ジュリアン グラビア。 胸元ゆるゆるタンクトップ姿でストレッチするジュリアンちゃん!「pure story」眼帯ビキニでのシャワーシーンも必見!

ハーフ美少女新人グラドルのジュリアン 水着撮影は“普通に恥ずかしかった”

ジュリアン グラビア

今回の作品は2月にバリで撮影が行われ、ムッチリボディと可愛らしい笑顔でメロメロになる作品に仕上がっている。 DVDの内容について「メイド服を着て階段を上ったり下りたりするシーンや、バランスボールに乗ってポンポン弾んだり、洗車の衣装が一番好きです。 ホースで車を洗うところはすごい気持ち良かったし楽しかったです。 プールのシーンや海で走ってるところは楽しかったです。 」とコメント。 初めてのグラビアイメージDVDについて「初めてなので、どういう風に撮影するかもわからなかったけど、スタッフさんが優しかったのですごい楽しめました。 水着でいるのが普通に恥ずかしかったけど、だんだん慣れました。 」と語っていた。 点数を付けたらの質問には「初めてで恥ずかしがっていて、ちょっとシャイな所も出ているけど頑張ったから75点ぐらいです。 」とコメント。 次回作で行ってみたいところと着てみたい衣装を聞くと「アジアに行ってみたい。 メイド服が可愛くて好きなので他のバージョンを着てみたいです。 」と語っていた。 今後の目標について「ハーフモデルさんが大好きで、いつもいろんな人を見てこんな風に格好良くなればいいなと思っています。 もっと自分に自信が持てるようになって、いろんな人から好感を持ってもらいたいです。 」と意気込みを語っていた。 ジュリアンさんは、母親が日本人で、父親がメキシコ系のアメリカ人のハーフだそうで、実は英語はあまり喋ることはできないことも明かし、「聞き取ることはできるけど、喋ることがあまりできなくて、何回もアメリカに行ってる内に前よりもできてる気がします。 」と英会話は勉強中とのこと。 また、熊田曜子さんやラブリさんなどが所属するアーティストハウス・ピラミッドに所属しており、モデルになる夢も持っているそうで、将来はモデルとしてランウェイを歩くこともあるかもしれない。 <プロフィール> ジュリアン 生年月日:1997年2月9日 サイズ:T150 B86 W59 H87 出身地:神奈川県 趣味:ピアノ、トロンボーン、音楽鑑賞 特技:ピアノ、ソルフェージュ、トロンボーン、英語 リスニング.

次の

グラビアアイドル動画 IVSEEK

ジュリアン グラビア

今回の作品は2月にバリで撮影が行われ、ムッチリボディと可愛らしい笑顔でメロメロになる作品に仕上がっている。 DVDの内容について「メイド服を着て階段を上ったり下りたりするシーンや、バランスボールに乗ってポンポン弾んだり、洗車の衣装が一番好きです。 ホースで車を洗うところはすごい気持ち良かったし楽しかったです。 プールのシーンや海で走ってるところは楽しかったです。 」とコメント。 初めてのグラビアイメージDVDについて「初めてなので、どういう風に撮影するかもわからなかったけど、スタッフさんが優しかったのですごい楽しめました。 水着でいるのが普通に恥ずかしかったけど、だんだん慣れました。 」と語っていた。 点数を付けたらの質問には「初めてで恥ずかしがっていて、ちょっとシャイな所も出ているけど頑張ったから75点ぐらいです。 」とコメント。 次回作で行ってみたいところと着てみたい衣装を聞くと「アジアに行ってみたい。 メイド服が可愛くて好きなので他のバージョンを着てみたいです。 」と語っていた。 今後の目標について「ハーフモデルさんが大好きで、いつもいろんな人を見てこんな風に格好良くなればいいなと思っています。 もっと自分に自信が持てるようになって、いろんな人から好感を持ってもらいたいです。 」と意気込みを語っていた。 ジュリアンさんは、母親が日本人で、父親がメキシコ系のアメリカ人のハーフだそうで、実は英語はあまり喋ることはできないことも明かし、「聞き取ることはできるけど、喋ることがあまりできなくて、何回もアメリカに行ってる内に前よりもできてる気がします。 」と英会話は勉強中とのこと。 また、熊田曜子さんやラブリさんなどが所属するアーティストハウス・ピラミッドに所属しており、モデルになる夢も持っているそうで、将来はモデルとしてランウェイを歩くこともあるかもしれない。 <プロフィール> ジュリアン 生年月日:1997年2月9日 サイズ:T150 B86 W59 H87 出身地:神奈川県 趣味:ピアノ、トロンボーン、音楽鑑賞 特技:ピアノ、ソルフェージュ、トロンボーン、英語 リスニング.

次の

JULIA (AV女優)

ジュリアン グラビア

ずいぶん久しぶりの投稿になってしましましが、時間を見つけてはちまちまと記事を執筆しておりました。 で、今回の記事は「海外セレブ女優のヌード映画」の紹介ということで、30名もの女優さんの情報を調べてなんとかまとめることができました。 かなり文章量が多くなりましたが、そのぶん色んな方のヌード映画を紹介していますので、お好みのセレブ女優を見つけてみてください。 映画の作品によっては無料で視聴することも可能ですから、夏休みを利用して全部見ちゃってください。 それとトップにあるアン・ハサウェイのヌード画像ですが、記事の一番最後に星マークを外したものを貼り付けています。 アン・ハサウェイのヌード画像を見たい方は、最後まで読んでみてください。 ヌードを解禁した海外セレブ女優30人 アンジェリーナ・ジョリー ぽってりとした唇がトレンドマークの彼女。 日本ではコンプレックスに感じている女性も多くいるみたいですが、彼女の唇はどこかセクシーさを感じます。 もちろん彼女の場合、セクシーと感じる要因はそれだけではないのですが。 顔のバランスが全体的によくて、スタイルも文句なしにいいです。 表情に豊さがあってなかでも目のパーツというか、視線の使い方が反則的です。 上記の画像はその典型的で。 このように彼女から視線を送られてしまえば、世の男性は一発で虜になること間違いありません。 ちなみに彼女は、乳癌予防のために両乳腺と卵巣・卵管を切除したことでも有名な女優さんです。 これから彼女のヌードを拝むことは一生できないとは思いますが、過去のものであれば映画で確認することができますので、興味のある方はぜひどうぞ。 ヌード解禁の映画作品 リアル・ブラッド(1996年) ジーア/悲劇のスーパーモデル(1998年) 狂っちゃいないぜ(1999年) ポワゾン(2001年) テイキング・ライブス(2004年) アン・ハサウェイ 数多く海外女優さんがいるなかで、ボクの1番好きな海外女優さんです。 そんな彼女が、まさかヌードを披露しているとは思ってもみなかったです。 だから、そのことを知ったときは正直ショックでした。 はじめは、ホント目を疑いました。 それほど衝撃的なことだったのですが、でも、ま~ぁ、彼女のヌード姿はボクの想像を完全に超えてしまっていました。 もう、全てがパーフェクトで、乳首に至ってはきれいなピンク色をしてますし、胸もベストな大きさです。 (個人的には理想的です。 ) 変態発言全開ですが、いつまでも眺めていたい気分です。 しかしヌード姿はというと、なかなかの圧巻ぶりです。 可愛らしい顔立ちからは想像もできないほど、実に大人の女性の魅力を感じてしまいます。 映画『秘密のかけら』にはレズシーンが含まれているのですが、股間を舐めるシーンがあって、彼女の感じる顔やこぼれる吐息、ほどよい大きさをした胸をしっかりと見ることができます。 この作品は全体的にエロティックな場面が多く含まれていますが、後半からはテンポがガラッと変わるなど、ただのエロティック映画ではないことを感じてほしいと思います。 ヌード解禁の映画作品 秘密のかけら(2005年) キャメロン・ディアス 当時26歳で、1998年に公開された映画『メリーに首ったけ』に出演している彼女をはじめて見たときは、なんてキュートな女性なんだ!と思いましたが。 そんな彼女も今では42歳(8月30日で43歳になります)と、年齢を調べてみてビックリ。 テレビで彼女の姿を見たときに、どおりで老けたなぁと感じたわけです。 で、さらにビックリなことに、彼女がヌードを解禁したのが2014年に公開された映画『SEXテープ』で、42歳の頃です。 42歳の身体にしては、たるみはあまり目立っていませんでした。 しかも、乳房もキレイな色をしてましたし。 ナイスなボディをキープする、彼女の努力が伺えます。 しかし若い頃であれば肌にハリやツヤがあって、もっと魅力的に見えたのだろうと思うと残念です。 ヌード解禁の映画作品 SEXテープ(2014年) キルスティン・ダンスト 可愛いとかキレイな顔立ちをしているわけでもなく、むしろボクとしては微妙な印象の女優さんです。 (ただ単に、好みじゃないことも原因にありますが。 ) 彼女の身体のほうはというと、思っていたよりも胸はありますし、乳首もほどよい大きさです。 ヌードではないですが、映画『スパイダーマン』でヒロイン役として出演したときに、大雨のなか逆さになったスパイダーマンとキスをするシーンで、乳首が透けていたのは反則的でした。 もっと可愛いヒロイン役はいなかったのか内心思っていましたが、そのシーンを見た瞬間にこの女優さんでよかったと心を改め直しました。 (笑) で、そのシーンを見たいがために、『スパイダーマン』を何度も見直したのはここだけの話です。 (苦笑) ヌード解禁の映画作品 メランコリア(2011年) グウィネス・パルトロー 映画『アイアンマン』で、トニーの妻ペッパー役としてお馴染みの女優さんです。 キャメロン・ディアスとは同年代で、ヌードになったのも同じく26歳の頃です。 見た目がきゃしゃなわりには、柔らかそうな胸をしています。 2013年には、米People誌で「世界で最も美しい人」のトップに選ばれたこともあります。 最近では歳の割には若々しい顔をしていることから整形疑惑が浮上していますが、これに対して当の本人は否定しているようです。 ヌード解禁の映画作品 恋におちたシェイクスピア(1998年) ケイト・ウィンスレット 1997年に公開された名作中の名作映画『タイタニック』で、レオナルド・ディカプリオと共演をした女優さんです。 キレイな顔立ちと豊満なバストが、大変魅力的です。 が、実際ヌードになった彼女を見て、少しガッカリでした。 胸の形がキレイではないですし、乳輪がデカくぶつぶつらしきものがありました。 映画『ホーリー・スモーク』での下着姿や同性同士のベッドシーンは、かなりセクシーに感じるのに。 残念です。 ヌード解禁の映画作品 ホーリー・スモーク(1990年) ケリー・ブルック 彼女の容姿・スタイル・笑顔は完全に好みですが、これといってパッとするような映画には出演していない女優さんです。 『ミニミニ大作戦』(2003年)や『NINE -ナイン-』(2009年)あたりはよかったのですが、どうしてハリウッドは彼女を全面的にアピールしないのか。 不思議でなりません。 見た目はパーフェクトだと思うんですがね・・・。 ヌード解禁の映画作品 ピラニア3D(2011年) サンドラ・ブロック バストトップやアンダーヘアを拝むことはできませんが、映画『あなたは私のムコになる』では、45歳とは思えないほどの裸体を披露していました。 というのも、肌のたるみがどこにも見当たらないのです。 それどころか、ハリやツヤがあってすごく若々しい体をしてエロいです。 ただ、胸はあまり大きくはなさそうですけどね。 貧乳フェチにとっては、たまらなくいいのかな。

次の