仏壇 飾り 方。 仏壇・仏具の基礎知識「お仏壇の飾り方(祀り方)」|お仏壇とは|仏壇・仏具|メモリアルアートの大野屋

法事の時の仏壇の飾り方をお坊さんが解説【浄土真宗】

仏壇 飾り 方

扉のないお仏壇 小さなお仏壇は台や棚の上に置かれることが多いのですが、その際の注意点として、奥行きが十分ある所であること、お仏壇の前に正座した時にご本尊が自分の目線よりも高い位置にあるようにしていただきたいと思います。 大きなお仏壇と小さなお仏壇の違い 小さなお仏壇はコンパクトながらも、須弥壇や欄干、膳引など基本的な作りは大きなお仏壇と変わらないものが多く作られています。 ただし、サイズがコンパクトであるがために大きなお仏壇に比べると、 省略されている部分や簡略化されている部分も多くあります。 例えば、お仏壇内部の段の数です。 大きなお仏壇には4段〜5段の棚が用意されていますが、小さなお仏壇には2段〜3段しか無いものがほとんどです。 段が少なくなると飾れる仏具の数も少なくなることになりますので、必然的に大きなお仏壇よりも小さなお仏壇の方が簡略的な飾り方になります。 宗派によって変わる部分と変わらない部分 飾る仏具が少ないので宗派毎の差は殆どありません。 基本的にはご本尊、脇掛、香炉、花立、火立、茶湯器。 仏飯器、供物台、りん等を飾ります。 ご本尊と脇侍 宗派によって必ず異なるのはご本尊と脇侍掛軸の種類です。 代表的な宗派のご本尊と脇侍掛軸をまとめましたので参考までにご覧ください。 宗派 本尊 脇侍 真言宗 大日如来 弘法大師空海 不動明王 浄土宗 舟立弥陀 善導大師 円光大師法然 時宗 舟立弥陀 一遍上人 真教上人 浄土真宗本願寺派 (西派) 阿弥陀如来 親鸞上人(十字名号) 蓮如上人(九字名号) 浄土真宗大谷派 (東派) 阿弥陀如来 十字名号 九字名号 浄土真宗高田派 阿弥陀如来 親鸞上人 九字・十字名号 臨済宗 座釈迦 達磨大師 観音菩薩 臨済宗妙心寺派 座釈迦 無相大師 花園法皇 曹洞宗 座釈迦 承陽大師道元 瑩山禅師 日蓮宗 大曼荼羅、宗祖 鬼子母神 大黒天 仏具それぞれの意味 仏具は一つ一つに役割があり、お仏壇に飾る確固たる意味があります。 仏具それぞれの役割を知り、どのような意味があるのかを理解しておまつりしましょう。 仏様が好まれる5つのお供え物 お仏壇へお供えするものには5つの基本があり「五供(ごく)」と言います。 その5つは香、花、灯燭、浄水、飮食です。 香りをお供えする仏具:香炉.

次の

中陰壇(後飾り)の飾り方やお供え方法・浄土真宗の正しい置き方

仏壇 飾り 方

三回忌法要までは 命日からまる2年 赤い花は遠慮する• 毒・トゲ・悪臭のある花は避ける 浄土真宗では、悲しみの深い時期にお仏壇の花に赤色を使うことは遠慮します。 通常、命日から三回忌法要までの間というのは、故人がお亡くなりになってから2年という期間なので、一般的にお仏壇のお飾りは白を基調とします。 地域やお寺さんによっては花の色に決まりが無い場合もあります。 そして、毒・トゲ・悪臭のある花というのはお仏壇にふさわしくありません。 仏花にはお浄土の美しさを表す意味もあるので、花を選ぶ時に以上の点を参考にされて下さい。 お仏壇の花 法事用 完成図 三つ具足の場合はこのような完成図です。 三回忌までの法事を想定した仏花なので、白をベースにした色合いになります。 花の色に黄色がありますが、菊などのお仏壇によく使われる花であれば問題ありません。 一方、五具足の場合は全てを上の図のように横一直線に並べるとかなり幅をとります。 お仏壇のスペースにあわせて、ろうそく立てや仏花を前後にずらして置いたりするなど、調節してください。 簡単にお花を飾りたい方にはこちら 失敗無し お店にお花を買いにいくのは大変だし、どうやって生ければいいか分からないという方は、 すでに仏花としてアレンジしてある生花を購入する手もありますよ。 こちらは基本的な仏花の組み方がしてあり、良い商品だと思います。 ボリュームも十分なので、お仏壇のサイズに合わせて花の本数を調節して下さい。 花が余れば、お仏壇に使わなかった分をお墓にお供えするのもいいですね。 三具足なら花瓶1つ分• 五具足なら花瓶2つ分• リンドウ• スターチスなど• 花が大きめの菊 材料のお花はスーパーでも手に入りやすく、日持ちのする花です。 ここでは生け花の要素を取り入れたちょっとしたコツと一緒にご紹介します。 では、イラスト付きで解説する仏花の生け方をご覧ください。 1・樒 しきみ を生ける 花瓶には8分目くらいまで水を入れておきましょう。 仏花の完成形の高さは、おおよその目安として、ろうそく 新品 の高さと大体同じくらいがいいと思います。 花瓶に入ってしまう部分の葉は取り除き、全体的にひし型をイメージして形を整えて下さい。 お仏壇や花瓶のサイズが小さい場合は、 倒れてしまわない高さに仏花を調節して下さい。 2・リンドウで仏花の「芯 しん 」を作る リンドウなどの直線的な1本の花を利用して、仏花の芯(しん)となる部分を作ります。 先ほどの樒 しきみ と同じくらいの高さになるように切り、花瓶に入ってしまう花や葉は、手などで取っておきましょう。 3・小菊はリンドウよりも少し短く 次に小菊など なければ他の数本の花 を、先ほどのリンドウより少し短くなるように切り、花瓶に入ってしまう花や葉は手などで取りましょう。 4・輪菊を手前にあしらう 小菊より少し短く 小菊の手前に、花が中くらいの大きさの輪菊 りんぎく などをもってきます。 輪菊とは1本の茎に一輪の花を咲かせるタイプです 他にもカーネーションやトルコキキョウなど、手に入った材料でかまいません。 全体のバランスを見て、本数を調節してみて下さい。 5・スターチスなどの細かい花で立体感を出す 仏花にボリュームと立体感を出してくれるのがスターチスなどの花です。 カスミソウやすずらんのような花もおすすめです。 先ほどの輪菊 中 を囲むようにあしらうと、それぞれの花が引き立ちます。 6・やや大き目の菊などで仏花の根本を飾る 仏花の根本に、やや大き目の花などを使うとグッと締まるので、より安定した印象になります。 ここでは白い菊を使用しましたが、7回忌以降の法事なら赤やピンクのケイトウや、カーネーションなどでもいいと思います。 7・花瓶に生けた時にバラバラになるなら輪ゴムでとめる 花瓶の口が広いと生けた時に仏花の形がバラバラになる場合があります。 そんな時は茎の下の方を輪ゴムでとめておきましょう。 さらに仏花が傾いて困るなら、余った花の茎などを2センチくらいに切って、仏花の根本と花瓶の隙間 水に浸かっている部分 を埋めるように差し込みましょう。 お仏壇・仏花の置き場所は? 仏花の置き場所ですが、お仏壇のサイズ「大型・中型・小型」によって少々変わってきます。 大型仏壇の仏花の置き場所 大型仏壇の場合は、 前卓 まえじょくという台があればその上へ置くのが基本です。 前卓 まえじょくが無い場合には、お仏壇の中段あたりに仏花・香炉・ろうそく立てを並べるといいでしょう。 お仏壇の中が狭い場合には、お仏壇の前に卓を用意してそこへ並べれば手が届きやすくて便利ですね。 中型仏壇の仏花の置き場所 中型仏壇だと、仏具の大きさにもよりますが、お仏壇の中に置くなら三具足の方が置きやすいと思います。 五具足で置くなら、このようにお仏壇の前に卓を用意して並べると実用的でいいと思います。 いらないときには片付けることができる、折りたたみの板卓などがいいでしょう。 ・3回忌まで間、花の色は白を基調とする ・7回忌以降は花の色に赤があってよい ・毒花やトゲのある花は仏花にふさわしくない ・仏花の生け方は花の高さを変えながら組み合わせるといい ・置き場所はそれぞれのお仏壇のサイズに合わせて 今回ご紹介した仏花は、花屋さんでも扱われるような基本的な花の組み合わせで、仏事の作法でも問題の無い内容です。 どうしても心配な方は、花屋さんでお仏壇用の花を相談してみたり、生け方をご家族などに聞いてみるといいでしょう。 記事中に出てきた「樒 しきみ ・ヒサカキ」については以下の記事で詳しくご紹介していますので、よろしければ読まれてみて下さい。

次の

仏壇の飾り方・置き方について(曹洞宗・真言宗・浄土真宗の違いなど)

仏壇 飾り 方

仏具を飾る 仏具を飾る 毎日、おまいりする仏壇を仏壇らしくするには、仏壇のなかに本尊、位牌を安置するだけではなく、花立や燭台、香炉などの仏具を飾って、はじめて完成します。 仏壇に仏具を飾ることを「荘厳 しょうごん する」といいます。 荘厳はサンスクリット語で「見事に配置されていること」という意味で、さまざまな仏具で仏壇を飾って、はじめて仏壇になるのです。 揃える仏具は宗派によって違いがありますので、仏具を選ぶときは信頼できる仏壇店と相談しながら購入するのが一番です。 仏具の素材もさまざまで、木製、銅器、陶器、金襴(繊維)、樹脂などでできており、素材によって価格もかなり違います。 また仏壇に合わせて、仏具の大きさを選ぶことも大切です。 大きすぎれば、仏壇内がうるさく感じられますし、小さすぎると、さみしく感じます。 漠然と仏具を揃えると、仏壇内の統一性がなく、美しく見えないことがあります。 見事に荘厳した仏壇にするためにも、仏壇店と相談をしながら選ぶとよいでしょう。 仏具の飾り方 仏具荘厳の基本は香炉 こうろ ・花立 はなたて ・燭台 しょくだい です。 三具足 みつぐそく 、五具足 ごぐそく といい、これを基本に荘厳していきます。 三具足は香炉、花立、燭台で、中央に香炉を置き、向かって右側に燭台、左側に花立を置きます。 五具足は花立と燭台が対となり、中央に香炉、その両脇に燭台、さらにその両脇に花立を飾ります。 五具足が正式な飾り方ですが、小さい仏壇の場合は三具足でよいです。 香炉 線香や抹香をたくもので、玉香炉と前香炉があります。 小さい玉香炉は本尊前に安置し飾り香炉とします。 一般には広口の前香炉を線香を供えるために使います。 三本足の香炉は一本足を手前にして置きます。

次の