軽い ベビーカー。 軽量ベビーカーのおすすめ人気ランキング10選【折りたためて持ち運びも楽々!】

最軽量はどれ?コンパクトなおすすめベビーカーまとめ

軽い ベビーカー

軽量ベビーカーの選び方 軽量ベビーカーは5~6kg以内がおすすめ ベビーカーには何kgまでなら「軽量」といった明確な規定がないため、「軽量」の基準はメーカーの判断になります。 そのため「軽量」と記載されていても、実際に持ってみると意外に重い場合も。 特に海外ブランドの製品は、軽量と記載されていても7〜8kgあるため注意が必要です。 そのため、目安としてはだいたい5~6kg以内の製品がおすすめ。 軽量ベビーカーが1番活躍する1歳前後の赤ちゃんの平均体重は10~11kgなので、赤ちゃんが大きくなった時のことも考えて選ぶようにしましょう。 A型かB型なのかをチェック A型 By: 軽量タイプだけにかかわらず、ベビーカーにはA型とB型の2種類があります。 A型ベビーカーは別名「ファーストカー」とも呼ばれており、首すわり前の生後1ヵ月から使用できます。 赤ちゃんの顔を見たまま走行できる両対面式のものが多く、長時間の移動でも赤ちゃんを安定して乗せることが可能です。 B型 By: B型ベビーカーは別名「セカンドカー」と呼ばれており、軽量タイプが主流。 赤ちゃんの首と腰がすわった生後7ヵ月頃から使えて、赤ちゃんを座らせた状態で使用できます。 B型ベビーカーは背面式の製品が多く、リクライニング機能のない製品が多く存在。 その分軽量に特化していたり、折りたたみがしやすかったりするため、移動の利便性を重視したい方におすすめです。 折りたたみできるタイプだとさらに便利 By: ベビーカーはほとんどの製品がコンパクトにできますが、軽量タイプのベビーカーには、さらにコンパクトに折りたためる製品もあります。 特に収納バッグや収納ケースが付属しているモデルは、海外旅行など飛行機での移動にもおすすめ。 公共交通機関の利用が多い方は折りたたみ機能もしっかりチェックしてみましょう。 軽量ベビーカーのおすすめモデル|A型 アップリカ Aprica ラクーナエアー 重さ4. 6kgと軽量ながらも充実の安心機能が付いた両対面A型ベビーカー。 対面でも押しやすいオート4輪を採用しており、デコボコ道でも安定した走行が可能です。 溶接されたフレームと、車輪に備わったサスペンションが振動を軽減してくれる「ゆれぐらガード機能」を搭載。 デリケートな赤ちゃんの全身を優しく守ってくれます。 溝にもはまりにくく安定性の高いダブルタイヤを使用することで、段差の乗り越えも簡単です。 成長に合わせて姿勢を保つ「メディカル成長マモール」は、成長するにつれ取り換えができるため、生後1~36ヵ月まで長く使えます。 ワンタッチで開閉でき、たたんだ後は自立設計するため収納場所にも困りません。 アップリカ Aprica ナノスマートプラス 5. 6kgという軽さだけでなく、コンパクトさにもこだわった背面タイプのA型ベビーカー。 折りたたんだ際にベビーカーを収納できる収納バッグと、キャリーストラップ付きでいつでもどこでもサッとたためるのがポイントです。 「ゆれぐらガード機能」を搭載しており、赤ちゃんが受ける衝撃を吸収してくれます。 ハンドル部分にはお手入れがしやすいレザー調のハンドルを採用しており、ベビーカーの押しやすさにもこだわった製品です。 たたんだ時の大きさは横幅約50cmとコンパクト。 自立するため、電車や車の中以外にも、玄関が狭いアパートやマンションでも保管場所に困りません。 座面下には前からも後ろからも出し入れできる大容量28Lの収納カゴが付いているなど、機能性に優れたおすすめのモデルです。 1kgのA型ベビーカー。 軽さにとことんこだわりながらも、赤ちゃんの安全性と快適性を追求した製品です。 赤ちゃんの頭を守る「エッグショック」と合わせて、全身を支える「全面エッグショックシート」と路面からの振動を吸収する「エッグサスペンション」を搭載。 3層の振動吸収構造の「トリプルエッグ」が生まれたての赤ちゃんを優しく保護します。 折りたたみハンドルがついており、片手で折りたたみが可能。 持ちやすい座面裏にグリップをつけることで、女性でも簡単にベビーカーを脇に抱えて移動できます。 進行方向に対して、前輪キャスターが自動で回転するオート4キャスのため、狭い箇所でも小回りがきくのもポイントです。 軽量ベビーカーのおすすめモデル|B型 アップリカ Aprica マジカルエアープラス とことん軽さにこだわった3. 6kgの軽量タイプのB型ベビーカーです。 軽さだけでなく、赤ちゃんの安全性にもこだわった製品で、歩道からくる振動によるストレスや、アスファルトの熱気から赤ちゃんを守ってくれます。 デコボコ道や段差でも赤ちゃんが快適に過ごせる「ゆれぐらガード」を搭載。 ベビーカーの走行中に赤ちゃんに伝わる振動を溶接された「がっちりフレーム」と、車輪に備わった「安心サスペンション」により振動を軽減してくれます。 さらに地面から50cm以上高い位置に座面を作ることで、地熱やホコリ、有害物質から赤ちゃんを保護。 片手で開閉できて、たたんだ後は自立するなど使い勝手も良好です。 コンビ Combi F2 Limited AF 首と腰がすわった7ヵ月頃から使える重さ3. 7kgのB型ベビーカー。 日本の寺社設計などにも採用されている「白銀比」を元に設計されたストレートフレームで、押しやすく理想的な車体バランスを実現した製品です。 狭い場所や人混みでも片手で操作できるワンハンドグリップを採用。 赤ちゃんを抱いたままでも片手で開閉できるため、電車の乗り降りも簡単です。 高さ約51cmのハイシート&ハイポジションハンドルで、地熱やほこりから赤ちゃんを保護。 本体には体温が高い赤ちゃんが快適に過ごせるメッシュシートを搭載しています。 さらに、オールシーズン対応可能なシートライナーも付属しているため、季節に合わせて快適に使用できる製品です。 リッチェル Richel カルガルーRS どこにでも持っていきたくなるほど軽い、重さ2. 8kgのB型ベビーカーです。 ママ目線の使いやすさを追求した製品で、腰がすわった生後7ヵ月頃から使用できます。 赤ちゃんをしっかり固定する5点式のシートベルトと、お尻をすっぽり包み込んで疲れさせないゆったりシートを採用。 好奇心旺盛な赤ちゃんが前のめりに落ちないようにフロントガードも搭載しているため、乗り心地以外に安心感も抜群です。 折りたたむ際は、片手でワンタッチ開閉できるため、赤ちゃんを抱いたままでもスムーズに操作できます。 折りたたんだ後はしっかり自立するので、収納時に壁などを汚しません。 座面下には大容量18Lのバスケットも付属しており、荷物をたくさん収納できるのもポイントです。 ピジョン Pigeon ビングル 押しやすさと軽さにこだわった重さ3. 6kgのB型ベビーカーです。 押しやすいシングルタイヤを採用しており、デコボコ道や公園など走行しにくい道も安定して走行可能。 普段使いの安いベビーカーを探している方におすすめの製品です。 タイヤの数が少なく、無駄な動きをせず快適に使えるシンプル設計。 握りやすさを考慮した滑りにくい溝入グリップがポイントです。 赤ちゃんを抱っこしながらでもワンタッチで折りたためるため、移動に負担がありません。 取り外して洗濯機で丸洗いできるインナーシートと、通気性のあるメッシュベースシートを採用しており、夏場でも快適に過ごすことが可能。 UVカット機能付きの大きい幌で、背面には窓が付いているため赤ちゃんの様子を見守りながらも日焼けを防止できます。

次の

[2020]人気のB型ベビーカー国内おすすめ7選!選び方や口コミ・評判まで徹底解説

軽い ベビーカー

赤ちゃんが生まれて、さぁお出かけしよう!と思ったときに欠かせないのがベビーカー。 ベビーカーと言っても国内外の色々なブランドから様々なベビーカーが出ています。 重くてもしっかり安定しているベビーカーが良いのか、軽くて持ち運びに便利なベビーカーが良いのか悩みますよね。 ベビーカーに赤ちゃんを乗せて、さらに重い荷物も乗せて移動するのは楽なように見えるかもしれませんが、大変なものです。 特に電車やバスなどの公共交通機関ではベビーカーの乗り降りは気を遣います。 混んでる車内だとベビーカーを降りたたんで赤ちゃんを抱っこ…なんて安全ではない状況になってしまいます。 そこで人気を集めているのが「軽量ベビーカー」です。 私の場合、長女が生まれて初めて買ったベビーカーは重さ10キロのベビーカーでした。 しかし、重くて自分の力では折りたたむこともできなかったので、近所のお散歩用として使い、お出かけ用に軽量ベビーカーを購入しました。 赤ちゃんにとってもママにとっても満足のいくベビーカーが見つかると良いですね! 目次• なぜ軽量ベビーカーが良いの? 重いベビーカーは重心がしっかりして車体が安定しています。 少々道がガタガタしていても赤ちゃんに振動が伝わり不快にさせることは少なく、安全性に問題はないでしょう。 しかし、赤ちゃんとのお出かけが多いのはママではないでしょうか。 6キロ以上あるベビーカーだと重いと感じると言われていますが、赤ちゃんがぐずって抱っこしなければならない状況になった時、赤ちゃんに重いベビーカーにママバッグまで持つというのはよっぽど腕力に自身がないと難しいと思います。 そして、重いベビーカーだと折りたたむのも大変です。 折りたたんでもコンパクトにならないことも多いので、玄関が狭い場合は邪魔になってしまうことも…。 赤ちゃんがベビーカーで寝て、カフェでお茶でも!と思い、入ったカフェにベビーカーを置くスペースがなく、結局帰るしかなかったという経験があります。 あの時、軽量ベビーカーなら大丈夫だったんですが(笑)。 そんな困ったことを解消してくれるのが軽量ベビーカーです!ただ軽くて安全に疑問がある軽量ベビーカーは昔の話です。 今は赤ちゃんの乗り心地や安定性にも優れ安全性に心配のない軽量ベビーカーがたくさんあるので詳しく見ていきたいと思います。 選び方のポイントと注意点 軽さは5キロ以下がおすすめ まず何と言っても軽さです。 6キロ以上だと重く感じるので、5キロ以下のベビーカーを選ぶことをおすすめします。 逆に軽すぎるベビーカーの場合、赤ちゃんの月齢が浅く体重も軽い場合、重い荷物を吊り下げるとガクっと倒れてしまうことがあります。 折りたたみ可能かどうかを確認 ほとんどのベビーカーは折りたたむことができますが、一部折りたためないベビーカーもあるので注意が必要です。 電車やバスなどの公共交通機関やレストランやカフェなど折りたたむ場面も出てきます。 折りたためないタイプのものは、バスや電車の乗り降り時には不便です。 電車やバスでの混雑時は特にコンパクトに折りたたむことが求められます。 ほとんどのベビーカーで折りたたみ可能ですが、海外ブランドのベビーカーなどでは折りたためないこともあります。 自宅に置いておくときにも同じです。 さらにコンパクトに折り収納できると便利です。 車のトランクに積める大きさかも確認しておくこともおすすめします。 あとは、片手で簡単に折りたため収納できるなどの機能が備わっていると赤ちゃんの面倒を見ながらでもできるので便利です。 「SG基準」のものが安心。 シートの衝撃吸収性や姿勢を支えてくれるものも。 軽量ベビーカーだと振動が激しく安全ではなにのでは?と心配になママも多いと思います。 確かにベビーカーの振動は相当のものです。 振動や衝撃が続くと、まだまだ成長過程の赤ちゃんに大変なストレスがかかります。 そのためかベビーカーに乗るのを嫌がる赤ちゃんも多いですよね。 地面からの振動や衝撃を吸収するような素材を使ったシートのベビーカーを選ぶと良いです。 安全基準である「SG基準」を満たしていると認められたSGマークのあるものを選ぶようにしましょう。 最近では軽量ベビーカーでも座面が高いハイシートのベビーカーもたくさんあります。 シートを高い位置にすることで赤ちゃんを地面の熱やほこりから守ってくれます。 ハイシートだと赤ちゃんの乗り降ろしのとき腰をかがめる負担が減るので、妊娠・出産で腰を酷使したママにとってはラクです。 軽量ベビーカーのシートですが、赤ちゃんが成長しても窮屈にならないようにワイドシートのものもあります。 赤ちゃんにとってかなりのストレスになるベビーカーの振動や衝撃を吸収してくれるシートや姿勢をサポートしてくれるシートもあり、各ブランドで様々なシートのベビーカーが発売されています。 赤ちゃんにとってもママにとっても満足のいくシートを選びましょう。 熱中症対策 今の季節、気になるのが赤ちゃんの熱中症です。 赤ちゃんにとってベビーカーでの移動は冬よりも夏のほうが負担がかかります。 ベビーカーの座面はママの顔の位置よりもずっと低い位置にあるのでアスファルトの熱が赤ちゃんを襲います。 赤ちゃんが熱中症にならないためには、なるべく座面が高いものを選び、日よけもきちんとできる大きなホロが付いている安全なものを選びましょう。 ホロが小さい場合、別に購入するという手もあります。 赤ちゃんは汗っかきなので、背中が蒸れないためにもメッシュシートなどがあるとさらに良いですね。 折りたたんだ時に自立すること 折りたたんだときに自立することも大切です。 自宅の玄関に置いておくとき、自立せず倒れた場合、ベビーカーが玄関を占拠することになります。 電車やバス、公共施設などの人の集まるところで自立しないベビーカーを使用する場合、赤ちゃんを抱っこしながらベビーカーも抱えることになり負担が大きくなります。 たとえば、電車内などでベビーカーが自立せず、倒れた場合、他の乗客に迷惑をかけるばかりか、怪我をさせてしまい安全ではないこともあります。 さらに階段付近に自立しないベビーカーを立てかけていて落ちてしまった場合は怪我どころでは済まないという危険性が出てきます。 安全性から考えてもベビーカーが自立することは必須項目になります。 赤ちゃんの負担を減らす衝撃吸収機能 ベビーカーを使う際、乗っている赤ちゃんにかかる負担を避けられるかも重要です。 シートや頭や背中、お尻など、パーツ毎に置きやすい形になっているベビーカーも、赤ちゃんが衝撃を受けた時にズレにくくなるためおすすめです。 メーカーによってはフレームや車輪など、骨組みから衝撃吸収を考えてくれているベビーカーもあります。 ちなみに上で触れているSGマークは、衝撃吸収機能を満たしていることも条件の1つなので参考にしましょう。 シートが洗濯できるもの 赤ちゃんの衛生面への配慮として、ベビーカーのシートは洗濯できるものがおすすめです。 赤ちゃんが飲食品を持っている場合にこぼしたり、そうでなくても汗をかいたりとシートは意外と汚れやすいもの。 目立った汚れはその都度ふき取っても、雑菌などが残っている可能性はあります。 そんな時、洗濯不可のシートでは布巾などに洗剤をつけて逐一手洗い…とお手入れが大変。 また洗濯は可能でも、手洗いのみというシートもあるので注意が必要です。 可能ならシート全体を丸洗いできるシートで、見えない菌も手軽に対処しましょう。 シートの取り外しも容易にできるベビーカーだと、お母さんの負担軽減になるのでなお便利です。 対面式や背面式に切り替えができるベビーカーも! ベビーカーの中には両対面式と呼ばれる、ハンドルもしくはシートの取り外しによって対面・背面を切り替えられるタイプがあります。 シートの取り外は洗濯以外だと手間になるので、ハンドルによって切り替えるベビーカーがおすすめです。 また、ただ切り替えができるだけでなく、オート4輪機能を有したベビーカーがより便利。 オート4輪というのは、ベビーカーを対面から背面式、あるいは逆に切り替えた場合に後輪となるタイヤをロック、前輪となるタイヤのみ解放するシステムです。 ゆえに切り替え直後であってもベビーカーを押しやすく、曲がり角が大変といった面倒を無くしてくれます。 曲がり角で突っかからなければ、その分赤ちゃんにとっての負担もなくなるので一石二鳥ですね。 短時間の使用やちょい乗りにはバギーがおすすめ バギー 最近は、バギーも人気です。 バギーはB型ベビーカーよりもコンパクトに折りたためるデザインが特徴です。 軽く、持ち運びやすいので、近所でのチョイ乗りや旅行の際に便利です。 そしてリーズナブルな価格が魅力的です。 バギーは赤ちゃんの腰が座る7ヵ月ごろから使用でき、椅子のように座らせる簡易な構造になっています。 ベビーカーと違ってリクライニングが付いていないので、赤ちゃんの腰に負担がかかってしまうため長時間の移動には不向きです。 バギーを使うのであれば、普段は歩いてくれるけど、お出かけ先でお昼寝したら座らせたいなど、補助的に使いたいと思っている方におすすめです。 年齢の目安としては歩き始める1歳前後よりも、たくさん歩けるようになる2、3歳頃です。 ベビーカーのタイプ別!収納性のポイント 出典: A型ベビーカーとB型ベビーカーの違い AB型ベビーカーなのに重量5㎏!まさにスゴ軽ベビーカー! コンビと言えばチャイルドシートやベビーカーで使われているエッグショックが有名ですよね。 生まれたての赤ちゃんの頭をしっかり守ってくれる衝撃吸収素材です。 こちらのベビーカーは頭だけでなくシート全面にもエッグショックを採用。 まだ首も腰も座ってない生後1ヶ月から安心して使うことが出来ます。 両対面にすることが出来、またオート4輪なので両対面どちらもスムーズにベビーカーを押すことができます。 凸凹地面でも安定性がある走りで有名ですが、それがベビーカーにも活かされています。 大型タイヤで3Dサスペンション付きで安定性のある走りです。 通常B型ベビーカーは軽いので衝撃を吸収しきれず走りの振動が大きいですがこちらの商品は滑らかに走行できるのが特徴です。 重量は5㎏で折り畳みも可能。 かなりスリムに折り畳むことが出来ます。 出先でも邪魔になりません。 ハーネスとカバー付きの股ベルトでしっかりガードしてくれます。 近年はA型ベビーカーとB型ベビーカーの良いところを取り入れたAB型兼用のコンパクトに収納できる軽量ベビーカーもたくさん発売されていますので、次で紹介します! おすすめメーカー コンビ コンビは赤ちゃんを育てることが楽しく幸せだと思える社会作りをブランドビジョンとしています。 プレママの商品だけでなく、赤ちゃんの衣類から生活全般の商品が多数販売されています。 コンビのチャイルドシートやベビーカーは人気で、衝撃を吸収する素材『エッグショック』の知名度が高いです。 赤ちゃんの安全性と快適さを備えたベビーカーです。 ピジョン ピジョンは1957年よりベビー用品全般を取り扱っている日本で老舗の有名メーカーです。 ママからの信頼も高く人気です。 ピジョンのベビーカーは大型の『シングルタイヤ』が近年人気を集めています。 ベビーカーはダブルタイヤが主流でしたが、シングルタイヤの良さは押しやすさ。 凸凹道でもスイスイ進めると人気急上昇!一度試してほしいくらい段差も軽々ですよ! アップリカ アップリカはチャイルドシート、ベビーカー、ハイローチェアなどを主流に販売してるメーカーです。 1947年創業、長岐に渡ってママと赤ちゃんのための育児用品を販売。 老舗のメーカーです。 アップリカのベビーカーはすくすくクッションというアップリカ独自の設計で赤ちゃんの振動ストレスを減らしてくれるベビーカーです。 赤ちゃんの快適さを追及しています。 ベビーカーやチャイルドシートといえばアップリカと思うママも多いくらい人気です。 to buyインフルエンサーおすすめのベビーカーもご紹介! Airbuggy COCO PREMIER 3輪のバギータイプのA型ベビーカー「Airbuggy COCO PREMIER エアバギーココプレミア 」です。 Airbuggyシリーズの中では一番最上級モデルとなるCOCO PREMIERはさまざまな機能をもったベビーカーに仕上がっています。 生後3ヶ月から使用できるベビーカーで3歳くらいまで使用できるので、子どもの成長に合わせて長期間使用可能です。 坂道や人混みでも走行しやすいようブレーキが付いているので、安全面にしっかりと配慮。 スタイリッシュな定番のカラーや落ち着いた雰囲気のあるカラーなど全9色をラインナップしているので、好みのデザインにマッチしたものが見つかります。 サンシェードの役割を果たすキャノピーは3段階に調節可能。 日差しの強さに合わせて調節できます。 ハンドル部分には高級感のあるハンドステッチを採用し、ヴィーガンレザーハンドルを付けているので、グリップ感も快適です。 タイヤはオフロードタイヤなので、アスファルトだけでなく土や砂浜といったベビーカーにとって比較的悪路になるような路面でも快適に走行できます。 もちろん押し心地も軽やかで、赤ちゃんや荷物を入れている状態でも軽やかに動き出してくれるので走行性は抜群と感じています。 どんな場所にでもこの1台でお出かけできているので、子どもと外出するときの必須アイテムになっています。 ベビーカー本体の価格としては高めですが、長期間使えることと、細かな機能性への満足から買って良かったと本気で思っているベビーカーです。 子育て世代にぜひともおすすめしたいベビーカーです! 重量:5. それが凸凹道や段差が乗り越えられないプチストレスを感じますがこちらのベビーカーはストレスフリー! 前輪のタイヤが大きくタイヤの中が空洞になっているため、軽くクッション性も高いです。 チューブが入っていないのでパンクの心配もありません。 ハイシートであったりカバーも大きく日差し対策もできます。 第10位 combi コンビ F2 Limited AF 重量:3. とてもスタイリッシュでおしゃれなデザイン。 ワンハンドグリップで片手で操作しやすく小回りもききます。 エアスルーシステム採用で通気性がとてもよく汗をかきやすい赤ちゃんには快適です。 またシートは簡単に取り外して洗えるので清潔に使えますよ。 片手でワンタッチ開閉出来るので赤ちゃんの乗せ降ろしも楽ですね。 51㎝とハイシートなのも嬉しいです。 足元にブレーキがあります。 B型ベビーカーにしては高いですが、快適に使えそうです。 第9位 ジープ ノーススター B型 重量:約5. 7cm タイプ: B型 最高適応体重:18kgまで 使用月齢範囲:ー 腰座りからがおすすめです おしゃれで手軽に持ち運びできるベビーカー! ヨーロピアンスタイルのおしゃれなベビーカーです。 B型なので腰座りが安定してからの使用がおすすめです。 背もたれは綿入りのシートとメッシュの2層構造で夏場の暑いときはシートくるくるまくりあげるようにし 枕にできる ムレを防ぐこともできます。 前輪はサスペンションシステム付きなので凸凹道も安心です。 折り畳むとバッグのようにして持ち運ぶことができます。 旅行などにもおすすめです! 第8位 ピジョン パタン 重量:4. とワンタッチで折りたたむことができます。 折りたたんだときの高さはたったの79cmなので車のトランクに立てて置くことも可能です。 限られたスペースでもスッキリ収まるのが魅力ですね。 さらに、やわらかいフロントガードがすべり落ちにくく肩も痛くなりにくいベルト形状なので、ショルダーバッグのようにしても運べます。 重さ4. 7キロ、地上高53㎝のハイシートで、通気性の良いメッシュ生地と柔らかいニット生地の両面が使え、洗濯機で洗えるので清潔感を保てます。 足のせバーは赤ちゃんの成長に合わせて角度調節可能な設計です。 押しやすさや安定性もほしいところですが、ここまでコンパクトになるベビーカーは滅多にありません。 コンパクトさを重視される方、持ち運びの利便性を重視される方、清潔さを重視される方におすすめです。 第7位 グレコ 軽量ハイシートベビーカー シティゴー Citi Go 重量:3. 9キロと軽いので電車やバスでも赤ちゃんを抱っこしたまま持ち運べます。 地上高52cmのハイシートですので赤ちゃんを地面からの熱やホコリを遠ざけてあげることができます。 ワンタッチ開閉もできるので電車やバス、階段の乗り降りの時にも便利です。 ねんねの赤ちゃんも安心の無段階リクライニングとフルカバー日よけが付いています。 フルカバー日よけはUVカット率99%と高数値です。 全輪に高機能サスペンションを搭載しており、段差やデコボコ道でもベビーカーからの振動を和らげてくれるので赤ちゃんにとって快適です。 大容量の荷物入れが付いているベビーカーも多くあるなか、こちらはコンパクトな15. 5リットルの容量です。 赤ちゃんの荷物でいっぱいになる遠くのお出かけよりも近くのお出かけに向いています。 こちらのベビーカーはママやパパにとって使いやすいベビーカーですので使いやすさを重視される方、軽さにこだわりたい方におすすめです。 第6位 ピジョン B形ベビーカー ビングル 重量:3. シートは 汗っかきの赤ちゃんにも対応できるメッシュベースシートので、赤ちゃんの乗り心地は抜群で、ママやパパにも嬉しい押しやすさにこだわったシングルタイヤを搭載したB形ベビーカーです。 6キロと片手でもラクに持てます。 シートは洗濯機で丸洗いできるので清潔だし、座面は広くなっているので赤ちゃんにとっては快適なベビーカーです。 コンパクトな車体ですが、ワイドシートで赤ちゃんも余裕を持って乗れます。 軽さにこだわる方、清潔さを重視される方、セカンドベビーカーを検討されている方におすすめです。 第5位 コンビ ベビーカー メチャライト NH 重量:4. 6キロですが、ママが片手で持てる重さです。 段差の乗り越えもスムーズ 140mmダブルホイール・4輪ソフトサスペンションのタイヤなので段差の乗り越えもスムーズです。 普段はあまり意識しませんが、段差はいたるところにあります。 段差をスムーズに乗り越えれないと赤ちゃんの首がガクっとなるので危険です。 シートは53cmのハイシートで赤ちゃんを熱やホコリから守ってくれます。 しっかりと紫外線から守ってくれます。 シートは洗濯機で丸洗いできるので清潔だし、赤ちゃんにとっては快適なベビーカーです。 コンパクトな車体ですが、ワイドシートで赤ちゃんも余裕を持って乗れます。 もう少し何かしら機能が備わってたら良いなとは思いますが、コスパの一番良いベビーカーだと思います。 生後1ヶ月から乗れる軽量ベビーカーで比較的リーズナブルなものを探している方、清潔感にこだわる方におすすめです。 第4位 アップリカ軽量ベビーカー マジカルエアー AD 重量:3. シート下の荷物入れは20リットルとたくさん入るので、日々のお買い物も安心してできます。 荷物入れが大容量の収納力にも関わらず、コンパクト車体ですので、駅などの改札もラクに通れます。 アップリカ独自の機能で押しやすく、マルチショックレス構造のシートなのでデコボコ道でも安心です。 ワンタッチ開閉もできるので電車やバス、階段の乗り降りの時にも便利です。 シートを丸洗いできるのも嬉しいポイントです。 私も長女の時にこちらのベビーカーをセカンドベビーカーとして購入しました。 ほとんど車のトランクに入れていて、使うのはショッピングモールなどの室内が多かったので問題なかったのですが、暑い夏に外で使うにはホロが小さ過ぎる点が心配です。 室内で使うことが多い方、赤ちゃんの乗り心地を最優先される方、とにかく軽さを重視される方におすすめです。 第3位 グレコ 軽量ハイシートベビーカー シティライトRアップ 重量:4. 8キロのベビーカーで、多機能を備え持っています。 地上高52cmのハイシートですので赤ちゃんを地面からの熱やホコリを遠ざけてあげることができます。 赤ちゃんがいるとどうしても荷物が多くなってしまいますし、日々のお買い物でいっぱい買ってしまっても充分に対応できる荷物入れはなんと32リットルの大容量です。 ワンタッチ開閉もできるので電車やバス、階段の乗り降りの時にも便利です。 ねんねの赤ちゃんも安心の無段階リクライニングとフルカバー日よけが付いています。 フルカバー日よけはUVカット率99%と高数値です。 全輪に高機能サスペンションを搭載しており、段差やデコボコ道でもベビーカーからの振動を和らげてくれるので赤ちゃんにとって快適です。 タイヤ径が12. 5cmと大型でワイドな仕様ですので押し心地も良さそうです。 シート下から足カバーをサッと出すことができるので、急に寒くなったときの防寒対策も可能ですめ使いやすさを重視される方、大容量の荷物入れそ望む方におすすめです。 第2位 コンビ メチャカル ハンディ オート4キャス compact HG 重量:4. ハンドル角度調節機能が付いているので、ハンドル操作もしやすくなっています。 シートは55cmのハイシートで赤ちゃんを熱やホコリから守ってくれます。 衝撃吸収素材であるエッグショックを使用しており赤ちゃんの柔らかい頭を優しく包み込んでくれるので、デコボコ道も安心です。 さらに汗っかきの赤ちゃんにとっては嬉しいエアスルーシートなので、快適です。 足元まですっぽり包み込むタイプになっています。 軽量ベビーカーの中では重めですが、赤ちゃんにとっては快適なベビーカーです。 AB型兼用ベビーカーでただ値段が高めなのでセカンドベビーカーよりもメインベビーカー向きです。 少々重くても赤ちゃんの快適性を最優先に考える方、スムーズな走行性を求める方におすすめです。 第1位 Aprica ハイシートベビーカー カルーンプラスハイシート 重量:4. 汗っかきの赤ちゃんにも対応できるメッシュシートなので、赤ちゃんの乗り心地は抜群です。 さらにフルカバーホロ、振動を和らげてくれる構造、赤ちゃんの体を守りつつ自由に動けるメディカル成長マモールを搭載しています。 片手で簡単に開閉もできるので電車やバス、階段の乗り降りの時にも便利です。 こちらも4. 8キロと軽量ベビーカーとしては重い方ですが、赤ちゃんの安全と乗り心地を考えて、次女のセカンドベビーカーとしてこちらを購入しました。 AB型兼用で対面・背面可能なベビーカーなので生後1ヶ月の頃から愛用しています。 コンパクトに収納できるし、押し心地も良いですが、対面式にした時は小回りがききにくいです。 少々重くても赤ちゃんの快適性を最優先に考える方、スムーズな走行性を求める方におすすめです。 【軽さ重視】軽量ベビーカーおすすめ軽さランキングTOP5 ここでは、特に軽さに重点を置いてランキングにしてみました! 第5位 GRACO Citi Go 重量:3. 1キロです。 生後7ヶ月から使用可能なB型ベビーカーですが、ハイシート、メッシュシート、ゆるぐれガードボディ、ワイドダブルタイヤ搭載で高機能なベビーカーです。 新陳代謝が良く、汗っかきな赤ちゃんにとって、メッシュシートは冬でも重宝します。 外は寒くてもショッピングモールなど屋内は暖房がきつくて、赤ちゃんはけっこう汗をかきます。 汗をかいたまま外に出て体が冷えないようにするためにも役立ちます。 第2位 Richell カルガルー プラス お出かけ用の2台目ベビーカーに軽量ベビーカーはいかが? 軽量ベビーカーを2代目ベビーカーとして使用している方もたくさんいらっしゃいます。 私もそんな中の一人です。 まず、私が最初に買ったベビーカーは機能性としては申し分ないけれど、重いベビーカーで自分の力では折りたためないほどでした。 そうなると私と赤ちゃんでお出かけするとなると大変だったので、2代目ベビーカーとして軽量ベビーカーを購入しました。 重いベビーカーは近所のお買い物やお散歩がメインでした。 電車やバスでお出かけのときは軽量ベビーカーを使っています。 ママ友とランチのときなど、お店の入り口にベビーカーをたたんで預けないといけない場合もありますよね。 公共交通機関だと人が多いと折りたたんだりするし、バスの乗り降りの際は持ち上げたりするので軽量ベビーカーが便利です。 パパがいれば重いベビーカーも持ってもらえますが、女性一人だと大変です。 ママだけのお出かけのときこそ軽量ベビーカーが必要です。 是非、購入を検討されることをおすすめします! 片手でも持てる5キロ以下の軽量ベビーカーを紹介しました。 軽量ベビーカーと言ってもベビーカーごとに搭載されている機能も違えば、赤ちゃん一人一人に合う条件や乗り心地も違ってきます。 ファーストベビーカーなのかセカンドベビーカーなのかによっても必要な条件は違ってきますので、今どんな条件が必須なのか整理してみて、それに合うベビーカーを見つけてくださいね。 赤ちゃんとのお出かけがぐんと楽しくなるベビーカーが見つかると良いですね!.

次の

[2020]人気のB型ベビーカー国内おすすめ7選!選び方や口コミ・評判まで徹底解説

軽い ベビーカー

ベビーカーに赤ちゃんや荷物を乗せての移動…。 一見楽なようですが、実は意外と大変なもの。 歩道を真っすぐ走らせるだけでもかなり気を使いますし、ましてや電車やバスでの移動となると、折りたたむ際にもモタモタ…としてしまい、周囲の目が気になることも。 そこで人気を集めているのが「軽量タイプのベビーカー」。 コンビやアップリカといったベビー用品メーカーを始め、海外のメーカーからも軽くて、コンパクトに折りたためる便利なベビーカーがたくさん販売されています。 今回は、そんな軽量ベビーカーの選び方を大特集。 また、おすすめの商品もA型ベビーカーとB型ベビーカーに分けて、それぞれ5選ずつご紹介します。 店先でベビーカーを押してみて「重さ」が気になったという方には、ぜひ一読してほしい内容です。 ぜひ軽くて使い勝手の良いベビーカーを見つけてみてくださいね。 バスや電車の乗り降り時にベビーカーを折りたたんだり、逆に広げたりするときは、特に周囲の目も気になるため、ササッと手早く行いたいもの。 また外出時には、両手がふさがるほどの荷物を抱えることもあります。 となると、やはり片手ワンタッチで楽に操作できるベビーカーがとても便利です。 ちなみに「ワンタッチ」とうたう製品はたくさんありますが、実際に触ってみるとその操作感はかなり違いがあります。 出来れば実際に触ってみて確認しましょう。 また、軽量のベビーカーの中には、軽さだけにとらわれて製作されているものもあり、走行性がイマイチ…というものもあります。 お子さんがどんどん大きく重くなるので、それなりのフレームの剛性がないと、コントロールがしづらくなるのです。 ベビーカーの売り場では、子どもの重さをリアルに感じられるダミー人形が置いてあるところもあります。 それらを乗せると、片手でコントロールできるかどうかすぐにわかるので、見かけたら是非お試しください。 ストレスなくベビーカーを使いたいなら、オート4輪ベビーカーが最適です。 後輪が常にロックされた状態で前輪が自由に動き、小回りがきいてスイスイ動かせるため、カーブも円滑に曲がることができますよ。 ダブルタイヤが段差での引っ掛かりを軽減し、衝撃も和らげます。 座面が53cmと高く、お子さまをアスファルトの熱やほこりから遠ざけることができるのもポイント。 撥水機能のある幌は紫外線を99%カットし、ほこりや花粉からもガードしてくれます。 さらに背面シートには通気口があり、温度の上昇を防止。 シートクッションは取り外して洗濯できるため、いつでも清潔に使える点もメリットです。 重量 4. 6kg サイズ W45. 5~98. 5cm 折りたたみサイズ(自立) W45. トリプルエッグと呼ばれる 3層の振動吸収構造が、赤ちゃんの頭からお尻までを守ります。 特に頭部にはクッションを付けることで、衝撃を軽減。 赤ちゃんの移動中にかかるストレスを和らげます。 外出に必要な荷物をたっぷり収納できる 大きなバスケットも、そのまま折りたたみOK。 座面についた持ち手を使えば、抱っこしたまま片手で持ち運びできます。 足元まで すっぽりと覆う大型の幌が、紫外線からお肌をガード。 花粉が落ちやすい生地を使用しているため、花粉対策にもなりますよ。 重量 4. 6kg サイズ W48. 5~104. 8cm 折りたたみサイズ(自立) W48. 2cm(-) 対象年齢(推奨体重) 生後1ヶ月~3歳頃(~15kg) SG基準 有 幌 有 アップリカのカルーンエアーABは、赤ちゃんが快適にお出掛けでき、ママ・パパにも便利な機能が満載です。 座面が52cmと高いため、地面の熱とホコリからお子さまをガード。 背面にはWサーモメディカルシステムを搭載し、風を通しながら路面の熱はカットしてくれます。 剛性のあるフレームと車輪のサスペンションが衝撃を吸収して、お子さまへの負担を軽減。 車体のぐらつきも抑えるので、段差があっても力がかけやすくなりました。 コンパクトに折りたためて収納場所を取らず、開閉もワンタッチでスムーズ。 通気性の良い背面シートは、取り外して洗濯機で洗うことができます。 重量 3. 9kg サイズ W45. 5~98. 5cm 折りたたみサイズ(自立) W45. 2cm(有) 対象年齢(推奨体重) 生後1ヶ月~3歳(~15kg) SG基準 有 幌 有 重量 3. 9kg 4. 6kg 4. 6kg 4. 8kg 約4. 9kg サイズ W45. 5~98. 5cm W48. 5~104. 8cm W45. 5~98. 2cm(有) W48. 2cm(-) W45. ちょっとしたお出掛けや、旅行や帰省時にも活躍するのが、こちらの商品。 大きな幌で日差しを遮りながら、メッシュ窓からお子さまの様をうかがうことができます。 背面シートは取り外し可能で、 夏はメッシュシートだけにすれば、風通しもバッチリ。 フロントガードは柔らかなウレタンで包まれており、お子さまが強く掴んだり叩いたりしても、衝撃を吸収してくれます。 成長に合わせてフロントガードは取り外しができるのもありがたいですね。 直径約15cmのダブルタイヤは安定感があり、 でこぼこ道でもスムーズに走行。 収納力バッチリのバスケットが付いているので、必需品をたくさん入れてお出掛けできます。 重量 約3. 前輪には上下左右に対応する 3Dソフトサスペンションが付いていて、路面の振動を吸収し、滑らかな走行が可能。 直進走行にロックすれば、 踏切やデコボコ道でもふらつかずにまっすぐ進めます。 折りたたんでスタンドを立てれば、 A4サイズのスペースに自立収納が可能。 ショルダーストラップが付属しているので、持ち運びも楽ですよ。 ボディは安全に配慮し、指はさみを防止するよう設計されています。 5点式ハーネスがお子さまをしっかりと固定。 重量5kgとこのタイプの中ではやや重めですが、Jeepならではの大きなタイヤを採用した安定性の高いモデルです。 重量 5kg サイズ W85. 5点式ベルトとフロントガードが、お子さまをしっかりと固定します。 広めの足のせがあるため、安定感のある座り心地に。 フロントガードはサイドが外せて、乗せ降ろしが楽なのも嬉しいですね。 お出掛け用の荷物が入る ネットタイプのかごは 、 ほこりやゴミが貯まりにくいメッシュ仕様 で、外遊びのおもちゃ入れにも最適です。 コンパクトに折りたたみができ、 後輪をロックすれば立てかけておくことも可能。 メッシュ生地で通気性が良く、付属の専用シートマットは取り外すこともできます。 8kg 3. 7kg 約3. 5cm W41.

次の