手術 の 侵襲 うつ。 名倉潤、手術からの早期復帰がアダか

名倉潤うつ病で手術の侵襲って何?外科手術が原因で鬱は発症するの?

手術 の 侵襲 うつ

半年前に前立腺がんの手術を受けたAさん(66・男性)は、退院した後も、原因不明の体調不良に悩まされ続けたという。 「手術は成功し、すんなり退院できました。 それなのに食欲がわかず、食事が喉を通らない。 吐き気や嘔吐も治まらないので再入院することになりましたが、検査をしてもどこにも異常が見つからない。 NPO法人うつ・気分障害協会代表理事の山口律子氏は、「術後うつ」を発症する患者は少なくないと指摘する。 「大病の手術の後は、経験したことのない不安や体力の衰えを感じることがあります。 とくに高齢者の場合、術後は本人が思っている以上に心身にダメージを受けている。 手術は成功したはずなのに思うように動けない、寝つきが悪い、前よりも疲れやすくなった、といったことがストレスになり、うつ状態になってしまうことがあるのです」 術後うつの発症には、肉体的ストレスと精神的ストレスの双方が深く関わっている。 肉体的ストレスとは、術後も消えない痛みやしびれなどの症状だ。 手術なら「切ったところが痛む」、薬なら「副作用がつらい」といった治療に伴う体への害のことを「侵襲」(しんしゅう)と呼び、大がかりな手術になればなるほど侵襲が伴いやすくなる。 銀座泰明クリニックの茅野分・院長(精神科医)が解説する。 「手術が成功し、痛みの原因がなくなって治癒したはずなのに、ズキズキとうずくような疼痛が続くことがある。 こうした症例は、『術後疼痛』と呼ばれます。 かわたペインクリニックの河田圭司院長が言う。 告知のショックによるうつ症状も多く報告されているが、術後も再発や社会復帰への心配が重なる精神的ストレスとなっているからとみられている。 心臓疾患の手術後もうつ発症のリスクが高い。 米デューク大学医療センター精神科の研究チームは、心筋梗塞患者の45%が3〜4か月後に抑うつ状態に陥り、うち18%はうつ病を発症したとの調査報告を発表した。 日本呼吸器学会は、肺の手術によるうつ症状について警鐘を鳴らしている。 肺を切り開く際には、肋骨の下部を通る神経が損傷されることにより、手術後時間が経過してから痛みが現われることがある。 「開胸術後疼痛症候群」と呼ばれ、1年以上続くケースもあるため、うつの引き金となりやすい。 今年8月にお笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤(50)がうつ病を発症し、2か月間の休養に入った。 名倉のうつ発症の原因は、昨年6月に受けた頸椎椎間板ヘルニアの手術後の侵襲だったと発表されている。 いずれも体への負担が大きく、侵襲を伴いやすい手術だったことが共通点だ。 埼玉医科大学国際医療センターの大西秀樹教授(精神腫瘍科)が語る。 「退院後はそれまで看護師に頼っていた自分の身の周りのことを全部自分でケアしなければいけないという辛さがある。 入院時は不安があればすぐ医者に聞けるが、家に帰れば自分と家族だけで対処しなければならない。 「初期症状は『なんとなく虚しい』といった漠然としたもので、うつの兆候は非常にわかりにくい。 とくに抑うつ状態になると脳の前頭前野の働きが落ち、セルフモニタリングの機能が低下するために、自分では何が原因で虚しく感じているのか、やる気が出ないのかに気づきにくいのです」(前出・茅野医師) そこで重要になるのが、うつが悪化する前に、近くにいる家族が気づくことができるかどうかだ。 家族が「手術したばかりだから多少の不調は仕方がない」と見過ごしてしまうと、取り返しのつかないことになりかねない。 前出・大西教授の指摘だ。 「うつ病と診断されるのは、『抑うつ気分』あるいは『興味・意欲の低下』のどちらかがあり、さらに食欲低下や睡眠障害、焦燥感、全身倦怠感、集中困難、自責感といった症状が5つ以上、2週間連続して認められ、かつ他の原因で説明できない場合です。 関連記事.

次の

手術の侵襲の意味は何?うつ(鬱)の原因はストレス?名倉潤の活動再開はいつ?

手術 の 侵襲 うつ

術後うつとは? 術後うつとは、 手術の後に身体的異常がないにも関わらず、精神的な症状が出てうつ病になることを言います。 このように「 術後うつ」になる人は少なくありません。 術後うつの症状 精神的な症状• 食欲が出ない• 眠れない• 落ち込む• 何をしても楽しくない• 興味が出ない• 虚しい• ついつい悪い方ばかり考えてしまう• イライラする 身体の症状• 眠れない• 朝起きれない• 疲労感がある• 疲れやすい• 食欲が出ない• 肩こり• 喉が乾く• 便秘、下痢• 体の痛み• 吐き気、嘔吐 術後うつの原因 身体的ストレス 手術後は身体的にも痛みやしびれなどのストレスが残っています。 大きい手術なほど、その後に来る身体的ストレスが酷くなります。 このような身体的ストレスが術後うつの原因になります。 精神的ストレス 手術の後にはさまざまな不安や心配が精神的なストレスになります。 「いつになったら職場に戻れるのだろう」や「いつになったら以前のような生活に戻れるのだろう」と思うかとがあると思います。 そんな精神的なストレスが術後うつの原因になります。 がんの手術 がんの手術後他の手術に比べて「 術後うつ」になりやすいと言われています。 また、がんを伝えた時のショックでもうつ病になる場合があります。 手術後の侵襲 しんしゅう 侵襲とは、 自分の身体の「健康を維持する機能」を乱すような害のことをいい、手術などもその一つと言えます。 手術後は、メスで切った部分などが痛くなり、なかなか治らなかったりします。 治療を受けた部分だけでなく、健康維持が難しくなり、それらが原因でうつ病になるケースもあります。 ネプチューンの名倉潤さんはヘルニアの手術の侵襲によるストレスで術後うつを発症しました。 術後せん妄にも注意 術後せん妄とは、こちらも 手術をきっかけに起こる精神障害で、手術後の1〜3日後に錯乱、幻覚、妄想を引き起こします。 高齢者の方に起こりやすく認知症と間違えられる場合もあります。 一週間前後続いてそのあとは落ち着いていくので、経過を見守りましょう。 術後うつの接し方 術後うつは精神的な症状が出ていて接し方が重要になってきます。 手術後には しっかりと安静にしてあげることが大切です。 安易な励ましは良くなく、アドバイスなども良く無いです。 自分のペースで回復してもらう方が良いでしょう。 焦らしたりするのは避けましょう。 距離感が難しいのですが、困った時に助けるぐらいで大丈夫です。 術後うつの対策(手術前) 低侵襲手術 低侵襲手術とは、患者さんへの身体ダメージをより少なくする手術です。 手術の侵襲を減らすことで、術後うつの原因を少なくします。 知識を付ける• 手術後にどのような痛みがあるのか• 後遺症が出る確率は• どのくらいの期間痛みが続くのか• 完全に治るまでにどのくらいかかるのか などを事前に知っておくことが大切です。 手術後は本人が思っているより 身体的、精神的なストレスが多いもので、それを事前に知っておくことが重要です。 術後うつの対処法(手術後) 音楽を聴く 音楽にはリラックスの効果があります。 ジャズやクラシックなどのメロディーだけの音楽は、普段理論的な思考をする左脳を休めながら、右脳を刺激するためリラックス効果があります。 休息をとる 手術後の痛みや傷がなかなか言えない場合はよくあります。 手術後にそのような症状が出ている場合はしっかり治しましょう。 最低でも低度な症状になるまでは、安静にしましょう。 お風呂に浸かる お風呂に浸かることで寝付きやすくなったり、リラックス効果、自律神経が整ったりして 術後うつの改善や予防に繋がります。 生活リズムの改善 朝、昼、晩の3食の食事と睡眠を規則正しくすることはうつ病の予防や改善には必須です。 晩御飯を遅く食べてしまうと睡眠に影響があるかもしれないので、寝る直前に食べるのは控えましょう。 また、寝る前の直前のお風呂は眠れなくなるので控えるようにしましょう。 睡眠は6〜7時間を目安にして、寝すぎるのも良くないです。 腸内環境を整える 腸内環境を整えることはうつ病に効果がある事がわかっています。 腸内環境と整えることによって術後うつの改善や予防ができるという研究もされています。 食生活 睡眠を促す「セロトニン」が不足しているのもうつ病の原因と言われています。 「セロトニン」は体内で生成する事が出来ず、食事でしか取る事が出来ません。 肉や魚、乳製品や豆類などの必須アミノ酸「トリプトファン」から生成されます。 毎日3食の食事をし、上記の食事を食べるようにしましょう。

次の

「うつ」は「炎症」の一症状という 免疫精神医学の新しい考え方|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

手術 の 侵襲 うつ

意義 [ ] 医学用語であるため、一般の感覚と異なる。 侵襲とは、「」「」だけでなく「」「」のような、「生体を傷つけること」すべてを指す。 なぜなら、病態であれその治療であれ、侵襲に対する生体の反応は同じであり、それを知らずして(侵襲を以て)人を治療することはできないからである。 英語では、形容詞のinvasiveとして使われるケースが多い。 その対義語の non-invasiveは「非侵襲」という。 医療行為としての侵襲 [ ] 医療行為としての侵襲は、外科手術などによって人体を切開したり、人体の一部を切除する行為や薬剤の投与によって生体内になんらかの変化をもたらす行為などを指す。 このような行為はによりでなければ行ってはならない。 一般に行われている外科的医療行為は人体に対する侵襲である。 医業かどうかの境目はこの侵襲する行為があるかどうかによって判断が分かれる。 人体を侵襲する目的で作られた器具や機械はとして扱われる。 侵襲に対する生体の反応 [ ] 細胞死 生体が侵襲を受ければ、「予期しない細胞死」()が起きる。 ネクローシスした細胞は、死に際に警告物質を周囲に残す。 免疫・炎症反応 警告物質によって白血球が誘引される。 これらはさらに強力な警告物質()を出す。 それによってさらなる反応が誘発され、それらは周囲の組織を汚染されたとみなし、組織ごと破壊する。 線維化 免疫系による組織破壊に対し、臓器の崩壊を防ぐためにがその線維により穴埋めをする。 しかし、その線維が生き残った細胞を圧迫したり、臓器全体を硬化させ、その正常な機能を損なう。 であれば、傷跡()が残る。 であれば、急性であればを起こし、慢性であればとなる。 であれば、急性であれば、慢性であればとなる。 であれば、急性に起これば、慢性に起こればとなる。 脚注 [ ].

次の