パラサイト 1998 キャスト。 パラサイト 半地下の家族 : 作品情報

韓国映画『パラサイト』キャスト貧困キム家の父役はソンガンホ【演技評価とプロフィール】

パラサイト 1998 キャスト

第92回アカデミー賞で作品賞、監督賞をはじめとする6部門に堂々ノミネート。 米国が製作に入っていないアジア映画が作品賞にノミネーションされるのは史上初、韓国映画のノミネートも史上初と、映画史を変える偉業に王手をかけた。 この度、同賞にもノミネートされたプロダクション・デザイナー、そして韓国映画界を代表する撮影監督が裏側を語る特別映像が公開された。 日本でも1月10日から全国公開となった本作は、先行公開時から大きな話題を呼び、全国的に満席が続出する大ヒットスタート。 SNS上でも「震えるほどすばらしい映画!」「見終えてすぐに立ち上がれなかった!」「こんな映画体験今までにした事がない」「全力で周りに勧めたくなる最高の映画」と絶賛の声が溢れている。 そんな中、今回到着したのは、ポン・ジュノ監督が絶大な信頼を寄せるスタッフの仕事ぶりに迫る特別映像。 撮影監督やプロダクション・デザイナーのインタビュー映像やコメントを交え、世界中を熱狂させている本作誕生の裏側に迫っている。 『哭声/コクソン』などを手掛ける撮影監督とキャストも感服する美術監督 製作には、監督からの信頼も厚いスタッフの存在が欠かせない。 撮影監督を務めた ホン・ギョンピョは、ウォン・カーウァイ作品の撮影監督として知られるクリストファー・ドイルの元で経験を積んだのち、1998年に撮影監督デビュー。 現在韓国映画界を代表するシネマトグラファーとして幅広く知られ、ナ・ホンジン監督『哭声/コクソン』('17)やイ・チャンドン監督『バーニング 劇場版』('18)など、日本でも人気のある作品を多く手掛けている。 ポン・ジュノ監督とは『母なる証明』('09)、『スノーピアサー』('14)に続く3度目のタッグとなる。 プロダクション・デザイナーの イ・ハジュンは、大ヒット映画『10人の泥棒たち』やジョニー・トー監督『ドラッグ・ウォー 毒戦』、カンヌのコンペティション出品作イム・サンス監督『ハウスメイド』など話題作を多く手掛けるベテラン。 ポン・ジュノ作品ではNetflix映画『オクジャ/Okja』に続く2度目のタッグ。 本作でアカデミー賞美術賞にノミネートされるという快挙を成し遂げている。 どちらも新たな傑作を生みだすべく結集した最高峰のスタッフだ。 名役者たちの表情を引き出した撮影について、そしてセットのこだわりについて撮影監督ホン・ギョンピョは、「本作は一人の登場人物についての話ではないので、全ての役者の間で本当のエネルギーが生み出され、私たちはたくさん笑いました」と、撮影は活気のあるものだったとふり返る。 「セリフの多い人物中心の映画なので、レンズは執拗に役者の顔を映しているのですが、彼らの新たな一面を見ることができたのは非常に楽しい経験でした。 特に、ソン・ガンホは膨大な数の映画に出演してきていますが、この映画で彼が見せた顔はまた新しいものでした」と、名優ソン・ガンホがさらに新しい表情を見せたことに驚いたという。 プロダクション・デザイナーのイ・ハジュンは「最初に私たちが思いついたコンセプトは、高い場所にあるパク家の邸宅と、低い場所に広がる半地下アパートのギテクの家族の家のコントラストでした」と、キム一家とパク一家の格差を立地で表現したとこだわりを明かす。 「空間にリアリティを求めました。 多くの時間を費やして、ソウルの再開発が予定されている古い町並みや、歴史ある集合住宅を歩き回りました。 パク家の邸宅は映画の中では有名な建築家によって設計されたものという設定だったので、モダンだけれどエレガントなオープンセットを建て、家具や小物など内装にもこだわりました」と、物語の設定に沿ったよりリアリティなセットを作ることができたと自信をのぞかせる。 街の細部まで精密なコンテを描いて形作った半地下住宅街については、インタビュー映像で「ハエや蚊も実際に飛ばしました。 『パラサイト 半地下の家族』は全国にて公開中。 《text:cinemacafe. net》.

次の

韓国映画『パラサイト』キャスト貧困キム家の父役はソンガンホ【演技評価とプロフィール】

パラサイト 1998 キャスト

パラサイト 映画批評・備忘録 パラサイト(原題:The Faculty) 脚本:30点 演技・演出:13点 撮影・美術:15点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計73点 将来有望な若手俳優の競演だけでなく、脇を固める俳優陣もB級映画とは思えない有名どころとなっています。 子役時代から売れっ子の イライジャ・ウッドはもちろん、 ジョシュ・ハーネット、 ジョーダナ・ブリュースターは人気俳優の地位を確立、また アッシャーは歌手として大成功を収めることになります。 クレア・デュヴァルと ショーン・ハトシーもこの作品以後も確実にキャリアを積み、映画やテレビドラマの俳優として活躍しています。 また、サルマ・ハエック、ファムケ・ヤンセン、ロバート・パトリック、ジョン・スチュワート、ビビ・ニューワースなど主役級が脇役で出演しています。 キャストだけで見たら SSS級の映画です。 監督がロバート・ロドリゲスで脚本がケヴィン・ウィリアムソンなのでB級ホラー映画風なのは意図した撮り方だと思えるますし、僕のツボを押えている映画です。 パラサイト あらすじ 気弱な少年ケイシー(演:イライジャ・ウッド)は、ある日、グラウンドで奇妙な生き物を見つける。 その生き物を水槽に入れた時、その生き物は変形し、攻撃的な本性を露にした。 やがて、ケイシーはやたらに水を欲しがる辺りの人達のおかしな行動に気づく。 「あの生物が人間に寄生しているかもしれない」と感じたケイシーは、仲間と共に学園の調査を開始。 そこで、取り付かれた先生が保険医を襲う場面に遭遇する……。 パラサイト スタッフ 監督: 脚本: 原案:, 製作:, 製作総指揮:, 音楽: 撮影: 編集: 配給: パラサイト キャスト パラサイト 予告編 旧作や廃盤DVD探しで困った時は駿河屋さんでお世話になってます。 ということで、 管理人はもちろんです。 月額500円で、一か月のレビューに困らない映画が見れます。 コスパ最高!入らない理由がない感じです。 も会員になってます。 理由は見たい海外ドラマが多くあるのと見逃した国内ドラマも充実しています。 映画は邦画と特撮系が充実していてシリーズものの一挙放送とか好きです。 2004年公開の日本映画。 谷村志穂が著した小説を映画化。 1986年公開の日本映画。 黒木瞳の映画主演デビュー作で、全裸も披露、また阿木燿子も大胆なベッドシーンを演じた。... 1989年公開の日本映画。 赤井英和は1985年2月5日に行われた大和田正春との試合後、意識不明に陥り急性硬膜下... 2003年に公開された日本映画。 デジタル技術の向上により、1981年版では描写されなかった原作のシーンが映像化... 1988年公開の日本映画。 荒俣宏の長編小説を原作に、TNV「ウルトラマン」シリーズや実験的な作品で知られる奇才... 1982年12月18日に公開。 配給は東映。 『魔界転生』(1981年、東映)に続く、山田風太郎原作映画の第2弾。... 1993年製作のアメリカ合衆国の映画。 人気SFアクション『ヒドゥン』の正当な続編で、前作でマイケル・ヌーリーが... 1992年公開のアメリカ合衆国の映画。 原作はジェームズ・フェニモア・クーパーの小説『モヒカン族の最後』(原題同... 2011年2月11日より東宝系で公開の実写映画。 昭和40年代を舞台に原作の少年院での丈と力石との出会いから宿命... 2014年製作のカナダ映画。 映画学科の学生たちが課題制作ための取材に訪れた町で体験する壮絶な恐怖を、緊迫感... 2016年公開のアメリカ合衆国の映画。 『スター・ウォーズ』シリーズの実写映画本編を補完する、実写映画スピンオフ... ジャン=クロード・ヴァン・ダムの出世作! 香港映画ばりの猛特訓とシンプルなストーリー展開。 主人公が修行過程で... 2017年に製作されたオランダ映画。 狩るか?狩られるか?!猛獣と人間の生き残りをかけたリアル・ハンティング・パ... 1993年公開のアメリカ合衆国の映画。 1991年の映画『アダムス・ファミリー』の直接の続編で、スタッフ・キャス... 1974年製作のアメリカ合衆国の映画。 2004年公開の日本映画。 原作は永井豪のデビルマン。 脚本が破たんしているため、全ての要素が無茶苦茶になって... 2014年公開の日本映画。 湊かなえ原作。 ノンストップで描く、ネット炎上をテーマにした衝撃作! 美人OLの殺害容... 2002年公開のアメリカ合衆国の映画。 2017年公開の日本映画。 古屋兎丸の同名コミックを、菅田将暉、野村周平、竹内涼真ら人気若手俳優の共演で実写映画... 2003年製作のアメリカ合衆国の映画。 アメリカの田舎町を舞台に、巨大トラックを操るクリーチャーが人間を執拗に追...

次の

パラサイト 半地下の家族

パラサイト 1998 キャスト

解説 「殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」「スノーピアサー」の監督ポン・ジュノと主演ソン・ガンホが4度目のタッグを組み、2019年・第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルムドールを受賞した作品。 第92回アカデミー賞でも外国語映画として史上初となる作品賞を受賞したほか、監督賞、脚本、国際長編映画賞(旧外国語映画賞)の4部門に輝くなど世界的に注目を集めた。 キム一家は家族全員が失業中で、その日暮らしの貧しい生活を送っていた。 そんなある日、長男ギウがIT企業のCEOであるパク氏の豪邸へ家庭教師の面接を受けに行くことに。 そして妹ギジョンも、兄に続いて豪邸に足を踏み入れる。 正反対の2つの家族の出会いは、想像を超える悲喜劇へと猛スピードで加速していく……。 共演に「最後まで行く」のイ・ソンギュン、「後宮の秘密」のチョ・ヨジョン、「新感染 ファイナル・エクスプレス」のチェ・ウシク。 2019年製作/132分/PG12/韓国 原題:Parasite 配給:ビターズ・エンド スタッフ・キャスト まず仰け反ったのは冒頭、ナチュラルにすっと観客を物語へといざなう語り口である。 格差などの社会問題を掲げると人々の体は身構えるものだが、本作では気がつくとあの家族にどっぷり紛れ込んでいる自分に気づく。 IMAXでもないのにこれほど高低差を強く意識させる作品があるだろうか。 地域の奈落の底から最も高いところへ。 お屋敷内でもまるで深層心理を掘り下げるように階段を下ると、秘めたるものが溢れ出し、暴れ出す。 挙げ句の果てには金持ち夫婦がソファで求め合うシーンでさえ机下に隠れた家族とは高低差が生じている徹底ぶり。 国際世界は広くて千差万別だが、おそらくこの高低差だけは通底している。 核となるのは言語ではなくこの感覚や意識。 それを駆使して物語をドリフトさせたからこそ、本作はあらゆる人の心を捉え、無条件に「リスペクト」と唱和させたのではないか。 経済格差を縦の構図を巧みに用いて描いた演出センスに脱帽する。 何から何までセンスが良い作品だ。 本作は豪邸に住む富裕層と半地下の家に住む貧困層の格差について描いているが、さらにその下にも貧困層がいるという、二段構えで描いているのが素晴らしい。 社会の実態は貧困層の間にも格差が拡がっており、それは富裕層と貧困層の格差ほど見えやすくないのである。 経済格差を深刻なものだという意識を持つ人でも、貧困層は単純に「貧困層」というグループとしか捉えていない人も多いのではないか。 しかし、この映画は描くように見えている貧困層の下に、さらなる「見えない貧困層」がいると示している。 これを示すために、物語の展開も縦の構図の画面作りなど、描きたいテーマと脚本と演出が絶妙にマッチしている。 ポン・ジュノ監督はすごい。 今後、映画の教科書として採用されてもおかしくない作品だろう。 将来クラシック映画として名前を残すのではないだろうか。 韓国の社会派映画といえば、かの国特有の政治や軍事などを題材にした力作が目立つが、ポン・ジュノ監督最新作は貧富の差の拡大というグローバルに深刻化する問題を取り上げ、予測のつかない超一級のエンターテイメントとなった。 韓国初のパルムドール受賞も、普遍的な問題への意識が一因だろう。 丘の上の明るく広い邸宅に暮らす上流の家族と対照的な、暗く狭い地下で暮らす下層の家族。 低層民、被差別者、不可視の存在を、彼らが生きる「地下」で象徴するアイデアは、同じく今年公開された米国のホラー映画『アス』と通じる。 このシンクロニシティー(共時性)も興味深い。 映像では伝わらない「匂い」で生活の格差を表現したのも、監督の巧妙さであり、観客の想像を経て本能に直接突き刺さるようだ。 監督もメッセージで懇願しているように、これは絶対にネタバレを回避して観に行くべき作品。 ジャンルを超越した怪作にぜひ圧倒されていただきたい。

次の