コンクリート 打ち っ ぱなし 壁紙。 憧れのコンクリート打ちっぱなし風の壁紙!お部屋を劇的イメチェン!

コンクリート打ちっぱなしの家はデメリットがいっぱい?それを上回るメリットとは

コンクリート 打ち っ ぱなし 壁紙

(画像/断熱材のないコンクリート打ち放しは、この状態で暮らしているようなもの) そもそもコンクリート打ち放しの壁だと、なぜ寒いのでしょうか。 少しだけコンクリートの性質にふれたいと思います。 そこにはコンクリートの熱伝導率が関係しています。 コンクリートは木よりも熱伝導率が高い。 コンクリートの壁が冷たく感じられるのは、これだけではありません。 加えて 木…暖まりやすく、冷めやすい コンクリート…暖まりにくく、冷めにくい という性質があるからです。 そうすると、 厚いコンクリート躯体が冷えきってしまい、冬の凍てつく朝に暖房を入れてもなかなか暖まらず「コンクリートって寒い…」という印象が強まります。 またこの温度差が結露の原因にも。 さらに夏は熱を貯蓄するため、冷房をつけてもなかなか涼しくなりません。 コンクリート打ち放しの寒さ・結露は、室内に断熱材を入れることでかなり改善できます。 断熱がないコンクリート打ち放し住宅の例 そしてもう1つの問題、結露対策です。 結露は、壁や窓の表面温度と、室内の空気温度や湿度の差から生まれます。 先述したように断熱材を充填することで壁と空気の温度差が小さくなり、結露が減ります。 しかし、これだけでは不足。 コンクリート打ち放しの結露対策は、以下を複合的に行うことが大切です。 〈窓の断熱性能をアップ〉 断熱性が低い窓まわりの結露対策を行います。 窓ガラスを断熱性能があるペアガラスやLow-E複層ガラス、または二重サッシに変えることで、開口部から流入する冷気を防ぎます。 〈防カビ処理〉 コンクリート躯体をキレイに清掃したうえで防カビ塗料を塗り、カビの発生を防ぎます。 〈通風〉 換気口や給気口を設けて24時間換気にする。 さらに空気の流れを遮っていた部屋のレイアウトを変えたり、風通しのよいルーバー建具を採用するなどし、空気の流れをつくります。 まとめ.

次の

オシャレなコンクリート打ちっぱなしの部屋の住み心地

コンクリート 打ち っ ぱなし 壁紙

コンクリート打ちっぱなしの部屋のメリット ・コンクリート打ちっぱなしの部屋はとにかくオシャレ デザイナーズ物件のほとんどが、このコンクリート打ちっぱなしという建物が多いです。 無機質なコンクリートがスタイリッシュでクールな印象の部屋にしているのです。 ・防音性が高い 防音性が高く音が漏れにくいので騒音トラブルになりにくい。 ・火事に強い コンクリートは耐火性に優れているので、火事に強い。 そのため万が一火事になってもすぐには燃え広がらない。 コンクリート打ちっぱなしの部屋のデメリット ・結露が多くカビが発生しやすい コンクリートは砂や砂利をセメントと水で混ぜて作るので完成から3年ほどは水分の蒸発量が多く、結露が発生しやすくカビの原因になりやすいのです。 そのため湿気対策をしっかりと行う必要があります。 ちなみに私の友人が築15年くらいのコンクリート打ちっぱなしの部屋に住み始めたのですが部屋には、そこそこ大きな除湿機が置かれており大家さんからは6月から10月は必ず除湿機を稼働させないと部屋の壁が結露だらけになるから気を付けて!と言われているそうです。 ・光熱費が高くなる コンクリートは熱が伝わりやすい性質のため「夏は熱く、冬は寒い」となるため、なにかとエアコンを稼働させることになるので光熱費が高くなります。 ・防水性が低い コンクリートは防水性が低くいので、ひび割れなどが起きやすくその場合、室内に雨が染みこんでくることもあります。 コンクリート打ちっぱなしの部屋に住んだかたの感想 私が不動産賃貸営業マン時代にお客さまから直接聞いた話です。 コンクリート打ちっぱなしの部屋に住んだことがあるお客さまに話を聞いたのですが、やはり除湿機は必ず必要と言っていました。 また、ほかのお客さんではコンクリート打ちっぱなしの部屋は結露がヒドくなることを知らずに住んだ結果、クローゼット内の洋服がカビだらけになったということも聞きました。 ここで気になるのは大家さんから、結露などについての説明もなく、また除湿機の設置なども一切ないということでした。 オシャレだからという理由だけでコンクリート打ちっぱなしの建物にする大家さんは多いですからね。 こういったことを調べてないのだと思います。 あくまでも私が見てきたコンクリート打ちっぱなしの物件はデメリットしか感じることができませんでした。 まとめ 私の個人的な感想ですが、コンクリート打ちっぱなしの建物はオススメできません。 まず私は不動産賃貸営業マン時代に、コンクリート打ちっぱなしの部屋をいくつも見てきましたが、そのほとんどが室内が汚く見えるからです。 コンクリート打ちっぱなしの物件は完成後、数年間はキレイに保たれていますが築年数が経過すると汚れが目立ち、汚く見えてくるのです。 これが普通の部屋であれば壁紙を交換するのでキレイになりますがコンクリート打ちっぱなしの部屋では、それができないのです。 もしかしたらキレイに手入れをする方法があるのかもしれませんが、私が見てきたコンクリート打ちっぱなしの建物の大家さんは、ほとんどが個人の大家さんなので、そこまでお金をかけたくないというのがあったのかもしれません。 コンクリート打ちっぱなしの建物はただでさえ建築費がかかるので、そのうえ維持費にまで大きくお金をかけれないということなのです。 ただでさえコンクリート打ちっぱなしの建物は建築費用が高いので他の建物に比べて家賃が高くなります。 そのため築10年が経過したコンクリート打ちっぱなしの物件では、お客さんが決まりにくいという物件がいくつもありました。 みなさんもコンクリート打ちっぱなしの物件を選ぶのであれば、コンクリートの特性を理解してそれをしっかり説明する大家さんや不動産会社の物件を選ぶようにしましょう。

次の

【楽天市場】壁紙 コンクリートセレクション 打ちっぱなし のり付き おしゃれ クロス のり付き壁紙 メーカー壁紙 壁紙 補修 国産壁紙 店舗 内装 リビング トイレ 玄関 模様替え リフォーム 撮影用 ウォールペーパー wallpaper グレー インダストリアル モノトーン JQ:壁紙&ウォールデコ 壁際貴族

コンクリート 打ち っ ぱなし 壁紙

コンクリート打ちっぱなしの部屋のメリット ・コンクリート打ちっぱなしの部屋はとにかくオシャレ デザイナーズ物件のほとんどが、このコンクリート打ちっぱなしという建物が多いです。 無機質なコンクリートがスタイリッシュでクールな印象の部屋にしているのです。 ・防音性が高い 防音性が高く音が漏れにくいので騒音トラブルになりにくい。 ・火事に強い コンクリートは耐火性に優れているので、火事に強い。 そのため万が一火事になってもすぐには燃え広がらない。 コンクリート打ちっぱなしの部屋のデメリット ・結露が多くカビが発生しやすい コンクリートは砂や砂利をセメントと水で混ぜて作るので完成から3年ほどは水分の蒸発量が多く、結露が発生しやすくカビの原因になりやすいのです。 そのため湿気対策をしっかりと行う必要があります。 ちなみに私の友人が築15年くらいのコンクリート打ちっぱなしの部屋に住み始めたのですが部屋には、そこそこ大きな除湿機が置かれており大家さんからは6月から10月は必ず除湿機を稼働させないと部屋の壁が結露だらけになるから気を付けて!と言われているそうです。 ・光熱費が高くなる コンクリートは熱が伝わりやすい性質のため「夏は熱く、冬は寒い」となるため、なにかとエアコンを稼働させることになるので光熱費が高くなります。 ・防水性が低い コンクリートは防水性が低くいので、ひび割れなどが起きやすくその場合、室内に雨が染みこんでくることもあります。 コンクリート打ちっぱなしの部屋に住んだかたの感想 私が不動産賃貸営業マン時代にお客さまから直接聞いた話です。 コンクリート打ちっぱなしの部屋に住んだことがあるお客さまに話を聞いたのですが、やはり除湿機は必ず必要と言っていました。 また、ほかのお客さんではコンクリート打ちっぱなしの部屋は結露がヒドくなることを知らずに住んだ結果、クローゼット内の洋服がカビだらけになったということも聞きました。 ここで気になるのは大家さんから、結露などについての説明もなく、また除湿機の設置なども一切ないということでした。 オシャレだからという理由だけでコンクリート打ちっぱなしの建物にする大家さんは多いですからね。 こういったことを調べてないのだと思います。 あくまでも私が見てきたコンクリート打ちっぱなしの物件はデメリットしか感じることができませんでした。 まとめ 私の個人的な感想ですが、コンクリート打ちっぱなしの建物はオススメできません。 まず私は不動産賃貸営業マン時代に、コンクリート打ちっぱなしの部屋をいくつも見てきましたが、そのほとんどが室内が汚く見えるからです。 コンクリート打ちっぱなしの物件は完成後、数年間はキレイに保たれていますが築年数が経過すると汚れが目立ち、汚く見えてくるのです。 これが普通の部屋であれば壁紙を交換するのでキレイになりますがコンクリート打ちっぱなしの部屋では、それができないのです。 もしかしたらキレイに手入れをする方法があるのかもしれませんが、私が見てきたコンクリート打ちっぱなしの建物の大家さんは、ほとんどが個人の大家さんなので、そこまでお金をかけたくないというのがあったのかもしれません。 コンクリート打ちっぱなしの建物はただでさえ建築費がかかるので、そのうえ維持費にまで大きくお金をかけれないということなのです。 ただでさえコンクリート打ちっぱなしの建物は建築費用が高いので他の建物に比べて家賃が高くなります。 そのため築10年が経過したコンクリート打ちっぱなしの物件では、お客さんが決まりにくいという物件がいくつもありました。 みなさんもコンクリート打ちっぱなしの物件を選ぶのであれば、コンクリートの特性を理解してそれをしっかり説明する大家さんや不動産会社の物件を選ぶようにしましょう。

次の