婦人 科 特定 疾患 治療 管理 料。 ー2020年度点数改定―「かかりつけ医」推進姿勢 強固に

B001_4 小児特定疾患カウンセリング料|e

婦人 科 特定 疾患 治療 管理 料

特定疾患療養管理料とは? 算定点数はクリニックの場合 225点です。 特定疾患療養管理料は、「管理料」という名前からもわかるとおり、特定の病気の管理を行ったときに算定できる点数です。 領収書の「管理料」の欄に掲載されます。 (紹介状(診療情報提供書)を発行した時の点数もここに分類されます。 算定できる点数がが高い 3割負担の方の場合、窓口負担は 680円。 月2回まで算定可能ですので、クリニックでは 特定疾患療養管理料の算定漏れは、大きな損失につながります。 電子カルテ・レセプトコンピューターなど、電子化されているクリニックであれば、ほぼ自動的に算定される項目ですが、 医療事務の方は、ダブルチェックの意味でも、どのような場合に算定されるのかは理解するべきでです。 算定条件 算定の点数が高価格ということもあり、算定の条件が細かく設定されています。 特定疾患が主病名であること 厚生労働省が定める疾患が主病名であることが最初の条件です。 該当する病名が付いている場合、レセプトコンピューターが自動で算定する機能が搭載されているので、まず算定漏れはないと思いますが、 主に 経過観察が必要な病気に算定されます。 医療事務未経験の方でも聞いたことがる、高血圧症、高脂血症、喘息、胃炎、胃潰瘍などの内科疾患も対象疾患です。 主病が複数ある場合は? レセプト上、主病が複数ある場合は、「主たるもの」で算定する決まりになっています。 1ヶ月以上経過していると算定可 初診日、又は、当該医療機関の退院日から1カ月以上経過している必要があります。 クリニックの場合は外来のみですので、退院日の部分は必要ありませんが、医療事務として覚えておくべき項目です。 電話再診の場合 電話再診の場合も算定できません。 10 再診が電話等により行われた場合にあっては、特定疾患療養管理料は算定できない。 難病外来指導管理料は、基本的に同時算定不可 細かくはもう少しありますが、下記の項目とは同時算定できません。 ウイルス疾患指導料、小児特定疾患カウンセリング料、小児科療養指導料、てんかん指導料、難病外来指導管理料、皮膚科特定疾患指導管理料、慢性疼痛疾患管理料、小児 悪性腫瘍患者指導管理料及び耳鼻咽喉科特定疾患指導管理料 「これは何の費用ですか?」に答えるために 前述のとおり、特定疾患療養管理料は算定の点数が高いため、窓口で対応をするスタッフは、 「これは何の費用ですか?」という質問に正確に答えられる必要があります。 この質問に答えるためには、 何を管理しているのかを正確に説明できる必要があります。 指導料から管理料の歴史 特定疾患療養管理料は、以前は「特定疾患療養 指導料」という名前でした。 指導であれば、指導を行ったかどうかは明確ですが、現在は「管理」となっており、患者様に説明する時は、「何を管理しているか」をお話しなければなりません。 もう少し踏み込むと 「管理とは何をしているか」という点です。 何を管理しているのか 例えば、定期的に血液検査を行い、過去の数値と比べながら経過観察する、患者様様の様子を伺いながら、薬を処方する、こういったことは全て「管理」に該当します。 ドクター:「前回から体調の変化はありませんか?」 患者様:「前回から大きな変化はありません。 」 ドクター:「血圧も高めだけど前回から大きな変化もありませんし、また2週間後にきてください。 」 特に高齢者の患者様が多い内科では良くあるやり取りですが、このような流れであれば 特定疾患療養管理料を算定していても問題ありません。 ただし、算定要件を満たしているとはいえ、 これだけでは患者様のクレームにつながりかねません。 通常、診察はこれだけで終わることは少なく、患者様の声に耳を傾けて、ドクターの診察によって安心を得ていただくことで、クレームを事前に回避することもあります。 特定疾患療養管理料の妥当性 8 特定疾患療養管理料は、別に厚生労働大臣が定める疾患を主病とする者に対し、実際に 主病を中心とした療養上必要な管理が行われていない場合又は実態的に主病に対する治療 が当該保険医療機関では行われていない場合には算定できない。 となっているので、対象疾患に関して必要な管理や治療が行われていない場合は、 特に薬が処方されていない場合は、算定に異を唱えることも出来るかもしれません。 但し、多くのドクターは、勉強会に参加し、専門分野に関して日々見識を深めています。 患者様の立場からすれば「毎回同じ指導」のように感じていたとしても、診察するドクターからも同じとは限りません。 「出来れば窓口の支払は安いほうが良い」という考え方にも共感する部分はありますが、総じて妥当ではないでしょうか。 医療事務の方は、このような内容を理解した上で患者様にお話をするようにしましょう。 「病名が高血圧だから」でも間違ってはいませんが、これだけでは不十分です。

次の

特定疾患療養管理料(医学管理)算定方法まとめ。対象疾患について

婦人 科 特定 疾患 治療 管理 料

診療費明細書 photo by hakucyou 特定疾患療養管理料とは、「厚生労働省の定めた特定疾患について、かかりつけの主治医が治療計画に基づいて療養上必要な服薬、運動、栄養管理、日常生活の注意などの管理や指導を行ったときに生じる医療費」のことをいいます。 よくわかりづらいですよね。 特定疾患療養管理料はどのようなものかみていきましょう。 [ 特定疾患療養管理料ってなに] 最初に、厚生労働省の定めた特定疾患とはなんでしょうか。 ほかにも特定疾患に指定されている疾患があります。 これらの疾患に共通していることは、治療期間の長い慢性の経過をたどることが多いということです。 慢性の経過をたどるため、長期の診療を受けることが必要とされる疾患だということもできますよね。 慢性の経過をたどる疾患については、おもに以下のような診療が行われます。 ・患者さんの様子の視診や問診などを行う。 ・定期的に血圧や血液検査などの検査をおこなって病状の経過観察を行う。 ・薬を長期にわたって服用するものことが多いので患者さんの様子に応じた薬を処方する。 ・食生活や日常生活などのアドバイスを行う。 これらの医療行為を患者さんの「管理」を行うと考えます。 この「管理」に対する医療行為の評価として設けられているのが「特定疾患療養管理料」です。 写真はイメージです。 photo by 注射、手術、外傷治療などのなんらかの処置が行われる具体的な医療行為などと違って、なにを管理や指導しているのかわかりにくいともいわれています。 見方を変えて考えてみましょう。 会社の経営や会社の組織などに対して管理、指導、助言などを行う「経営コンサルティング」という職業がありますよね。 同じように、患者さんの健康のコンサルティングをしてくれているのがお医者さんだと考えるとわかりやすいのではないでしょうか。 このコンサルティングが「管理」にあたります。 しかし、なんでもかんでも「特定疾患療養管理料」になるということではありません。 もう少し、詳しくみてみましょう。 主病名が特定疾患でない場合には算定できません。 複数の特定疾患があっても対象となるのはどちらか一方の主たる疾病のみです。 算定できるのはどちらか一方の病院のみです。 病床数が200以上の病院は対象外です。 診療所 クリニック の点数がもっとも高く設定されています。 写真はイメージです。 たとえば、毎週受診している場合には月の最初2回は算定されますが、月の残り2回は算定されません。 それぞれ初診料もしくは入院基本料に含まれます。 難病外来指導管理料や心身医学療法などの一部の指導料と同時に算定することもできません。 明細書の投薬欄に記載がされます 一番上の写真で「長期投薬加算」が特定疾患処方管理長期投薬加算の相当します。 [ 管理されているかわからないと感じるときには] 同じ病気で長期間通院している方も多いでしょう。 「管理なんかされていない」、「様子を聞かれておしまいだよ」などと疑問に感じてしまうことはないでしょうか。 写真はイメージです。 photo by こう考えてはどうでしょう。 病状に変化あれば病状に応じた対応をしてくれますよね。 心配なことがあるときに相談したことはないですか。 なにかあった時に、かかりつけのお医者さんは患者さんの状態を把握しているはずです。 その時に患者さんにあった対応をおこなうためのものであると考えるのはどうでしょうか。 また、長い間通院していると慣れがでてきてしますが、様子を聞かれておしまいならば安心なことだとも考えられますよね。 診察室に入るとこんな症状があったということを忘れてしまうことはありませんか。 気になる症状があれば、メモを取っておいて受診時に相談するのもいいかもしれません。 ささいな症状でも、病状の悪化の予兆かもしれません。 患者さん側から働きかけも大切なことかもしれませんよね。 ただし、主病となる特定疾患に対して必要な管理もしくは治療が行われていない場合には算定できないという決まりがあります。 たとえば、特定疾患について問診さえもされずに薬の処方もない場合に算定されていたら確認した方がいいでしょう。

次の

B000 特定疾患療養管理料

婦人 科 特定 疾患 治療 管理 料

以下この部において同じ。 )又は心療内科の医師が一定の治療計画に基づいて療養上必要なカウンセリングを行った場合に算定する。 (2)「ロ」については、乳幼児期及び学童期における特定の疾患を有する患者及びその家族等に対して、日常生活の環境等を十分勘案した上で、当該患者の診療を担当する小児科又は心療内科の医師の指示の下、公認心理師が当該医師による治療計画に基づいて療養上必要なカウンセリングを20分以上行った場合に算定する。 なお、一連のカウンセリングの初回は当該医師が行うものとし、継続的にカウンセリングを行う必要があると認められる場合においても、3月に1回程度、医師がカウンセリングを行うこと。 (3)カウンセリングを患者の家族等に対して行った場合は、患者を伴った場合に限り算定する。 (4)小児特定疾患カウンセリング料の対象となる患者は、次に掲げる患者である。 ア】気分障害の患者• イ】神経症性障害の患者• ウ】ストレス関連障害の患者• エ】身体表現性障害(小児心身症を含む。 また、喘息や周期性嘔吐症等の状態が心身症と判断される場合は対象となる。 )の患者• オ】生理的障害及び身体的要因に関連した行動症候群(摂食障害を含む。 )の患者• カ】心理的発達の障害(自閉症を含む。 )の患者• キ】小児期又は青年期に通常発症する行動及び情緒の障害(多動性障害を含む。 )の患者 (5)小児特定疾患カウンセリング料の対象となる患者には、登校拒否の者及び家族又は同居者から虐待を受けている又はその疑いがある者を含むものであること。 (6)小児特定疾患カウンセリング料は、同一暦月において第1回目及び第2回目のカウンセリングを行った日に算定する。 (7)「ロ」を算定する場合、公認心理師は、当該疾病の原因と考えられる要素、治療計画及び指導内容の要点等についてカウンセリングに係る概要を作成し、指示を行った医師に報告する。 当該医師は、公認心理師が作成した概要の写しを診療録に添付する。 (8)小児特定疾患カウンセリング料を算定する場合には、同一患者に対し第1回目のカウンセリングを行った年月日を診療報酬明細書の摘要欄に記載する。 (9)電話によるカウンセリングは、本カウンセリングの対象とはならない。 (10)平成31年4月1日から当分の間、以下のいずれかの要件に該当する者を公認心理師とみなす。 ア】平成31年3月31日時点で、臨床心理技術者として保険医療機関に従事していた者• イ】公認心理師に係る国家試験の受験資格を有する者.

次の