くれぐれもお大事になさってください。 「お大事に」は敬語? 正しい意味と使い方を知ろう【定型文つき】

お大事になさってくださいの類語と使い方|ご静養ください/ご自愛ください

くれぐれもお大事になさってください

「お大事に」の意味 「お大事に」には ・病気が悪化しませんように ・早く良くなりますように ・お体を大切に ・いたわる という意味があります。 「お大事に」は、 相手の健康状態を気遣い、体調の回復を願う気持ちを伝える表現です。 ちなみに「いたわる」とは「困っている人や病気の人に同情の気持ちを持って優しく接する」となります。 「お大事に」という言葉には、治療に専念して早く回復して下さいという願いと、病気が悪化しませんようにという願いが込められています。 この場合の「大事」は「体を休めてください」という意味ですが、「大事」には「おおごと」「重大なこと」「大変なこと」という「大きなこと」を意味して使用することもあります。 「お大事に」は上司に使える敬語? 「お大事に」は、病気にかかっている人や体調を崩した人などに対して「早く良くなってください」「大事に至りませんように体を大切にしてください」という意味で使用します。 「お大事に」は相手を労る言葉なので、目上の人に使用しても問題はありません。 また「お大事に」に「くれぐれも」「何卒」「どうか」「どうぞ」を付けることによって、より丁寧な表現となります。 ただ 「お大事に」は敬語として目上の人に使って大丈夫ですが、省略された言葉なので相手によっては丁寧さに欠ける、いい加減だと捉えられる可能性があります。 そのため目上の人に対してはなるべく「お大事に」単体での使用は避けるのが無難になります。 「お大事になさってください」は口語ではベストな敬語 「お大事に」は「お体大事にしてください」「大事に至りませんよう」を省略した言葉なので相手によっては素っ気ない印象を受けます。 しかし 「お大事になさってください」「お大事にしてください」と文章を完結させることによって、誰に対してでも使うことができます。 「お大事になさってください」の「なさってください」は、 ・尊敬語「なさる」 ・丁寧語「ください」 で成り立つため、目上の人に対して使うことができます。 一方で「お大事にしてください」という表現もあります。 「してください」は、 ・動詞「する」 ・丁寧語「ください」 で成り立っていますが、目上の相手に使うと少々要求の意味が強いため失礼に当たる可能性があります。 「お大事になさってください」は「ゆっくり休んでください」ということを伝えられる敬語で、 丁寧な心遣いを表すことができる言葉になります。 かつ、あまり堅すぎない印象ですので、 口語では、目上の人に対して「お大事になさってください」を使用するのが最も適切と言えます。 「お大事になさってください」の例文 「お大事になさってください」と一緒に使える言い回しを添えて例文を紹介します。 ・一日も早いご回復をお祈りいたします。 どうぞお大事になさってください。 ・病院に行かれるのですか?くれぐれもお大事になさってください。 ・風邪を召されたのですか。 お大事になさってくださいね。 ・平熱だからといって軽く考えず、きちんと病院に行ってお大事になさってください。 ・あまり無理をされないよう、お大事になさってください。 ・一日も早くお元気になられるようお祈り申し上げます。 くれぐれもお大事になさってください。 「お大事になさってください」は相手の家族や子供に対しても使える 「お大事になさってください」は相手の家族や子供など第三者に対しても使うことができます。 例えば、友人の子供が熱が出て寝込んでいるという場合は、「お大事になさってください。 あなたも体調を崩されないように」などと言うことができます。 お大事になさるようお伝えください」などと使えます。 「ご自愛ください」はメールなど文面ではベストな敬語 「自愛」の意味は、 ・自らその身を大切にすること ・自分の健康状態に気をつけること といったようになります。 「ご自愛ください」は 相手の健康を気遣う、労りの言葉です。 「ご自愛ください」には、「あまり無理しないでください」「健康でお元気にいてください」「身体を大切にしてください」といったニュアンスが含まれます。 「ご〜ください」という形はよく使われる定型句で、相手に「何かを要望・懇願などを言うこと」を促す意味合いを持ちます。 「ご自愛ください」の「ご」は尊敬を表す接頭語で、「ください」は丁寧語になります。 「ご自愛ください」は、男性・女性、目下・目上など老若男女関係なく使うことができる堅い表現で、主に手紙やメールの末尾で、相手の健康を気遣う結びの言葉として使われます。 ただ「ご自愛ください」は、「体調を崩さないように健康を保ってください」という意味合いが込められているため、 すでに怪我で入院している人や、病気で治療中の人、体調を崩している人には使えませんので注意してください。 また、「自愛」という言葉自体に「お身体」という意味が含まれているので、「お身体をご自愛ください」とすると意味が重複してしまいます。 「ご自愛ください」だけでも、「お身体を大切にしてください」という意味は伝わるので、間違わないよう注意しましょう。 その他の「お大事に」の敬語表現 お体おいといください 「おいといください」は、「いたわってください」「大事にしてください」という意味です。 「おいといください」は、「どうかお体おいといください」といったような形で、相手の健康を祈る結びの挨拶で使用します。 「おいとい」は漢字だと「厭(いと)う」と書きます。 「厭」とは「嫌う」「不愉快」といった意味です。 つまり「おいといください」は、「いやなことを避けるために気を付けてください」という気持ちを表します。 「おいといください」は「ご自愛ください」よりも、相手の健康を思いやる気持ちが強いですが、一般的にあまり使わない言葉になります。 ・先日、お母様にお会いしましたが、あなたのご健康を気にかけていらっしゃいました。 くれぐれもお体おいといください。 ・これからますます寒くなってきますので、お体おいといください。 お労りください 「労り(いたわり)」は、「心を用いて大切にすること」「気にかけること」を意味しています。 「お労りください」は、相手の健康を強く願う場面では最適な言葉となります。 「お労りください」は、「お大事になさってください」よりも相手を思いやる気持ちが伝わる表現です。 ・日頃の疲れがでないよう、お体をお労りください。 ・今日は早く帰って、お体をお労りください。 養生なさってください 「養生」は<ようじょう>と読みます。 「養生」の意味は、 「怪我や病気の回復に努めること」になります。 「養生」は「休む」という意味でも、治療のために休むという意味合いで使用することが多いです。 「ゆっくり養生なさってください」と言うこともできますが、回復はなるべく早い方が良いのであまり「ゆっくり」「気長に」といった言葉はなるべく使わない方が良いでしょう。 ・この機会にしっかり養生なさってください。 ・しっかり養生なさって、一日でも早いご回復をお祈り申し上げます。 静養なさってください 「静養」は<せいよう>と読みます。 「静養」の意味は、 「健康の回復のため心身を静かに落ち着けて休ませること」となります。 「静養」は、病気の人が健康を回復させるためることを目的として、体を休ませるこということです。 ・無理をなさらずしっかりご静養ください。 ・日頃の疲れが溜まっていたのでしょう。 十分に静養なさってください。 「お大事になさってください」に対する返事 「お大事になさってください」といった場合は「自分の体を大切に」という意味ですが、「はい、そうします」「どうも」などと答えると不自然に聞こえてしまいます。 「お大事になさってください」と言われたときは、 ・ありがとうございます ・お気遣いありがとうございます と言うのが適切になります。 「お大事になさってください」と言われた場合は、相手が自分の体を気遣っているということになるので、気遣いに対してのお礼の気持ちを伝えることが大切です。 また、咄嗟に言葉が出てこない場合は会釈のみでも大丈夫でしょう。 他に病院で「お大事になさってください」と言われた場合、この時はさよならという別れの挨拶でもあるので、 ・ありがとうございます。 お世話になりました。 ・ありがとうございます。 失礼します。 といった返事が良いでしょう。 「お大事になさってください」の英語表現 「Take care! 」「Please take care of yourself」など 「お大事に」の英語表現はいくつかありますが、最も一般的なのは「Take care! 」となります。 より丁寧にいうと「Please take care of yourself. 」となります。 その他にも、 ・Please get well soon. (早くよくなってください) ・I hope you get well. (早くよくなってください) ・Get better soon. (早くよくなってください) ・I'm sorry. (お気の毒です) などと言います。 ビジネスシーンで英語が必須な方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました。 興味のある方はぜひご覧ください。

次の

「お大事に」は英語で?体調の悪い人を励ます15の英語フレーズ

くれぐれもお大事になさってください

「お大事に」って意味だけじゃなくて、「お疲れ様」「じゃあね」みたいな意味で使われることが多い。 A: See you tomorrow. A: また明日。 B: Bye. Take care. B: さようなら。 お疲れ様。 みたいな感じかな。 A: My doctor said I'm not getting enough vitamins in my diet. A: 私の食生活はビタミンが十分に足りていないと医者から言われました。 B: Take care of yourself. B: 体に気を付けてくださいね。 A: 間違って自分の指を切ってしまいました。 B: Take care of your body. B: 体を大切にしてくださいね。 A: 今、私は風邪をひいています。 : Please take good care of yourself. B: しっかりと休んでくださいね。 A: I have a stomachache. A: お腹が痛いです。 B: Feel better soon. B: 早くよくなるといいですね。 A: 他の車と事故になるところでした。 B: Please look after yourself. B: しっかりしてください。 A: 足の指をぶつけてしまいました。 B: Get well soon. B: お大事にしてください。 A: 頭痛がします。 B: I hope you get better(well) soon. B: 早くよくなりますように。 A: I have just had surgery on my knee. A: 私は膝の手術を受けたところです。 B: I wish you a speedy recovery. B: お早い回復をお祈りしています。 「お大事に」と伝えてくださいと頼むには 具合の悪い人に直接言うのではなく、人づてに「大事に」と伝えるように頼むときの英語フレーズです。 覚えておけば、そのまま使えるのでとても便利です。 A: My friend was in a car accident and got injured badly. A: 私の友人は車の事故に合い、ひどい怪我をしました。 B: Tell him her to get well soon. B: 彼 彼女 にお大事にと伝えてください。 無理しすぎないでね。 Take it easy! 気楽にね。

次の

「くれぐれも」の正しい意味と使い方は?類語との違いもチェック

くれぐれもお大事になさってください

「くれぐれも」の意味は? 「くれぐれも」には次の2つの意味があります。 「くれぐれも」を漢字で書くと 普段「くれぐれも」はひらがなで書かれることが多いと思いますが、ちゃんと漢字表記もあります。 漢字では「呉呉も」と書きます。 同じ漢字を2回重ねていることからも、強調や繰り返し、何度も伝える、といったニュアンスがある事が分かります。 「くれぐれも」の語源には諸説あり、「何度も繰り返す」という意味を表す「繰る繰る」が変化して「くれぐれ」となった、というのが有力です。 そのため本来は「繰れ繰れ」となるはずであり、「呉」という漢字は単なる当て字だということです。 堅苦しい文章を書く際など、「ひらがなよりも漢字で書いた方がいいかな」と思われることもあるかもしれません。 しかしそもそも「呉呉も」という漢字はあまり浸透していないので、余計な混乱を防ぐためにもひらがなで表記するのがいいでしょう。 「くれぐれも」は目上の人に使える? 「くれぐれも」は目上の人に使っても問題のない表現です。 相手の体を気遣う場合、「お大事になさってください」というよりも「くれぐれもお大事になさってください」の方がより気遣いを強く表現することができるので、目上の相手にこそ「くれぐれも」を積極的に使うといいでしょう。 「くれぐれも」の類語と違い 「くれぐれも」のように、そのあとに続く依頼や願いを強調する言葉は数多くあります。 しかしそれぞれにニュアンスや意味が異なるため、使い間違えのないようそれぞれの違いについてしっかり理解しておきましょう。 「どうか」は懇願 「どうか」はそれが困難であることを理解しつつ、それを踏まえた上でなおもお願いする場合に使う言葉です。 「困難なことをお願いする」という部分が「くれぐれも」との違いです。 「どうぞ」は許可 「どうぞ」には丁寧に依頼する場合の他、「どうぞお召し上がりください」というように相手の言動を許可する場合にも用いられます。 依頼をする際に用いる場合は、「くれぐれも」の方がより強い気持ちを表すことになります。 「ぜひ」は強い依頼 「ぜひ」はもともと「是が非でも」つまり「良くても悪くても」という意味です。 「くれぐれも」の使用例 「くれぐれも」は注意をする、依頼をする、指示を念押しするなど様々な場面で使用することができます。 ここではそれぞれのシーンでの「くれぐれも」の使用例をご紹介します。 「十分な注意を促す」場合に使う 相手に十分な注意を促す場合に使用します。 「雨で道が滑りやすくなっておりますので、くれぐれもご注意ください」 「寒い日が続いておりますので、くれぐれもご自愛ください」 「くれぐれもご無理はなさいませぬよう、お願いいたします」 「強く依頼する」場合に使う 相手に強く依頼する場合に使用します。 「プロジェクト成功のため、くれぐれもご協力お願いいたします」 「大変感謝しておりますこと、くれぐれもよろしくお伝えください」 「弊社の事情について、くれぐれもご理解いただけますようお願いいたします」 「指示を念押しする」場合に使う 相手に念入りに指示する場合に使用します。 「重要なお客様なので、くれぐれも失礼のないように」 「夏休みだからといって、くれぐれもはめを外しすぎないこと」 「十分な知識と技術のない方はくれぐれも真似をしないでください」 まとめ ここでご紹介したことをまとめると、以下のようになります。 ・「くれぐれも」は依頼や懇願、忠告を強調する際に使われる ・「くれぐれも」は漢字で書くと「呉呉も」、ただしあまり知られていないので普段はひらがな表記の方がいい ・「くれぐれも」は目上の人に使っても問題はない ・「くれぐれも」には様々な類語があるけれど、それぞれに意味や使い方が異なる 「くれぐれも」は効果的に使用すれば、自分の気持ちをより強く相手に伝えることができ、コミュニケーションを円満に図ることができるようになります。 ぜひ意味と使い方を正しく理解し、ビジネスシーンで役立ててください。

次の