もう行かないでよね耐えられないの 歌詞。 the shes gone 想いあい 歌詞

[ MV&歌詞訳(主にQUEEN) ]

もう行かないでよね耐えられないの 歌詞

まず、彼の書いたセルフライナーノーツ(彼の曲の解説)には 自分のルーツの1つである昭和歌謡を全面に押し出した1曲。 やっふる氏(彼のプロデューサー)の現代解釈による極力シンプルに削ぎ落としたアレンジがこの曲の哀愁をより一層引き立ててくれた。 神様を「吹く風」に重ね合わせ導いてほしいと願う祈りの歌。 藤井風 とあります。 私はこれと歌詞を踏まえた上でこの曲は 自分の居場所がほしいと神様に願う曲 ではないかと思いました。 セルフライナーノーツから神様は「吹く風」です。 「風」って目には見えなくても、周りのものに影響を与えてそこにたしかにいるということを感じるものですよね。 そして人は変わります。 時に裏切られることもあります。 私はそれらを感じて 自分の居場所を見いだせなくなっています。 そのような中で、神様はこのような辛い気持ちもどこかへ運んでくれると。 雲も風の吹くままに動きますよね。 「或るべき場所」とはどこか? 悲しんでいる人へ喜びをもたらしたり、苦しんでいる人へ幸せをもたらしたりということではないでしょうか。 つまり、 神様は幸せなどを或るべきところへ届ける役割をしているのかもしれません。 そして、これは時に試練も含むのではないかと。 そしてそれになんとか食らいついて耐えていたら、 「私」はいつの間にか自分の居場所を見失っていた。 ここでは 自分の居場所です。 もうぼろぼろになっている「私」は安心して過ごせる場所を願います。 自分の力でそちらに行きたいけど、「私」は飛べない鳥。 アイデンティティーを失っています。 そして傷だらけになりながら風の流れに身を任せるしかないのだと。 これは「私」はもう心が傷つきボロボロになった状態で、これ以上は試練に耐えることができないと助けを求めているのではないでしょうか。 「 神は耐えられない試練は与えられない」と言いますよね。 これは聖書の言葉で 続きがあります。 「 試練と共に、それに耐えられるよう逃れる道をも備えていてくださいます」と。 「私」はこの 辛さから逃れ、心地いい自分の居場所を与えてほしいと願っているのではないでしょうか。

次の

[ 歌詞訳(k

もう行かないでよね耐えられないの 歌詞

まず、彼の書いたセルフライナーノーツ(彼の曲の解説)には 自分のルーツの1つである昭和歌謡を全面に押し出した1曲。 やっふる氏(彼のプロデューサー)の現代解釈による極力シンプルに削ぎ落としたアレンジがこの曲の哀愁をより一層引き立ててくれた。 神様を「吹く風」に重ね合わせ導いてほしいと願う祈りの歌。 藤井風 とあります。 私はこれと歌詞を踏まえた上でこの曲は 自分の居場所がほしいと神様に願う曲 ではないかと思いました。 セルフライナーノーツから神様は「吹く風」です。 「風」って目には見えなくても、周りのものに影響を与えてそこにたしかにいるということを感じるものですよね。 そして人は変わります。 時に裏切られることもあります。 私はそれらを感じて 自分の居場所を見いだせなくなっています。 そのような中で、神様はこのような辛い気持ちもどこかへ運んでくれると。 雲も風の吹くままに動きますよね。 「或るべき場所」とはどこか? 悲しんでいる人へ喜びをもたらしたり、苦しんでいる人へ幸せをもたらしたりということではないでしょうか。 つまり、 神様は幸せなどを或るべきところへ届ける役割をしているのかもしれません。 そして、これは時に試練も含むのではないかと。 そしてそれになんとか食らいついて耐えていたら、 「私」はいつの間にか自分の居場所を見失っていた。 ここでは 自分の居場所です。 もうぼろぼろになっている「私」は安心して過ごせる場所を願います。 自分の力でそちらに行きたいけど、「私」は飛べない鳥。 アイデンティティーを失っています。 そして傷だらけになりながら風の流れに身を任せるしかないのだと。 これは「私」はもう心が傷つきボロボロになった状態で、これ以上は試練に耐えることができないと助けを求めているのではないでしょうか。 「 神は耐えられない試練は与えられない」と言いますよね。 これは聖書の言葉で 続きがあります。 「 試練と共に、それに耐えられるよう逃れる道をも備えていてくださいます」と。 「私」はこの 辛さから逃れ、心地いい自分の居場所を与えてほしいと願っているのではないでしょうか。

次の

学校に行きたくないです。

もう行かないでよね耐えられないの 歌詞

まず、彼の書いたセルフライナーノーツ(彼の曲の解説)には 自分のルーツの1つである昭和歌謡を全面に押し出した1曲。 やっふる氏(彼のプロデューサー)の現代解釈による極力シンプルに削ぎ落としたアレンジがこの曲の哀愁をより一層引き立ててくれた。 神様を「吹く風」に重ね合わせ導いてほしいと願う祈りの歌。 藤井風 とあります。 私はこれと歌詞を踏まえた上でこの曲は 自分の居場所がほしいと神様に願う曲 ではないかと思いました。 セルフライナーノーツから神様は「吹く風」です。 「風」って目には見えなくても、周りのものに影響を与えてそこにたしかにいるということを感じるものですよね。 そして人は変わります。 時に裏切られることもあります。 私はそれらを感じて 自分の居場所を見いだせなくなっています。 そのような中で、神様はこのような辛い気持ちもどこかへ運んでくれると。 雲も風の吹くままに動きますよね。 「或るべき場所」とはどこか? 悲しんでいる人へ喜びをもたらしたり、苦しんでいる人へ幸せをもたらしたりということではないでしょうか。 つまり、 神様は幸せなどを或るべきところへ届ける役割をしているのかもしれません。 そして、これは時に試練も含むのではないかと。 そしてそれになんとか食らいついて耐えていたら、 「私」はいつの間にか自分の居場所を見失っていた。 ここでは 自分の居場所です。 もうぼろぼろになっている「私」は安心して過ごせる場所を願います。 自分の力でそちらに行きたいけど、「私」は飛べない鳥。 アイデンティティーを失っています。 そして傷だらけになりながら風の流れに身を任せるしかないのだと。 これは「私」はもう心が傷つきボロボロになった状態で、これ以上は試練に耐えることができないと助けを求めているのではないでしょうか。 「 神は耐えられない試練は与えられない」と言いますよね。 これは聖書の言葉で 続きがあります。 「 試練と共に、それに耐えられるよう逃れる道をも備えていてくださいます」と。 「私」はこの 辛さから逃れ、心地いい自分の居場所を与えてほしいと願っているのではないでしょうか。

次の