天皇誕生日 2019。 天皇誕生日はどうなる?2020年は振替休日?

天皇誕生日はどうなる?2018・2019・2020年はいつかをチェック!

天皇誕生日 2019

2019年に天皇誕生日がないのはなぜか 祝日はどこが決めているのか そもそも祝日は、どのようにして決定しているのでしょうか。 祝日は正しくは 「国民の祝日」というもので、 「国民の祝日に関する法律」によって定められています。 また祝日が日曜日と重なったときには、月曜日が「振替休日」に。 更に前日と翌日が祝日となる平日が休日となる「国民の休日」も、この法律によるものなんです。 即位の日付と誕生日と 天皇陛下(今上天皇)が2019年4月30日をもって生前退位なされることは、すでに決定しています。 そして 5月1日より皇太子様が新天皇に即位なされ、新しい年号がスタート。 天皇誕生日は国民の祝日に関する法律において、「天皇の誕生日を祝う」…としています。 実はこの部分が、2019年の天皇誕生日がないことに深く関係しています。 皇太子様の誕生日は2月23日。 5月1日に新しく天皇陛下として即位なされた時点で2月23日は過ぎています。 また現天皇陛下(今上天皇)が4月30日に退位なされた時点で、2019年の12月23日は「天皇誕生日」と言えない状況に。 そのため 2019年は「天皇誕生日」が存在しないため、祝日もなくなってしまいました。 2020年以降の天皇誕生日は? 新しい天皇誕生日 2019年は、5月1日に皇太子さまが新しく天皇陛下に即位なされる関係で、その年(2019年)の2月23日は天皇誕生日となりません。 しかし 2020年以降は、2月23日が天皇誕生日となる予定です。 先に説明したように、天皇誕生日は法律で「天皇の誕生日を祝う」としています。 そのため新しい天皇陛下の誕生日にあわせて、天皇誕生日の日付も変更されるんですね。 こういった変更は過去にもありました。 昭和天皇が即位されていた昭和の時代は、4月29日が天皇誕生日でしたが、今上天皇が即位なされて平成となってからは、12月23日が天皇誕生日となっています。 5月1日は祝日になるの? その年限りで? 2019年に天皇誕生日がないことで、祝日が1日減ってしまったと感じる人がいるかも知れません。 しかし、2019年の1年限りではありますが、新天皇が即位なされる 5月1日を祝日にしようという動きがあります。 実はゴールデンウィーク中の平日で、5月1日を祝日にすれば、• 4月29日(昭和の日)と5月1日にはさまれる、4月30日• 5月1日と5月3日(憲法記念日)にはさまれる、5月2日 …の2日間が祝日法の規定により 「国民の休日」となります。 4月28日(日)~5月6日(月・振替休日)の9日間が祝日に。 28日の前日の27日は土曜日なので、正味 10日間の連休も可能です。 この超大型連休によって、様々なかたちで休みを楽しんでほしいという考えもあるんです。 5月1日を祝日にする件については、2018年10月12日の閣議で方向性は決まりました。 最終的には秋の臨時国会で決定される予定です。 正式に祝日となったら、長期旅行に行くなど、いろんな楽しみ方ができそうですね。 12月23日はどうなるの? 現時点では… 2月23日が新しく天皇誕生日となると、気になるのが現在の天皇誕生日である 12月23日のこと。 この日は先に記載したように、退位なされる現天皇陛下の誕生日なので、2019年は天皇誕生日ではなくなります。 また2020年以降に関しても、 現時点では祝日ではなく平日とする方向で検討されています。 この点に関しては今後様々なかたちで議論が重ねられるため、あるいは新たな祝日になる可能性も残っています。 今後の動きに注目しつつ、だれもが納得するかたちでまとまってほしいですね。 過去の天皇誕生日は ちなみに 過去の「天皇誕生日」は、祝日になっている日と、祝日になっていない日があります。 昭和天皇の誕生日であった4月29日は、みどりの日を経て現在は「昭和の日」に。 また明治天皇の誕生日である11月3日は、現在は「文化の日」の祝日となっています。 一方で大正天皇の誕生日である8月31日は、暑い盛りという理由で在位中は10月31日が代わりの祝日に。 また戦後の法律改正で祝日が変わった際には引き継がれず、どちらも平日となっているんですね。 【関連記事】• 祝日の情報をしっかりチェックしよう 2019年の祝日カレンダーは、2018年の2月にすでに発表されていて、次のようになることは決定しています。 現天皇陛下の誕生日である12月23日は平日 …そのタイミングでは、既に退位なされているため• 新たに即位なされる天皇陛下の誕生日である2月23日は平日 …そのタイミングでは、既に誕生日が過ぎているため 祝日が減ってしまうかたちにはなりますが、新天皇即位日である5月1日が1年限りの祝日となる可能性が高く、その場合は超大型連休となります。 正式に決定したらうれしいですね。 ただ、これらの情報は変更される可能性もあるため、2019年の祝日に関する情報はしっかりチェックしましょう!.

次の

「令和」最初の天皇誕生日はいつ? 12月23日はどうなるの?

天皇誕生日 2019

コンテンツ• 2018年の天皇誕生日と国民の祝日カレンダー 画像出典: 2018年までは明仁(称号:継宮)様が天皇陛下でしたので、それ以前とあまり変化は見られません。 まだ平成天皇としてのお役目を果たされていましたので、12月23日が天皇誕生日でしたね。 天皇誕生日だった12月23日も日曜日でしたので、翌日もお休みでした。 尚、祝日の名称には「の」が入っているものと、入っていないものがあります。 「の」が入っている日は「他にも候補があった日」、入ってない日は「その日でなくてはならない日」の違いです。 平成天皇の誕生日となる12月23日はその日でなくてはならない日でしたので「天皇の誕生日」とはなりません。 建国記念の日は、日本国の建国がいつなのか曖昧なため「の」が入っています。 Sponsored Link 2019年の天皇誕生日と国民の祝日カレンダー 画像出典: 2019年の4月30日で平成の時代も終わり、5月1日からは令和の時代に入りました。 平成天皇の明仁様が上皇となられた今、天皇誕生日はどう変化するのでしょうか? ちなみに今上天皇の徳仁様のお誕生日は2月23日ですが、改元の日にはすでに過ぎ去っています。 しかし、5月01日の新天皇即位日、10月22日の即位礼正殿の儀は、例年とは異なり祝日扱いとなります。 また、国民の祝日に関する法律では、祝日と祝日の間に挟まれた平日は「国民の休日」としてお休みになるため、4月30日と5月02日は祝日と同様お休みになります。 カレンダーを見ると、ゴールデンウィークが10日間も続くという異例の年となっています。 Sponsored Link 2020年の天皇誕生日と国民の祝日カレンダー 画像出典: いよいよ2020年からは、新天皇となられた 徳仁様のお誕生日が天皇誕生日になります。 また、東京オリンピックの開催年であることも影響がありそうですね。 では、早速カレンダーでチェックしてみましょう。 カレンダーでは日曜日のため、翌月曜は振替休日となります。 画像出典: また、東京オリンピックの影響で移動する祝日が3日あります。 7月15日の「海の日」が東京オリンピック開会式前日の7月23日(木)に移動、8月11日の「山の日」がオリンピック閉会式翌日の8月10日(月)に移動します。 さらに、例年10月の「体育の日」が7月24日のオリンピック開会式当日に移動し、2020年から「スポーツの日」に名称まで変わってしまいます。 2018年までの天皇誕生日が、何らかの形で国民の祝日になる可能性もあるのではないでしょうか? Sponsored Link 2021年の天皇誕生日と国民の祝日カレンダー 令和3年となりますし、天皇誕生日も浸透している頃ですね。 前年のオリンピックも終わり、2021年は国民の祝日に関するカレンダーも安定していると思われます。 では、2021年はどのように変化しているか見てみましょう! 2021年日付 祝日の呼称 1月01日(金) 元日 1月11日(月) 成人の日 2月11日(木) 建国記念の日 2月23日(火) 天皇誕生日 3月20日(土) 春分の日 4月29日(木) 昭和の日 5月03日(月) 憲法記念日 5月04日(火) みどりの日 5月05日(水) こどもの日 7月19日(月) 海の日 8月11日(水) 山の日 9月20日(月) 敬老の日 9月23日(木) 秋分の日 10月11日(月) スポーツの日 11月03日(水) 文化の日 11月23日(火) 勤労感謝の日 2021年は本当に安定していて、振替休日もありませんね。 やはり12月に天皇誕生日という祝日が無いとしっくり来ない人も多いと思います。 働き方改革も進められていますので、本当に12月に国民の祝日が復活する可能性もありますね。 まとめ• 2019年には天皇誕生日という祝日は無い• 代わりに「新天皇即位日」「即位礼正殿の儀」「国民の休日」などが増える• ゴールデンウィークが10連休という人も多い• 2020年からは2月23日が天皇誕生日になる• 東京オリンピックの影響で「海の日」「山の日」「体育の日」が移動する• 2020年から「体育の日」が「スポーツの日」に替わる• 2018年~2021年の祝日に関するカレンダーは激変している点も多い が始まる喜びと同時に、平成天皇や美智子様のお姿を見る機会が減ってしまいそうですね。 本当に私たち国民のためにご尽力下さり、誠にありがとうございました。 そして、5月1日から新しい天皇皇后両陛下も一層お忙しくなるかもしれませんね。 来年からは天皇誕生日は2月23日ですので、こちらもぜひ覚えておいて下さい!.

次の

天皇誕生日2020年。意味や由来、イベント。国で最も記念すべき日

天皇誕生日 2019

Contents• 2019年の国民の祝日は何日?2018年と比較すると! 2019年の国民の祝日は、 どのようになっているのでしょうかその日にちを2018年と比較してみます。 国民の祝日 2018年 2019年 元旦 1月1日 1月1日 成人の日 1月8日 1月14日 建国記念日 2月11日 2月11日 春分の日 3月21日 3月21日 昭和の日 4月29日 4月29日 憲法記念日 5月3日 5月3日 みどりの日 5月4日 5月4日 こどもの日 5月5日 5月5日 海の日 7月16日 7月15日 山の日 8月11日 8月11日 敬老の日 9月17日 9月16日 秋分の日 9月23日 9月23日 体育の日 10月8日 10月14日 文化の日 11月3日 1 1月3日 勤労感謝の日 11月23日 11月23日 天皇誕生日 12月23日 このようになります。 ただ1点違うのが 天皇誕生日がなくなっているということです。 ちなみに 振替休日や祝日にはさまれることによってできる「休日」は、 2018年は、 2月12日、4月30日、9月24日、12月24日、 2019年は、現在のところ 5月6日、8月12日、11月4日となります。 天皇誕生日は、慣例により日本の国家の日とされ、 昭和23年(1948年)までは、『 天長節(てんちょうせつ)』と呼ばれていました。 平成天皇在位の1989年(平成元年)からは 12月23日ですね。 伊勢神宮を始め、 各地の神社では 天長祭が行なわれます。 ちなみに 皇后の誕生日は 『天長節』に対して『 地久節』と呼ばれますが、 国家の祝日ではありません。 平成天皇在位の1989年からは、 天皇の誕生日の国民の祝日は、 平成天皇の御誕生日である12月23日でした。 ちょうどクリスマスイブの前日 年末のその年の最後の祝日ですね。 しかし、 2019年は12月23日の時点では、 平成天皇は退位されています。 皇太子徳仁親王の天皇即位されています。 そして、新天皇の誕生日は、 2月23日です。 その新天皇の天皇誕生日は、 2017年(平成29年)6月16日に公布された 天皇の退位等に関する皇室典範特例法で 2020年から 天皇誕生日が2月23日なると決められているのです。 こういった理由で 2019年は天皇誕生日がない年になるのです。 天皇誕生日がない年というのは、 1948年の祝日法の施行以来、 初めての年 となります。 天皇誕生日が祝日となったのは 明治天皇の時代からです。 それ以前は、お祝いの日ではあっても 休日扱いにはならず、普段通り仕事はありました。 ・明治天皇 11月3日 ・大正天皇 8月31日 ・昭和天皇 4月29日 ・平成天皇 12月23日 大正天皇の御誕生日である 8月31日というのは、 猛暑の時期なので式典は10月31日に行われていました。 ですので 祝日は 8月31日と 10月31日の両方だったようです。 現在、 明治天皇の誕生日11月3日は文化の日です。 昭和天皇の誕生日4月29日はみどりの日です。 昭和天皇の崩御後は「みどりの日」と言われ祝日であることは変わりませんでしたが、 その後、「昭和の日」と改名され、みどりの日は5月4日になりました。 そして、 大正天皇の誕生日8月31日は平日です。 平成天皇の誕生日12月23日は祝日になるのでしょうか? もしかしたら12月23日も昭和天皇のように何かしら形を変えて残るかもしれませんが、 2019年以降の12月23日については、 それまでに天皇誕生日に代わる新たな名称の祝日が 国民の祝日に関する法律で定められない限り、平日となります。 ま と め このように2019年は天皇誕生日がないというめずらしいカレンダーとなってきます。 1948年の祝日法の施行からみても天皇誕生日の「国民の祝日」がない年ははじめてなのですね。 平成天皇の誕生日12月23日は今度どうなるのかわかりませんが、年の最後の祝日としてなんだかの記念日の祝日として 残してほしい気もしますね。 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の