パナソニック セミコンダクター ソリューションズ 株式 会社。 会社概要 & 沿革

パナソニック・タワージャズセミコンダクター

パナソニック セミコンダクター ソリューションズ 株式 会社

booth during the 2018 Consumer Electronics Show CES in Las Vegas, Nevada, U. , on Wednesday, Jan. 10, 2018. Electric and driverless cars will remain a big part of this year's CES, as makers of high-tech cameras, batteries, and AI software vie to climb into automakers' dashboards. (ブルームバーグ): パナソニックは、半導体の開発・製造・販売を手掛ける全額出資子会社パナソニックセミコンダクターソリューションズを台湾の新唐科技(ヌヴォトン・テクノロジー)に売却する。 日本経済新聞が情報源を明らかにせずに。 同紙によれば、パナソニックセミコンダクターソリューションズとイスラエルの半導体企業タワーセミコンダクターとの合弁会社パナソニック・タワージャズセミコンダクターの3つの半導体生産施設も手放す。 新唐科技は、台湾の半導体メーカー、華邦電子(ウィンボンド・エレクトロニクス) が過半数の株式を保有し、傘下に置く。 パナソニックの広報担当、渡辺やよい氏は「事業改革についてさまざまな可能性を検討していることは事実」と、ブルームバーグニュースの取材に対して発言。 「開示すべき事実が発生した場合、速やかに公表する」と述べた。 記事に関する記者への問い合わせ先:New York Belinda Cao lcao4 bloomberg. net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:Polina Noskova pnoskova bloomberg.

次の

パナソニックが半導体事業を台湾Nuvotonに譲渡、60年の歴史に幕

パナソニック セミコンダクター ソリューションズ 株式 会社

パナソニック役員 専務 社長 会長の年収給料【役員報酬、ボーナス賞与】 パナソニックの役員の役職別の年収は以下の通りです。 役職 年収内訳 総額 人数 平均年収 取締役 基本報酬 583 — — 取締役 業績連動報酬 337 — — 取締役 ストックオプション 165 — — 取締役 合計 1,085 9 121 監査役 基本報酬 80 2 40 社外取締役 基本報酬 65 4 16 社外監査役 基本報酬 39 3 13 単位:百万円 パナソニック 有価証券報告書(2019 年3月期決算)を元に筆者作成 パナソニックの役員の年収を他の大手企業の役員報酬と比較してみましょう。 <役員報酬の他社比較> 会社名 年度 役職 一人当たり平均 伊藤忠 201903 取締役 346 キヤノン 201812 取締役 197 三菱商事 201903 取締役 162 三菱電機 201903 執行役 128 パナソニック 201903 取締役 121 日立製作所 201903 執行役 103 三菱重工 201903 取締役 102 ソニー 201903 執行役 90 日本航空 201903 取締役 54 富士通 201903 取締役 53 メルカリ 201906 取締役 50 東日本旅客鉄道 201903 取締役 45 単位:百万円 <年収1億円以上の役員> 年収(役員報酬)が1億円以上の上場会社役員は、有価証券報告書にその報酬の額を開示することとされています。 パナソニックの場合、年収1億円以上の役員は5名で、各役員ごとの年収は以下の通りです。 氏名 役職 年収(百万円) 津賀 一宏 取締役(社長) 255 伊藤 好生 取締役 161 樋口 泰行 取締役(専務) 151 佐藤 基嗣 取締役 141 長榮 周作 取締役(会長) 118 単位:百万円 パナソニック 樋口泰行専務の役員報酬【年収給料、ボーナス賞与】 パナソニックの専務の役員報酬や年収について深堀していきたいと思います。 パナソニックの樋口泰行専務は、1980年に松下電器産業のエンジニアとしてキャリアをはじめ、その後、数々の外資系企業で華々しい経歴を築き上げ、2017年にパナソニックに復帰しました。 そんな樋口泰行専務はどれほどの役員報酬、年収を稼いでいるのでしょうか。 <樋口泰行専務の役員報酬・年収> 年収内訳 総額(百万円) 基本報酬 75 業績連動報酬 57 ストックオプション 19 合計 151 パナソニック 有価証券報告書(2019 年3月期決算)を元に筆者作成 上場会社の役員の役員の多くは自社の株式を保有しており、会社からもらう役員報酬以外にも、保有する自社の株式から配当金が年収として入ってきます。 樋口泰行専務の配当による年収と、保有する自社の株式の資産価値は以下の通りです。 パナソニックのトップである津賀一宏社長の主な経歴、役員報酬と年収の詳細は以下のようになっています。 <津賀一宏社長の役員報酬・年収> 年収内訳 総額(百万円) 基本報酬 104 業績連動報酬 84 ストックオプション 67 合計 255 パナソニック 有価証券報告書(2019年3月期決算)を元に筆者作成 津賀一宏社長の配当による年収と、保有する自社の株式の資産価値は以下の通りです。 その後、パナソニックの副社長などを務め、2013年からパナソニックの会長職についています。 長榮周作会長の主な経歴、役員報酬と年収の詳細は以下のようになっています。 <長榮周作会長の役員報酬・年収> 年収内訳 総額(百万円) 基本報酬 100 業績連動報酬 0 ストックオプション 18 合計 118 パナソニック 有価証券報告書(2019年3月期決算)を元に筆者作成 長榮周作会長の配当による年収と、保有する自社の株式の資産価値は以下の通りです。 上場企業の社長をはじめとする役員には、従業員でいうところの毎月の給料に相当する基本報酬・固定報酬、従業員でいうところのボーナス賞与に相当する業績連動報酬や株価連動報酬などが支給されます。 それではパナソニックの役員の年収体系、役員報酬について見てみましょう。 これを付与された役員は、株価を上昇させることで受け取る報酬額(受け取った株式の価値)を増やせることから、役員と株主が企業価値(株価)の上昇に向けて取り組むようにすることができます。 パナソニックの役員報酬と従業員の年収を比較 次にパナソニックの役員と従業員の年収を比較してみましょう。 <役員と従業員の年収を比較> 年収(円) 従業員との比率 倍 役員最高年収 255,000,000 32. 9 取締役 120,555,556 15. 6 監査役 40,000,000 5. 2 社外取締役 16,250,000 2. 1 社外監査役 13,000,000 1. 7 従業員 平均 7,744,759 — パナソニック 有価証券報告書(2019 年3月期決算)を元に筆者作成 パナソニックの役員と従業員の年収を比較してみると、役員で最高額の年収と従業員平均年収との比率は実に32. 9倍、取締役と従業員平均年収との比率でも15. 6倍の差があります。 この差を見て「いつかは自分もそれくらい稼ぐぞ」と考えらえるか、「自分はこんなに頑張っているのに役員よりこんなに年収が低いのか。。 」と考えるかは皆さん次第ですね。 役員はなぜ高額の役員報酬・ボーナスが貰える?【役員と従業員の年収の違い】 一般の従業員とはかけ離れた高額な役員報酬・ボーナスを貰う事ができる役員とはいったい何者なのでしょうか。 役員とは、一般的には会社の業務執行や監査などを行う権限のある幹部社員のことを言い、実は役員と従業員は、それぞれ会社との関係がまったく違うのです。 会社と従業員の関係は雇用関係であり、労働力を提供してもらうために労働契約を結んでいます。 そのため、従業員は役員をはじめとする会社の幹部たちの指揮命令に従って働くことが求めら、その対価として給料が支払われます。 あくまで指揮命令に従って働くという関係なので、それほど高い年収は望めません。 一方で、 会社と役員の関係は委任関係で、株主から会社の経営を任されているという間柄になります。 そのため、サラリーマン社長のように一般の従業員であった人が役員になる場合には、役員に昇格する際に従業員として会社をいったん退職し、あらためて委任関係で会社と関わることになります。 役員と従業員はこのような会社との関係性の違いにより、従業員は指揮命令に従ってそれほど高くない年収で労働力を提供し、役員は会社を経営するたちばにあるので労働の対価だけでなく、役員たちが会社を運営して稼いだ利益を分配してもらうことができるので、高額な役員報酬を得ることができるのです。 具体的には役員の年収(役員報酬)は以下の手続きを経て決定されます。 <役員の年収(役員報酬)の決定フロー> ・株主総会で役員報酬の総額を決定する ・取締役会等で個々の役員に対する役員報酬を決定する。 ・大企業の場合には報酬委員会と呼ばれる役員報酬制度の設計、見直しを行う機関がある場合も パナソニックの会社概要 ではここからはパナソニックの会社概要や業績についても触れていきたいと思います。 パナソニックは1935年創業の国内大手電機メーカーで、松下幸之助によって創業されました。 社名のパナソニックは、ギリシャ語で「すべて」を意味する「PAN」と、英語で「音」を意味する「SONIC」に由来しています。 <パナソニックの会社概要> 会社名:パナソニック株式会社 英語表記:Panasonic Corporation 設立:1937年 本社所在地:大阪府門真市 業種:電気機器 事業内容:白物家電、住宅設備、車載設備等の製造販売 グループ売上高:3,951,937百万円(2019年3月期) グループ従業員数: 195,056人(2019年3月期) 株式上場:東証第一部(1949年上場) 会社HP: パナソニックの業績、財務内容【役員報酬は会社の業績次第】 パナソニックの業績、財務内容はどのようになっているのでしょうか。 役員の年収は会社の業績と連動する制度設計をしている会社が多いため、業績が上向いていくとそれに伴って役員の年収も上がっていくケースが多いです。 パナソニックの直近3事業年度の業績 パナソニックの直近3事業年度の業績は以下の通りです。 決算期 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 会計基準 IFRS IFRS IFRS 売上高 7,343,707 7,982,164 8,002,733 営業利益 276,784 380,539 411,498 営業利益率 3. パナソニックでは以下の4つのセグメントで事業を展開しています。 ・アプライアンス ・エコソリューションズ ・コネクテッドソリューションズ ・オートモーティブ&インダストリアルシステムズ セグメントごとの売上高と営業利益は以下のようになっています。 <パナソニックのセグメント別売上高と営業利益> それではここからは、各セグメントごとの事業内容、業績について見ていきましょう。 アプライアンスの売上、業績と事業内容 <主要製品> ルームエアコン、大型空調、テレビ、デジタルカメラ、ビデオ機器、オーディオ機器、洗濯機、冷蔵庫、掃除機、電子レンジ、美・理容器具 等 <主要会社> パナソニック(製造・販売)、パナソニックコンシューマーマーケティング(販売)、パナソニックノースアメリカ(販売)、パナソニックマーケティングヨーロッパ(販売)、パナソニックアジアパシフィック(販売)、パナソニックチャイナ(販売)、パナソニックAPエアコン広州(製造) <業績情報> 決算期 2018年3月期 2019年3月期 売上高(百万円) 2,784,232 2,750,553 営業利益(百万円) 107,785 85,852 営業利益率 3. 5 39. 4 一人当たり営業利益(百万円) 1. 7 1. 2 単位:百万円 <競合会社> ソニー、キヤノン、ニコン、日立製作所、三菱電機、ダイキン、シャープ ほか エコソリューションズの売上、業績と事業内容 <主要製品> 照明器具、ランプ、配線器具、太陽光発電システム、水回り設備、内装建材、外装建材、空気清浄機、戸建住宅、集合住宅、リフォーム 等 <主要会社> パナソニック(製造・販売)、パナソニックコンシューマーマーケティング(販売)、パナソニックノースアメリカ(販売)、パナソニックマーケティングヨーロッパ(販売)、パナソニックアジアパシフィック(販売)、パナソニックチャイナ(販売)、パナソニックエコシステムズ(製造)、パナソニックホームズ(製造) <業績情報> 決算期 2018年3月期 2019年3月期 売上高(百万円) 1,957,396 2,036,054 営業利益(百万円) 81,221 64,640 営業利益率 4. 3 35. 8 一人当たり営業利益 1. 6 1. 1 単位:百万円 コネクテッドソリューションズの売上、業績と事業内容 <主要製品> 航空機内エンターテインメント、システム・通信サービス、電子部品実装システム、溶接機、プロジェクター、業務用カメラシステム、パソコン・タブレット、監視・防犯カメラ 等 <主要会社> パナソニック(製造・販売)、パナソニックコンシューマーマーケティング(販売)、パナソニックノースアメリカ(販売)、パナソニックマーケティングヨーロッパ(販売)、パナソニックアジアパシフィック(販売)、パナソニックチャイナ(販売)、パナソニックシステムソリューションズジャパン(製造)、パナソニックスマートファクトリーソリューションズ(製造)、パナソニックアビオニクス(製造) <業績情報> 決算期 2018年3月期 2019年3月期 売上高(百万円) 1,110,408 1,127,670 営業利益(百万円) 103,586 94,383 営業利益率 9. 2 39. 8 一人当たり営業利益 3. 3 3. 3 単位:百万円 オートモーティブ&インダストリアルシステムズの売上、業績と事業内容 <主要製品> 車載インフォテインメントシステム、自動車用ミラー。 乾電池、小型リチウムイオン電池、車載電池、制御装置、モーター、半導体、電子部品、電子材料 等 <主要会社> パナソニック(製造・販売)、パナソニックコンシューマーマーケティング(販売)、パナソニックノースアメリカ(販売)、パナソニックマーケティングヨーロッパ(販売)、パナソニックアジアパシフィック(販売)、パナソニックチャイナ(販売)、パナソニックセミコンダクターソリューションズ(製造)、パナソニック液晶ディスプレイ(製造) <業績情報> 決算期 2018年3月期 2019年3月期 売上高(百万円) 2,803,908 2,983,106 営業利益(百万円) 93,434 56,439 営業利益率 3. 4 29. 6 一人当たり営業利益 0. 9 0. 6 単位:百万円 パナソニックの歴史と沿革、ニュース 年月 内容 1918年 松下幸之助により松下電気器具製作所として創業 1927年 「ナショナル」の商標を制定 1949年 東証、大証に株式上場 2003年 グローバルブランドを「panasonic」に統一 2014年 確定給付企業年金の一部を確定拠出年金に移行。 これにより確定給付企業年金の運用リスクの一部から解放されることとなりました。 2019年7月 米ドル建無担保社債を発行。 過剰な役員数は役割と責任の所在があいまいになることから、人数の削減は良い影響をもたらすと考えられる。 2019年8月 オーディオブランド「テクニクス」から約15万円の高級イヤホンを販売すると発表。 2019年9月 執行役員の数を43人から10人へと削減すると発表。 執行役員の数は約4分の1になることとなった。 2019年11月 2021年を目途に液晶パネル事業から撤退すると発表。 同事業の工場従業員はグループ内で配置転換を行う方針。 2019年11月 半導体事業からの撤退を正式発表。 半導体の製造・販売を手掛けるパナソニックセミコンダクターソリューションズの全株式を台湾の半導体メーカーである新唐科技(ヌヴォトン・テクノロジー)に2億5000万米ドル(約270億円)売却すると発表。 2020年1月 インドに電設資材の新工場を約46億円かけて新設する計画を発表。 インド市場での需要増に対応。 2020年2月 欧州の証明デバイス事業からの撤退を発表。 ドイツ子会社のパナソニックライティングヨーロッパの全株式を売却する。 2020年2月 東南アジアでシステムキッチンやユニットバスなどの住宅設備の開発・販売を強化すると発表。 まとめ パナソニック役員 専務 社長 会長の年収給料【役員報酬、ボーナス賞与】 パナソニックの役員の年収は思っていたより高かったでしょうか、低かったでしょうか。 日本の大企業で働いているサラリーマンはたくさんいますが、その中で役員まで上り詰めるのは実力もさることながら運の要素も大きくあります。 今の時代は大企業であってもリストラが当たり前の時代なので、自社での出世を目指しつつも、他社への転職による年収アップを狙ったり、副業を育てたりするなど、自分の可能性を一つに絞らないで複数の道を探っていくのが良い結果に結びつくように思います。 【記事一覧】大企業の役員 社長の年収・役員報酬 大企業の役員、社長、会長などの役員報酬についてまとめています。 皆さん、がっぽり稼いでいらっしゃいます。 【大手企業内定者が解説】失敗しない転職講座メニュー 第二新卒、未経験職種という底辺の転職から、その後のスキルと経験の蓄積によって、超大手企業への内定を獲得しました。 ノウハウはブログ記事にまとめています。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

パナソニックが半導体撤退 台湾企業に270億円で子会社売却へ

パナソニック セミコンダクター ソリューションズ 株式 会社

概要 [ ] パナソニックを中心として連結子会社495社(3月時点)で、グループ全体の従業員数は約26万人。 を導入。 7つのカンパニーを並列経営する。 パナソニック PC (旧 松下電器産業) - 東証・名証1部上場• PISC (旧 パナソニック電工インフォメーションシステムズ、コーポレート情報システム社) - 東証1部に上場していたが、2015年7月29日に上場廃止となり、2015年8月1日にパナソニックの完全子会社となった 社内カンパニー [ ] 4月時点で、7つの社内カンパニーが存在する。 アプライアンス社 - 主要グループ会社• PAPSC (旧 松下設備ネットサービス)• PAPARS - 2017年4月1日、パナソニックAPプロデックスを吸収合併• PCMC (旧 パナソニック コンシューマーマーケティング、パナソニック テクニカルサービス、パナソニック パーツサプライ)• (旧 松下ビデオカメラ研究所)• PHI (旧 パナトーン補聴器)• オートモーティブ社• PCE• PASITS• - 方式による• - 主要グループ会社• (旧 南淡電機)• (旧 三洋ハートエコロジー)• (旧 新日エレクトロニクス、三洋ヒカリセールス)• (旧 三洋オプトロニクス)• PIDOF (旧 パナソニック オプティカルフィルム)• (旧 佐賀三洋工業)• PIDMS (旧 パナソニック電工電子材料販売)• - 主要グループ会社• (旧 石垣開一商店)• (旧 星光電機)• (旧 藤電気商会)• (旧 クボタ松下電工外装)• (旧 クボタビューセラ)• (旧 クボタホームテック、ケイミュー東京外装、ケイミュー東住建)• (旧 システム創造研究所)• (旧 千代三洋工業 ) - 第三セクター方式による特例子会社• PLSEG (旧 パナソニック電工エンジニアリング)• PLSSS (旧 パナソニック電工システムソリューション)• PLSSE (旧 三洋ソーラーエナジーシステム)• PSSM (旧 島根三洋電機、テクノデバイス)• PASD (旧 パナソニック電工テクノストラクチャー)• VIO• PNETS (旧 パナソニック電工ネットソリューションズ)• PESESV (旧 ベンテック、パナソニック エコシステムズ大阪、パナソニック エコシステムズ小矢部)• (旧 三洋アモルトン)• PLSCR (旧 パナソニック電工化研)• PLSTS (旧 パナソニック電工テクノサービス)• PLSEMK (旧 京都ナショナル電材)• PPROEA• PHEV - との合弁による小型エレベーターの製造・管理会社• PLDV (旧 )• PPLK• PLSIE (旧 池田電機、池田デンソー)• (旧 福西物流システム)• (旧 パナホーム リフォーム)• (旧 パナホーム不動産)• コネクティッドソリューションズ社 - 主要グループ会社• OPS (旧 沖縄ナショナル特機)• AVCDS• PKA (旧 交野松下) - 第三セクター方式による特例子会社• PKI (旧 吉備松下) - 第三セクター方式による特例子会社• PVI• PSNRD (旧 パナソニック モバイル開発研究所)• PFSEG• PMC (2代目。 初代は旧 松下通信工業、松下電器産業の情報通信営業本部)• PMCGS• PAD (旧 松下ソフトリサーチ、松下電器情報システム名古屋研究所、松下電器情報システム広島研究所)• (旧 イーティーソリューションズ)• PETEC (旧 松下エコテクノロジーセンター)• (旧 関東エコテクノロジー)• (旧 松下電器企業年金基金)• PEF (旧 松下教育研究財団)• PECS (旧 松下電器共済会)• PGU• PIHO (旧 松下電器健康保険組合、パナソニック関係会社連合健康保険組合)• (旧 パナソニック アカウンティングサポート) - エクセルソフトを母体として設立• PISJ (旧 松下総合保険サービス、パナソニック電工ビジネス・ライフサポートおよび三洋ライフの損害保険事業部門)• PMS (旧 松下流通研修所)• (旧 松下電器商学院) - 後継者を養成する全寮制専門学校• - パナソニックの親類企業• PHPエディターズ・グループ• (旧 松下幸之助花の万博記念財団、松下国際財団)• - 創業者であるにより創立• かつてのグループ企業(五十音順) [ ]• - パナソニック電工インテリア照明(現 パナソニック インテリア照明)の子会社。 2011年10月解散• (旧 パナソニック モバイルテクニカルサービス) - 2014年1月1日、Asurion Technology Japanの完全子会社となる• - パナソニック・スピンアップ・ファンドによって設立。 2009年10月、アルファメッドサイエンティフィックに全事業を移管• - 2014年1月1日、パナソニック エクセルスタッフ、パナソニック エクセルテクノロジー、パナソニック エクセルプロダクツに事業統合• - パナソニック・スピンアップ・ファンドによって設立。 2013年10月31日、へ譲渡• - パナソニック・スピンアップ・ファンドによって設立。 すでに解散• AJT - パナソニック・スピンアップ・ファンドによって設立。 2011年1月• (旧 パナソニックMSE) - 2008年10月1日からの傘下• (旧 ) - 2009年12月、の連結子会社となる。 2016年4月1日、関電不動産(現・)に吸収合併され消滅• (旧 松下東芝映像ディスプレイ) - 2019年1月31日解散。 同年2月5日にから特別清算開始決定• (旧 松下ネットソリューションズ) - パナソニック電工ネットソリューションズに事業譲渡して解散• - パナソニック・スピンアップ・ファンドによって設立。 すでに解散• (旧 三洋DIソリューションズ) - 2013年3月31日、に事業譲渡• 三洋アクア - 2012年、ハイアールアクアセールス(現 株式会社)に事業譲渡• - 2012年、三洋電機に吸収合併• 2012年3月、ジャパンディスプレイに事業統合• (旧 三洋電機システムソリューションズ) - 2013年7月1日から新生電子グループ傘下。 2014年6月30日、社名変更• (旧 松阪精電舎) - 2012年10月、イオカ電子の完全子会社となる。 2013年10月、社名変更• - 現在はグループ• - 2012年6月、辻中鉱業に吸収合併• - 2011年10月1日、パナソニック電工エンジニアリングと経営統合• ナショナル証券 - 1999年4月1日、明光証券と合併し明光ナショナル証券となる。 のち旧松下グループを離脱し、2003年4月1日、さくらフレンド証券と合併しとなり、2006年9月1日付での完全子会社となったのち、2018年1月1日にに吸収合併され消滅• - 2007年8月にと資本提携し、松下電器産業(現 パナソニック)の子会社から関連会社になったのち、2008年10月1日からJVC・ケンウッド・ホールディングス(現 )の子会社を経て、2011年10月1日、JVCケンウッドに吸収合併され消滅• 2018年4月1日、AVCテクノロジーとAVCマルチメディアソフトが合併し、パーソルAVCテクノロジーへ社名変更。 2018年4月1日にパナソニック エクセルスタッフがパナソニック エクセルテクノロジーを吸収合併し、商号変更。 (旧 パナソニック エクセルアソシエイツ)• (旧 パナソニック電工パワーツール) - 2013年4月1日、パナソニックに吸収合併• - との照明用有機ELパネルの合弁会社。 2011年4月12日設立、2014年3月31日清算• (旧 パナソニックCC共済会) - 2012年2月1日、パナソニック システムネットワークスに吸収合併• (旧 松下介護サービス)• - 2015年1月1日、パナソニック システムネットワークスと経営統合• パナソニック ストレージバッテリー PSB - 2016年10月1日、全株式をに売却。 (旧 松下・ダイキン空調開発センター) - との合弁会社。 2017年6月19日解散• - 2012年10月1日、アイ・ティー・シーネットワーク(現・)に吸収合併• - 2011年10月1日、パナソニック電工と合併• - 2011年10月1日、同社の機能をパナソニック電工に移管し解散• (旧 パナソニック電工ビジネスサポート) - 2012年4月1日、パナソニック保険サービスに統合• パナソニック ヘルスケアに業務移管• PNS (旧 パナソニック デジタルネットワークサーブ、ハイホーブロードバンドシステムズ、ホームインターゲート)• PPD (旧 松下プラズマディスプレイ) - 2016年11月1日解散• (旧 三洋メディコムソフトウェア) - 2017年4月、パナソニック メディコムネットワークスに統合• (旧 中国メディコム) - 2017年4月、パナソニック メディコムネットワークスに統合• (旧 メディコム東北) - 2017年4月、パナソニック メディコムネットワークスに統合• - 2012年10月1日、パナソニック ソリューションテクノロジーに吸収合併• (旧 稲井電子工業) - 2014年7月1日、パナソニック ライティングデバイスに吸収合併• 2015年4月に投資ファンド、ベーシック・キャピタル・マネジメントへ全株式を譲渡の上、パナレーサーへ社名変更• 2018年4月1日、PHC株式会社に社名変更• PHCマニュファクチャリング(旧 パナソニック ヘルスケア ビジネスサポート)• (旧 パナファコム) - 1985年設立の・の三社による職場向けコンピュータ関連の合弁事業。 現在は富士通の傘下• PTT(旧 パナソニック テクノトレーディング) - 2009年3月からバイテック(現 バイテックホールディングス)のグループ会社• (旧 沖電気防災) - 2012年10月1日からグループ傘下。 - パナソニック・スピンアップ・ファンドによって設立。 2011年1月解散• - パナソニック・スピンアップ・ファンドによって設立。 2014年11月30日事業停止• (旧 パナソニックEVエナジー) - 製向けを製造。 両社の資本関係見直しに伴い2010年6月に社名変更• - パナソニック・スピンアップ・ファンドによって設立。 2012年12月31日、ボイステクノに事業移管し解散• - 2010年10月解散• - 1972年11月設立 宮崎ナショナル住宅設備機器と合併。 1994年3月母体企業の倒産に伴い専務が事業を継続するも採算が取れず、債務超過に陥り、資金繰りが圧迫、2006年7月から中国雑技団の宮崎公演を主催するも、興行が思う様に振るわなかった事が追い打ちをかけ、同年9月に倒産。 負債総額8億5000万円• - 戦後の経営難による株式肩代わりに伴い系列化。 2008年11月からの子会社• - パナソニック・スピンアップ・ファンドによって設立。 2011年7月解散• (・系列) - パナソニックグループとしてのである。 ちなみに2018年3月以前までは、パナホームはスポンサーでないが、2017年10月にパナホームがパナソニックの完全子会社になったことに伴い、2018年4月にパナソニック ホームズへ変更し、パナソニックに統合された。 過去 [ ]• (TBS系列) - 旧称・ナショナルゴールデンアワー、、。 パナソニックグループとしての単独提供番組であるが、実際は、パナソニックとパナホームの2社提供である。 ちなみに『パナソニック ドラマシアター』では2011年3月以前までは、パナソニック電工もスポンサーであったが、パナソニック電工がパナソニックの完全子会社(後に吸収合併)になったことに伴い、提供名義もパナソニックに統合された。 2013年10月から2015年3月まではパナソニックグループ(パナソニックとパナホーム(隔週))を筆頭スポンサーとする複数社提供となっていた。 (系列) - パナソニックとしての単独提供番組であるが、CMは白物家電及び住宅関連機器のみ。 2011年3月以前までは、パナソニックグループ(パナソニックとパナソニック電工) として、パナソニック電工もスポンサーであったが、前述と同様にパナソニック電工がパナソニックの完全子会社になったことに伴い、提供名義もパナソニックに統合されて、2011年4月以降からはグループ提供ではなくなった。 現社名変更前はNational名義の松下グループ(松下電器・松下電工)であった。 (系列) - かつて、金曜日に松下電器グループの提供で放送していた番組。 (日本テレビ系列) - かつて、日曜日に松下電器グループの提供で放送していた番組。 スポーツ活動 [ ]• (旧 パナソニック電工インパルス)• (パナソニックエンジェルス)• (旧 三洋電機バドミントンチーム)• (旧 三洋電機ワイルドナイツ) 過去 [ ]• (旧 パナソニックスーパーカンガルーズ) 文化活動 [ ]• (旧 松下中央合唱団) ショウルーム [ ]• (旧 ナショナル リビング ショウルーム、ナショナルセンター)• - 2013年4月10日閉館• グループソング [ ] 『この夢が未来』 作詞:、作曲: パナソニック製品取次店 [ ]• 脚注・出典 [ ] [].

次の