ぐだマシュ ss。 マシュ・キリエライト (ましゅきりえらいと)とは【ピクシブ百科事典】

ランスロット「アグラヴェインのせいでマシュと週末出かけられなくなった」 : その他 SS

ぐだマシュ ss

i\l. :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;................. ;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙. ' ヽ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;...... ;゙ ゙;............. ;;;;;;;;゙゙゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;....... ;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙ ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙ ノi lli; i. ;, 、. il i;, ;. , ,li ' ;. ; il,. : i. i :;il l ; ゙ `;;i l li lll il;i:ii,.. il `, ,i ;. : : : : : : : : : : : : : : : : : :. 、: : : : : : : : : :. ::::::::::. : : :. 丶 ̄ヾ:::::::::::::::. :::::::::::::::::::::. : :. ::::::. : : : : : :::::::::::. : : : : : : : : : :::::::::::. : :. : : : : : : : : : : : : ::::::::::::. : : : : : : :. : : : : : : : : : ::::::::.. : : : : :. ヽー … 、. ::::::::.. : : : : : : : : ::::::::::::. : :. :::: : /. '品品呂呂1! ハ:::::::::::::. ィ, ノ. :::::::::::::::::. : : :. ::::. : : ::::::::. : :. ::::. イ\: :. : : : : : : : : :. : : : : : : : : : : : : : :. ヽ ,': : : : : : :. i:l ヽ: :l. : : : : : : : : : : :. : :. : : : : : : : : : :. :: : : : : \: :. :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;................. ;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙. ' ヽ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;...... ;゙ ゙;............. ;;;;;;;;゙゙゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;....... ;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙ ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙ ノi lli; i. ;, 、. il i;, ;. , ,li ' ;. ; il,. : i. i :;il l ; ゙ `;;i l li lll il;i:ii,.. il `, ,i ;. :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;................. ;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙. ' ヽ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;...... ;゙ ゙;............. ;;;;;;;;゙゙゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;....... ;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙ ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙ ノi lli; i. ;, 、. il i;, ;. , ,li ' ;. ; il,. : i. i :;il l ; ゙ `;;i l li lll il;i:ii,.. il `, ,i ;.

次の

マシュ・キリエライト (ましゅきりえらいと)とは【ピクシブ百科事典】

ぐだマシュ ss

1年前の今日、偶然に聞いていたYOUTUBEで、ディマシュの歌を聞いて、魂を持って行かれてしまった私。 それから私の人生は、まるっきり変わってしまったと言っていいほど変わりました。 当選が決まった時点で、引き落としが決定するそうです。 私は予約完了! あとは当選を待つのみです 💓 昨年11月のABUソングファスティバルの興奮が冷めやらぬうちの来日発表。 本当に夢のようです。 しかも、この5月24日は、ディマシュの26回目のお誕生日なのです。 そして今日1月17日は、私がディマシュを知った1年目の記念日 この記念日に会わせて、神様が重大発表をしてくださったのかもしれません。 どうか、チケットが当たりますように!! 5月下旬は、実家の森川農園のアスパラガスがちょっと落ち着く時期かな? 息子には申し訳ないけど、当選したら最低2泊3日で東京へ行きます。 ランキング参加中。 クリックしてくださるとうれしいです💓.

次の

ランスロット「アグラヴェインのせいでマシュと週末出かけられなくなった」 : その他 SS

ぐだマシュ ss

ランスロット せめて……アグラヴェインが断るのを許してくれる理由があれば…… マシュ ……私の心配してくれてるのはわかりますけど。 でも…………楽しみにしてたのに ランスロット 断る理由……全く思いつかないな…………こうなったらもう、突撃するしか…… マシュ「…………何悩ましい表情してるんです」 ランスロット「……ごめん、マシュ。 トリスタンみたいに給料が減るのを覚悟でアグラヴェインに今から連絡とる」 マシュ「えっ? あっ、いやさすがにそんな無理しないでください! ていうかトリスタンさん不憫ですね!!」 ランスロット「まぁそれはそうなんだけど」 マシュ「いやでもさすがにそこまでしないでください! お給料減るくらいなら私我慢しますから!!」 ランスロット「でも……久々にマシュが一緒に出かけようって言ってくれたわけだし……」 アグラヴェイン『……何用だ、ランスロット』 マシュ「アグラヴェインさん、電話出るのが早いです! というか出てしまいました!!!」 ランスロット「あ、えっと……明日の話なんですけど」 アグラヴェイン『あぁ、社長と私ら2人でのゴルフだな』 マシュ「ゴルフ!!! まさに接待しろと言わんばかりの選択です! というかお父さんアグラヴェインさんと社長の相手ってかなり肩身が狭いですね!?」 ランスロット「その……娘が珍しく、一緒に出かけよう、と数日前から言っていて」 アグラヴェイン『……なるほど、何が言いたいかはわかった』 マシュ「嘘をつかないんですね!? ていうかこの反応ちょっときつくないですか!!!」 ランスロット「それで、その……」 アグラヴェイン ふむ……あの弱気なランスロットが誘いを断るほどか、子との外出が アグラヴェイン『まぁ、断る事は可能だ。 だがその代償がある、というくらいは理解しているな?』 ランスロット「…………はい」 マシュ「これはダメですかね……」 アグラヴェイン『……っと、社長。 申し訳ありません、電話中で』 アルトリア『構わん、どうせランスロットが明日の話をキャンセルしたいと言ってきたのだろう?』 マシュ「!? な、何故その事を!? 社長さんは何者なんですか!!」 アグラヴェイン『え、ええ。 その通りですが』 アルトリア『すまないなアグラヴェイン、電話をかわらせてもらう』 マシュ「まさか社長自ら粛正ですか!? お給料が4分の1とか!?」 マシュ「あの落ちる感じ、いいですね。 なんかこう、ふわっとするのがクセになります……!」 ランスロット「…………本当あのふわっとするの駄目だって……怒ったトリスタンより恐怖だって」ガクガク マシュ「さすがに一旦休みますか?」 ランスロット「そうさせてもらえると……ありがたい…………」ガクガク マシュ「ではそこの休憩スペースで休むとしましょう」 ランスロット「正直、接待ゴルフより辛さある……な」 マシュ「そうですか、私は楽しいですけどねっ!」ニコニコ ランスロット「……まぁマシュが楽しそうだし、辛さは多いけど楽しさも多いから、累計として接待ゴルフより断然こっちのほうが楽しいかな」 マシュ「っ、と、突然なにいい感じのこと言ってるんですか」 ランスロット「あっ、いや……本音を言っただけなんだけどな……」 マシュ「……お父さん、あの大きなカップを模した回るアトラクションの名前は?」 ランスロット「ティーカップ」 マシュ「…………初耳です」 ランスロット「形的にティーカップっぽいし……あのなんかラッパ口みたいな形とか」 マシュ「……いやでもコーヒーカップって言いますよ」 ランスロット「その遊園地の案内地図にはなんて書いてるんだ?」 マシュ「えーとですね…………マグカップ」 ランスロット「…………新たな答え」 マシュ「どれ!? どれが正解なんですか!!! お父さん私の倍は生きてきたんでしょう知らないんですか!?」 ランスロット「今までずっとティーカップだと思って生きてたから……」 マシュ「私だってずっとコーヒーカップだと思って生きてましたけど!!」 マシュ「わー、これすごい回りますね。 さすがに私も酔いそうです。 酔いそうなだけで酔いませんが」グルグル ランスロット「あああああああああああああああああああああ!!!!! 遠心力!!! 遠心力があああああああああ!!!!」 マシュ「恐怖すべきは遠心力じゃないと思いますが……」 ランスロット「酔う!!! 絶対酔う!!!!!」 マシュ「大丈夫です、私は酔いませんから!」 ランスロット「降りた後ろくに歩けないから! 絶対!!」 マシュ「そうなったら私が補助しますから」 ランスロット「ティーカップで酔って娘に介護されるとか情けなさすぎてできない……」 マシュ「だからコーヒーカップ……じゃなくてマグカップです!!」 マシュ「完食しました」 ランスロット「早いな、俺半分食べ終わったくらいなんだけど」 マシュ「だってお父さん、さっきから私が食べてるとこ見たりして全然食べてないじゃないですか。 正直食べづらかったんですが」 ランスロット「えっ、あ、ごめん……そんな意識してなかったんだけど、つい」 マシュ「さすがにちょっと気持ち悪かったですよ」 ランスロット「う…………ごめん」 マシュ「なので、仕返しです。 今からお父さんが食べてるところを私が見ます」 ランスロット「宣言されると……余計食べづらいな」 マシュ「そうですか、でも私は見られながら完食しましたからお父さんもしてくださいね」 ランスロット「わかったよ……食べる」 ランスロット「ん……」モグモグ マシュ「…………」ジー ランスロット 食べづらい…… モグモグ マシュ お父さん、一口が小さいし顎の動きも小さくて……なんかこう、小動物的な可愛さというか ランスロット「……マシュ」 マシュ「はい、どうしました?」 ランスロット「その、見てて楽しいか? 正直何も楽しくないと思うんだけど……」 マシュ「そんなことないです。 なんかこう、お父さんらしいなーと思ったりして」 ランスロット「どのあたりが?」 マシュ「一口の量や口の動きが小さいのが、気が弱く主張も弱いお父さんらしいと思いまして」 ランスロット「あ、相変わらず辛口評価だ……」 マシュ「でも、これに関しては可愛いと思いますけどね。 動物みたいで」 ランスロット「動物ランク……それは褒められてる?」 マシュ「比較的褒めてるほうです」 ランスロット「比較的かぁ……」 マシュ「さて……そうですね、この服とか良さそう……あっ」 マシュ ……高い、ですね。 これは控えたほうがよさそうです ランスロット「ん、それはいいのか?」 マシュ「ええ、全体を見て少し違うかなーと思ったので」 ランスロット「そうか? それ似合うと思うけど」 マシュ「えっ!? いや、そんなことないですよ」 ランスロット「余計なお世話だったら冷たくあしらってもらって構わないけど、マシュ、我慢してない?」 マシュ「そっ、そんなことありません!」 ランスロット「冷たくあしらってって言ったけど、全然冷たくないね」 マシュ「はぁ……全く、変に察しがいいですね。 今までの2店でお金をかけすぎたので、後のお店ではあまりお金をかけないように……と」 ランスロット「なるほど、そういうことか。 それなら気にしなくていいよ、今日の為にお金は貯めてきたし、今のところその金の4分の1も使ってないから安心して」 マシュ「なっ……どれだけ貯めていたんですか!?」 ランスロット「なんせ金のかかる趣味とかないから……」 マシュ「つまらない人生……」 ランスロット「いや、そういう趣味なんかよりマシュの為に使うのが一番だから」 マシュ「っ…………本当に突然そういうことを言いますね、お父さんはっ!」ベシッ ランスロット「痛っ! いやだから無意識で」 マシュ「無意識なのが余計に厄介ですよ、もう。 それじゃあこの服買います。 このお店で一番気に入った服なので」 ランスロット「うん、絶対似合うよ。 他にも構わず買ってくれて構わないから」 マシュ「……それでは、遠慮なくいきますね」.

次の