その間、国内だけでなく、韓国や国際社会に無用の誤解を与えてきていることを忘れてはならない。 だが、依然として、大きな誤解がメディアで堂々と垂れ流され続けている。 結論を言えば、韓国のホワイト国からの除外で影響は極めて限定的だ。 目に余るものをいくつか挙げてみよう。 個別許可が1000品目以上に増える? まず、「今回の輸出優遇からの除外で、個別許可の品目は第1弾の3品目から1000品目以上に増える」と、もっともらしく語られている点だ。 これは明らかに輸出管理制度への無知からくるものである。 確かに、ホワイト国への輸出に認められている包括許可(これを「ホワイト包括」という)は、韓国に関してはなくなった。 だからといって、全ての品目が個別許可の対象になるわけではない。 別の包括許可制度があって、ほとんどそれでカバーされてしまうのだ。 その結果、まともな企業にとって輸出の実態にはほとんど影響がないと言ってもいい。 これは「 特別一般包括制度」といって、輸出者が輸出管理の社内規定を整え、経産省の立ち入り検査を受け入れることを前提に取得できるものだ。 通常の取引をしているまともな企業の多くは、これを既に取得している。 「個別許可の品目が1000品目以上になって影響は大きい」という論者は、こうした実態を知らないようだ。 それを恥ずかしげもなくメディアでさらけ出している論者のいかに多いことか。

次の