横浜 中華 街 行っ て は いけない 店。 本当に迷ったらこれ!地元民が教える“横浜中華街”の絶品食べ歩きグルメ15選

地元人厳選!横浜中華街の安くて旨いレストランおすすめ10選!!

横浜 中華 街 行っ て は いけない 店

どうも、トモロヲです! みなさん横浜は好きですか? 僕は好きですね! よく デートスポットでも人気の高い横浜で 今回僕は、みなさんきになる横浜中華街の食べ放題は 正直なところ 「一体どこが一番美味しいのか!?」 「たくさんある中から選びづらい。 」 というところじゃありませんか!? どこが良いのか正直わからないということも意見で出ているので 今回は外さないお店を超厳選して 1件だけご紹介致します! みなさん一件だけ何で非常にわかりやすいと思いますので初心者には オススメですよ〜! それでは行きましょう! ・今回は車で横浜中華街へ 横浜大世界の近くにパーキングがあるので、 車できた人はここに停めるのが一番近いかもしれませんね。 他にも近くにパーキングがあるので是非調べて見てください! ・フラフラ歩くと神社が見えてきました。 どうやらこの辺りはポケモンGOのスポットらしい・・・ そのまま歩くこと5分。 今回僕は調べてきたお店の名前は 「皇朝レストラン」というとこらしい。 ちなみに 中国料理世界大会のチャンピオンの手がけた一口肉まんが美味いらしい。 中華街になんども足を運んできたが、まともに店の名前を読めたためしがない・・・。 そんな僕と同じ気持ちのあなたに 日本人向けに横浜中華街のHPがあるのでそちらを見て きになるお店をリサーチしよう! 横浜中華街食べ放題の相場はだいたい1,980円てとこ。 皇朝は他より値段は少し高めだがその分の料理の美味しさ、店内が清潔であったりと少し余裕があるなら、迷わずここに行くべき。 ちなみにこの日は平日であったにも関わらず店内は混んでます。 待つことがあるかもしれませんが、我慢しましょう。 ・やっぱり小籠包食べちゃう。 とりあえず、どれを食べても 横浜中華街屈指です。 中でも 小籠包は人気です。 (小籠包は台湾の料理です笑。 ) 中でも今回僕は一番オススメしたい料理はこちら ・カニ爪の揚げ物 これがまじで美味い。 一瞬中華なのか・・・ と疑問に思いましたが、食べ放題で美味しいものを食うというのが 今回も目的なので間違いなくOKです! 他にもたくさん美味いものがあるので是非そちらはお店でチェックしてください。 ・お腹を満たした後は散策へ 普段味わえない街並みは、お宝が見つかるかもしれませんね。 ここでフラフラっとしていると 占いの文字がいたるところに・・・。 そう横浜中華街は中華料理だけでなく占いも多いです。 ワンコインで簡単に手相も見てくれるところもあり、 僕も今後が気になり 「うむ、占いがしたい。 」 ということで占いをしに。 ・占って欲しい人の大半は恋愛が多いらしい。 とにかく女性率が高い。 今回男二人で行きましたが、なかなか男性の方はいませんでした。 気になる結果は・・・ どうやら来年いい出会いがあるらしい。 ほんまかいな、信じていいんか笑。 来年まで待てませんよ僕は。 しかも、身近な知り合いの人らしい。 信じてええのか・・・。 こうして今日が終わった。 最後に。 やはり、横浜中華街なら食べ放題でしょう。 ちなみに長崎の中華街は長崎ちゃんぽんのお店が多いので、 中華街にも色々特徴があります。 横浜中華街は流行りのものが多くタピオカなどたくさんあります。 お店など事前に先ほどのHPで下調べしておきましょう!.

次の

横浜中華街おすすめのお土産は華正楼の月餅 賞味期限・口コミ・通販購入方法など

横浜 中華 街 行っ て は いけない 店

神奈川県でも有数の観光地、横浜中華街。 デートの定番ルートとしても有名ですがドラマの撮影やグルメ番組のロケ地としても大人気ですよね。 この前までオンエアされていたと主演の「逃げ恥」や、最近だとと主演の「刑事ゆがみ」、系で放映中の「今からあなたを脅迫します」ではと扮する主人公の仕事場 アジト が中華街の中にあるという設定でロケが。 このドラマ自分もなるべく観ているのですが、テレビっ子である小6の娘が全話視聴中。 ハマってます。 「あぶない刑事」世代のお父さんには娘の話題について行くのに必死なんです。 そんな魅力ある横浜中華街ですが、よく耳にするのが「どの店を選んで良いかわからない」「どれも同じような店ばかりじゃないか」というもの。 初めて訪れた人なら誰もが感じることでしょう。 そこで今回は私の独断と偏見で横浜中華街の旨い店をご紹介。 大通りから裏通りとなかなか入りにくい裏路地までプロ技と中華の伝統が光る選りすぐりのレストランです。 中国西部にある地域、は何といってもその辛さ。 麻婆豆腐に担々麺、回鍋肉(ホイコウロウ)や(チンジャオロース)等々…。 日本でも馴染みある料理ばかりですが、本場のの味付けは「麻辣」()を信条としています。 麻辣とは「痺れるような辛さ」を意味する言葉。 唐辛子や山椒などの香辛料が多く使われているため、のなかでもダントツの辛さです。 なぜここまで辛い料理が発展しているのかというと、四川の気候に関係しています。 は盆地で湿度が高く、夏はうだるような暑さが続く熱帯地域です。 霧が出ていたり曇り空も多く、日差しも照ることが少ないので住人たちは汗をあまり掻くことがなく新陳が悪くなりがちです。 そこで、山椒や唐辛子が多く使われた料理を食べることで、発汗促進・食欲増進・血液良好・夏バテ防止・肥満予防などなど、さまざまな効果が期待できる辛味の強い料理が発展してきました。 は熱帯気候に打ち勝ち健康を維持するために生み出された料理なのです。 昨今の横浜中華街にはどこもかしこも食べ放題のお店ばかり。 私は食べ放題は嫌な思い出しかないのでアンチ食べ放題です。 大通りは特に食べ放題の勧誘 呼び込みしてるところに限って料理は実力以下 と強引な栗の押し売りが凄まじいので危険です。 とかグルナビにせよ、もそうだと思いますがお薦めランキングサイトとか情報サイトで紹介されてる食べ放題のお店は、まず広告色が強いビジネス絡みで間違いないでしょう。 実際に利用してみて感じた私が断言します。 惑わされてはいけません。 店員も横暴でムカつきますしね。 ムキッ! どうしても食べ放題に行きたいのであれば、味に過度な期待をしてはいけません。 さもないと、怒りと後悔の念だけが記憶に残ることでしょう。 「これなら実家の中華料理屋のほうがうまくね?」とか「この料理冷えきってるけど作り置きしてない?」と思うようなところから、「クソ不味い!」と言わざるを得ないところも実際にあります。 1番厄介なのが圧倒的に「普通のクオリティ」で出してくるところ。 下手に文句も言えず... 料金はしっかり払わされる。 こんなもの横浜中華街で食べる意味がありません。 因みに紹介しますが感じ方は人それぞれで個人的な見解だということを前置きします。 が主体なのでしょうか、焼き小籠包の「正宗生煎包」 まさむねさんちぇんぱお が看板商品。 キャッチフレーズに"溢れだす肉汁コラーゲン"と唱っているだけあってかじると中の肉汁が飛び出します! で食べられる こしょうもち も日本ではここだけです。 大通りに3店舗と市場通りに1店舗もあり、お土産品や実演品 食べ歩き が中心のお店です。 中でも朝陽門(東門)から程近い大通り入り口に構えるお店はレストランが併設されていて、小籠包や正宗生煎包といった飲茶点心もオーダーできるので落ち着いて味わえます。 出される料理も意外と美味しかったんです。 市場通りに構える店舗が食べ放題の金鳳酒家 きんほうしゅか と併設されてるがあるので、アラカルト料理の味には期待はしていなかったのですが、繊細な味付けに驚かされました。 店員の態度は中の下くらいですが十分お薦めできるお店です。

次の

東京観光旅行⑥横浜中華街

横浜 中華 街 行っ て は いけない 店

神奈川県でも有数の観光地、横浜中華街。 デートの定番ルートとしても有名ですがドラマの撮影やグルメ番組のロケ地としても大人気ですよね。 この前までオンエアされていたと主演の「逃げ恥」や、最近だとと主演の「刑事ゆがみ」、系で放映中の「今からあなたを脅迫します」ではと扮する主人公の仕事場 アジト が中華街の中にあるという設定でロケが。 このドラマ自分もなるべく観ているのですが、テレビっ子である小6の娘が全話視聴中。 ハマってます。 「あぶない刑事」世代のお父さんには娘の話題について行くのに必死なんです。 そんな魅力ある横浜中華街ですが、よく耳にするのが「どの店を選んで良いかわからない」「どれも同じような店ばかりじゃないか」というもの。 初めて訪れた人なら誰もが感じることでしょう。 そこで今回は私の独断と偏見で横浜中華街の旨い店をご紹介。 大通りから裏通りとなかなか入りにくい裏路地までプロ技と中華の伝統が光る選りすぐりのレストランです。 中国西部にある地域、は何といってもその辛さ。 麻婆豆腐に担々麺、回鍋肉(ホイコウロウ)や(チンジャオロース)等々…。 日本でも馴染みある料理ばかりですが、本場のの味付けは「麻辣」()を信条としています。 麻辣とは「痺れるような辛さ」を意味する言葉。 唐辛子や山椒などの香辛料が多く使われているため、のなかでもダントツの辛さです。 なぜここまで辛い料理が発展しているのかというと、四川の気候に関係しています。 は盆地で湿度が高く、夏はうだるような暑さが続く熱帯地域です。 霧が出ていたり曇り空も多く、日差しも照ることが少ないので住人たちは汗をあまり掻くことがなく新陳が悪くなりがちです。 そこで、山椒や唐辛子が多く使われた料理を食べることで、発汗促進・食欲増進・血液良好・夏バテ防止・肥満予防などなど、さまざまな効果が期待できる辛味の強い料理が発展してきました。 は熱帯気候に打ち勝ち健康を維持するために生み出された料理なのです。 昨今の横浜中華街にはどこもかしこも食べ放題のお店ばかり。 私は食べ放題は嫌な思い出しかないのでアンチ食べ放題です。 大通りは特に食べ放題の勧誘 呼び込みしてるところに限って料理は実力以下 と強引な栗の押し売りが凄まじいので危険です。 とかグルナビにせよ、もそうだと思いますがお薦めランキングサイトとか情報サイトで紹介されてる食べ放題のお店は、まず広告色が強いビジネス絡みで間違いないでしょう。 実際に利用してみて感じた私が断言します。 惑わされてはいけません。 店員も横暴でムカつきますしね。 ムキッ! どうしても食べ放題に行きたいのであれば、味に過度な期待をしてはいけません。 さもないと、怒りと後悔の念だけが記憶に残ることでしょう。 「これなら実家の中華料理屋のほうがうまくね?」とか「この料理冷えきってるけど作り置きしてない?」と思うようなところから、「クソ不味い!」と言わざるを得ないところも実際にあります。 1番厄介なのが圧倒的に「普通のクオリティ」で出してくるところ。 下手に文句も言えず... 料金はしっかり払わされる。 こんなもの横浜中華街で食べる意味がありません。 因みに紹介しますが感じ方は人それぞれで個人的な見解だということを前置きします。 が主体なのでしょうか、焼き小籠包の「正宗生煎包」 まさむねさんちぇんぱお が看板商品。 キャッチフレーズに"溢れだす肉汁コラーゲン"と唱っているだけあってかじると中の肉汁が飛び出します! で食べられる こしょうもち も日本ではここだけです。 大通りに3店舗と市場通りに1店舗もあり、お土産品や実演品 食べ歩き が中心のお店です。 中でも朝陽門(東門)から程近い大通り入り口に構えるお店はレストランが併設されていて、小籠包や正宗生煎包といった飲茶点心もオーダーできるので落ち着いて味わえます。 出される料理も意外と美味しかったんです。 市場通りに構える店舗が食べ放題の金鳳酒家 きんほうしゅか と併設されてるがあるので、アラカルト料理の味には期待はしていなかったのですが、繊細な味付けに驚かされました。 店員の態度は中の下くらいですが十分お薦めできるお店です。

次の