風疹 追加 対策。 風しん予防接種費用の一部助成|岡山市|くらし・手続き|医療・健康

風しん追加的対策について

風疹 追加 対策

検査の対象になる方は、次の1~4の全項目の条件を満たすことが要件となります。 県内市町村に居住地(千葉市・船橋市・柏市を除く)を有している• 次の(1)、(2)いずれかを満たしている• (1)妊娠を希望する女性(19歳以下で未婚の方は保護者同意が必要)• (2)(1)の同居者又は、風しんの抗体価の低い(HI法で32倍未満、EIA(IgG)法で8. 0未満)妊婦の配偶者• 過去に風しん抗体検査を受け、十分な抗体(HI法で32倍以上、EIA(IgG)法で8. 0以上)があり、ワクチン接種の必要がないと認められる者は除く• 千葉市保健所の連絡先:043-238-9941• 船橋市保健所の連絡先:047-409-3404• 柏市保健所の連絡先:04-7167-1256 検査実施期間• (2)母子手帳や予防接種歴が判明する書類を保管している場合は、ご自身で予防接種歴、抗体検査の実施の有無などを確認するようお願いします。 (3)その上で、検査対象者に該当する場合は、 事前に医療機関に検査予約をお願いします。 (4)検査は、申し込まれる方ご自身の自発的な申込に限り受付けますので、医療機関に用意してある「風しん抗体検査申込票」に本人自署でご記入をお願いします。 なお、19歳以下で未婚の方は保護者の同意が必要となりますので、保護者同伴で医療機関に来院できない方は、次の「風しん抗体検査申込票」様式1と様式2の保護者自署欄に保護者自ら記入し、様式1~3を持参の上来院をお願いします。 (5)医療機関での対象要件の確認が必要になるため、健康保険証、運転免許証、パスポートのいずれかと、母子手帳を保管している場合は母子手帳を持参し来院するようお願いします。 抗体価の低い妊婦のパートナーは、妊婦の母子手帳を持参ください。 予防接種について 検査の結果、予防接種が推奨されるとなった際は、医師と相談のうえ予防接種の実施について対応をお願いします。

次の

大人の風疹 風しんの追加的対策〈抗体検査・予防接種無料化〉

風疹 追加 対策

対象者は、事前に風しんの抗体検査を受け、抗体検査の結果が基準値より低い場合、予防接種を受けることになります。 抗体検査や予防接種を受けるためには、市が発行するクーポンが必要になります。 費用は原則無料です。 この事業が開始される前(平成31年4月1日以前)に任意で受けた抗体検査及び予防接種については公費の対象となりません。 対象者の方へは、2019年5月末ごろを予定に案内の通知を送付します。 【対象者】 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性 【令和2年度 クーポン発送対象者】 昭和41年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性(令和2年6月下旬発送予定) *昭和37年4月2日から昭和41年4月1日生まれの男性の方で、クーポンを希望する方は、岡山市保健所保健課までご連絡をお願いします。 随時、クーポンの発行をします。 令和元年5月下旬に、昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性の方へ郵送した無料クーポン券の有効期限は2020年3月ですが、国の方針により、手続きなしで令和3年(2021)年3月までご利用いただけます。 【実施期間】 2019年4月1日から2022年3月31日までの3年間 【費用】 原則無料 【実施方法】 抗体検査を実施し、抗体検査の結果が基準値より低い人は第5期定期予防接種として 1回実施(MRワクチン) 【実施場所】 抗体検査:近隣の医療機関等や、職場の健康診断等 予防接種:近隣の医療機関等 *実施ができる医療機関等については、厚生労働省ホームページを参考ください。 【医療機関・健診機関向け情報】 風しん追加的対策に関する情報、様式等は厚生労働省のホームページをご覧ください。 ・風しん抗体検査を実施される先生方へ ・手引き ・様式 【関係先リンク】• (新しい画面で開きます。 (新しい画面で開きます。

次の

大人の風疹 風しんの追加的対策〈抗体検査・予防接種無料化〉

風疹 追加 対策

風しん無料抗体検査についての詳細は。 助成金額 7,000円(麻しん・風しん混合ワクチン接種の場合)• ただし、接種費用が助成金額未満の場合は接種費用と同額• 風しん単独ワクチンを接種した場合、助成金額の上限は4,000円となります。 助成回数は 一人につき1回です。 申請受付期間 2020年 4月 1日から2021年 3月 31日まで• 接種後は速やかに申請してください。 (郵送可)• 申請受付先は保健福祉会館2階の保健所保健課です。 申請方法 医療機関で支払い後、「申請に必要なもの」をそろえて保健所保健課感染症対策係窓口へ持参または郵送してください。 予防接種を受ける医療機関の指定はありません。 書類審査の上、後日指定口座へ助成金額を振り込みます。 対象者 以下のすべての要件を満たす人が対象です。 なお、抗体価はHI法を基本とますが、その他の方法でも同程度と分かるものであれば可とします(下の「対象者要件基準表」参照)。 女性の場合 (平成30年度から、女性の年齢制限を撤廃しました。 過去に当事業による助成を受けていない人• 接種日時点で岡山市に住民票がある人• 風しんの抗体価がHI法で32倍未満(16倍以下)である人• 妊娠を希望している人 注:妊娠中は予防接種を受けることができないため、対象外 男性の場合• 過去に当事業による助成を受けていない人• 接種日時点で岡山市に住民票がある人• 風しんの抗体価がHI法で16倍未満(8倍以下)である人• 女性の抗体価がHI法で32倍未満(16倍以下)でかつ、女性が妊娠中または妊娠を希望している人 申請に必要なもの 男女共通で必要 申請書(下のPDFファイルからダウンロードできます。 ) 印判(窓口申請の場合) 抗体価が分かるもの(抗体検査結果通知や妊婦健診の記録等)• 女性はHI法で32倍未満(16倍以下)、男性はHI法で16倍未満(8倍以下) 予防接種の領収書 原本、必要に応じ明細書を追加してください。 明細書のみの添付は不可 以下の3点にご注意ください。 麻しん・風しん混合(もしくは風しん単独)ワクチン接種料金である旨の記載があること• 被接種者氏名が記載されていること• 接種日、領収日が記載されていること 被接種者本人名義の口座番号が分かるもの(窓口申請の場合)• 被接種者以外の口座への振込みを希望する場合は、被接種者の委任状が必要です。 男性が申請する場合は 追加で以下のものが必要 女性の抗体価がHI法32倍未満(16倍以下)と分かるもの• 「妊娠中または妊娠を希望している、抗体価がHI法で32倍未満(16倍以下)の女性」のパートナーのみ対象です。 ご注意を…• 抗体価が不明で予防接種を受けた場合は、助成の対象にはなりません。 女性は予防接種を受ける前約1か月間の避妊と、受けた後2か月間妊娠しないように注意することが必要です。 また、妊娠中は風しんの予防接種を受けることはできません。 助成対象は麻しん・風しん混合(MR)ワクチンを基本とします。 この予防接種による副反応などの健康被害に対する岡山市の補償はありません。 健康被害が見受けられた場合は、医師への相談の上、必要に応じて医薬品副作用被害救済機構(0120-149-931)へお問い合わせください。 岡山県内の契約医療機関で風しん抗体検査を無料で実施していますが、その対象者はこの助成事業の対象者と必ずしも一致しません。 助成を希望される方は、事前によくご確認ください。 (新しい画面で開きます。 (新しい画面で開きます。

次の