ディズニー アプリ で ファスト パス の 取り 方。 ディズニーランドのファストパスの取り方(アプリ)について質問です。同行者...

【最新】ディズニースマホアプリ対応ファストパス!取り方&使い方まとめ!紙のファストパスについても解説!

ディズニー アプリ で ファスト パス の 取り 方

INDEX• ファストパスの重要ポイント• 無料で配布されているアトラクションの優先入場券• 待ち時間を大幅短縮できる• パークに入園した人なら誰でも発券可能• ファストパス発券には必要人数分の入園チケットが必要• ファストパス発券は代表者でOK。 全員揃って発券する必要なし。 ファストパスに記載された「アトラクション」と「利用時間」でしか使えない。 利用時間を過ぎると無効になる。 発券状況(利用時間や発券終了)の確認は、ファストパス発券所のタイムボード、インフォメーションボード、公式モバイルサイト(GPS必須)でできる。 2枚目以降のファストパスは2時間経過しないと発券できない。 ただし、ファストパス利用時間が発券時刻から2時間以内だった場合のみ、2時間経たずに次のファストパスを発券できる。 ファストパスはアトラクション毎に発券数に上限があるため、混雑日は早々に発券終了になることがある。 効率良く発券するためには開園2時間前にパークに到着しよう• 人気アトラクションは一番最初に取得しよう• 公式モバイルサイトでファストパス発券状況をチェックしよう ファストパス対応アトラクション 一部アトラクションでは発券されない日もあります。 ファストパスの発券手順と使い方 必要なもの• 必要人数分のパークチケット• 発券する人(代表者でOK) 1.ファストパス発券所を探そう まずは、ファストパス対応アトラクションに向かい、写真のような看板を探しましょう。 人気アトラクションは発券機に待ち列ができている場合があります。 公式モバイルサイトでファストパス発券状況をチェック ファストパスの発券状況(利用時間や発券終了など)は、公式モバイルサイトで確認できます。 ファストパス発券所まで行かなくても、現在の状況をすぐに確認できるので効率的です。 未だに大混雑ですので朝イチで発券することをオススメします。 下記にファストパス発券終了が早い順にまとめておきます。 ただし、あくまで傾向であり、入園者数やキャンパスデー等によっては前後しますのでご了承下さい。 東京ディズニーランドのFP発券終了順• プーさんのハニーハント• スプラッシュ・マウンテン• バズ・ライトイヤーのアストロブラスター• ビッグサンダー・マウンテン• スペース・マウンテン• スターツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー• ホーンテッド・マンション 東京ディズニーシーのFP発券終了順• トイ・ストーリー・マニア• タワー・オブ・テラー• センター・オブ・ジ・アース• インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮• レイジングスピリッツ• キングトリトンのコンサート• マジックランプシアター• 海底二万マイル まとめ 早起きは三文の徳•

次の

ディズニーのスマホで取得するファストパス!取り方&待ち時間解消を紹介

ディズニー アプリ で ファスト パス の 取り 方

この記事は2019年7月27日に更新されています 人気で待ち時間の長いアトラクションでも通常より短い時間で乗ることができるシステム「ディズニー・ファストパス」。 ディズニーランド、ディズニーシーに行くほとんどの人が使用すると思います。 このファストパスですが、 ディズニーリゾート公式アプリを使うことで パーク内なら「いつでも」、「どこからでも」取得可能になりました。 ついに スマホでファストパスが取れる時代が来ました。 実際にスマホを使ってファストパスを取ってみましたが 非常に便利でした。 これからはアプリでファストパスを取るのが主流になっていくと思います。 なので今回の記事では以下のことを書いていきます。 ディズニー公式アプリでファストパスの取得が可能に! パーク内ならスマホでいつでもどこからでも取れる! 従来アトラクションの近くにあるファストパス発券機に行きファストパスチケットを入手するという手順でした。 人気のアトラクションでは ファストパスを発券する列でも20、30分並ぶこともあります。 しかし、公式アプリからであれば パーク内にいればどこからでもファストパスを取得することが可能です。 それも、ほんの 2、3分の操作でファストパスがゲットできてしまいます。 わざわざファストパス発券機まで行く必要がないので、 他のアトラクションに並んでいる時でも、 ショーやパレードを待っている時、 レストランで休んでいる時でもファストパスをゲットできます。 かなり便利な機能なので、スマホへ ディズニー公式アプリのインストールは必須レベルになったと思います。 開園と同時にファストパスを取るために走る人も減ってくれると思うので嬉しいですね。 紙のパークチケットは事前にスキャンしておくと楽 ディズニーのパークチケットはチケットブースやディズニーストア店舗、コンビニなどで購入した際の 紙のチケット。 公式サイトやアプリで購入した際にスマホに表示させる ディズニーeチケットの「 2種類」あります。 ディズニーeチケットの場合は関係ありませんが、 紙のパークチケットの場合は、パークチケット選択の画面で二次元バーコードをスキャンする必要があります。 スキャンするとチケット情報が追加されます。 あらかじめスキャンしておくとファストパスを取る時に多少楽になります。 ちなみに一度スキャンしておけば再度ファストパスを取る時にスキャンする必要はありません。 グループまとめて取得できる 公式アプリでも 代表者がグループの人数分まとめてファストパスを取得することができます。 グループのうち誰か1人がアプリで全員分のパークチケットを読み込んでおくことでまとめて発券可能です。 また、 ファストパスを取得するパークチケットは選択可能となっています。 なので、家族内で子供とお母さんはファストパスを取って、お父さんは取らない。 といった発券方法も可能になります。 どれが誰のチケットか分からなくならないようにニックネームを付けておくのも良いと思います。 アトラクション乗り場が近づいてきたら アプリを起動させておくとスムーズです。 また、二次元コードの読み取り機はファストパス専用の入り口と、今まで紙のファストパスチケットを回収していた場所の「 2か所」あります。 なので 入口を過ぎた後もアプリは閉じずにファストパスを表示させとおくと良いでしょう。 もしもやり方が分からなくなってしまっても読み取り機付近にはキャストさんがいますので安心してください。 画面の明るさをあげておく スマホに表示させた二次元バーコードを読み取り機に読み込ませる時に 画面が暗いと上手く読み取ってくれない場合があるそうです。 事前にスマホの画面を明るくしておいた方が良いでしょう。 もし、うまく読み取れないな。 という時は画面の明るさを確認してみてください。 タブレットなど読み取り機に入らない場合 スマホではなくタブレットなどでアプリを使用する場合もあると思います。 タブレットだと読み取り機の穴に入らないと思うので、その時は読み取り機の隣にいるキャストさんに言えばキャストさんが手持ちのスキャナーで読み取ってくれます。 ファストパスの二次元コードの読み取りに困ってもキャストさんが助けてくれます。 【 アプリでファストパスを取る時の注意点】 ・ディズニーアカウントの取得 ・GPS機能のオン ・アプリは常に最新バージョンにする ・スマホの充電切れに注意 以上のことに注意、事前に準備をしておく必要があります。 ディズニーアカウントの取得が必要 ディズニー公式アプリを使用するためには、 ディズニーアカウントを取得している必要があります。 会員登録までの流れはに記載していますので参考にしていただければ。 ディズニーアカウントは、パーク内のレストランやショーレストラン、ディズニーホテルの予約、その他オンラインサービスに必要なのでアプリを使用する予定が無くてもアカウント登録はしておくことをおすすめします。 GPS機能はON! パーク内でのみファストパス取得可能! ディズニー公式アプリを使用して ファストパスが取れるのはパーク内だけです。 パーク内であればどこからでもファストパスが取れます。 なのでスマホの GPS機能をONにしておく必要必要があります。 スマホの充電を節約するためにGPS機能をオフにしている人もたまにいると思いますが、ディズニーアプリを使用する時はGPS機能をオンにしておきましょう。 アプリは常に最新の状態にしておく ディズニー公式アプリでファストパスを取れるようになったのはバージョン1. 0以降です。 スマホにアプリをインストールしていても古いバージョンの場合は利用できませんので、事前にアプリが最新の状態か確認をしておきましょう。 スマホの充電切れには注意 アプリでファストパスを取得したい時に 充電切れとならないよう注意が必要です。 また、パークチケットがスマホに表示させるディズニーeチケットの場合は更に注意が必要となります。 ディズニー公式アプリはファストパスの取得以外にもアトラクションの待ち時間表示など便利な機能がたくさんあるので、スマホを使う頻度が高くなります。 なので、自分が思っている以上に早く充電切れになってしまうかもしれません。 不安な場合はモバイルバッテリーを持っていくのが良いかもしれません。 キャンセルをすれば、またすぐに別のファストパスを取得することができますので、ショーやパレードの時間を避けた時間のアトラクションのファストパスを取れます。 覚えておいて損はないと思います。 次のファストパスを取れる時間 ファストパスの取得タイミングが、1度ファストパスを取ったあとの2時間後と思っている人も多いのではないでしょうか。 確かにそうなのですが、これだけだと正確には半分正解って感じです。 ファストパスの発券にはちょっとだけ細かなルールがあったりします。 の記事の「ファストパスを取るのに知っておくと便利」の項目で解説していますので参考にしていただければと思います。 アプリで取得可能になったことでファストパス取得競争が激化? ディズニー公式アプリでファストパスが取れるようになったことで、 人気のアトラクションのファストパスが無くなるのが早くなると予想されます。 というのも、 一歩パーク内に入ればファストパスが取得できる状態になるので、入園してまずアプリでファストパスを取る人が増えるはずです。 入園が遅くなってしまうと、残っているファストパスが限られてくると思うので、今後は パークの開園待ちの列が伸びていくのではと思っています。 いち早く狙っているファストパスを取りたい場合はどれだけ早く開園待ちの列に入園できるかが勝負になりそうですね。 特に新しくできた「 ソアリン:ファンタスティック・フライト」、いつも人気の「 トイ・ストーリー・マニア」はあっという間にファストパスが発券終了になるでしょう。 ・ディズニー公式アプリでファストパスを取る方法 ・ディズニ公式アプリで取ったファストパスの使い方 ・公式アプリでファストパスを取る時の注意点 ・知っておくと便利な機能 ディズニー公式アプリを使用したファストパスの取り方、使い方を中心に書いていきました。 実際にパークで使用してみましたが非常に便利でした。 ファストパスを取りに発券機まで歩かなく良いというのがかなり快適で、アプリでファストパスを取るのを体験すると、もう二度と紙のファストパスには戻れないですね。 これからは、アプリでファストパスを取るのが主流になるのではと思います。 アプリを使うのと使わないのでは大きな差が出てきます。 スマホを持っていない、 スマホの空き容量が無い、など使えない理由があるのであれば別ですが、 ディズニー公式アプリはインストール必須となったと言えるでしょう。 ディズニー公式アプリの記事はにまとめています。 以上、ディズニー公式アプリでファストパスの取得が可能に! パーク内ならスマホでいつでもどこからでも取れる! 使い方解説します。 という記事でした。

次の

バケーションパッケージとファストパスの上手なやりくり:失敗しない東京ディズニーリゾートの楽しみ方。③

ディズニー アプリ で ファスト パス の 取り 方

ファストパスの基本・発券終了目安 ディズニーランドには、ファストパスの対象アトラクションは全部で11個あります。 ファストパスとは、対象アトラクションに少ない待ち時間で乗ることができる優先乗車券です。 例えば、ファストパスを取得しておくことで、スタンバイ時間が60分以上のアトラクションに数分で乗ることができます。 ディズニーランド・ディズニーシーでは、基本的に混雑しやすい人気アトラクションがファストパス対象となっています。 また、ファストパスの発券の数には限りがあるため、とりわけ人気の高いアトラクションは、早い時間で「発券終了」となってしまうこともあるので注意してくださいね。 では、ディズニーランドのファストパス対象アトラクションと、ファストパスの発券終了となる時間帯の目安をご紹介します。 ディズニーランドのファストパスの取り方<ファストパス発券機> ディズニーランドのアトラクションでファストパスを取得するためには、ファストパス対象アトラクションの近くに設置してあるファストパス発券機で発券することになります。 ファストパスの発券機は、アトラクションごとにそれぞれ独特な形状をしていますよ。 ピピっという音とともに、緑色に光ったらパークチケットを抜き、発券されたファストパスを発券口から取り出しましょう。 注意:ディズニーeチケットの場合 インターネットから購入できるパークチケット「ディズニーeチケット」は通常のチケットとは違い、プリンターから直接チケットを印刷するため普通のA4サイズの紙になっています。 2次元バーコードが見えるように8つ折りにして、同じ手順でファストパス発券機に読み取らせます。 そして、ファストパスを取得した人の専用入り口「ファストパス・エントランス」で、キャストさんにファストパスを渡し入場します。 ディズニーランドのファストパスの取り方<スマホアプリ> 絶対に取得しておきたいファストパス 好みにも分れると思いますが、ディズニーランドに来たらファストパスをぜひ優先して取得しておきたいアトラクションが2つあります。 それは次の2つのアトラクションです。 この2つのアトラクションはとても人気があるため、ほとんどの場合、休日は午前中で発券終了となってしまいます。 しかも、スタンバイ時間(待ち時間)が最も長いアトラクションなので、平日であっても60分~80分、混雑時は200分を超えることも。 このゲスト泣かせな2つのアトラクションを優先的に取得することで、その後のファストパスもスムーズに取れますよ。 ディズニーランドでファストパスを効率良く取る攻略法 効率良い取り方 ディズニーランドのファストパスを効率良く発券し、効率良くアトラクションを回る方法をこれからご紹介していきましょう。 まず、1枚目で「モンスターズインク」か「プーさんのハニーハント」どちらか取得できたら、2枚目は「スプラッシュ・マウンテン」がおすすめです。 もちろん「モンスターズインク」か「プーさんのハニーハント」がまだ残っていたら迷わず取得しましょう! 3大マウンテンの中でも特に人気の「スプラッシュ・マウンテン」もお昼過ぎには発券終了になる可能性も。 3枚目は「スペース・マウンテン」、「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」、「ビッグサンダー・マウンテン」のどれかを取得します。 その日に入園したパスポートでないと発券できません。 ・ ファストパスのルールについては、こちらでかなり詳しく説明していますのでよく読んでおきましょう。 ファストパスは発券される枚数が限られているため、なるべく早く取得することが大事なんです。 朝一番にファストパスを取得することで、次に発券できるファストパスの時刻も早くなります。 実は、朝イチの行動がその日のファストパスの取得枚数にかかわってくるのです。 例えば、ホーンテッドマンションのスタンバイ時間が20分以内だった場合は、わざわざファストパスを取る必要はありません。 より多くのアトラクションに乗るのなら、2時間刻みできっちり次のファストパスを取得することが大事ですよ。 しかし、パークが開園した朝一番の時間帯は例外で、次のファストパス取得までの時間が短くなることがあるのです! 例えば、ディズニーランドの開園とともに入園し、8時10分に1枚目のファストパスを取得したとします。 すると、次のパスまでの発券可能時間が8時45分になっていることもあるんですよ。 その日のパークの混雑状況によって変わることがありますのでご注意を。 ディズニーランドのファストパス対象アトラクションの場所 ディズニーランドのファストパス対象アトラクションの場所をそれぞれご紹介します。 無料待ち時間アプリ「待ち時間 for TDL TDS」は、iPhone(iOS)版、アンドロイド(Android版)どちらも対応しており、ファストパスの発券情報から、リアルタイム待ち時間まで確認できますよ。 無料待ち時間アプリ「」のダウンロード まとめ いかがだったでしょうか? ディズニーランドのファストパスについて、概要から取り方などの攻略法までお伝えしました。 ファストパスについて理解を深め、アトラクションをもっと快適に楽しめるようになりましょう。

次の