漫画 アキラ 予言。 漫画『アキラ』は予言の書?!都市伝説『アキラの予言』を解説!

AKIRAオリンピック中止のあらすじがヤバい!新型ウイルスも予言していた!

漫画 アキラ 予言

大友克洋の『AKIRA』が、今また注目されている? 斬新な表現と圧倒的な画力で描かれた超能力SFの名作『AKIRA』。 発表当時に大旋風を起こし、今なお評価されている理由は何なのか。 今の時代こそ、魅力からテーマまで、この名作を徹底考察してみます! 偶然?『AKIRA』が予言していた2020年の東京オリンピック 『AKIRA』は原作漫画の連載が1982年から1990年、アニメ映画化が1988年になされた大友克洋のSF作品です。 連載・映画化当時、国内外の漫画マニアを熱狂させた人気コンテンツですが、近年また、この作品に注目が集まっています。 原作第1話、オリンピック予定地での会話にその記述があります。 しかしこのオリンピック、原作ではに東京の壊滅によって開催中止になるのです。 何とも縁起が悪い話ですし、東京オリンピックの開催年が重なったのは単なる偶然のようです。 「マンガは大友克洋以前と以後に分かれる」と言われますが、確かに彼が現れるまで、漫画の絵というのは太く強弱のある線で、デフォルメして描くものでした。 対して大友の絵は、細い線で写実的に描かれ、写真や映像を意識した表現がふんだんに用いられています。 そんな大友の絵に影響を受けた漫画家は多く、その中でも有名なのが鳥山明と岸本斉史です。 鳥山明が『AKIRA』に熱狂したであろうことは、『DRAGON BALL』を見ても明らか。 岸本斉史は『NARUTO』の単行本で熱い『AKIRA』愛を語っています。 しかし決して大友を誉めなかったのが、漫画の神様として知られる手塚治虫です。 といっても手塚の否定は嫉妬の裏返しと言われており、それだけ大友の絵が当時の漫画のレベルを超越していたということの証拠でもあります。 鉄雄も欲しがった金田のバイクがカッコ良すぎる! また大友作品の中でも『AKIRA』は特に、メカのデザインセンスが優れた作品です。 近未来の都市を駆る少年たちのアイテムとして、主人公・金田のバイクはカッコ良すぎました。 正直あのバイクなくしてはここまでの人気作品にはならなかったでしょう(実際、大友の著作の中で『AKIRA』は知名度抜群)。 サブカルオタクもバイク好きも熱狂させた金田の愛機は、公式・非公式併せて何度もフォルムの再現がなされています。 ファンに最も実用化が望まれているアイテムだといえるでしょう。 原作漫画は革新的とはいえ、当時はまだマイナーだった青年誌の連載であり、一部のマニアに好かれていたに過ぎません。 しかし映画という媒体は世間一般や外国人にもなじみがあるため、爆発的に知名度を上げることとなりました。 そしてもちろん出来栄えは素晴らしいの一言です。 通常の何倍ものセル画を使用したことでリアルな絵をリアルに動かし、芸能山城組の迫力ある劇伴音楽も何もかもがそれまでのアニメ映画とは一線を画していました。 プレスコの採用により台詞通りに動く口に、それまでにはない不思議な感覚を覚えた人も多いことでしょう。 物語は好みが分かれるものの、動画と音楽に関してはジブリに遜色ない傑作であり、現在でもその完成度は認められています。 ちなみに製作費は当時では破格の10億円! アニメ界初の製作委員会方式で資金が集められました。 『AKIRA』の名言は実はアニメオリジナル 「ピーキーすぎてお前には無理だよ」 「さんをつけろよデコ助野郎」 (大友克洋監督 映画『AKIRA』より引用).

次の

ちょっと怖い? 38年前の漫画「AKIRA」が今の東京を予測

漫画 アキラ 予言

舞台は2019年。 1982年に関東地方に「新型爆弾」が炸裂し、東京は完全に崩壊してしまう。 それをきっかけに世界大戦が勃発し、世界は荒廃していった。 その後、東京湾上に新たな都市「ネオ東京」を建設し、首都機能はそちらへ移行した。 繁栄するネオ東京においても反政府ゲリラと軍は敵対し合い、デモ隊と警察は日々衝突しあっており決して平和で治安のよい状態とは言えなかった。 職業訓練校に通う青年・金田は暴走族グループのリーダーを務めており、友人の山形や甲斐、そして親友でもある鉄雄と共にバイクに乗り暴走行為をしていた。 ある日、閉鎖されている旧市街(爆心地である東京)へと向かうため遺棄されたハイウェイを走る金田たちの前に、白髪の少年が突然姿を現した。 この白髪の少年こそが、軍の極秘機関「超能力研究機関」から反政府ゲリラのメンバーによって連れ出された超能力者の一人、タカシ(26号)だった。 突然鉄雄の乗るバイクの目の前に姿を現したタカシを避けきれず、衝突し重傷を負ってしまう。 鉄雄とタカシは駆けつけた軍(アーミー)により入院させられるのだが、この事故をきっかけに鉄雄の中に超能力が覚醒する。 退院後の鉄雄はまるで人が変わったように高圧的で乱暴になり、以前のような大人しい様子は一切なくなってしまっていた。 超能力に目覚めた鉄雄を「研究材料」として取り込みたい軍と、その鉄雄にただならぬ影響を与えている金田を捉えるため軍が動き出すが、その中で金田は反政府ゲリラメンバーである竜とケイに出会い、一時的に協力関係となった。 鉄雄は自分の中に目覚めた超能力を自覚すると、今まで内向的な性格ゆえに何かと金田に上から目線でモノを言われていたことに対する不満や鬱憤が爆発し、自分の力を見せ付け金田を屈服させることを考えた。 その第一歩として金田たちと敵対する暴走族グループ「クラウン」のジョーカーを屈服させ、自らがリーダーの座についた。 それからクラウンの所持するドラッグ(薬物)を過剰に使用しながら超能力を使い、他の暴走族グループのメンバーを襲撃した。 その事実を知った金田は周辺の暴走族グループと協力し合い、鉄雄を含めクラウンを倒すことを決意する。 鉄雄の能力により山形は無残な死を遂げる クラウンの下っ端の襲撃に次々と成功する金田たちだったが、最終的に鉄雄の超能力の前に惨敗してしまう。 鉄雄と対峙した山形は超能力により惨殺され、激情に駆られた金田は鉄雄へ向けた銃の引き金を引く。 鉄雄もまた、以前から劣等感を抱いていた金田に対し敵対心をむき出しにし、両者は衝突した。 そこへ軍(アーミー)の部隊と敷島大佐が現れ、超能力覚醒に伴い激しい頭痛に悩まされている鉄雄に対しある提案をした。 それは、その頭痛を抑えるための薬物(超能力研究機関で開発された、超能力を覚醒・安定させるための薬物。 一般に出回っているドラッグの何百倍もの刺激があるため常人が使うと死ぬほどの効力がある)を提供する代わりに、超能力研究機関の研究に「41号」として協力する、というものだった。 鉄雄はその条件を飲み、暴走族の抗争は軍によって制圧されたのだった。 この「ラボ」には、鉄雄と衝突事故を起こしたタカシをはじめとした、「ナンバーズ」と呼ばれる超能力を持った者たち(キヨコ(25号)とマサル(27号))が住んでいた。 彼らは軍が以前から極秘に研究してきた、超能力を開発・育成された子供たちの生き残りである。 多くの子供たちが実験の途中段階で命を落とす中最終的に生き残った数少ないメンバーである。 鉄雄は薬物を投与されながら様々な実験と研究により徐々に能力を開花させていった。 その中で、研究者たちの口から聞かされた「アキラ」と呼ばれる存在に興味を持ち始めた。 アキラ(28号)というのはかつて「ナンバーズ」の仲間として共に過ごしていたのだが、軍が30年以上にわたり巨額の資金を投じて封印し続けている謎の存在であった。 予知能力を持つキヨコは、アキラが間もなく目覚めることとネオ東京が崩壊することを予知するのだった。 この時、アキラに強い関心を抱いていた鉄雄がアキラ覚醒の鍵を握ることを察していたキヨコは、自らの超能力でケイを操り鉄雄を殺害しようと試みるが、鉄雄の超能力が思った以上に強かったため逃げられてしまった。 この時ナンバーズの三人は、ケイに「超能力を媒介させる能力」に秀でていることを見出す。 軍事衛星SOL 鉄雄はラボを脱走し、軍研究施設に封印されていたアキラのもとへ行く。 絶対零度に封印されていたアキラは鉄雄の力に共鳴し、覚醒してしまう。 アキラ覚醒に取り乱した敷島大佐をはじめとする軍関係者はネオ東京に第七級警報(非常事態宣言)を発令し、軍事衛星「SOL」を使って鉄雄とアキラを攻撃しようと試みる。 しかし鉄雄は片腕を失ったってだけで、そのまま行方不明になってしまう。 「SOL」の攻撃の中、意識を失い倒れていたアキラを金田とケイが発見し保護、そのままゲリラメンバーの一人であるチヨコの家へとかくまうことにした。 爆心地の地下にあった軍研究施設、その中に絶対零度で封印されていたアキラ。 東京を無に帰した新型爆弾は実はアキラの力だったことを金田らは知ることになった。 アキラの威力は都市をまるごと崩壊させるほどであった ケイたちはゲリラの支援者である野党政治家・根津の元へアキラを引き渡すが、根津は自らの政治的権力を勝ち得るためアキラを個人的に利用すべく、根津を支援していたミヤコやゲリラメンバーも裏切ってしまう。 しかし生き延びた竜やケイ、チヨコ、そして金田たちがアキラを根津の元から奪還する。 一方で第七警報の発令による混乱の責任を問われていた敷島大佐は、いつまでも責任不在の醜い言い争いをやめない政府に見切りをつけ、自らクーデターを起こしアキラの捜索に当たる。 根津の部下、アキラを特別な存在として崇めるミヤコ教の超能力を持った信者、敷島大佐率いる軍、そして金田たち、彼らによるアキラ争奪戦が繰り広げられた。 その中で大佐が連れてきたナンバーズの子どもたちは念願かなってやっとかつての仲間であったアキラとの再会を果たした。 ところが、物陰からアキラを射殺しようと根津が銃口を向け発砲する。 その弾はタカシの頭に命中し、その瞬間ナンバーズの子どもたちとアキラの脳内にショックが走り、アキラが37年前に東京を壊滅させた力が発動し始めた。 巨大な爆発によって全ての建物、地盤が海中へと崩れ落ち、ネオ東京は吹き飛ばされた。 ナンバーズの子どもたちによってケイや大佐らは瞬間移動により一命を取り留めたが、金田は爆発の光に飲み込まれ行方不明となる。 新たな爆心地の中心に佇むアキラの元へ、片腕を失った鉄雄が現れるのだった。 アキラを「大覚様」と奉る大東京帝国 ネオ東京崩壊後の世界には、アキラを「大覚様」として崇め奉り鉄雄が実質支配をする「大東京帝国」、ミヤコを教祖とする「ミヤコ教」が主な勢力として君臨していた。 竜は酒におぼれ街をさまよう中、ワシントンからの工作員ジョージと出会い行動を共にしており、敷島大佐は一人さまよっていた。 ケイと反政府ゲリラであったチヨコ(おばさん)は、ナンバーズのキヨコとマサルをかくまいながら生き延びていたが、薬なしでは長く生きられない二人を延命させることが難しくなってきていた。 そこへミヤコの教団へ行けというキヨコのお告げに従い、ケイとチヨコはミヤコの元を訪れる。 ミヤコはキヨコとマサルを連れてくるよう二人に提案する。 弱った二人を決死の覚悟でミヤコの元へ移送するケイとチヨコだが、途中大東京帝国の手下に襲撃され、ケイはマサルだけを連れて単独でミヤコの元へ急ぐ。 キヨコを連れたチヨコは、負傷しているところを敷島大佐に助けられる。 一方、鉄雄は被災者に薬物を混ぜた食事を与え、ひそかに能力者を開発しようとしていた。 適性のない者は薬物を飲んだ途端にその場で死んでしまったが、中にはその刺激に耐え超能力の覚醒にいたる者が数人いた。 また鉄雄は側近に女を連れてこさせ薬物を投与させては退廃的な性行為に溺れた。 少女たちの肉体に薬物の刺激は強すぎ、行為後に全員が死に至っていた。 ところが、連れてこられた女の中に薬物を飲まずに死を免れた少女、カオリがいた。 鉄雄はカオリを自らの侍女としてそばに置き、薬物による不安定な自らの精神をカオリに依存することで補おうとするのだった。 鉄雄との最終決戦のため命をかける覚悟を固めながら禊をするケイ ネオ東京崩壊後に甲斐はジョーカーら暴走族グループの生き残りたちと合流していた。 甲斐はその一団に金田を会わせ合流。 鉄雄に落とし前をつけよう、という思いをお互いに確かめあう。 一方ケイは、超能力を媒介する能力(触媒の力)を見出され、キヨコ・マサル・ミヤコの力を束ねて鉄雄の力をアキラにぶつけるよう誘導しアキラをこの世から抹殺するというミヤコらの計画に乗ることを決心しようとしていた。 敷島大佐は独自にSOLを使って鉄雄とアキラを抹殺しようと追い、工作員ジョージは生物兵器を使って鉄雄を葬ろうとしていた。 大東京帝国が被災民の統率を図るため行った集会で、鉄雄は月の一部を崩壊させる力を見せつける。 月の一部が崩壊したことにより地球の潮流に影響が出始める。 混乱の中、ケイはミヤコの計画に乗り自らの命を投げうってでも鉄雄とアキラを止めることを決意する。 その意思を固め、精神集中と共により「触媒」としての力を高めるため、身体を清める等の形式的な禊を行う。 しかし金田はそれを全力で止める。 鉄雄を止めるのは自分…そう決めた金田は、自らの力が制御不能になり異形の姿になった鉄雄の前に現れ決戦を挑む。 鉄雄の中に飲み込まれた金田、その鉄雄の覚醒を引き受けるため命をなげうったミヤコ、アキラがまだ人間として「心」を保っていた頃の状態へ導くために寄り添ったナンバーズ…やがて覚醒した鉄雄とアキラの巨大な力が融合し大きな渦となる。 その渦の中で金田はかつての孤独だった鉄雄の幼少期のビジョンの中をさまよう。 あの時手を差し伸べていたら、鉄雄との友情をやり直したい、鉄雄の手を取ろうとする金田の耳にケイの呼び声が届く。 金田は鉄雄に別れを告げ、ケイの手を取り、現実の世界へ戻るのだった。 鉄雄とアキラの消滅…その後の世界.

次の

漫画「AKIRA」が新型コロナを予言!?ネット民が震える怖い噂の種明かし

漫画 アキラ 予言

AKIRAの予言は東京オリンピックや伝染病も 作品は1982年12月20日号から1990年6月25日号にかけて『週間ヤングマガジン』にて連載されたSF漫画で、その作中では 【 翌年に東京オリンピックを控えた2019年の『ネオ東京』】が舞台になっています。 その中の第三次世界大戦後の復興で東京湾上に建設された『ネオ東京』というのが、もしかすると新型コロナウイルスの影響で東京が壊滅的なダメージを受けて新たに再生する?という事なのでしょうか。 『第三次世界大戦後の復興』も気になるフレーズですが、これは東日本大震災を指し、未だ復興がままならない状況の事を示唆しているようにも思えます。 AKIRAの予言で東京オリンピックについて AKIRAの舞台は2019年で、翌年が2020年東京オリンピックという点です。 2013年に決定された『東京オリンピック2020』の開催年までもピッタリ同じだったことから 『AKIRAの予言』と言われた所以です。 AKIRAはなぜ2019年? AKIRAの作者は 『大友克洋』さんですが、 AKIRAの世界観について、 『昭和の自分の記録』があり、その中には戦争そして敗戦、政治、国際的な動きや安保反対運動があり、東京オリンピックや万博があると語っていて、 大友さんにとっての東京はまさに 『昭和のイメージ』なのです。 AKIRAが初めて連載されたのは、1982年で 戦後37年(終戦1945年)でした。 1982年から 37年後が2019年なので設定が偶然にもそうなった、という見方もあります。 AKIRAの予言?通りに東京オリンピックは2020年は中止であり、2021年開催も果たせるのかどうか、まったく先が見えていません。 AKIRAにある147日前とは 【2月28日】 漫画「AKIRA」 1982年 が予言した東京オリンピック147日前は本日です。 原作ではAKIRAが覚醒し東京が壊滅します。 この147日前とは、AKIRAの作中では、『オリンピック中止!』というデモが起きるようになるとされていました。 2021年のオリンピック開催前147日前に何かあるのかもしれませんね。 緊急事態宣言の時期について遅いという見解を見せ、これについてもAKIRAの予言通りになったということです。 AKIRAの予言は税制改正失敗も? 今、世界中を震撼させている新型コロナウイルスですが、その影響で人々の生活も脅かされています。 世界的に見ても経済に暗い影を落としているのは間違いなく、先の見えない不安に人々の気持ちも疲弊しています。 2019年に行った政府の消費増税も、今生活がままならない状況下では大きな負担となり今後の影響も懸念されます。 AKIRAの予言で歴史的失敗とは AKIRAの作中にある 『前総理の行った税制改革の歴史的失敗である』というセリフが何を物語っているのかを想像してみましょう。 昨年の2019年10月に 消費税が10%になりましたが、 AKIRAでも、その事を示唆するような描写がありました。 この前総理こそ、 そろそろ退陣したらすごい。 現在はコロナ禍で国民の生活がままならない中、特別な減税措置もなく、このままの消費税のまま今後の経済がどのような方向に向いていくのか、国民の暮らしがどのようになっていくのか、 AKIRAを見ると恐ろしくもあります。 消費税増税にコロナの追い討ちで経済は大打撃になるはず。 首相が近所の行きつけで飲み歩いたって経済効果はないんだよ。 感染防止と共に経済対策を本腰で考えないとして日本沈没。 AKIRA予言が当たってしまうよ。 — tsunoyayo tsunoyayo 消費増税に加え、今のコロナ禍で人々の生活不安がより一層増してくる気配で、今後の日本の状況がどうなるかとても心配です。 AKIRAの予言で暴走する超能力とは AKIRAにはさらに、数々の『予言』と言われている描写があります。 その中でも衝撃的で恐怖を覚える『超能力開発』という少し現実離れしたワード。 これがどのような意味を持つのかは明確ではありませんが、何かメッセージのような気がしてなりません。 AKIRAの予言でコントロールできないが示すもの AKIRAでは、軍が秘密裏に超能力開発を進めて研究施設で実験を繰り返していく中、実験体28号『アキラ』が覚醒して手が付けられなくなったというもの。 その AKIRAに対して、 『 暴走する超能力は誰もコントロールできない』と語る場面があります。 それが何を意味するのかはわかりませんが、 原子力ではないかという見方が強いようです。 東日本大震災の 福島の原発事故を示唆しているようにも思えます。 世界最大レベルの原子力事故が起きて10年目を迎えた今も、いまだ人が住めない『帰還困難区域』があるのは、その放射能の凄まじさで、『暴走する超能力』と表現しているようにも感じます。 — たま太郎@小学校教師 tmtrgg AKIRA予言説を見るとAKIRAを見たりした誰かがAKIRAのストーリーを成立させるために行動して現実にしてるのでは…って思うな?たしか21世期少年の実写映画そんな感じだったハズ。 — 大崎なんど nandythm 【38年前の漫画『AKIRA』の予言】 2019年が舞台の漫画でアニメ化もされている その中で ・2020年東京オリンピック ・オリンピック中止 ・伝染病 コロナ 対策で日本政府がWHOに非難される ・増税 ・第3次世界大戦勃発 が言われており、すでにほぼ成就 — 🐹公名㌠🐾オンライン教会牧師代理 Hamutarosanteam 予言なのか、それともそのシナリオ通りに何かが蠢いているのかはわかりません。

次の