宮田 八郎。 『穂高小屋番レスキュー日記』の感想「宮田八郎さんは暖かいね」

宮田八郎『穂高小屋番レスキュー日記』

宮田 八郎

宮田八郎『穂高小屋番レスキュー日記』を読了。 昨年4月のから帰国して久しぶりに日本の山の話題をTwitter等で追いかけたときに知ったのが、穂高岳山荘の名物小屋番であり映像作家でもある宮田八郎氏が4月5日に南伊豆の海上でシーカヤック中に行方不明になっていたという事実。 そして5月に沼津港沖で発見された遺体が宮田八郎氏であると確定されたのは、7月になってからのことでした。 私自身は宮田八郎氏と直接の面識はないのですが、にゲスト参加した同氏が、夜の懇親会でその映像作品を紹介して下さったことはよく覚えています。 その映像の中には迫真のレスキュー場面も含まれていて、自分自身はこんな目に遭わないように気をつけようと心に誓ったものでした。 さて、本書は同氏が書き溜めていた原稿を山と溪谷社の萩原浩司氏が整理し、ブログの記事なども加えて一冊にまとめたものとのこと。 20台半ばで穂高岳山荘に勤め始め 船の船長と飛行機の機長と山小屋の主人には司法権があると言って憚らないオソロシイ小屋の主人・今田英雄氏にしごかれながら一人前の小屋番となってゆく中で体験したレスキューのいくつかや、遭難とレスキューとに対する自身の思いが率直かつ雄弁に綴られていきます。 同氏にとってはレスキューは天職のようなもので、その情熱と矜持はページから湯気がたってきそうなほどに熱いもの。 また、もちろん無謀登山に対しては批判をしますが、遭難救助の際によく言われる「自己責任」論には反対の立場を明らかにしています。 自らでは責任を果たすことができなくなった状態を「遭難」というのであり そうした人を助けるのに自己責任もクソもないと。 そして、レスキューする側は命など懸けていない、プロフェッショナルである以上、レスキューのたびに命を懸けていてはやっていられないとも断言しています。 そうした宮田八郎氏のフィールドであった穂高というところはどういうところかと言えば、本書の中で次のような記述にぶつかります。 自分がそれほどに想いを寄せる穂高は、じつはかなりヤバい相手でもあったのです。 〔中略〕そう……穂高ではむちゃくちゃに人が死ぬのです。 実際、本書の中でも大勢の死が描かれ、追悼文が掲載されています。 事故に遭遇した一般登山者はもちろんのこと、友人である山岳写真家やアルパインクライマー、さらにはレスキューのプロであり宮田八郎氏が師と仰いだ東邦航空の篠原秋彦氏までも。 しかし、そのように山でのリスクマネジメントに長けたプロでさえも死んでいるとしても、まさか自分が事故を起こして命を落とすとは思っていなかったことでしょう。 それも山ではなく海で。 何してんねん……と、私が同氏の友人だったらツッコミを入れるところです。 そして、一番ツッコミを入れたかったであろう奥様の「宮田八郎のこと あとがきにかえて」という文章が巻末に収録されているのですが、これが実に見事です。 宮田八郎氏との出会いとその人となりを上品なユーモアを交えつつ紹介し、夫が行方不明になり、遺体が見つかり、身元が確定してからもさらに想いを巡らせ続けた末に思ったこと(生きること・人との出逢い・つながり)を縷々述べた上で、奥様はこのように述懐しています。 いなくなってしまったという哀しいキモチはどうにもしようのないことですが、宮田八郎は確かにそこに生きていた、そして心の中で生きている。 事実を受け入れることはそうそうできないけれど、そんなふうに感じはじめています。 先日、クライミング仲間の結婚披露宴に出席した私は、夫となった人の山での危険に不安を覚えているらしい新婦に「アルパインクライミングの技術の9割は、安全確保のための技術ですから、安心して下さい」と申し上げました。 本書(特にそのあとがき)を読んで、この自分の言葉が決して嘘にならないように、今まで以上の慎重さを山に持ち込もうと心に決めたところです。 カテゴリー• 164• 629• 122• 193• 231• 212• 539• 215• 136• 190• 65 検索 プロフィール.

次の

宮田八郎が海難事故で死去、享年52。漫画『岳 みんなの山』登場の穂高岳山荘の小屋番が遺体で発見される

宮田 八郎

Sponsored Link 宮田八郎 遭難事故原因は? 同乗していたもう1名の男性はなぜ助かったの? 宮田八郎さんのことを調べさせて頂いておりましたら、宮田八郎遭難対策委員会というサイトに辿り着きました。 ハチプロダクションを代表されて小松一喜さんが運営管理されているサイトでして、いろいろと今までの過程を知ることが出来ました。 日を追うごとに小松さんが宮田さんを心配されている気持ちがひしひしと伝わります。。 サイトを立ち上げられた5月から7月5日まで非常に苦しい気持ちで日々を過ごされてきたと思われます。 苦しいのは小松さんもそうですが一番は家族の方々でしょう。。 事故原因はわかりませんでしたが、同乗者である山岳ガイド木村道成さんは4月8日に西伊豆の海岸で発見されてカヤックなども同じ浜辺で見つかりましたが宮田さんはそこで発見されることは無かったそうです。 木村さんが事故当時をよくご存じだと思うのでいずれ情報を知れることになると思いますが、自然を知り尽くしたプロの2名が巻き込まれた事故なので天候が悪く波にさらわれたのでしょうか。。 カヤックが整備不良で出航したということはこの2人からしたら考えずらいので大きな天災に遭われたとしか思えないです。 しかしなぜ山岳の男が海へシーカヤックに行ったのでしょうか? 宮田八郎 なぜ山岳救助の男がシーカヤックで南伊豆海岸へ?遭難した場所は? そうです。 一番気になっていたところなんです。 なぜ海へ出られてシーカヤックに乗られていたんでしょうか? これも宮田八郎遭難対策委員会のサイト内にしっかりと書かれておりました。 彼が6月に計画していた北海道知床半島でのシーカヤックツアーに向けたトレーニングを南伊豆で行っていたこと、また穂高入山を控えたこの時期に携わっていたヒューマンドキュメンタリー作品の心象風景と、力を注いでいた星空の撮影地が偶然にも同じこの場所であったことによります。 そういう理由だったんですか。。 沼津市の沖合で宮田八郎さんが見つかったのでもしかしたらこのあたりで天災に遭われたのかもしれません。 自然に身を置くと気持ちがいいものです。 うちの子供と自然が多くある公園に毎週行きますが、この時期ですので浅い小川でおたまじゃくしを捕まえたり、ウシガエルの声をきいたり、また蝶々やバッタなどを網で捕まえるなど子供にとって自然豊かな場所が身近にあり遊べる環境があることにすごくありがたみを感じております。 自然と言っても公園管理の方が危なくないように、柵などで危険な場所に生かせない安全対策を施していますから、私たちは親達は安心して遊ばすことができるのです。 宮田さんが見てきた世界は大自然なので、私が知っている自然とはかけ離れていることでしょう。 凄く憧れますが隣り合わせに大きな危険も潜んでいると考えると身がすくみます。 大自然を感じたい気持ちもありますが、やはりこわい気持ちが買ってしまうのが正直なとこです。 宮田さんのようなプロの方だからあのような大自然に向かっていけると思うのですが、これでもか!って万全の安全対策をして、もうこれ以上の悲しい事故を繰り返えさないことを望みます。 Sponsored Link 宮田八郎の経歴は?プロフィールや家族や子供は? 宮田八郎さんといえば、漫画『岳』の登場人物のイメージしかないのですが、プロフィールや経歴も調べさせて頂きます。 宮田八郎さんのプロフィールや経歴を調べてみましたが全然見つからないんですよね。 これだけ有名な方なので、山岳フォーラムなどでゲストスピーカーなどされていてもおかしくない方なのに全然検索に出てこないんですよね。 ハチプロダクションの代表をされているカメラマンの宮田八郎さんが運営する映像プロダクションの業務内容は ・山岳撮影 ・ネイチャー関連撮影 ・山岳空撮 ・クライミング撮影 ・山岳取材関連コーディネイト ・TV制作(ドキュメンタリー、情報、報道) ・ビデオ撮影(DVD、VP、展示映像等) ・CM映像レンタル ・映像素材 をされており、多くのテレビ番組に関係協力されており、多くの作品の撮影を担当されていました。 ご家族はいらっしゃるみたいですが、奥様やお子様の情報はブログなどには一切出ていませんでしたのでわかりません。 プライベートを大事にされている方なのでしょう。 私たちが普段見れないような大自然の映像を危険と隣り合わせで届けて下さった宮田八郎さんのご冥福をお祈りいたします。 最後までお付き合い頂きまして大変ありがとうございました。

次の

穂高小屋番レスキュー日記 : 宮田八郎

宮田 八郎

実写映画化もされた山岳救助を題材とした漫画「岳」の登場人物のモデルになった北アルプスの穂高岳山荘の小屋番・宮田八郎さん(52)が死亡したことが7日、分かった。 今年4月にシーカヤックで海に出たまま行方が分からなくなり、5月に静岡県沖で身元不明の遺体が見つかっていたが、宮田さんと確認された。 宮田さんが運営する映像プロダクション「ハチプロダクション」公式サイトのブログは6日付で「午前11時すぎ、連絡が来ました。 5/23沼津港沖で発見されていた身元不明者が宮田八郎と判定されました。 たくさんの温かいお言葉、ご支援、本当にありがとうございました」と伝えた。 宮田さんは北アルプスの穂高岳山荘の小屋番で、遭難者の救助活動にも携わっていた。 関係者などによると、宮田さんは4月5日、静岡県南伊豆町の海岸を2人乗りのカヤックで長野県松本市の男性と出た後、行方不明になった。 5月23日に静岡県沼津市の沖合で身元不明の男性の遺体が見つかり、今月5日、静岡県警から家族に宮田さんと確認したと連絡があった。 石塚真一氏による漫画「岳」は2008年に第1回マンガ大賞、12年に第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。 俳優の小栗旬(35)主演により映画化され、2011年5月に公開された。

次の